看護・ナース領域の専門雑誌を、看護学生、専門看護、認定看護、診療科目などの領域ごとに分類しています。分類している看護領域は以下のとおりです。画像をタップしていただくと、雑誌一覧のページに移動します。

Contents

看護学生・臨床実習・看護師国試

看護学生

基礎看護学の勉強・学習、臨床実習の予習・復習、看護師護師国家試験対策におすすめの専門雑誌を紹介しています。人気・売れ筋NO.1の『プチナース』のほか、最先端情報をお届けする書籍・本の出版物の多い「学研メディカル秀潤社」が発行している『ナーシングキャンバス』、臨床実習をテーマにした記事を多く掲載している『クリニカルスタディ』といった人気雑誌を紹介しています。その他、准看護師を目指す看護学生に特化したおすすめの雑誌『看護学生』も紹介しています。

 

いずれの雑誌も、成人看護学、老年看護学、小児看護学などの看護学の全領域を網羅し、解剖生理、病態生理、疾患・症状ごとの看護計画の立て方、看護過程の展開・関連図、看護記録の書き方など、看護の基礎知識の勉強・学習に役立つ記事を掲載するとともに、実習目標の設定や疾患・症状別のバイタルサイン測定、フィジカルアセスメント、実習記録の書き方など、臨床実習で使える記事を満載した定期購読がおすすめの専門雑誌の一覧です。

 

また、看護学生生活の締めくくりとなるビッグイベントでもある看護師国試対策に関しては、いずれの雑誌も非常に多くの誌面を割いています。必修問題、一般問題、状況設定問題について、過去問、過去問題や社会情勢を踏まえて出題傾向の分析、予想問題、模擬試験、を掲載しています。ただし、国試対策の記事の配分量は雑誌によってそれぞれことなりますので、各雑誌の詳細ページにてご確認下さい。

臨床看護全般

臨床看護

臨床看護領域を包括的に網羅しているオールマイティーなおすすめの臨床看護専門雑誌を紹介しています。『エキスパートナース』『月刊 ナーシング』などの人気雑誌以外にも、多くの雑誌を紹介しています。きっとあなたに合った専門雑誌が見つかります。

看護技術・看護記録

注射、点滴、ルート確保、カテーテル挿入、口腔内吸引、呼吸管理、聴診、包帯法、脈拍測定などの看護技術力・スキルのアップをサポートするおすすめの専門雑誌を紹介しています。

外来看護

外来看護実践スキルの研鑽のための教科書・参考書として、また、新人の教育・指導や院内の研修・勉強会のテキスト・教材として、看護学生の国試対策の勉強や実習学習のための教科書・参考書として活用できるおすすめの専門雑誌を紹介しています。「外来看護」領域に特化した雑誌は「日総研」が出版している『継続看護を担う体質強化 外来看護』のみです。

 

通院患者に対し看護師が主導して療養支援を行う看護外来(ストーマケア、糖尿病療養支援、他)、ACP(アドバンスケアプランニング)、外来特有の悩ましい患者からのクレームへの対応、外来患者の即座の観察・アセスメント、意思決定支援、インシデントやアクシデントに対する危機管理、応援体制・リリーフ体制の構築、感染予防・防止対策、退院サマリーの活用による継続看護、他職種連携・協働、患者が暮らす地域の関係者との連携(地域連携)、トリアージ判別後の診察の遅延の回避、他、外来看護師がその求められる役割りを遂行すべく必要な能力を身に付けるための情報を満載している定期購読がおすすめの専門雑誌の一覧です。

手術看護・オペナーシング

「手術看護」領域の雑誌は、器械出し、外回り、麻酔補助などの術中看護に主軸を置きつつ、術前・術後といった周手術期看護領域も網羅し、手術室看護師がその役割りを果たすための記事が満載です。新人教育・指導や院内研修・勉強会にも使えるテキスト教材やWEB動画を配信している雑誌、手術室看護管理・研究といった領域も取り上げている、看護管理者へおすすめの雑誌、看護教員も定期購読しているインパクトファクターの高い雑誌などがあります。看護学生の国試対策の勉強や実習学習のための教科書・参考書として活用できる雑誌もあります。定期購読するとプレゼントがもらえる雑誌もあります。

緩和ケア・疼痛ケア

緩和ケア・疼痛管理スキルの研鑽のための教科書・参考書として、また、新人の教育・指導や院内の研修・勉強会のテキスト・教材として、看護学生の国試対策の勉強や実習学習のための教科書・参考書として活用できるおすすめの専門雑誌を紹介しています。「緩和ケア・疼痛管理」領域に特化した雑誌は、『緩和ケア』(青海社)のみですが、緩和ケア・疼痛管理が必須となり必然とそれらの知識・技術に関する記事が掲載されている「がん看護」領域の雑誌も紹介しています。

 

いずれの雑誌も、ACP(アドバンス・ケア・プランニング)、的確なアセスメントと対処、週末期の緩和ケア、倦怠感・食欲不振などの症状緩和、身体的苦痛・精神的苦痛・社会的苦痛・スピリチュアルペンの緩和・鎮静、薬剤師・ソーシャルワーカーなどの他職種との連携によるチームケア、対象疾患別の緩和ケア、疼痛コントロール、全人的苦痛(トータルペイン)、痛みの閾値を上げるための温罨法、がんや脳腫瘍・脳梗塞などの疾患ごとの緩和ケア、睡眠薬・眠剤・モルヒネ・非オピオイド系の鎮痛薬であるNSAIDs他薬剤の知識、ハンドマッサージの方法、最後の看取り、緩和ケア用 RASS(Richmond Agitation-Sedation Scale)の解説、緩和ケアにおけるリハビリ、他、手術室看護師・オペナーシングがその求められる役割りを遂行すべく必要な、かつ、プロフェッショナルなワンランク上の能力を身に付けるための情報を満載した定期購読がおすすめの専門雑誌の一覧です。

皮膚・排泄ケア(創傷・褥瘡・ストーマ・失禁看護):WOCケア

創傷・褥瘡・排泄・失禁・ストーマ実践ケア・看護実践スキルの研鑽のための教科書・参考書として、また、新人の教育・指導や院内の研修・勉強会のテキスト・教材として、看護学生の国試対策の勉強や実習学習のための教科書・参考書として活用できるおすすめの専門雑誌を紹介しています。「WOC」領域に特化した雑誌は、『WOC Nursing(ウォック・ナーシング)』(医学出版)のみです。泌尿器看護に特化した雑誌には『泌尿器Care&Cure Uro-Lo』(メディカ出版)があります。排尿障害の病態や治療方法についての最新情報をお届けしている医師向けの雑誌『排尿障害プラクティス』(メディカルレビュー社)も参考に紹介しています。

 

『WOC Nursing(ウォック・ナーシング)』では、褥瘡によるポケットなどの発生のメカニズム、褥瘡予防のための看護計画、正しい体位変換のためのアセスメント、褥瘡予防のための予防的スキンケア、褥瘡を評価するための褥瘡デザイン、褥瘡の内用液の排出のための処置などの技術、ドレッシング材による褥瘡の保存的治療、ストーマ造設者への食事指導、浮腫などのストーマ周囲皮膚・スキントラブルの看護、術前・ストーマ造設後の早期合併症の看護、パウチ交換技術、傍ストーマヘルニア、便破棄・尿破棄などの手順・技術といったストーマの排泄管理、尿失禁を有する在宅要介護認知症高齢者の看護、失禁ではなく成功の状況の観察へ目を向けたアセスメント、切迫性尿失禁ケア、排尿や水分摂取量の記録による排尿障害ケア、他、皮膚・排泄ケア看護師がその求められる役割りを遂行すべく必要な、かつ、プロフェッショナルなワンランク上の能力を身に付けるための情報を満載した定期購読がおすすめの専門雑誌の一覧です。OP(観察計画・観察項目)、TP(実施計画)、EP(教育・指導計画)、関連図、看護記録の書き方など、WOCケアに共通するテーマも頻繁に取り上げています。

 

『泌尿器Care&Cure Uro-Lo』では、腎臓・膀胱と尿道といった泌尿器の解剖生理、疾患や症状の病態生理、看護計画、術前・術後の観察項目など泌尿器科医にも求められる情報を、WOCケアに必要な知識・技術に加えて取り上げています。

感染症看護

患者個人の診療、感染管理、臨床微生物学、公衆衛生といった感染症領域の4大分野の雑誌を紹介しています。感染管理におけるICT(感染対策チーム)に特化した雑誌も紹介しています。

家族看護

家族看護実践スキルの研鑽のための教科書・参考書として、また、新人の教育・指導や院内の研修・勉強会のテキスト・教材として、看護学生の国試対策の勉強や実習学習のための教科書・参考書として活用できるおすすめの専門雑誌を紹介しています。「家族看護」領域に特化した雑誌は、新人教育や院内研修にも使えるテキスト教材も充実している『こどもと家族のケア』(日総研)のみです。精神療法の観点からのあらゆる領域における家族ケアに関する記事をお届けしている『家族療法研究』(金剛出版)、近年注目されている家族看護にも活用できるナラティブケアに特化した『ナラティブとケア』のも紹介しています。

 

『こどもと家族のケア』では、家族看護実践の事例研究、家族看護計画の立案、事例に見る家族看護の実際、家族看護の理論的な位置付け、家族(保護者)に対する育児や養育アドバイス、急性期意識障害患者の家族との関わり、健全な家族のあり方の育成・促進、家族の意思決定過程の分析結果に基づく支援、患者の永続的な変化を家族が受け入れるための継続的な家族支援、問題解決型危機モデルの活用、クリティカルケア領域における家族看護、家族とのコミュニケーションの取り方、家族ストレス対処理論や家族発達理論に基づいた家族看護、家族集団内の相互作用を踏まえた家族支援、フリードマンやハンソンの家族看護の定義に基づいたケア、ナラティブによる家族看護、フィンクの危機モデルを用いた家族看護のスキル、他、手術室看護師・オペナーシングがその求められる役割りを遂行すべく必要な、かつ、プロフェッショナルなワンランク上の能力を身に付けるための情報を満載した定期購読がおすすめの専門雑誌の一覧です。

プレホスピタルケア

プレホスピタルケアスキルの研鑽のための教科書・参考書として、また、新人の教育・指導や署内の研修・勉強会のテキスト・教材として活用できるおすすめの専門雑誌を紹介しています。「プレホスピタルケア」(病院前救護)領域に特化した雑誌は、『プレホスピタルケア』(東京法令出版)のみです。ドクターヘリ・ドクターカー内やフライトナースとしてプレホスピタルケアを実践することが多い「救急看護」の領域に特化した『Emer-Log(エマログ)』(メディカ出版)も紹介しています。

 

『プレホスピタルケア』では、救急救命士のプレホスピタルケアへの展開、病院前救護体制のPDCAサイクルの見直し、アドバンスケアプランニング(ACP:Advance Care Planning)、救急医学において提唱されている3R・3T・3Sの実践、応急処置の実際、院内死亡率の高い急性冠症候群などの疾患に対する病院前救護の実際、災害現場へのプレホスピタルケアへの展開、メディカルコントロール体制の構築、搬送・処置のプロトコルの構築、他、救急救命士及び救急看護認定看護師がその求められる役割りを遂行すべく必要な、かつ、プロフェッショナルなワンランク上の能力を身に付けるための情報を満載した定期購読がおすすめの専門雑誌の一覧です。

  • 3R:適切な患者(The right patient)を適切な時間に(In the right time)適切な場所に(To the right place)搬送する。
  • 3T:搬送(Transportation)し、トリアージ(Triage)し、処置(Treatmento)する。
  • 3S:Speed,skill,safty

診療科・疾患

救急看護・集中ケア・クリティカルケア](新生児集中含む)

緊急度や重症度の高い患者とその家族に対して集中的な看護などを提供する急性・重症患者看護、リアージといった災害時における急性期に対するケアや病態に応じた迅速な救命技術などを駆使する救急看護、患者の病態変化を予測した上での生命の危機状態にある患者の重篤化の予防などを行う集中ケアなど、救急患者および患者の急変時の対応に特有の知識や技術や救急看護において重要なポイントの1つであるアセスメント方法・処置の流れが学べるおすすめの専門雑誌を紹介しています。

がん看護

2023年度からの第4期がん対策推進基本計画に向け、複雑・高度化するがん看護のニーズに応えるため、がんという疾病の概念、臓器別の特徴的な診断と治療、アセスメント・症状マネジメント、緩和ケア、家族ケア、そしてチーム医療のあり方など、あらゆるテーマについて学習できるおすすめの雑誌を紹介しています。これから専門看護師、認定看護師を目指す人にも必要な知識・情報が満載です。

脳神経外科看護

脳神経外科看護実践スキルの研鑽のための教科書・参考書として、また、新人の教育・指導や院内の研修・勉強会のテキスト・教材として、看護学生の国試対策の勉強や実習学習のための教科書・参考書として活用できる定期購読がおすすめの専門雑誌を紹介しています。「脳神経外科看護」領域に特化した雑誌は、新人教育や院内研修にも使えるテキスト教材も充実している『BRAIN NURSING(ブレインナーシング)』(メディカ出版)のみです。同誌は、インパクトファクターの高い人気ランキング上位の雑誌です。

循環器看護

循環器看護実践スキルの研鑽のための教科書・参考書として、また、新人の教育・指導や院内の研修・勉強会のテキスト・教材として、看護学生の国試対策の勉強や実習学習のための教科書・参考書として活用できる定期購読がおすすめの専門雑誌を紹介しています。「循環器看護」領域に特化した雑誌は、新人教育や院内研修にも使えるテキスト教材も充実している『HEART NURSING(ハートナーシング)』(メディカ出版)、知識の習得を早めてくれるWEB動画も充実している『呼吸・循環・脳・実践ケア』(日総研)の2誌があります。ただし、『呼吸・循環・脳・実践ケア』は雑誌名のとおり呼吸器と脳神経外科の領域も網羅している分、循環器領域の記事量は『HEART NURSING(ハートナーシング)』よりも少なくなっています。2誌とも、インパクトファクターの高い人気ランキング上位の雑誌です。

消化器看護

「消化器看護」領域においてインパクトファクターの高いおすすめの専門雑誌の一覧です。「消化器看護」領域に特化した雑誌は、消化器外科・内科・内視鏡領域を網羅し、新人教育や院内研修にも使えるテキスト教材も充実している『消化器ナーシング』(メディカ出版)と、急性期から週末期までの病期と小児から高齢者までと病期と対象を限定しない広い範囲を網羅し、知識の習得を早めてくれるWEB動画も充実している『消化器看護』(日総研)の2誌があります。2誌とも、インパクトファクターの高い人気ランキング上位の雑誌です。消化器看護実践スキルの研鑽のための教科書・参考書として、また、新人の教育・指導や院内の研修・勉強会のテキスト・教材として、看護学生の国試対策の勉強や実習学習のための教科書・参考書として活用できる定期購読がおすすめの専門雑誌を紹介しています。

腎臓・泌尿器看護

「腎臓・泌尿器看護」領域においてインパクトファクターの高いおすすめの専門雑誌の一覧です。「腎臓・泌尿器看護」領域に特化した雑誌は、術前・術後の周手術期看護から医師を含めた多職種で連携したチーム医療による治療・退院支援までを網羅し、新人教育や院内研修にも使えるテキスト教材も充実している『泌尿器Care&Cure Uro-Lo』(メディカ出版)があります。また、排尿障害の治療を主軸としていますが、排尿障害の観察ポイントやアセスメントに役立つ記事を掲載している『排尿障害プラティクス』(メディカルレビュー社)があり、『泌尿器Care&Cure Uro-Loは、インパクトファクターの高い人気ランキング上位の雑誌です。腎臓・泌尿器看護実践スキルの研鑽のための教科書・参考書として、また、新人の教育・指導や院内の研修・勉強会のテキスト・教材として、看護学生の国試対策の勉強や実習学習のための教科書・参考書として活用できる定期購読がおすすめの専門雑誌を紹介しています。

透析看護・腎不全看護

https://kango0312.com/magazine-category/magazine-category-touseki-kango/

「透析看護・腎不全看護」領域においてインパクトファクターの高いおすすめの専門雑誌の一覧です。「透析看護・腎不全看護」領域に特化した雑誌は、シャント(血液透析)・腹膜透析などの透析技術に主軸を置きつつ、管理栄養士・臨床工学技士の関わりが深い食事療法・透析機器、さらに治療に関わる医師も読める記事も豊富で、発症期・利尿期・慢性期・末期と病期を限定しない領域を網羅し、さらに新人教育や院内研修にも使えるテキスト教材・WEB動画も充実している『透析ケア』(メディカ出版)と、同じく透析看護・腎不全看護領域を網羅した『透析スタッフ』(医学出版)の2誌がありますが、『透析スタッフ』は2015年NO.1号以降の新刊は発行されていないので、実質は『透析ケア』のみとなります。『透析ケアは、インパクトファクターの高い人気ランキング上位の雑誌です。透析看護・腎不全看護実践スキルの研鑽のための教科書・参考書として、また、新人の教育・指導や院内の研修・勉強会のテキスト・教材として、看護学生の国試対策の勉強や実習学習のための教科書・参考書として活用できる定期購読がおすすめの専門雑誌を紹介しています。腎臓内科医・泌尿器科医・透析医他へ向けた腎臓疾患の治療や透析研究の記事を主軸としている『腎と透析』も参考に紹介しています。

整形外科看護

「整形外科看護」領域に特化した雑誌は、解剖生理、フィジカルアセスメント、疾患部位別・症状別・経過別の看護、術前・術後といった麻酔看護も含めた周手術期看護、ハローベストなどの装具、リハビリに主軸を置きつつ、クリニック・医院でも活用できるように整形外科看護領域を網羅し、新人教育・指導や院内研修・勉強会にも使えるテキスト教材も充実している『整形外科看護』(メディカ出版)のみです。  同誌は、インパクトファクターの高い人気ランキング上位の、定期購読がおすすめの専門雑誌です。『整形外科看護』、看護学生の国試対策の勉強や実習学習のための教科書・参考書として活用できる号もあります。  疾患部位別・症状別・経過別の看護技術に関する記事も一部掲載している『臨床雑誌 成形外科』『臨床整形外科』も紹介しています。

糖尿病看護

「糖尿病看護」領域の雑誌は、患者の行動変容の指導のために必要となる、フットケア、血糖コントロール、運動療法、薬物療法、食事指導など、糖尿病看護領域を網羅しています。新人教育・指導や院内研修・勉強会にも使えるテキスト教材が付いている雑誌、糖尿病看護にも触れている糖尿病治療誌などがあります。看護学生の国試対策の勉強や実習学習のための教科書・参考書として活用できる、インパクトファクターの高い雑誌もあります。

母性・周産期看護・助産

母性看護・周産期看護領域の人気のおすすめの人気雑誌を紹介しています。リプロダクティブヘルスの基礎、ウィメンズヘルスの基礎、周産期医療、母子保健施策、妊娠期・分娩期・産褥期・新生児における新しいエビデンスにもとづいた看護、生殖医療などについての、現状・問題・課題・業務改善の提案、新しい取り組み事例、今後の展望などを収載している雑誌を紹介しています。

小児看護

「発達」「健康」「生活」などの観点からの小児看護過程の特徴、子どもの権利と倫理、子どもの痛みの評価、アセスメントにおいて重要となる、乳児期、幼児期、学童期、思春期それぞれの成長・発達段階の概念、急性期・手術・入院・在宅・小児がんなどの、アセスメントから看護計画までの看護過程の実際の事例による展開、また、子どもと家族を包括的にとらえ、家族全体を視野に入れた看護実践、などの解説・取り組み事例などの記事を掲載している、おすすめの雑誌を紹介しています。新生児期、小児期におこるさまざまな疾患から必要となる小児期のリハビリテーション領域の雑誌も紹介しています。

精神看護

精神障害者支援の法制度も次々と更新され、訪問看護も広がっています。精神科病院では長期入院患者は相変わらず多く、高齢化による身体合併症や認知症の増加という新たな問題が出現しています。社会全体としてみても、うつ病をはじめとする職場におけるメンタルヘルス上の問題をもつ労働者の増加、アディクションや発達障害への対応といった新たな課題が浮かび上がっています。新たな制度を踏まえた精神保健・精神看護の新しい取り組みなどのについての記事が満載の雑誌や、精神療法、精神リハビリテーションなどのおすすめの雑誌を紹介しています。

老年・老人看護

高齢者・老人の老年期の特徴的な症状・疾患のアセスメントのポイントとその根拠、そこから導き出される看護目標、実践方法、観察、評価の視点、そして健康教育までを、取り組み事例を含めて掲載している人気のおすすめ雑誌を紹介しています。高齢者または老年期を理解するためのCGA・ICFなどの基礎知識、高齢者ケアシステム、家族形態と社会問題、倫理的課題、地域包括ケアシステムについて、身体的,心理社会的,スピリチュアル的側面からのアプローチし、高齢者に特有の健康障害の症状・メカニズム、疾患と看護、事故の予防と看護など、看護実践の根拠が理解できるようになります。

認知症看護・ケア

「認知症看護・ケア」領域の雑誌は、認知症患者とのコミュニケーションにおける関わり方や、認知症の中核症状や周辺症状に対するケアなど、個別のその人らしさに配慮したケアを実践するための知識・技術を網羅し、病院だけではなく介護施設で働く看護師や介護職といったあらゆる読者層に向けた雑誌があります。アルツハイマー型認知症の事例だけでなく、レビュー小体型認知症他のさまざまな事例を掲載しています。新人教育・指導や施設内研修・勉強会にも使えるテキスト教材が付いている雑誌があります。認知症の医療・看護・介護領域を包括し、それぞれの領域の多職種に向けた最新情報をお届けしている雑誌もあります。

難病看護

「難病看護」領域の雑誌は、在宅の難病患者のケアを行うための、医師、看護師、介護職、リハビリ職、福祉職、そして患者家族の共著により発行されている雑誌があります。小児、成人といった対象を限定せずに各種難病の事例を取り上げ、家族ケアや就労支援なども網羅した、医療職と介護職、そして患者とその家族へ向けた雑誌があります。医療職や介護職のみの執筆ではなく、患者家族の共著により発行されている貴重かつ有益な雑誌です。

眼科看護

「眼科看護」領域の雑誌は、白内障や緑内障などレーザー治療による術中の補助や術後のケア、処置、点眼指導といった患者指導などの役割りを担ている眼科の看護師と、眼科検査を担当する視能訓練士、さらに治療を行う眼科医に向けた情報を網羅している雑誌があります。新人教育・指導や院内研修・勉強会、患者指導にも使えるテキスト教材やWEB動画配信している雑誌があります。

訪問看護・在宅看護・地域包括ケア

地域看護(産業保健)

産業保健・看護領域の雑誌を紹介しています。地域看護の場で活躍する看護師・保健師に人気のおすすめの雑誌を紹介しています。

訪問看護・在宅看護

「訪問看護・在宅看護」領域の雑誌は、訪問看護ステーションや病院に所属する訪問看護師及び、介護施設入居者や在宅患者の看護を行う看護師に向けた雑誌と、訪問看護・在宅看護と緊密な連携が必要となる介護福祉士やヘルパーなどの介護福祉職に向けた情報を包括した雑誌があります。訪問看護・在宅看護固有の看護知識・技術のみならず、訪問看護ステーションなどで必須の知識である医療保険・診療報酬・介護保険の最新情報や、スケジュール管理スキル、要支援者のケアなどを網羅しています。

地域包括ケア

「地域包括ケア」領域の雑誌は、医療に限定せずに地域包括システムを全体的に俯瞰する視点から捉えた雑誌を紹介しています。地域包括ケアシステムを医療職だけではなく、教育者、産業、曳いては社会全体の視点から捉えた雑誌のほか、医師・看護師・リハ職・事務職他の医療職と介護職の視点から捉えた雑誌、医療職の視点から捉えた雑誌があります。したがいまして、必然と、医師、看護師、リハ職といった医療職に向けた雑誌、医療職と介護職に向けた雑誌のほか、教育者などさまざまな産業領域の多職種の方に向けた雑誌となります。

看護管理・看護教育・看護研究・安全教育

看護管理

新人看護師を教育するプリセプターから、チームを管理する中堅看護師、さらに病棟・看護部を管理する看護部長や看護師長のマネジメントを支援するおすすめの専門雑誌を紹介しています。

看護教育

「看護教育」のおすすめ専門雑誌の一覧です。「看護教育」領域の雑誌は、大学や看護専門学校などの教員へ向けた記事を主軸としている雑誌を紹介しています。授業カリキュラムの考案、ICTを活用したオンライン遠隔授業、ルーブリック評価システムの構築、授業進行におけるファリシテータ―としての役割り、看護教育の研究といった看護教員・教授に向けた記事を主軸としつつ、病院などの医療施設における新人や転入者への教育に有益な情報も掲載している雑誌があります。なお、病院などの新人教育や院内研修などの教育に主軸を置いた雑誌は、[看護管理 雑誌一覧]にて紹介しています。

看護研究

「看護研究」のおすすめ専門雑誌の一覧です。「看護研究」領域の雑誌は、研究デザイン、おすすめな論文テーマの提案、論文の書き方(本文、キーワード設定、抄録、はじめに、おわりに、図表、グラフ、数字、逐語録、参考文献、文献検索、他)やパワーポイントの作成方法などのスキル、論文が科学的論理に沿っているかを分析するクリティーク(評価・検討・判断)、倫理的配慮事項の解説、認知症高齢者や手術室看護、小児看護、精神科看護、褥瘡ケア、業務改善などの事例研究、他多数の研究事例の紹介、アンケートやインタビュー、面接による調査とそのデータの収集・統計・分析方法、発表の仕方や注意するポイント、研究の振り返りなど、看護研究領域を網羅しています。英語論文の書き方、国際学会への論文の投稿・発表方法といった、グローバルな視点からの記事、英文の記事も豊富に掲載されています。看護学生の研究卒論の作成に役立つ記事も掲載している雑誌があります。

病院安全管理・教育](安全・安楽な看護含む)

「病院安全管理」領域の雑誌は、病院における、安全衛生管理委員会・安全衛生管理部の設立、安全管理責任者の選任、安全管理教育・研修の実践、安全管理マニュアルの作成、安全標語の作成、カンファレンスの開催、”情報化社会”を反映したフリーwi-fiを安全に使うための方法など、病院の安全管理に関わるテーマを網羅し、豊富な活動事例とともに解説している記事が満載の、病院安全管理者にインパクトファクターの高い雑誌があります。院内の安全管理教育・研修・勉強会に使えるテキスト教材やWEB動画が付いています。夜間・夜勤時の安全管理、手術室看護や災害看護他の臨床現場での安全な看護管理体制の構築、感染予防などのリスクに対する安全防御、高齢者や子供といった対象患者別の安全な看護、注射やカテーテルなどの個別の安全のための技術の提供など、看護師の安全・安楽な看護実践のための記事も豊富です。

保健・地域保健・公衆衛生

保健師

「保健師」領域の雑誌は、地域包括支援センターなどの医療介護福祉施設、病院などの医療施設、都道府県や市区町村などの地方自治体、保育園・幼稚園や小・中・高等学校、大学などの教育機関、民間企業や事業所などのNPO・NGO(非政府組織)法人等、働く場所を限定せずに、健康維持・健診活動や保健指導、感染症対策などを行い活躍している保健師に向けた雑誌を紹介しています。地域包括支援システムの推進により増加している、地域包括支援センターで活躍する保健師の役割りや仕事内容と活動事例が豊富な雑誌があります。研究・調査・活動報告の投稿論文が満載の雑誌や、科学的な視点から保健師活動にアプローチしている雑誌など、保健師にインパクトファクターの高い雑誌があります。なお、産業保健領域の専門雑誌は[地域看護(産業保健)]、地域保健活動に関する雑誌は[地域保健・公衆衛生]、保健師の感染対策の専門雑誌は[感染症看護]にて紹介しています。

地域保健・公衆衛生

「地域保健・公衆衛生」のおすすめ専門雑誌の一覧です。「地域保健・公衆衛生」領域の雑誌は、保健・医療・看護・介護・福祉を含めた多職種の取り組みにより、地域単位の個人ならびに集団の健康の維持・促進を図る活動である公衆衛生を主軸にした雑誌と、公衆衛生において、地域社会全体により焦点を当てた地域保健を軸にした雑誌があります。いずれの雑誌も、地域保健活動・公衆衛生活動の主役である保健師にインパクトファクターの高い雑誌ばかりです。実践現場における地域診断の在り方、地域医療体制の整備、社会保障制度の運用、社会福祉への貢献、精神保健医療、感染症対策、伝染病予防、予防接種による健康被害の救済、在宅医療の推進、公衆衛生行政、集団へのポピュレーションアプローチ、一次・二次・三次予防医学の観点からの公衆衛生の実践など、地域保健活動・公衆衛生活動の実践に役立つ記事が満載の雑誌です。

リハビリ看護・リハビリテーション

リハビリ看護

「リハビリ看護」領域の雑誌は、回復期リハビリ病棟や介護福祉施設、在宅の現場において、脳梗塞などの疾病を考慮したフィジカルアセスメント、疾病・障害・加齢等による生活上の問題を有する患者に対する日常生活活動(ADL)の支援やQOL(生命・生活・人生の質)向上のためのケアを実践する看護師に向けた雑誌があります。急性期・回復期・慢性期、小児・成人・高齢者と、病期と対象を限定しないリハビリ看護領域を網羅した雑誌です。リハビリテーション医療における看護師の役割り、合併症の発見・予防、患者家族のケア、理学療法士などのリハ職との連携によるチームリハなど、リハビリ看護師がその役割りを果たすための記事が満載です。新人教育・指導や院内研修・勉強会にも使えるテキスト教材を配信しており、多くのリハビリ看護師が定期購読しているインパクトファクターの高い雑誌です。看護学生の国試対策の勉強や実習学習のための教科書・参考書としても活用でき、定期購読するとプレゼントが付いています。

 

なお、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士といったリハ職に向けた雑誌は[理学療法][作業療法][言語聴覚士]にて紹介しています。また、地域包括ケアとリハビリ医療・医学を融合させた総合リハ領域の雑誌は[リハビリ医学・医療](総合リハ含む)にて紹介しています。

理学療法

「理学療法」のおすすめ専門雑誌の一覧です。「理学療法」領域の雑誌は、①運動療法、物理療法、動作分析・訓練といった理学療法の実践スキルを主軸に置いた、理学療法士にインパクトファクターの高い雑誌、②訪問リハビリや在宅医療としてのリハビリなどの地域包括ケアのステージにおける理学療法を主軸に置いた雑誌、③高齢者の骨粗鬆症などの運動性加齢性疾患のリハビリに特化した雑誌、④精神障害におけるリハビリに特化した雑誌などがあります。

作業療法

「作業療法」のおすすめ専門雑誌の一覧です。「作業療法」領域の雑誌は、①運動療法、動作分析・訓練といった作業療法の実践スキルを主軸に置いた、作業療法士にインパクトファクターの高い雑誌、②訪問リハビリや在宅医療としてのリハビリなどの地域包括ケアのステージにおける作業療法を主軸に置いた雑誌、③精神障害におけるリハビリに特化した雑誌などがあります。

言語聴覚士

「言語聴覚士」のおすすめ専門雑誌の一覧です。「言語聴覚士」領域の雑誌は、「日本言語聴覚士協会」が発行、「医学書院」が発売している雑誌があります。精神科病院での業務です。 対象の生活の質の向上と社会参加の支援を目的として、言語訓練、嚥下訓練、摂食障害の機能回復や障害の軽減のための練習や指導を行う、言語聴覚士に向けた雑誌があります。「日本言語聴覚士協会」の会員である言語聴覚士が購読しているインパクトファクターの高い雑誌です。訪問リハビリや在宅医療としてのリハビリなどの地域包括ケアのステージにおける作業療法の実践や精神障害における言語聴覚障害のリハビリに触れている雑誌も紹介しています。

訪問リハビリ・在宅リハビリ

「訪問リハビリテーション・在宅リハ」領域の雑誌は、訪問リハビリステーションや訪問看護ステーション、病院などに所属する、理学療法士や作業療法士といった訪問リハ職に向けた雑誌があります。地域包括ケアのステージで活動を実践するリハ職に向けた雑誌です。指示書の理解など訪問・在宅ならではのリハ知識・スキルのほか、災害時や救急時の対応、医療保険と介護保険の知識など、訪問・在宅リハ職がその役割りを果たすための領域を網羅した記事が満載です。高齢者リハや小児リハビリテーションに関わる人のための発達性協調運動障害の評価と運動指導など、訪問リハの現場で求められることの多い知識・技術を豊富に掲載しています。

リハビリ医学・医療](総合リハ含む)

「リハビリ医学・医療」(総合リハ含む)領域の雑誌は、①リハビリテーション医学・医療領域の医師に向けた雑誌、②医療職のみならず、介護職や福祉職の他、教育学者などすべての産業に従事する方へ向けた地域包括ケアの一環である総合リハビリを軸にした雑誌、③リハビリ医学・医療に従事する医師や理学療法士・作業療法士といったリハ職に向けた雑誌があります。②の雑誌は、地域包括ケアの一環であるという性質上、医療保険と介護保険の情報も豊富に掲載しています。③の雑誌には、精神障害のリハビリ領域に特化した雑誌があります。

臨床病理・検査

臨床病理

「臨床病理」領域の雑誌は、①病理専門医や臨床検査専門医に向けた臨床病理領域を主軸とした雑誌、②若手臨床検査技師や臨床検査技師の国家試験合格を目指す学生に向けた、検査医も読める雑誌、③ベテラン臨床検査技師を読者層のメインターゲットとしつつ、検査医も読める雑誌があります。①の雑誌は、病理組織検査、遺伝子検査、病理解剖、病理組織診断など、臨床病理学領域を網羅した、原著論文や症例・研究報告が満載の雑誌です。「日本臨床検査医学会」が発行(販売は克誠堂出版)しています。臨床病理の一役を担う臨床検査技師にも役立つ記事も豊富です。また、臨床病理は、看護師にも必要な知識な知識であり、看護実践に活用できる記事も掲載されています。

臨床検査

「臨床検査」領域の雑誌は、①若手臨床検査技師や臨床検査技師の国家試験合格を目指す学生に向けた、検査医も読める雑誌、②ベテラン臨床検査技師を読者層のメインターゲットとしつつ、検査医も読める雑誌があります。①の雑誌は、臨床検査の技術講座や臨床検査技師国家試験の過去問をベースに、出題内容について詳しく解説されており、定期購読してファイリングしておけば、過去問題集としても活用することができます。②の雑誌は、臨床検査技師が行う採血などの医療行為、遺伝子検査や超音波検査などの各種検査の実践、NST(栄養サポートチーム)などのチーム医療への参画など、臨床検査の実践に則した記事を、事例を含めて豊富に掲載しています。

臨床工学技士

「臨床工学技士」領域の雑誌は、人工透析、人工心肺、機器管理といった資格制度が発足した当時からの臨床工学技士の仕事の3本柱を網羅するとともに、現在行われているカテーテル手術や集中治療室での医療機器の操作・管理、さらに、今後医療の現場への導入が加速することが予想されるはAI(人工知能)ロボットの操作など、臨床工学技士がその役割りを果たすための情報・技術が満載の雑誌です。臨床工学(clinical engineering)の広範な知識・技術をわかりやすく解説した、日常の業務に役立つ知識を提供する雑誌です。医療施設で活動する臨床工学技士のみならず、医療機器メーカーで活躍する臨床工学技士にも読まれている、インパクトファクターの高い雑誌です。血液透析、体外循環、集中治療に携わる医師や看護師にも読まれています。

[診療放射線技士]

2021年2月26日時点では、「診療放射線技師」領域の雑誌は発行されていませんので、発行され次第に紹介します。

精神療法・心理療法・心理学

心理療法・精神療法

「精神療法・心理療法」領域の雑誌は、認知行動療法・マインドフルネス、遊戯療法・ロールプレイング、短期精神療法・ブリーフセラピー、家族療法・夫婦療法、物語り療法・ナラティブセラピー、催眠療法、クライエント中心療法・フォーカシング、対人関係療法、芸術療法・描画法、集団精神療法、精神分析的精神療法、動作法・ボディワーク、バイフォードバック、カウンセリングなど、多くの方法の中から、①精神療法を網羅している雑誌、②家族療法の雑誌、③ナラティブセラピー・物語療法の雑誌の他、トラウマティックストレスを対象とした精神療法の雑誌を紹介しています。

心理学

「心理学」領域の雑誌は、学習心理学、知覚心理学、認知心理学、発達心理学、社会心理学、臨床心理学、アドラー心理学、ユング心理学、フロイト心理学など、心理学領域を網羅しています。分野も、心理学科学、臨床、研究、クトゥルフTRPG技能、心理学の話題や最新情報、心理学調査法、脳科学的心理学、ミラーリングテクニック、類型論と特性論による性格の分類などを網羅した、心理学のオールマイティーな、公認心理士と臨床心理士にインパクトファクターの高い雑誌です。精神社会福祉士にも役立つ記事が豊富です。

栄養

栄養療法・食事療法

「栄養療法(オーソモレキュラー療法)・食事療法」領域の雑誌は、クローン病、アトピー性皮膚炎、精神科、心療内科、糖尿病、統合失調症などの疾患ごとの栄養療法、血液検査の見方、薬物療法との併用など、栄養療法・食事療法領域を網羅しています。食事を疾患にあわせて調整する食事療法と日頃不足している栄養を補う方法栄養療法とでは若干テイストが異なりますが、それぞれの療法を網羅しています。管理栄養士にインパクトファクターの高い雑誌です。

NST・栄養サポートチーム

「NST・栄養療法(オーソモレキュラー療法)・食事療法」領域の雑誌は、クローン病、アトピー性皮膚炎、精神科、心療内科、糖尿病、統合失調症などの疾患ごとの栄養療法、血液検査の見方、経腸栄養、栄養評価とそのための検査、薬物療法との併用など、栄養療法・食事療法領域を網羅し、それらをNST・栄養サポートチームとして実践するテーマを主軸としています。NSTは、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、理学療法士、言語聴覚士、歯科医師、歯科衛生士などの多職種により構成されており、NSTに所属するこれらの職種にインパクトファクターの高い雑誌です。

歯科

歯科衛生

「歯科衛生」領域の雑誌は、歯周病予防・治療、プラークの除去によるう蝕(虫歯)予防、フッ素の塗布、奥歯の溝を詰めるシーラント、歯の型どり、レントゲン撮影の補助、ブラッシング指導、クリーニングなどの、歯科衛生士が求める情報が満載の雑誌があります。臨床歯科麻酔認定歯科衛生士へのスキルアップのための情報や、老人介護福祉施設で働く歯科衛生士に向けた情報も掲載している雑誌もあります。

歯科技工

「歯科技工」領域の雑誌は、チェアサイド・ラボサイドの連携、クラウンなどの歯科技工物の製作、研鑽技術、Pound法による無削合義歯の方法、作業効率の向上と審美性の両立を目指したワンベイクステインテクニック、審美インプラント技工、デジタル技術の活用、ベテラン歯科技工士から若手への知と技術の継承、インプラント治療のプライオリティ、バーチャル咬合器の活用法、歯科医師との適切なコミュニケーションのために必要な知識、インスツルメント・エンジンなどの歯科技工用の医療器具・医療機器の選択、歯科用3Dスキャナーの取り扱い、保険適用などの、歯科技工士が求める情報が満載の雑誌があります。

健康

健康

「健康」領域の雑誌は多くありますが、当ページでは看護にも役立つ記事も掲載されている健康情報誌を紹介しています。①②全国の新聞(朝日・産経・日経・毎日・読売といった全国紙、北海道から九州・沖縄までのブロック紙・地方紙・専門紙)から医療と健康をテーマにした記事を切り抜いたスクラップ誌と、③子どもの保育と育児をテーマにした雑誌があります。