救急看護、集中ケア、ICU・CCU・HCU領域のおすすめ雑誌『Emer-Log(エマログ)』を紹介・ガイドしています。

 

表紙、値段・価格、発行、創刊、出版社公式サイト、内容の概要などの媒体基本情報の他、読者層、豆知識、プレゼント情報や当サイトオリジナルの紹介文、レビュー、誌面イメージ、口コミ評価、豆知識等を掲載しています。最新号のみではなく、バックナンバー、増刊号も掲載しています。

 

媒体の基本情報・概要

Emer-Log(エマログ)│表紙

紙媒体 パソコン タブレット スマートフォン

1冊(単品)価格:1,760円(本編) │ 5,500円(増刊)

1年間定期購読価格 : 28,600円(本誌+増刊+ヨメディカ)

B5判 │ 奇数月刊+6月(増刊) │ 11日発売

1988年1月 創刊 │【メディカ出版Emer-Log(エマログ)│見本誌立読み放題(since1977年)

10,000 部発行(メディカ出版 広告媒体)

Emer-Log(エマログ)(Fujisan.co.jp)Emer-Log(エマログ)│見本誌立読み放題

 

 媒体関連キーワード : 救急看護/緊急医療/救命救急/救急看護認定看護師

 読者層プロフィール : 看護師・ナース │ 救命救急士 │ 保健師 │ 医師

 

オリジナル紹介文

媒体概要

看護師さんが救急車で搬送された患者さんをストレッチャーに乗せて移送しているイラストです。

『Emer-Log(エマログ)』は救急救命医療を臨床の現場で実践する看護師・ナース・医師・救急救命士向けの専門誌(本)です。

 

読者層に関心・興味のあると思われる、あるいは求められる、新の治療法、症状・所見の見方、薬剤の知識といった記事が豊富に掲載されています。

 

救急外来、救命センター、ICUなど一次から三次救急までのさまざまな救急救命の現場では、瞬時の的確な判断が求められるため、事前の学習が不可欠となります。対象疾病も広範囲にわたるため、継続的な学習も必要となります。

 

救命救急センターから地域医療につなげるために、さまざまな現場での患者の急変・重症化を取り上げ、症例をベースに看護師、医師をはじめとした多職種で共有できる、患者の評価と初療の実践を解説しています。日誌(Log)感覚で現場と症例にこだわり続ける記事が人気です。

 

救急現場において必要な身体所見・問診の取り方や疾患などの基礎知識のほか、エキスパートなら押さえておきたい”今”のトピックや高度な知識まで、漏れなく!分かりやすく!見やすく編集されています。フィジカルアセスメントなどの救急医療・災害看護に必須の知識・技術は当然、ガイドラインなどの最新情報も網羅し、臨床に直結した切り口とフルカラーで学びやすいビジュアル誌面で構成されてあ記事となっています。

 

プレホスピタルから院内まで、一刻一秒を争う救急の現場で働くすべての医療従事者(看護師、医師、救急救命士etc.)をサポートする専門誌です。

 

『Emer-Log(エマログ)』は1988(昭和63)年6月に「Emergency Care(エマージェンシー・ケア)」として創刊されましが、2019年1月より「Emer-Log(エマログ)」へ改名されると同時に、連載記事の充実がが図られています。改名にあたってはメディカ出版の思慮深い込められた想いが感じ取れます。

 

”レベルアップしたいナース””幅広い実践知を身に付けたい医師”のあなた、”「急性・重症患者専門看護師」「救急看護認定看護師」「集中ケア認定看護師」へのステップを目指す”あなたにおすすめの雑誌(本)です。

 

誌面・記事構成

 知識を習得しやすい特集・連載形式で誌面・記事が構成されています。

 

全ページフルカラーの誌面は読みやすく、理解を速めてくれます。救急医療現場において、他職種とのコミュニケーションの取り方も勉強になります。イラストや写真は比較的少なめな誌面ではありますが、ポイントとなる箇所や重要なキーワードは赤色文字にするなどの工夫が施されているので、結構スラスラと読めます。

 

●特集記事/例

  • こんなとき、どの指標? 救急現場の使える指標
  • 対応・治療法の次の一手が変わる 探求 ショックへの最適解
  • ドクターが診る×ナースが看る 危ない救急疾患の見抜きかた
  • みんなで解いて力試し!あなたもチャレンジ 救急看護力チェック大会
  • 救急現場のあるある場面別 医療機器使いかたエビデンス

●連載記事/例

  • 「見抜いた!」の裏側お見せします 非典型な救急画像はこう気づく
  • 「手強い」「人泣かせ」な心電図がやってきた!やっかいな心電図クイズ
  • 救急現場ではどうする!? 患者家族の支えかた―終末期編
  • Final 患者さんと医療者のあなたを守る!今こそ知っておきたい 救急ナースのための医療安全
  • 超カンタン!ER とICU を読み解く

●コラム・インフォメーション・その他の記事/例

  • Report⇒第14回日本クリティカルケア看護学会学術集会
  • Report⇒第49回日本看護学会-急性期看護-学術集会
  • 投稿論文⇒一次救命処置に対する看護師の不安要因に関する文献検討

 

無料お得情報/豆知識

「メディカ出版」の「専門誌記事検索」機能を利用すると、必要な記事を探し、その記事が掲載れている号のみを購読することも可能です。「メディカ出版」のサイトでは全号とも10ページ程度読むことができますし、「Fujisan.co.jp」のサイトでは2009年3月号の全ページを読み放題です。

 

「ヨメディカ」は超お得!なおすすめアプリ!

ヨメディカ│メディカ出版

「ヨメディカ」は「メディカ出版」が提供しているサービスです。「ヨメディカ」付の年間定期購読をすると過去10年間分の記事が読み放題!で超お得です。

●ほぼ本誌2冊分の金額6,000円をプラスすると2010年以降の記事が読み放題!1カ月500円プラスするだけです。ランチ後のスイーツを1度我慢するだけです。

スマホ・タブレットで読み放題!通勤などのスキマ時間、勤務中の調べものに便利!記事検索も可能

●定期購読にすると買い忘れすることなく、定期的に送料無料でお手元に届きますので、書店に買い求めに行く手間が省けます。

 

読者層プロフィール/編集委員/執筆者

 読者層は、全国国公立・私立病院の救急部門のナース、医師、研修医を中心とした医療スタッフ、救急救命士 などです。

 

救急外来、救命センター、ICUなど一次から三次救急まで、さまざまな救急の現場施設での購読が44%と目立っています。継続した事前学習が何より必要な救急現場であるため、安定的に購読する傾向があるようです。

 

「メディカ出版」の調べによれば、読者層の

  • 認定看護師の職種は、看護師70%、医師17%、救命救急士6%、保健師5%
  • 購買形態は、病院44%、個人33%、学校18%、消防署1%、クリニック・医院1%、企業1%

となっています。

Emer-Log(エマログ)│読者層プロフィールのグラフ

 

 編集委員長は、大友 康裕 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 救急災害医学分野教授です。

 

編集委員は、

阿南 英明 藤沢市民病院 診療部長・救命救急センター長/木澤 晃代 日本大学病院看護部長/芝田 里花 日本赤十字社和歌山医療センター 看護部看護副部長 /平尾 明美 神戸大学医学部附属病院 看護実践・教育開発センター 臨床実習担当/船曵 知弘 済生会横浜市東部病院救急科部長

といった著名な方々です。

 

執筆者には、読者と同じ視点を持つ現役看護師などもいます。

 

出版社公式サイト・オンライン書店紹介文

Fujisan.co.jp/口コミ・レビュー

口コミ・レビュー

  • 読者満足度 : 100%
  • 投稿数 : 5件 (2020年9月22日現在)

 

メディカ出版

紹介文

 

オリジナルレビュー・誌面イメージ/Vol.31 2018年9月号

表紙・目次・コンテンツ/誌面イメージ

Emer-Log(エマログ)Vol.31 2018年9月号│表紙

コンテンツ

【特集】認定看護師“直伝” 3年目までにおさえる 救急看護のワザとコツ40 浜松医療センター

  1. 救急看護とは?  救急看護認定看護師とは?/ 聖隷三方原病院/大瀧友紀
  2. 救急患者のアセスメント/杏林大学医学部付属病院/望月 桂
  3. 救急看護技術/名古屋第二赤十字病院 片岡美香
  4. 急変対応のしかた/浜松医科大学医学部附属病院 長谷川桃子
  5. 報告のしかた/獨協医科大学埼玉医療センター/栁澤三穂
  6. 患者家族の心理・社会的アセスメント/滋賀医科大学医学部附属病院/小越優子

【誌内雑誌】救急看護認定看護師のためのJOURNAL in JOURNAL from Expert Nurse to Expert Nurse/監修/JCENS 救急看護認定看護師会/

  • Expert Report 医仁会武田総合病院/森川玲子
  • Expert Cafe/市立大洲病院/向井直基/沖縄県立北部病院/渡久地亮
  • 私が救急看護認定看護師になったワケ/公立学校共済組合 近畿中央病院/新地博晃
  • 私の忘れられない症例/SUBARU 健康保険組合 太田記念病院/小暮佳奈
  • JCENS News/原稿募集

【連 載】

●E Word -患者への視点を変えた言葉-
 ・「2.5人称の看護」/公益社団法人日本看護協会看護研修学校/桑村直樹
●超カンタン!! ER とICU を読み解く
 ・ICUでの院内感染を読み解く/神戸市立医療センター中央市民病院/水 大介
●「とりあえずアンケート」にさようなら! 研究の進めかた、もう迷わない! 研究テーマの見つけかた講座[NEW!]  ・「とりあえずアンケート」はなぜダメなの?/天理医療大学/林 みよ子
●患者さんと医療者のあなたを守る! 今こそ知っておきたい 救急ナースのための医療安全〔NEW!〕
 ・医療安全って何?/大阪市立総合医療センター/川口なぎさ
●小児救急疾患アトラス
 ・乳児熱傷・ネグレクト/北九州市立八幡病院 市川光太郎

【Report】/

●REPORT
 ・第21回 日本臨床救急医学会総会・学術集会

【Campanio!】/

●医療・看護・介護のトピック18本!

【Others】/

●看護力検定(R)のご案内
●ックナンバーのご案内

Emer-Log(エマログ)Vol.31 2018年9月号│目次(1)

 

Emer-Log(エマログ)Vol.31 2018年9月号│目次(2)

 

Emer-Log(エマログ)Vol.31 2018年9月号│誌面イメージ(1)

 

Emer-Log(エマログ)Vol.31 2018年9月号│誌面イメージ(2)

 

Emer-Log(エマログ)Vol.31 2018年9月号│誌面イメージ(3)

 

Emer-Log(エマログ)Vol.31 2018年9月号│誌面イメージ(4)

 

Emer-Log(エマログ)Vol.31 2018年9月号│誌面イメージ(5)

 

Emer-Log(エマログ)Vol.31 2018年9月号│誌面イメージ(6)

 

Emer-Log(エマログ)Vol.31 2018年9月号│誌面イメージ(7)

 

オリジナルレビュー

【特集】「認定看護師”直伝”3年目までにおさえる救急看護のワザとコツ40」

 

救命救急センターや救急外来へ配属され、あこがれていた救急看護を実践している方、希望していたわけではないkれど救命救急センターや救急外来へ配属となり、救急看護を実践している方、さまざまな背景の方が救急看護に携わっているのではないかと思われます。そして、救急看護は救命救急センターや救急外来だけではなく、一般病棟でも展開されるものです。

 

救急看護を実践する中で、”困ったこと”や”疑問に思うこと”はないでしょうか。新人看護師時代や部署異動したばかりの時は質問できたことも、時間が経ってくると質問しづらくなり、「忙しそうだし、こんなこと質問してもいいかな・・・・」と質問するタイミングがわならなくて質問できなかったりした経験はないでしょうか。そのとき質問できず解決させなかったことが、内容によっては後に患者の状態に影響を与える可能性があります。そして、これは絶対に避けなければならないことです。

 

そこで、救急看護経験が浅い1⇒3年目の看護師が現場で困っていること、疑問に思っていることに対して、経験豊富な救急看護認定看護師にエビデンスと自身の経験(臨床知)に基づいて解説してもらう特集が企画されました。ぜひ、現場で困ったときに活用して下さい。また、救急看護認定看護師についても知っていただくよい機会になると思います。

 

ネット書店で購読する

Emer-Log(エマログ)│表紙

1冊(単品)価格:2,970円

Emer-Log(エマログ)│Fujisan.co.jpEmer-Log(エマログ)│立読み放題 Amazon.co.jp 楽天ブックス

Emer-Log(エマログ)(Fujisan.co.jp)

 

関連雑誌

 

ICNR PRACTICE(Intensive Care Nuesung Review)│表紙 重症集中ケア│表紙
一人でも多くの命を救いたいと願うあなたに読んでいただきたい雑誌。 急性・重症患者看護、集中ケア領域の実践力と指導力を磨く。

1冊価格 : 2,750 円

ICNR PRACTICE(Intensive Care Nuesung Review)│詳細を見る

看護・ナース雑誌│Fujisan.co.jpICNR PRACTICE(Intensive Care Nuesung Review)│Amazon.co.jp楽天ブックス

【学研メディカル秀潤社】

ICNR PRACTICE(Intensive Care Nuesung Review)

1年間定期購読価格 : 18,900 円(別途入会金 3.000円)

重症集中ケア│詳細を見る

重症集中ケア

プレホスピタル・ケア│表紙  
救急救命士・救急隊員が、救急救命技術の向上を図りこれからの救急を問うための実務情報。  

1冊価格 : 1,400 円

プレホスピタル・ケア│詳細を見る

プレホスピタル・ケア