「救急看護」(急性・重症患者看護、集中ケア、クリティカルケア・ICU(集中治療室)・CCU(循環器疾患集中治療室)・HCU(高度治療室)・NCU(脳神経外科集中治療室)・SCU(脳卒中集中治療室))領域のおすすめの専門雑誌『Emer-Log(エマログ)』を紹介ガイドしています。

 

表紙、値段・価格、発行、創刊、出版社公式サイト、内容の概要などの媒体基本情報の他、取扱い領域、対象読者層・職種、当サイトオリジナルの紹介文・レビュー、おすすめポイント、プレゼント、口コミ評価(おすすめ度)、豆知識、領域が類似する雑誌の紹介などの情報を掲載しています。最新号のみではなく、バックナンバー、増刊号も紹介しています。

媒体の基本情報・概要

緊急の臨地現場で生命の危機に瀕している患者とそれを見守る家族へあわてずに的確なケアを行うためのおすすめの人気の専門雑誌『Emer-Log(エマログ)』!

Emer-Log(エマログ)│表紙

紙媒体│デジタル雑誌・電子版(PC・タブレット・スマホ)

Emer-Log(エマログ) 公式サイト

広告媒体 [PDF版

メディカ出版(since1977(昭和52)年)


Emer-Log(エマログ):Fujisan

バックナンバー一覧:Fujisan

Amazon・アマゾン トップ

Rakuten・楽天ブックス トップ

見本誌無料試し読みサービス

メディカ出版Fujisan(富士山マガジン)


1冊(単品)価格・値段

一般号:1,760円│増刊号:5,500円

1年間定期購読価格

一般号+増刊号:23,980円

一般号+増刊号+ヨメディカ:29,920円

判型・サイズ:B5判

発行頻度:奇数月刊+増刊6月

発売日:11日※

(※:発売日は、土・日曜日や祝・祭日の関係により前後することがあります。)

創刊:1988(昭和63)年6月

発行部数:10,000 部


  • 媒体取扱い領域:救命・救急看護/クリティカルケア/急性・重症患者看護/集中ケア
  • 読者層(職種):看護師・ナース│救急医・医師│救命救急士

オリジナル紹介文

媒体概要/紹介文/レビュー

プレホスピタルから病院、訪問・在宅まで場面を限定しない救急看護にかかわる知識・技術

『Emer-Log(エマログ)』は、「メディカ出版」が出版している救急看護領域をメインとしたおすすめの人気の専門雑誌です。取り扱っている領域は救急看護を主軸としていますが、必要な知識・技術が類似あるい錯綜している、クリティカルケア、急性・重症患者看護、集中ケアの領域についても取り扱っています。幼児・小児から高齢者まで、また、プレホスピタルから病院・訪問・在宅まで、対象と病期などの場面を限定せずに包括的に網羅しています。

 

 「救急看護」領域における臓器の構造と機能といった解剖生理症状・疾患とその病態生理検査/診断治療処置・ケア技術の基本疾患・症状の経過看護関連図看護過程・展開など基礎・基本的事項から、初期観察バイタルサインの測定フィジカルアセスメントABCDE(気道⇒呼吸⇒循環⇒意識⇒体温)アプローチ意識レベルACLS(2次救命処置)意思決定支援家族ケア使用する薬剤トリアージ災害看護機械・機器の取り扱い看護・ケア技術ファーストエイドなど救急看護領域固有の看護の知識・技術を、最新のデビデンス・臨床知・実践知・実践事例とともに学習・勉強できる最新情報の記事が掲載されています。

 

 救急現場では、看護師にも高度先進治療や全身管理についての知識や経験が求められるようになっており、救急看護の重要性はますます高まっています。従来は救急看護は救命救急センターやER(emergency room:救急室、あるいは救急外来)などでのみ行われるものと認識されていましたが、現在では、3次救急のみならず、1次・2次救急やプレホスピタル、院内救急、訪問・在宅・地域医療や災害医療の現場、学校保健、産業保健、国際化にともなう外国人の看護においても、救急看護の知識・技術や経験が必要とされるようになってきました。

 

昨今の救急医療でも、諸外国に例をみないスピードで高齢化が進む我が国の社会的変化を反映し、最初の処置である医療の入り口だけではなく、治療後の継続医療や地域医療への橋渡しなどの出口にも目が向けられるようになりました。また、一般市民への救急処置と急病予防の教育などの役割も担うようになりました。さらに、地域包括ケアシステムにおける救急看護の果たす役割についても議論されるようになるとともに、それに伴い、救急看護の専門性も掘り下げられ、役割の拡大化だけでなく深化が進んでいます。『Emer-Log(エマログ)』は、このような社会の動向やニーズを反映したテーマについても、常に最新情報に更新しています。

特集・連載・Others・付録(教材・テキスト)・他で構成

Emer-Log(エマログ)は1号1又は2テーマの「特集」と1号10本程度の記事を掲載している「連載」を主軸としつつ、「Others」「Campanio!」(=仲間)などのカテゴリーで構成されています。  「特集」「連載」では、取り上げたテーマについての、エビデンス・臨床知に基づいた説明・解説・詳説、現状における問題に対して取り組まれている課題、全国の施設での新しい取り組み事例の紹介、業務改善の提案、研究報告、原著論文、座談会などの記事を掲載しています。  「Campanio!」(=仲間)では、医療、看護、介護に携わる仲間が知識や情報をシェアするトピックスやコラムなどを20本程度掲載しています。  「その他」、最新のニュースやトピックス、医療制度改正・診療報酬改定・ガイドライン改訂のポイント、関連学会への参加レポート・開催のお知らせ・案内、インタビュー、レビューを含めた新刊書籍・本の紹介などのトピックスやコラム、読者モニターの募集、バックナンバー・次号の紹介を掲載しています。  雑誌本編記事とリンクした教材・テキストもあります。  「特別企画」「特別記事」が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大などの社会問題となるような事象が発生した場合や、医療制度の改正やガイドラインの改訂などのトピックスがある場合などには掲載されます。「夏季増刊号」では、緊急看護実践における基本的な知識・技術や、時流に沿った1テーマを取り上げた、1冊1テーマのまるごと特集形式の書籍・本となっています。「Fujisan.co.jp」のPCサイトでは、20号程度の目次を一度に俯瞰することができます。

 

 救急看護実践スキルの研鑽のための教科書・参考書として、また、ダウンロードできる教材・テキスト・イラストと合わせて、新人の教育・指導や院内の研修・勉強会のテキスト・教材として、看護学生の国試対策の勉強や実習学習のための教科書・参考書として活用できる記事も、特に「増刊号」では掲載されています。記事の末尾に掲載されている参考文献をたどっていけば、情報・データ収集に役立ちますし、その記事の内容についてさらに深く勉強することもできます。

おすすめポイント

『Emer-Log(エマログ)』おすすめポイントは、全国の病院・医療施設で取り入れられている新しい取り組み事例や提案が豊富に紹介されており、エビデンス・臨床知・実践知の最新情報が学べるところです。また、全ページフルカラーで、図表・写真・イラストによる解説が多く挿入されているビジュアル誌面で編集されており、ポイントとなる箇所や重要なキーワードは赤色文字にするなどの工夫が施されているので、イメージ的に学習でき、知識が定着しやすいところも魅力です。

読者層/口コミ・レビュー/豆知識/その他情報

読者層(職種)・編集委員・執筆者

メディカ出版の広告媒体」[PDF版]によれば、読者層の職種別比率は、看護師70%、医師17%、救命救急士6%、保健師5%、購買形態別比率は、病院44%、個人33%、学校18%、消防署1%、クリニック・医院1%、企業1%となっています。

Emer-Log(エマログ)│読者層(職種)の構成比率のグラフ

(引用:「メディカ出版」広告媒体

「急性・重症患者専門看護師」「救急看護認定看護師」「集中ケア認定看護師」へのステップアップ・資格取得を目指す看護師・ナースにもおすすめの専門雑誌です。増刊号では、看護学生の「救急看護」範囲の国試対策の勉強や実習の学習・予習・復習のための参考書・テキスト・教材として役立つものもあります。  編集委員は、書籍・本・教科書・テキスト・参考書などの執筆もしている、大学・教育機関の教授や医療施設・機関の管理職層クラスの医師や看護師です。詳細は「メディカ出版の広告媒体[PDF]」に掲載されています。  執筆者は、大学教授、医師、救急看護領域の専門・認定看護師などです。

編集コンセプト・豆知識

『Emer-Log(エマログ)』は1988(昭和63)年6月に『Emergency Care(エマージェンシー・ケア)』として「メディカ出版」により創刊され、2019(平成21)年1月号よりEmergency(救急)とLog(日誌)を組み合わせて『Emer-Log(エマログ)』へ改名されています。編集コンセプトは ”臨床の実践知を症例ベースで解説” ”二次救急医療機関でも役立つ内容が充実!” です。

口コミ・レビュー(おすすめ度)

「Fujisan(富士山マガジン)」のサイトへの「口コミ・レビュー」の投稿数は6件、読者満足度(おすすめ度)は96.6%です(2021年1月4日現在)。「メディカ出版」のサイトへの「口コミ・レビュー」は、各号の紹介ページの下方に掲載されています。

お得・便利情報

本誌内の記事とリンクしている、救急看護の新人研修や院内の研修・勉強会などの教材として使えるイラストやテキストなどを、電子データ[PDF]で配信しています。  「メディカ出版」では、超お得!なおすすめアプリ!ヨメディカを提供しています。「ヨメディカ」付の年間定期購読をすると、①過去10年間分の記事が読み放題、②探している情報をキーワードや著者名などで一発検索、③デジタル雑誌・電子版(スマホ、タブレット、パソコン)が読み放題、といったサービスを受けることができ、情報収集にとても便利です。  「Fujisan(富士山マガジン)」のサイトでは2009年3月号の全ページ(⇒タップすると誌面が開きます。)を無料で試し読みができます。「メディカ出版」※のサイトでは2017年1月号以降の見本誌の無料試し読みができます。号によって異なりますが、10,15ページ程度読めますので、ご購読前に是非一度ご確認下さい。※リンク先のページからさらに各号のページに移動していただき、各号のページにある「本誌試し読み」のボタンをタップしていただくと誌面が開きます。

 

当サイトの管理人が試読しました『Emergency Care(エマージェンシー・ケア)』Vol.31,2018年9月号の誌面イメージは下の画像のとおりです。ビジュアル誌面でとても読みやすくなっており、おすすめです。

Emer-Log(エマログ) 2018年9月号 │表紙

 

Emer-Log(エマログ) 2018年9月号 │目次(1)

 

Emer-Log(エマログ) 2018年9月号 │目次(2)

 

 

 

 

 

 

 

最新号・バックナンバーの表紙画像

一般号と増刊号の最新号・バックナンバーの表紙画像です。表紙イメージ・画像をタップしていただくと、「Fujisan(富士山マガジン)」の雑誌紹介ページへリンクしています。なお、発売日順(新しい順)ではなくランダムに順不同で掲載していますので、ご注意願います。

【最新号・一般号】

Emer-Log(エマログ) 最新号│表紙

【最新号・増刊号】

Emer-Log(エマログ) 最新増刊号│表紙


【バックナンバー・一般号】

Emer-Log(エマログ) バックナンバー│表紙

 

Emer-Log(エマログ) バックナンバー│表紙

 

Emer-Log(エマログ) バックナンバー│表紙

 

Emer-Log(エマログ) バックナンバー│表紙

 

Emer-Log(エマログ) バックナンバー│表紙

【バックナンバー・増刊号】

Emer-Log(エマログ) 増刊号 バックナンバー│表紙

 

Emer-Log(エマログ) 増刊号 バックナンバー│表紙

バックナンバー一覧の表紙画像:Fujisan

(2007年1月号のバックナンバーまでご覧いただけます。)

領域や読者層が類似するおすすめの関連雑誌

『Emer-Log(エマログ)』と領域や読者層が類似する「救急看護」領域のおすすめの専門雑誌の表紙画像です。表紙イメージ・画像をタップしていただくと、「Fujisan(富士山マガジン)」の雑誌紹介ページへリンクしています。ただし、『ICNR PRACTICE(Intensive Care Nuesung Review)』は学研メディカル秀潤社の雑誌紹介ページへ、『重症集中ケア』は「日総研」の雑誌紹介ページへリンクしています。

ICNR PRACTICE(Intensive Care Nuesung Review)│表紙

1冊価格 : 2,750 円

詳細を見る!

ICNR PRACTICE(Intensive Care Nuesung Review):学研メディカル秀潤社

 

重症集中ケア│表紙

1年間定期購読価格 : 18,900 円

(別途入会金 3.000円)

詳細を見る!

重症集中ケア:Fujisan

 

プレホスピタル・ケア│表紙

1冊価格 : 1,400 円

詳細を見る!

プレホスピタル・ケア:Fujisan