【エキスパートナース】
Vol.34 2018年5月 臨時増刊号

2020年2019年2018年2017年2016年2015年2014年

1冊ワンテーマの深堀り記事は永久保存版!

エキスパートナース 2018年5月 臨時増刊号の「表紙」の画像

単品価格:1,676円
(本誌と合わせて定期購読すると送料無料0円!

照林社Fujisan.co.jpAmazon.co.jp楽天ブックス7net

 

─表紙・目次─

エキスパートナース 2018年5月 臨時増刊号の「表紙」の画像

エキスパートナース 2018年5月 臨時増刊号の「目次」の画像

●Part1 CVポート/正しい理解 適切な管理/

・CVポートって何? その役割は?/
・“何度も使う”ためのしくみ:CVポートの構造とヒューバー針/
・カテーテル挿入位置と注意点/
・投与目的に応じたCVポート管理のポイント:栄養療法、化学療法/
・同じCVポートを化学療法と栄養投与に用いることができる?/
・CVポートの輸液投与開始と手技の流れ/
・QOLを考えたポート留置・管理/
・[COLUMN]女性に上腕ポート(上腕外側)がいい理由/・間違えてはいけない! CVポートの感染対策・ディバイス管理/
・まだまだ知りたい! CVポート管理のQ&A/
・CVポートの合併症経験率は高い:全国アンケート調査の結果より/

●Part2 PICC/挿入時の注意 合併症防止/末梢挿入式中心静注カテーテル/

・「ピック」って、何?/
・PICCは、どんな症例が適応となる?/
・PICC挿入の実際 エコーガイド下穿刺の手順/
・“きめ細やかな管理”が、PICC施行の重要ポイント/
・PICCの感染率は輸液内容にも依存している/・PICCは実際にどのくらい普及しているのか/

●Part3 半固形状経腸栄養剤/半固形化のエビデンス 栄養剤の選択/

・いわゆる“半固形状栄養剤”ってどんなもの?/
・半固形状の栄養剤は、なぜ登場して、どう進歩してきたの?/
・半固形状の栄養剤のエビデンスは?/
・どの患者さんに、どの経腸栄養剤を選べばいいの?/

コンテンツ・レビュー・読み放題─

●そもそも「CVポート」って何?(用語は正確に!)/

多くの方が単純に「ポート」と呼んでいますが、そもそもポートって、何の略語か、ご存じでしょうか?「ポート」は「port」で、代表的には「港」を意味します(もちろん、「port」という英語にはいろいろな意味があります。神戸の「ポートアイランド」「ポートピアホテル」「ポートライナー」など、「ポート:港」という意味で使われています。/この、カテーテルの一周としての「ポート」ですが、「CVポート」とよぶべきと思います。英語としては「totally implantable central venouse access port」の略語で、非常に地味回略語として「CV port」ということになります。

英語としてもいろいろな表現があります。しかし、この「totally implantable central venouse access port」を使いたいと思います。かつては「totally implantable subcutaneous infusion port」という英語を使っていました。日本語では「完全皮下埋め込み式カテーテル」という用語がよく使われていますが、この用語に「ポート」という単語が入っていないのです。「完全皮下埋め込み式ポート月カテーテル」という呼び方が、本当はこの器具の意味を最も適切に表現できると思いますが長すぎます。ということで、「CVポート」という呼称を使うのが適切だと思います。

また、単純に「ポート」という呼び方がされていることも問題で、この器具は、「カテーテル」と「ポート」が組み合わさって初めてCVポートとして機能するのですから、「ポート」だけではダメで、「CVポート」と呼ぶべきです。単純に「ポート」と呼ぶときは、「カテーテル」がつながっていないことを意味します。ですから、正式には「CVポート」と呼ぶようにするのが適切です。

─イメージは”ポート=港””カテーテル=船”/

CVポートは、血管内に留置するカテーテルと、そのカテーテルが接触されている「ポート」から構成されています。/「ポート」は「港」を意味すると説明しましたが、カテーテルが船で、ポートが港だと理解すればよいと思います。栄養輸液という「荷物」が「ポート」で積み込まれ、「カテーテル」という「船」で運ばれる、という意味です。

そして、港も船も、必要なときにだけば使えばよいのです。つまり、ポートとカテーテルの療法とも皮下に埋め込まれているので、必要なときにポートを針に刺して栄養輸液を投与するという使い方をすればよいのです。そして、使わないときは体外との交通はないので感染などの合併症が起こる可能性は非常に低い、ということになります。

本誌は、「照林社」のサイトにて10ページ程度ですが、読み放題です。