【エキスパートナース】 Vol.33 2017年3月号

媒体情報・読み放題・コンテンツ・レビュー

─媒体基本情報─

エキスパートナース 2017年3月号の「表紙」の画像

単品価格:1,153円│1年間定期:19,500円(本誌+増刊付) 14,400円(本誌)

☆最新号・バックナンバー読み放題⇒「Fujisan.co.jp」

 

─表紙・目次─

エキスパートナース 2017年3月号の「表紙」の画像

エキスパートナース 2017年3月号の「目次」の画像(1)

エキスパートナース 2017年3月号の「目次」の画像(2)

 

コンテンツ・レビュー・読み放題─

 【特集】 バッチリ回答! 頻出ギモンQ&A/輸液管理、呼吸ケア、急変対応、感染対策・・・ほか全28項目 / 

日常ケアで変わってきたこと、改めて調べて確認するのは難しい!新人ナースが入ってくる前に総復習できる”Q&A集大成”の特集です!

─コンテンツ─

●Part1 ジョーシキとは言われるけれど・・・今さら聞けないギモン

・輸液管理 Q1/中心静脈栄養(TPN)輸液は、なぜ末梢から入れてはいけないの?/
・輸液管理 Q2/中心静脈栄養(TPN)輸液投与中、なぜ頻繁に血糖をチェックするの?/
・周術期管理 Q3/なぜ術前・術後は血糖コントロールが重要なの?/
・輸血 Q4/輸血用血液はなぜ必ずしも加温投与しなくなったの?/
・急変対応 Q5/血圧低下時の対応として、必ずしも下肢挙上がよいわけではない…なぜ?/
・嚥下ケア Q6/きざみ食はなぜ嚥下リハビリテーションに向かない?/

●Part2 今の根拠が知りたい! 確認したいギモン

・呼吸ケア Q7/カフ圧計使用時の接続で適切なのは、「三方活栓・チューブ」それとも「直接」?/
・呼吸ケア Q8/気管吸引、「圧を止めて入れる」「圧をかけたまま入れる」どっちが適切?/
・呼吸ケア Q9/酸素4L/分以下では加湿をしないのは、なぜ?/
・輸液管理 Q10/CVポートの投与前の血液逆流確認、「する?」「しない?」/
・輸液管理 Q11/抗がん剤投与用のCVポートから中心静脈栄養輸液を投与してもよい?/
・輸液管理 Q12/中心静脈栄養、フィルター「いる?」「いらない?」/
・輸液管理 Q13/輸液ルート(中心、末梢)のロック、「生食?」「ヘパリン加生食?」/
・薬剤投与 Q14/貼付薬(医療用麻薬含む)、剥がれたら新しい薬剤を貼り直す?/
・薬剤投与 Q15/生理食塩液のネブライザー投与、痰をやわらかくするには意味がない?/
・感染対策 Q16/MRSAのアウトブレイク時、隔離予防策、どれくらい必要?/
・褥瘡ケア Q17 /褥瘡の発赤、どう見分けるの? どこから褥瘡?/
・口腔ケア Q18/口腔ケアで消毒薬を「使うといい?」「使わないほうがいい?」

●Part3 ふと思う ”これってどうなの?” 素朴なギモン

・輸液管理 Q19/意識障害のアセスメント、JCSとGCS、どちらが何に向くの?/
・輸液管理 Q20/輸液中の空気、人体に入ってしまったらどうなるの?/
・輸液管理 Q21/輸液の速度、なぜ途中から速くしてはいけないの?/
・輸液管理 Q22/使用直前に溶解」という規定の薬剤、溶解してからどれくらいなら使える?/
・輸血 Q23/血小板製剤って、なぜ振盪保存が必要なの?/
・採血 Q24/「溶血・凝血」ってどんな状態?検査値にどんな影響が出るの?/
・呼吸ケア Q25/リザーバー付き酸素マスクで、酸素投与の効果はどれくらい上がる?/
・バイタル測定 Q26/乳がん患者の患側での血圧測定・採血、10年以上経過後も避ける?/
・感染対策 Q27/環境の消毒って、耐性菌は出ないの?/
・褥瘡ケア Q28/循環動態の悪い患者さんに、褥瘡予防の体位変換を行ってもよい?/

 【特集】 ここまでわかった!認知症・せん妄・身体拘束の最新エビデンス/ 

認知症・せん妄への対応や。やむを得ない場合の身体拘束の実施・・・。これらの対応への考え方に新しい知見は出ているのでしょうか。最新の情報から”今、現場ではどうすべきか”を紹介しています。

─コンテンツ─

(1) 認知症のケア・薬物療法等の最新エビデンス/
(2) せん妄の治療・ケアにかかる最新エビデンス/
(3) 身体拘束にかかる最新エビデンス/

 [病院キャラクターコレクション(23)]/ 

・兵庫県・医療法人財団光明会 明石こころのホスピタル「ココちゃん」!

 「2017年3月号」 読み放題/ 

「Fujisan.co.jp」のサイトでは、2016年1月号以降のバックナンバーから最新号までを、「照林社」のサイトでは2年前のバックナンバーから最新号までの全号とも、特集・連載記事など10ページ程度を読み放題です。

「エキスパートナース 2017年3月号」は下記のリンク先より無料で試し読みすることができます。
「Fujisan.co.jo」

Fujisan.co.jpAmazon.co.jp楽天ブックス7net

上記のリンクは、「Fujisan.co.jp」は「エキスパートナース」のページへ、それ以外はそれぞれのショップのトップページへリンクしています。