【エキスパートナース】 Vol.34 2018年11月号

媒体情報・読み放題・コンテンツ・レビュー

─媒体基本情報─

エキスパートナース 2019年11月号の「表紙」の画像

単品価格:1,153円│1年間定期:19,500円(本誌+増刊付) 14,400円(本誌)

☆最新号・バックナンバー読み放題⇒「Fujisan.co.jp」 「照林社」

 

─表紙・目次─

エキスパートナース 2019年11月号の「表紙」の画像

エキスパートナース 2019年11月号の「目次」の画像(1)

エキスパートナース 2019年11月号の「表紙目次」の画像(2)

 

コンテンツ・レビュー・読み放題─

 【特集】 こうすればできる!身体拘束ゼロ/ 

2016年8月、日本老年看護学会は「急性期病院において認知症高齢者を養護する」という立場表明をしあした。そのなかで、「身体拘束を当たり前としない医療・ケア」を謳っています。

それは、急性期病院では事故予防・安全を第一義とするために身体拘束がおこなわれている実態を踏まえて、不必要な身体拘束は行わないという原則を明らかにしたものです。ただし、認知症高齢者の「命を預かる」治療現場の実情を踏まえて、当面の目標として、「身体拘束を当たり前としない」こととしています。

「できることなら身体拘束なんかしたくない!」「でも、チューブを抜いたり、転倒してしまったらどうするの?」「うちのような急性期の病院では、身体拘束ゼロなんて無理!」「身体拘束しない看護なんて、本当にできるの?」

誰でも、「人の自由を奪う」身体拘束などしたくないと思っています。しかし、「患者の安全のため」「治療を優先するため」仕方なく行っているのが現状です。

それでは、何をどうすれば、身体拘束をやめることができるのでしょうか?─その答えは”実践”のなかから探るしかなさそうです。この特集では、認知症患者の多い病院と急性期病院で行っている「身体拘束廃止へのチャレンジ」を紹介しています。

Part1、Part2で、身体拘束ゼロを実現した病院の事例を見る前に、まず、「身体拘束」とはどのようなものかを振り返っています。

Part1では。身体拘束ゼロを実現した認知症患者さんの多い病棟を取材。あなたの病棟でも実践してみたい、具体的なテクニックを交えて紹介しています。

Part2では、急性期病院での事例を取材。「安全のため、しかたない」という意識を、どう変えていったかを探っています。

─コンテンツ─

●総論/

・「本当にできるの?」から「こうすればできる!」へ/身体拘束をしない看護

●Part1/認知症の多い病棟での取り組み/

・認知症の人との「心を開いた」かかわりで、身体拘束ゼロが実現した/
・「身体拘束ゼロ」実現のためのテクニック/
・抑制しないという「意識改革」によって、看護師が取り戻したもの

●Part2/急性期病院での取り組み/

・「せざるを得ない」身体拘束を「やめてみること」から始まった

 【特集】 今さら聞けない!インスリン投与の”コワイ”場面/ 

”勘違いから””思い込みから”まだまだ起こってします現場でのインスリン投与時のトラブル。混注時や切り替え時など事故が起こりがちな場面を取り上げ、改めて知っておきたい、回避のための知識をまとめています。

・Aさん、今日の”朝食前の血糖値”も安定している。・・・よさそうに見えるけれど、本当にまだ「4検」いるのかな?/
・看護師さん!血糖値低かったけれど、まだ「インスリン投与」って必要なんだよね?s/
・本当は”コワイ”場面!などの疑問に答えてくれます。

─コンテンツ─

●総論/「4検」だけではわからない!想像したい”血糖の動き”/

(1)インスリン療法の基礎Q&A/
(2)インスリン製剤とデバイス一覧/
(3)インスリン自己注射における各操作ステップ/

●Part1/基礎知識 /

(1)インスリン療法の基礎Q&A/
(2)インスリン製剤とデバイス一覧/
(3)インスリン自己注射における各操作ステップ/

●Part2/トラブル例/

(1)混注時、「単位」を正しく把握していなかった! /
(2)インスリン製剤を取り違えた! /
(3)低血糖だけどすぐ食事。放置したら、重症低血糖に! /
(4)「スライディングスケール」から切り替えるのを忘れた! /
(5)インスリン製剤、押しても出ない! /

 [今月のプレゼント]/(*´з`)<ヤッタァー! 

 

 「2019年11月号」 読み放題/ 

「Fujisan.co.jp」のサイトでは、2016年1月号以降のバックナンバーから最新号までを、「照林社」のサイトでは2年前のバックナンバーから最新号までの全号とも、特集・連載記事など10ページ程度を読み放題です。

「エキスパートナース 2019年1月号」は下記のリンク先より無料で試し読みすることができます。
「Fujisan.co.jo」
「照林社公式」

Fujisan.co.jpAmazon.co.jp楽天ブックス7net

上記のリンクは、「Fujisan.co.jp」は「エキスパートナース」のページへ、それ以外はそれぞれのショップのトップページへリンクしています。