【エキスパートナース】 Vol.35 2019年12月号

媒体情報・読み放題・コンテンツ・レビュー

─媒体基本情報─

エキスパートナース 2019年12月号の「表紙」の画像

単品価格:1,200円│1年間定期:19,500円(本誌+増刊付) 14,400円(本誌)

☆最新号・バックナンバー読み放題⇒「Fujisan.co.jp」 「照林社」

 

─表紙・目次─

エキスパートナース 2019年12月号の「表紙」の画像

エキスパートナース 2019年12月号の「目次」の画像(1)

エキスパートナース 2019年12月号の「目次」の画像(2)

 

─コンテンツ─

 

─【特集】─

●ヤンデル先生の病気の話(病理学)

○Part1:病気とは何か?健康とは何か?
○Part2:がんとの戦争─がんとは何か?
○Part3:がんを知り、人を思う

●臨床でよく遭遇する疾患の組み合わせでの重症化を見抜くナースのための関連図

○関連図が実臨床で役立つ理由

○1 尿路感染症+糖尿病(基礎疾患)
○2 敗血症+慢性心不全(基礎疾患)
○3 急性肝炎+慢性腎臓病(基礎疾患)
○4 消化管出血+脳梗塞(基礎疾患)

─【連載】─

○看護師のはたらきかた図鑑/[Vol.3] 認定看護師 (順天堂大学医学部附属順天堂医院(東京都文京区))

○”急変サイン”を見逃さないための/「ここ診て!」重要観察ポイント/[第21回] 日勤で尿道カテーテル抜去後、夜間に自尿が出ない

─[LIFE・ライフ]─

・考・え・る・ナース[第53回] 感情豊か・感情たっぷりのロジカル・シンキング
・読者コーナー

─[SPECIAL・スペシャル]─

・Special Talk  これからの医療・看護の方向性と医師、看護師のキャリアパス
・Special Report 急性期から退院後までトータルな栄養管理に活用できる「カロリーメイト ゼリー」

─[INFORMETION・インフォメーション]─

・エキスナアンテナ
・BOOKコーナー
・学会&研究会イベント
・次号予告
・看護セミナーのお知らせ

─[今月のプレゼント]─

・ハンドクリーム

 

コンテンツ・レビュー・読み放題─

 【特集】 ヤンデル先生の病気の話(病理学)/ 

病理学と看護学生の相性の悪さは顕著です。患者さんのケアに対する思いを育み、技術を身に付け、非医療者から医療者へ変貌するために用意された、短くて濃厚な3・4年の学校生活。そこで病理学が存在感を発揮することはまずありません。気難しい学者から「ヤマイの理(ことわり)」を習ったところで、国家試験が終わるころにはどんな授業をやったか記憶の片隅にも残っていいないのが普通です。

その後、皆さんは立派な看護師になり、第一線で働き始めますが、医療の現場では実践あるのみ。病気がどのように生じているのかなんてどうでもよくなって、患者さんをどのようにケアするかに時間と精神を全振りしなければいけません。

でも、たまには、病気そのものについて思いを巡らせてみませんか?コーヒー片手に読んでも大丈夫、日本で一番気楽に読める病理学講義を開講しています。

執筆は市原 真氏(札幌厚生病院病理診断科医長)です。

─コンテンツ─

・Part1:病気とは何か?健康とは何か?
・Part2:がんとの戦争─がんとは何か?
・Part3:がんを知り、人を思う

 【特集】 臨床でよく遭遇する疾患の組み合わせでの重症化を見抜くナースのための関連図/ 

皆さんは「関連図」と聞いてどのような印象をお持ちでしょうか?「看護学生のときに書いたな」「線があっちこっちぐちゃぐちゃになって面倒なやつ」などといったイメージが浮かぶのではないでしょうか?著者も「関連図」と聞くと「学生のときの実習で書くのが大変だったな」という印象があります。

看護学生のときによく目にした関連図といえば、症状別、疾患別に描かれたものです。しかし、実臨床で単純な病態に遭遇することは少なく、むしろ病態が複雑に絡み合っていることがほとんどです。そのような場合、「複数の疾患がどう影響しあうか」がわかるように関連図を描くことができれば、病態の理解が深まり、アセスメントすべきポイントが見えてきます。

著者の場合は、後輩w指導する際にも、患者さんに複雑な病態を理解してもらうために関連図を用いることがあります。自分が描いた関連図と後輩が描いた関連図を比較しながら、どのアセスメントが足りなかったのかを一緒に考えてみるという方法です。このように関連図は、後輩指導にも有用だと実感しています。

ただし、実臨床では、症例ごとに複雑な関連図を思い浮かべる時間はありません。病態の関連のポイントだけを凝縮したものを念頭に置いて、アセスメントする必要があります。そのために注目すべきポイントとして、「症状の悪循環」と「重複する症状」の2つがあります。

関連図を使って、アセスメントポイントを整理しましょう!

─コンテンツ─

・関連図が実臨床で役立つ理由

1 尿路感染症+糖尿病(基礎疾患)
2 敗血症+慢性心不全(基礎疾患)
3 急性肝炎+慢性腎臓病(基礎疾患)
4 消化管出血+脳梗塞(基礎疾患)

 [連載]/ 

・看護師のはたらきかた図鑑(Vol.3)/認定看護師(順天堂大学医学部付属順天堂医院)/
・“急変サイン”を見逃さないための「ここ診て!」重要観察ポイント(第21回)/日勤で尿道カテーテル抜去後、夜間に自尿が出ない/

 [SPECIAL]/ 

・Special Talk/これからの医療・看護の方向性と医師、看護師のキャリアパス
・Special Report/急性期から退院後までトータルな栄養管理に活用できる「カロリーメイト ゼリー」

 [LIFE]/ 

・考・え・る・ナース(第53回)感情豊か、感性たっぷりのロジカル・シンキング/
・読者コーナー/

 [INFORMATION]/ 

・エキナスアンテナ/
・BOOKコーナー/
・学会&研究会イベント/
・次号予告/
・看護セミナーのお知らせ/

 [今月のプレゼント]/(*´з`)<ヤッタァー! 

 「2019年12月号」 読み放題/ 

「Fujisan.co.jp」のサイトでは、2016年1月号以降のバックナンバーから最新号までを、「照林社」のサイトでは2年前のバックナンバーから最新号までの全号とも、特集・連載記事など10ページ程度を読み放題です。

「エキスパートナース 2019年12月号」は下記のリンク先より無料で試し読みすることができます。
「Fujisan.co.jo」
「照林社公式」

Fujisan.co.jpAmazon.co.jp楽天ブックス7net

上記のリンクは、「Fujisan.co.jp」は「エキスパートナース」のページへ、それ以外はそれぞれのショップのトップページへリンクしています。