【エキスパートナース】 Vol.36 2020年7月号

媒体情報・読み放題・コンテンツ・レビュー

─媒体基本情報─

エキスパートナース 2020年7月号の「表紙」の画像

単品価格:1,200円│1年間定期:19,500円(本誌+増刊付) 14,400円(本誌)

☆最新号・バックナンバー読み放題⇒「Fujisan.co.jp」 「照林社」

 

─表紙・目次─

エキスパートナース 2020年7月号の「表紙」の画像

エキスパートナース 2020年7月号の「目次」の画像(1)

エキスパートナース 2020年7月号の「目次」の画像(2)

 

コンテンツ・レビュー・読み放題─

 【緊急特集】 いま共有しておきたい 新型コロナウイルス感染症のケア/ 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と向き合い続けている看護師のみなさまへ

聖マリアンナ医科大学病院では、ダイアイモンド・プリンセス号の感染患者の受け入れを皮切りに。現在は、都内・神奈川県の他施設のCOVID-19重症患者の引き受けを行っています。

多くの学会から、さまざまなガイドや指針が出されていますが、いまだぐ名なことだらけなのか、施設環境、マンパワー、物流資源など、限られたなかで多職種とアイデアを出し合いながら対応方法を思考錯誤してきています。

今月・来月号の特集では、COVID-19患者への看護ケアを行う上で知っておきたいポイントを、当院の実施例をもとにまとめています。施設状況に応じた形であり、指示するものが正解ではありません。もっとよい方法があるかも知れませんので、参考として読んでいただき、自施設の対応方法を見つめ直すきっかけにしていただければと思います。

「災害フェーズ」から、感染症と共に生きる「維持フェーズ」に変わりつつある今、「新常識=ニューノーマル」への適応が求められています。

私たちは、多くの悩みや不安を抱きながら働いていますが、同職種・他職種の仲間と一緒に考え、支え合い、今後想定される感染の第二波に向けて備えていけるとよいと思います。

─コンテンツ─

・ゾーニングとPPE(HCU/ICU)/
・消毒、清掃/・看護師同士や多職種との情報共有/
・患者ケアの注意点/
・酸素療法、人工呼吸中の管理/
・移動時の搬送方法/
・健康チェック/COVID-19患者担当の配置/

 【特集】 急な受け持ちにあわてない!人工呼吸器装着患者のケア/ 

普段人工呼吸器を扱っていないと、突然担当することになったとき、さまざまな不安を感じたり、困ってしまう場面に遭遇してしまうこともあるのではないでしょうか。「モードって結局何なの?」といった基礎的な知識から「固定がうまくいかない」「咳痰が吸引できない」「栄養管理はどうしたらいいの?」など、ケアで疑問に思いながちな点にポイントを絞って解説しています。

─コンテンツ─

●PART1 まず知っておこう!/人工呼吸器のしくみ/
●PART2 こんなときどうする?/ケア・対応ポイントQ&A/

・チューブはどうすれば抜けにくい?/・吸引できないとき、どうしたらよい?/
・口腔ケアをうまく行う方法は?/
・MDRPUを予防するためのケアは?・・・他、全11項目/

●資料 人工呼吸器の組み立て方・機種別解説/

 

 [これからのナースに必要な力を伸ばす連載]/ 

●基礎医学/

今回(第4回)のテーマは「循環システムを利用し尽くせ①」です。

内外の区別をして、高度な環境システムを手に入れた生命は、酸素を全身にいきわたらせることができるようになりました。/でも、循環システムを単に「酸素の運搬」にだけ使っていてはもったいないです。せっかく体内のすみずみまで行き渡る道路を配備したので、「酸素を運ぶ宅配便」以外にも、さまざまな車を走らせることにしました。
・酸素以外のものを運ぶ、宅配便。/
・細胞が捨てたゴミを運ぶ、ゴミ収集車。/
・警備員たち。警察官。パトカー。/
・道路補修業者や、土木作業員。

今月は、これらの「循環さいっくるを利用してい行き来する細胞や物質」を、かたっぱしからみていきます。

●アセスメント/

─今回の患者さん(入院時⇒4日目)─

・肥田慎一さん/72歳/男性/職業:元公務員/入院時病名:心不全

3日前より感冒症状があり、倦怠感・喉頭痛・咳が出ていたが、徐々に呼吸困難感が強くなっていた。昨夜、就寝中、呼吸が苦しくて目覚め、横になると苦しくなるので、起き上がってしばらく様子をみていたが、呼吸困難は軽減しなかった。心配した妻が救急養成し、本日朝5時に緊急入院とあんった。外来で性脈ラインを挿入し、利尿薬投与、鼻カニューレで2L酸素療法を開始した。

●チーム医療/

今回 (第4回)のテーマは「コミュニケーションエラーの場面ごとに、ポイントを考えてみよう!」です。

多職種で仕事をしえちると、どうしても発生してしまう「コミュニケーションエラー」。職種ごとの仕事の優先じゅうんいの違い、使うことがの違いなど、コミュニケーションが滞ってしまう原因はさまざまです。今回は、作業療法士、管理栄養士、助産師、薬剤師の4人が集まり、コミュニケーション・エラーの実例を挙げながら話し合いました!円滑なコミュニケーションのためにはどんなことに気を付けて、実際にどう動けばよいのか、考えていきましょう。

●患者・家族対応/

今回(第4回)のテーマは「信頼を得る話し方・聴き方のテクニック「ペーシング」」です。

─相手に信頼されるための「ペーシング力」を身に着けよう─/医療者は「ペーシング」と聞くと、ペースメーカーのことを思い浮かべますが、ここでいう「「ペーシング」とはコミュニケーション技法のことを指します。「ペーシング」とは、強力な「コミュニケーション・ツール」の1つです。相手の話し方や口調に合わせるといった「簡単で初期的な段階」から、相手の意見や物の見かたを否定せずに尊重しながらかかわり、さらに信頼関係を深めるといった「奥深い段階」とがあり、入り口は簡単ですが、じつはとっても奥深いのが「ペーシング」です。ここでは、その技法を段階的に順序を追って分かりやすくお伝えしています。

─コンテンツ─

●基礎医学/やり直しの病理学/
・(第4回)循環システムを利用し尽くせ①/
●アセスメント/日々のアセスメントケアが一歩深くなる/患者のみかたと看護のしかた/
・(第4日目)心不全で呼吸困難感のある患者さん/心負荷と右心・左心機能を意識したアセスメントができていますか?/
●チーム医療/みんなでやるには何が必要なのか、とことん考えてみました/
・(第4回)コミュニケーションエラーの場面ごとに、ポイントを考えてみよう!/
●患者・家族対応/患者と家族にじょうずに向き合うための方法/
・(第4回)信頼を得る話し方・聴き方のテクニック「ペーシング」/

 「2020年7月号」 読み放題/ 

「Fujisan.co.jp」のサイトでは、2016年1月号以降のバックナンバーから最新号までを、「照林社」のサイトでは2年前のバックナンバーから最新号までの全号とも、特集・連載記事など10ページ程度を読み放題です。

「エキスパートナース 2020年6月号」は下記のリンク先より無料で試し読みすることができます。
「Fujisan.co.jo」
「照林社公式」

Fujisan.co.jpAmazon.co.jp楽天ブックス7net

上記のリンクは、「Fujisan.co.jp」は「エキスパートナース」のページへ、それ以外はそれぞれのショップのトップページへリンクしています。