臨床看護領域で人気・売れ筋NO.1のおすすめ雑誌『エキスパートナース Expert Nurse』のVol.36 2020年11月号を紹介・ガイドしています。

 

表紙、価格・値段、コンテンツ・目次、内容の概要などの媒体基本情報の他、誌面イメージ、当サイトオリジナルの紹介文や記事の要約、レビューを掲載しています。

 

媒体の基本情報

2020年12月号       2020年10月号

 

エキスパートナース Expert Nnurse 2020年11月号│表紙

1冊価格 : 1,200円

エキスパートナース Expert Nurse 2020年11月号(Fujisan.co.jp)

 

無料見本誌の立読み放題(誌面イメージ)

照林社公式ホームページ」及び「Fujisan.co.jp」では、無料見本誌を20,30ページ程度立読みでき、読み放題です。いずれのサイトも立読みできるページは同じですが、「照林社公式ホームページ」の方が解像度が高く鮮明な画像(誌面)となっており読みやすくなっています。

 

オリジナル紹介文・レビュー

リストマーク 「特集 困っていたあの症状は、こんな脳の障害が原因!高次脳機能障害のしくみとケア

脳の特定の部位が損傷されることで起こる、高次脳機能障害。「見えない障害」という通称が表すとおり、周囲の人には気づかれにくいうえ、患者さん本人にも分からない部分が多く、症状を自覚しにくい障害です。また、高次脳機能障害の症状には、他の疾患とまぎらわしいものや患者さんの性格によるものと思われてしまうものもあります。そんな難解な高次脳機能障害を正しく里香氏、正しいケアを行うために、ナースが知っておきたいポイントを紹介しています。

 

  • PART1 高次脳機能障害で患者さんが感じていること、困っていること/高次脳機能障害のケアの難しさの1つは、周囲の人からは本人の感じている困難が見えづらい点です。そこで、はじめに、高次脳機能障害の患者さんがいつもどんな体験をしていいて、実際にどんなことを「障害」として感じているのか、見ていきます。
  • PART2 どうなっているの?人間の脳のしくみと高次脳機能障害のメカニズム/高次脳機能障害はその名のとおり、人間として重要な知的・精神活動を担う「高次脳機能」に障害が発生します。高次脳機能は脳のさまざまな部位に分担されており、どこに問題が発生するかによって必要なケアも変わってきます。ここでは、人間の脳の構造と、さまざ高次脳機能障害の症状が現れる機序について解説しています。
  • PART3 こんなときどうすればよい?よく見る症状と基本的ケア/Part2でみたように、一口に高次脳機能障害といっても、障害される脳の部位によって多様な症状がみられ、必要なケアもさまざまです。Part3では、日常のケアでもよくみられる7つの障害をピックアップし、典型的な症状からケアのポイントまでを解説しています。
  • PART4 患者さんの生活の再構築に必要な家族の存在・家族のケア/

ピックアップしている障害は、他のことが気になる・集中できない「注意障害」、さっきも同じことを言ったのに、もう忘れている?と思わせる「記憶障害」、計画的に行動できない!説明したのになぜ?か分からない「遂行機能障害」、見えているはずなのに認識できない「半側空間無視」、見ている物体が何であるか分からない!「失認」、運動障害はないのに、なぜ実行できない?か分からない「失行」、急に怒ったり、ずっと何もしなかったり「社会的行動障害」です。”こんな症状ある!”と思ったら、対応する障害を要チェック!です。

 

リストマーク 「特集 なかなか聞けない困った状況別の対応方法を教えます!口腔ケアでのトラブル対応」では、舌苔がとれない、口腔内に器機が入ると噛んでしまう、出血してしまうといった、これらの場面での具体的なケアの仕方を解説しています。

・「2-③口腔乾燥と舌苔への効果的なケアを知りたい」

口腔乾燥(ドライマウス)や唾液減少による口腔不快感や摂食困難は患者さんのみならず看護師、介護者にとってもやっかいな問題です。また、舌苔は歯垢と同じ細菌塊であり、高齢者では誤嚥性肺炎の恐れもでます。さらに唾液不足から味覚低下、食欲低下が起こりますし、不十分な咀嚼では窒息の危険性も高まります。本稿では、簡単にできる口腔乾燥の改善方法を2つ紹介しています。

 

リストマーク 「連載 DR.YANDERU やりなおしの病理学」

医療の三角形「診断」「治療」「維持」の、「維持」を担う看護師。「維持」のプロとして、「診断」「治療」を学ぶことも大切です。「診断」「治療」を知るには病気のことをしらなければいけない─今こそ「ヤマイのことわり(病理)」をやりなおしましょう。ここまでの人体の働きを一旦整理してまとめた上で、(第8回)「復興ぼくらの願い」と題して記事が掲載されています。ここまでの人体のはたらきのまとめは次のとおりです。

  • 壁で取り囲んで、「ここからここまでが町である」と境界をはっきりさせる。
  • 町の内部には細かく道路が配備されており、町に住む人々は道路をぐるぐる循環する宅配業者から酸素を受け取っている。
  • この循環システムが便利なので、栄養の運搬やゴミ処理、警備員、道路の補修、部署どうしの道路なども循環システムを借用している。
  • 町の外部からやって来た人は、そう簡単には町の中に入り込むことはできない。
  • 内外の境界部には、さまざまな仕事をする働き者が存在する。

 

リストマーク 日々のアセスメントとケアが一歩深くなる 患者のみかたと看護のしかた」/第8日目 緊急入院した患児

先輩ナースの「発問」と、後輩ナースとの「振り返り」からアセスメントを深め、明日の看護に活かせる記事が掲載されています。

  • 今日の患者さん(入院1日目)
  • 清水海斗君/生後7か月/男児/入院時病名:急性胃腸炎、脱水症

夜間、下痢と嘔吐がみられ補水し、様子を見ていたが、朝になり発熱し、活気がなくなりぐったりしてきたため両親とともに早朝に時間外受診。ロタウィルス検査陽性、脱水の兆候もあり、緊急入院となった。

 

リストマーク 「連載 みんなでやるには何が必要なのか、とことん考えてみました。」/(第8回)事例で検討②施設入居患者と家族に対する多職種連携

家族と池がすれ違い、患者さんの希望の実現が難しいときはどうする?老人ホームにゅしょの方の事例。訪問リハビリテーションで、歩けない状態から居室内歩行自立まで回復するも、家族に帰宅を拒否され、ショックで無気力になってしまった例。介護支援専門員(ケアマネージャー)、リハビリテーションスタッフも含めた、患者家族とのコミュニケーションについて検討しています。

 

リストマーク 「連載 患者とじょうずに向き合うための方法」

悩みの多い患者・家族対応について基本的な知識と、自信がもてるようになるスキルアップのコツをお届けしています。

(第8回)「ソフト」に否定してくる人、ネガティブ思考の人とのかかわり方

─勝手いに期待値をあげてしまうことが「がっかり」を生む─

もの静かに微笑み、うなずきながらこちらの話をじっくりと聞いてくれる人って素敵ですよね。私は社会福祉士(MSW)や相談員さんにこうした特性をもった人が多いように感じていますが、皆さんはいかがでしょうか。でもなかには、見た目の印象も「やわらか」で、話の聞き方も申し分ないのに、絶対にこちらの言い分を否定してくる人もいます。「見た目もキツくて、話も聞かなそうな人」に否定されるのはあまりびっくりしませんが、「見た目がソフトで、やさしそうな人」に全否定されると案外ショックなものです。

 

患者さんやご家族のなかにも、「うんうん」とじっくり説明を聞いてっくれているから大丈夫だろうと思っていたのに、説明し終わったら途端に「検査には同意できません」と言ってくる人がいたり、入院中は関係がよかったのに、退院時アンケートにたくさんクレームを書いたりするひともいます。実は、「やさしそうな人だな」と、勝手にこちらが期待値を上げて相手をみてしまうことが、がっかりの原因だったりします。

 

ここでは、見た目の印象もよく、表情管理やペーシングもじょうずなのに相手を否定する人やネガティブ思考の人についての理解を深め、こうした患者患者さんやご家族、スタッフとどうかかわっていくのがよいか、また、あなた自身がこうしたタイプの場合は、何をどう気を付ければいいのかを考察しています。

 

コンテンツ・目次

【特集】困っていたあの症状は、こんな脳の障害が原因! 高次脳機能障害のしくみとケア

PART1 高次脳機能障害で患者さんが感じていること、困っていること

PART2 どうなっているの?人間の脳のしくみと高次脳機能障害のメカニズム

PART3 こんなときどうすればよい?よく見る症状と基本的ケア

  1. 注意障害
  2. 記憶障害
  3. 遂行機能障害
  4. 半側空間無視
  5. 失認
  6. 失行
  7. 社会的行動障害

PART4 患者さんの生活の再構築に必要な家族の存在・家族のケア

 

【特集】なかなか聞けない困った状況別の対応方法を教えます! 口腔ケアでのトラブル対応

Part1 口腔ケアをはじめる前に知っておきたいこと

Part2 【困った状況別】おさえておきたい対応方法

1. 口腔管理不良患者への対応─歯科受診は必要か─

  1. ①受け持ち患者の歯科受診を担当医に提案してみよう。そのうえでしっておいてほしいこと─薬剤性顎骨壊死をとおして─

2. 口腔乾燥・舌苔への対応

  1. 口腔乾燥の予防のため、口がかわく原因を知りたい
  2. 取り除くべき舌苔と、残っていてもよい舌苔がわからない
  3. 口腔乾燥と舌苔への効果的なケアを知りたい
  4. どうしても保湿剤が必要な場合の保湿剤の使い分けを知りたい

3. 義歯のケア

  1. 義歯の洗浄と、合わない技師の観察の仕方がわからない

4. 開口拒否・開口障害への対応

  1. 意識障害があるときの口腔ケアがわからない
  2. 口の中に器具が入ると反射的に噛んでしまう
  3. 認知症などで拒否があり、開口してくれない

5. がん患者などへの対応

  1. 易出血への対応を知りたい
  2. 抗がん薬・免疫抑制薬を使用中、どこに注意すべきかわからない
  3. 放射線治療による口腔粘膜炎患者の口腔ケアを知りたい

・コラム①電動歯ブラシを用いた歯磨きの考課

・コラム②COVID-19患者に対する口腔ケア:粘膜ケアで対応した症例

・コラム③抗がん薬使用中の口腔ケアのポイント

・コラム④インプラントで注意!インプラント周囲粘膜炎・周囲炎

 

【これからのナースに必要な力を伸ばす連載】

●基礎医学/やりなおしの病理学

  • 復興はぼくらの願い① 止血と創傷治癒

●アセスメント/日々のアセスメントとケアが一歩深くなる患者のみかたと看護のしかた

  • 緊急入院した患児

●チーム医療/みんなでやるには何が必要なのか、とことん考えてみました

  • 事例で検討② 施設入居患者と家族に対する多職種連携

●患者・家族対応/患者と家族にじょうずに向き合うための方法

  • 「ソフト」に否定してくる人、ネガティブ思考の人とのかかわり方

 

【特別記事】

BOOKナビ拡大版/ナースに届けたいおすすめの1冊

 

【NEWS】

・エキナスクリップ

 

【連載】

  • ナースのための医療・看護 最新TOPIC/救急・集中ケアにおける終末期看護プラクティスガイド』のポイントと活用のしかた
  • 看護師のはたらきかた座談会/訪問看護師
  • 考えるナース
  • みんなのVOICE
  • お悩み相談ルーム
  • BOOKナビ

 

【INFORMATION】

  • 学会&研究会イベント
  • 次号予告

 

ネット書店で購読する

エキスパートナース Expert Nnurse 2020年11月号│表紙

1冊価格 : 1,200円エキスパートナース Expert Nurse 2020年11月号│Fujisan.co.jp

エキスパートナース Expert Nurse 2020年11月号(Fujisan.co.jp)

 

2020年12月号       2020年10月号

 

【エキスパートナース Expert Nurse】紹介ページ