感染予防、感染対策、感染管理(ICT,ACT)領域のおすすめ専門雑誌『INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)』を紹介・ガイドしています。

 

表紙、値段・価格、発行、創刊、出版社公式サイト、内容の概要などの媒体基本情報の他、読者層、豆知識、プレゼント情報や当サイトオリジナルの紹介文、レビュー、誌面イメージ、口コミ評価、豆知識等を掲載しています。最新号のみではなく、バックナンバー、増刊号も掲載しています。

 

媒体の基本情報・概要

 INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)│表紙

紙媒体 パソコン タブレット スマートフォン

1冊(単品)価格:2,200円 │ 1年間定期購読価格 37,400円(本誌+増刊+ヨメディカ)

B5判 │ 月刊 │ 12日発売

1992年4月 創刊 │【メディカ出版│立読み放題(since1977年)

12,000 部発行(メディカ出版 広告媒体)

読者層の職種 : 看護師・ナース │ 医師 │ 薬剤師

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)(Fujisan.co.jp)│立読み放題

 

 KEY Word : ICT,感染対策チーム,ACT,抗菌薬適正使用支援チーム,感染症,感染症対策,感染症予防,感染症管理

 

『NFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)』は我が国初の感染対策の専門誌として1992年(平成4年)に創刊されました。院内感染の防止・対策を強力かつ円滑に実行することを目的とした感染対策チーム ( infection control team : ICT ) 、治療効果の向上、副作用防止、耐性菌出現のリスク軽減を目的として抗菌薬の適正使用を支援する抗菌薬適正使用支援チーム antimicrobial stewardship team : AST ) 、そしてICT・ASTと病棟看護師を結ぶリンクナースに向けた感染対策の専門誌(本)です。

 

臨床現場の環境整備、感染対策に初めて取り組むナースへのレクチャー、ノロウイルスやインフルエンザなどの汎用性の高い感染症への対策、物品・器材の感染対策、手・指の衛生、感染対策ToDoリスト、廃棄物の処理、、感染対策マニュアルの作成・改訂など、ICT・ACTの医療職が求める情報が凝縮されています、また、臨床検査技師、薬剤師、臨床工学技士、PT・OT・ST、看護補助者といった多職種への感染対策教育を行う際の教材として使えるコンテンツも揃っています。

 

イギリスで概念が生まれたと言われているリンクナースですが、感染対策においてリンクナースの果たす役割はとても重要です。リンクナースは、情報が錯綜するICT・AST・病棟といったスクランブル交差点のシグナルの役割を担っています。近年、感染対策を実践する医療施設は増えてきており、それらの現在においても『NFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)』は活用されています。

 

”タイムリーな情報が知りたいICT・ASTメンバー””院内への周知・指導に悩むリンクナース”のあなた、”「感染症看護専門看護師」「感染管理認定看護師」へのステップアップを目指す”あなたにおススメの雑誌(本)です。

 

定期購読すると、感染対策の院内活動や講習会・教育・指導にそのまま使える、ICT活動をサポートする情報や知識が満載の「感染対策バッチリお助けサイト」を利用できます。感染対策に関するさまざまな情報や、新人教育にそのまま使える教材などを配信しています。購読者限定の有料級の情報です。

 

「メディカ出版」のホームページでは、

といったお役立ち情報を配信しており、こちらは雑誌を購読しなくても無料でご利用いただけます。

 

「メディカ出版」の「専門記事検索」機能を利用すると、必要な記事を探し、その記事が掲載れている号のみを購読することも可能です。「メディカ出版」のサイトでは、最新号からバックナンバーまでの全号とも10ページ程度読むことができますし、「Fujisan.co.jp」のサイトでは2009年3月号の全ページを読み放題です。

 

「ヨメディカ」は超お得!なおすすめアプリ!

ヨメディカ│メディカ出版

「ヨメディカ」は「メディカ出版」が提供しているサービスです。「ヨメディカ」付の年間定期購読をすると過去10年間分の記事が読み放題!で超お得です。

●ほぼ本誌2冊分の金額4,400円をプラスすると2010年以降の記事が読み放題!1カ月370円プラスするだけです。ランチ後のスイーツを1度我慢するだけです。

スマホ・タブレットで読み放題!通勤などのスキマ時間、勤務中の調べものに便利!記事検索も可能

●定期購読にすると買い忘れすることなく、定期的に送料無料でお手元に届きますので、書店に買い求めに行く手間が省けます。

 

「メディカ出版」の「専門記事検索」機能を利用すると、必要な記事を探し、その記事が掲載れている号のみを購読することも可能です。「メディカ出版」のサイトでは、最新号からバックナンバーまでの全号とも10ページ程度読むことができますし、「Fujisan.co.jp」のサイトでは2009年3月号の全ページを読み放題です。

 

 知識を習得しやすい特集・連載形式の誌面構成

●iCT活動の省力化・効率化をサポート!
サッと使える研修用のパワーポイントやマニュアル用のイラストダウンロードデータなどすぐに実践できる情報や知識が満載。

●誌内誌刊行 「Monthly Ic Journal」!
新知見と新情報を鋭くレクチャー!今、感染対策領域で熱いテーマをシャープに解説!

●新連載8本!
感染対策にかかわるあなただからことわかるオモシロ連載が勢ぞろい。

●iCT活動の省力化・効率化をサポート!
サッと使える研修用のパワーポイントやマニュアル用のイラストなどすぐに実践できる情報や知識が満載!

●重要なポイントをバッチリ解説!
今熱い情報や専門性の高い知識を、領域を代表する執筆陣が整理したうえで解説。自施設の感染対策をブラッシュアップ!

 

「Fujisan.co.jp」への”口コミ・書評レビュー”では、感染対策に従事する医療職だけでなく、すべての医療従事者に読んでいただきたい、などの投稿がされています。

 

 AST(抗菌薬適正使用支援チーム:Antimicrobial Stewardship Team)又はICT(感染制御チーム:Infection Control Team)に所属している看護師をはじめとして、医師・薬剤師・臨床検査技師などほぼ全職種の医療スタッフが読者層です。

 

「メディカ出版」の調べによれば、読者層の

  • 読者層の職種比率は、看護師71%、医師4%、薬剤師4%、その他、救急救命士、保健師、臨床検査技師、医療関連ビジネス従事者など21%。
  • 購読形態比率は、病院が60%、個人が26%とこの両者で86%を占めている状況。

となっています。

 

 編集委員と執筆者は著名な大学教授や経験豊富なリンクナースの方々です。

  • 編集委員長は、森兼 啓太 山形大学医学部附属病院検査部部長・ 病院教授/感染制御部部長
  • 編集委員は、坂木 晴世 独立行政法人国立病院機構西埼玉中央病院 感染管理担当看護師/谷 智恵 公益社団法人日本看護協会看護研修学校 認定看護師教育課程課長

といった著名な方々です。

執筆者には、読者と同じ視点を持つベテランのリンクナースの方々もいます。

 

レビュー・誌面イメージ/Vol.28 2019年5月号

表紙

目次

誌面

コンテンツ

【特集】─参加者をハッ! とさせる 深刻な曝露事例と感染事例を用いた新人研修 TIPS 8─


【Pratical特集】参加者をハッ! とさせる 深刻な曝露事例と感染事例を用いた新人研修 TIPS 8/金沢医科大学 飯沼由嗣/山形大学医学部附属病院 森兼啓太

●本特集の使い方
[1]自分の問題として考えてもらおう! 曝露事例と感染事例を用いた研修のねらい/金沢医科大学 飯沼由嗣

●曝露事例編
[2]針刺し・切創/山形大学医学部附属病院 鈴木祥子ほか
[3]結核曝露事例/金沢医科大学病院 中川佳子ほか
[4]眼への曝露/奈良県立医科大学 笠原 敬

●感染事例編
[5]末梢静脈留置カテーテルからの感染事例/金沢医科大学病院 野田洋子
[6]尿関連の器材からの感染事例/高知大学医学部附属病院 有瀬和美ほか
[7]環境(注入関連器具)の汚染からのカルバペネマーゼ産生腸内細菌科細菌(CPE)感染事例/地方独立行政法人福岡市立病院機構 福岡市立こども病院 安部朋子
[8]季節性インフルエンザの感染事例/愛知医科大学病院 坂田美樹ほか
[9]ノロウイルスの感染事例/社会医療法人大成会 福岡記念病院 加村眞知子

【Advanced & Focus特集】間違った使い方からよく使用する消毒薬まで ICTへの問い合わせにサッと答える! 消毒薬のQ&A 16/東京大学医学部附属病院 深柄和彦
[1]消毒の意義と分類、生体によく使用される消毒薬についてのQ&A 11/山陽小野田市立 山口東京理科大学 尾家重治
[2]環境衛生によく使用される消毒法・消毒薬についてのQ&A 3/国立療養所 菊池恵楓園 男澤千佳子
[3]器材の再生処理によく使用される消毒法・消毒薬についてのQ&A 2/越谷市立病院 酒井大志

【Journal in Journal】Monthly IC Journal
○CurrentKnowledge for ICT/・感染対策に活用できる費用対効果/九州大学 福田治久
○月刊CDCガイドラインニュース
・開心術と非結核性抗酸菌症/浜松医療センター 矢野邦夫
○椎木流 感染対策 中段の構え
・感染対策での失敗が嫌でしょうがないICNに贈る話/沖縄県立中部病院 椎木創一


【連載】

○私を変えたあの一言
・チャンスの神様は前髪しかない/東邦大学医療センター大森病院 塚田真弓
○一歩先を見据えて進もう! AST活動レポート
・AST活動、薬剤師としての貢献は何か?/熊本大学病院 尾田一貴
○寄生虫からひもとく風土病探訪記
・戦争マラリアとは/静岡県立静岡がんセンター 倉井華子
○日々の活動をレポートします! ICTからこんにちは/地方独立行政法人 市立大津市民病院 横谷 恵
○ニュースをズバッと解説! 世界の動き 日本の動き
・新薬 ゾフルーザ(R)/国立研究開発法人 国立国際医療研究センター 石金正裕


【REPORT】

○Discover Local and Global
・日本環境感染学会主催 地域セミナーin川崎 professional SCOPE
/国家公務員共済組合連合会 横須賀共済病院 下川結花


【Campanio!】医療・看護・介護のトピック7本!


【その他】

・編集委員・同人
・FAXアンケート

 

 

【特集】参加者をハッ! とさせる 深刻な曝露事例と感染事例を用いた新人研修 TIPS 8/レビュー

【利用方法】事例から伝えたいTiPS

いかに新入職者に感染対策の意義や必要性を理解してもらうか・・・新人研修のリうあんにお悩みではないでしょうか・・・?毎年好評をいただいている「新人研修応援企画」におきまして、”インパクトのある新人研修”をお手伝いすべく、特集をお届しています。

 

「深刻な事例」のきっかけは不十分な感染対策やエラーによるものです。事例をもとに「もしも自施設で起きたら・・・」「もし自分が当事者だったら・・・」とイメージしてもらうことで、自分事として研修に取り組む姿勢を促します。本特集では8つの暴露事例&感染事例を紹介!

 

【No.1】自分の問題として考えてもらおう!暴露事例と感染事例を用いた研修のねらい

新人研修は、多岐にわたる内容を短時間で行う必要があり、その時間内だけで感染対策の重要性を理解することは困難です。短時間で効果的な研修は、すべての医療機関における課題となっています。

 

深刻な事例は、さまざまな対策のエラーの連鎖によって発生するものであり、事例による研修は、基本的な対策の重要性を理解するのみならず、関連するさまざまな対策の意義を理解するよい機会になります。

 

本特集は、「深刻な事例はエラーの連鎖によるものであること」「事例による研修は新人地震がその連鎖の原因とならないこと」「その連鎖を止めることも可能であること」を、効率よく理解させることが可能です。

 

医療施設において深刻なエラーを防ぐ最も効果的な対策として、職員相互の連携があり、コミュニケーションの重要性を理解できる効果も期待されます。

 

ネット書店で購読する

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)│表紙

1冊(単品)価格:2,200円

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)│Fujisan.co.jp│立読み放題 Amazon.co.jp 楽天ブックス

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)(Fujisan.co.jp)

 

関連雑誌

 

感染対策ICTジャーナル│表紙 感染と抗菌薬│表紙
感染対策チーム(ICT)のすべてのスタッフのスキルとコミュニケーション力をアップするためのツール。 臨床に役立つ感染症と抗菌薬に関する重要かつ旬なテーマを分かりやすく解説。

1冊価格 : 2,200 円

感染対策ICTジャーナル│詳細を見る

感染対策ICTジャーナル

1冊価格 : 2,420 円

感染と抗菌薬│詳細を見る

感染と抗菌薬

感染制御と予防衛生│表紙 J-IDEO(ジェイ・イデオ)│表紙
病院や介護施設における食品の衛生管理にも役立つ。 人類を存続の危機にまで追い込む感染症に対峙する。

1冊価格 : 2,200 円

感染制御と予防衛生│詳細を見る

感染制御と予防衛生

1冊価格 : 2,750 円

J-IDEO(ジェイ・イデオ)│詳細を見る

J-IDEO(ジェイ・イデオ)