ICT(感染予防対策・制御チーム)、AST(抗菌薬適正使用支援チーム)、リンクナース領域のおすすめ専門雑誌『INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)』を紹介・ガイドしています。

 

表紙、値段・価格、発行、創刊、出版社公式サイト、内容の概要などの媒体基本情報の他、読者層、豆知識、プレゼント情報や当サイトオリジナルの紹介文、レビュー、誌面イメージ、口コミ評価、豆知識等を掲載しています。最新号のみではなく、バックナンバー、増刊号も掲載しています。

 

媒体の基本情報・概要

過去には人類の存続をも脅かした感染症に対峙するための、我が国初の感染予防対策のおすすめの人気の専門雑誌『INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)』!

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)│表紙

紙媒体 パソコン タブレット スマートフォン

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)│見本誌の無料立読み放題 メディカ出版Fujisan(富士山マガジン)

1冊(単品)価格・値段:2,200円(本編)│4,400円(増刊)

1年間定期購読価格:33,000円(本編+増刊)│37,400円(本編+増刊+ヨメディカ)

判型・サイズ:B5判

発行:月刊(1年間12冊)+1,7月(増刊号 1年間2冊)

発売日:12日※

(※:発売日は、土・日曜日や祝・祭日の関係により前後することがあります。)

創刊:1992(平成4)年4

発行部数:12,000 部

出版社:メディカ出版(since1977年)│広告媒体PDF版


INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)公式サイト(メディカ出版)

Fujisan.co.jp │ Amazon トップ │ 楽天ブックストップ

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)│バックナンバー

(Fujisan.co.jp)


リストマーク 媒体取扱い領域:ICT(感染予防対策・制御チーム)/AST(抗菌薬適正使用支援チーム)/感染症管理/感染症看護

リストマーク 読者層(職種):看護師│医師│臨床検査技師│薬剤師│保健師

オリジナル紹介文

媒体概要/紹介文/レビュー

ICTとASTの領域

リストマーク 『INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)』は、「メディカ出版」が出版しているICT(感染予防対策・制御チーム)領域をメインとしたおすすめの人気の専門雑誌です。取り扱っている領域はICTを主軸としていますが、必要な知識・技術が類似あるい錯綜している、感染症看護、リンクナース、AST(抗菌薬適正使用支援チーム)の領域についても取り扱っています。

 

感染対策チーム(Infection Control Team : ICT)は、医師・看護師・臨床検査技師・薬剤師・栄養士・診療放射線技師・臨床工学技士・事務員による多職種のチームであり、その主な目的は院内感染を未然に防ぐ「予防」のためのチームです。我が国では、感染防止対策加算が算定できるようになったことを背景に、多くの病院においてICTが組織され活動しています。

 

一方antimicrobial stewardshipという概念の元に新しく生まれた抗菌薬適正使用支援チーム(Antimicrobial Stewardship Team : AST)は、ICTと同様の多職種で構成されていますが、いわば「治療」のためのチームです。抗菌薬による治療の開始から終了まで各診療科の主治医を支援していくことが主な役割りです。しかしながら、我が国ではASTが独立して活動できている医療施設は少なく、ICTが兼務しているのが現状です。我が国でのASTの先駆けである昭和大学では2013年にICTからASTが独立しています。ASTの具体的な活動は抗菌薬の届け出・許可例、血液培養陽性例、耐性菌検出例、抗菌薬長期処方例、コンサルテーション例などに対して、抗菌薬の選択が正しいか、変更・中止が必要ないかなどを継続して支援している場合が多いようです。多くの施設は AST自体が独立できるほどマンパワーに余裕がないのが現状ですので、それぞれが現時点で出来えることを試行錯誤しながら取り組んでいるようです。

看護師が感染対策のため、汚染拡散防止区域のゾーニングを案内しているイラストです。汚染拡散防止区域は赤色で表されます。

低開発国と先進国の間にみられる深刻な生命の格差はグローバル・ヘルスに通底しており、その最大要因は感染症です。そして昨今のデング熱やエボラウイルス病にみられるように、対岸の火の粉がいつ何時、わが身に降りかかるかもしれないという緊張を迫られるのが“国境なき感染症”です。感染症はどの診療科・病棟に行っても避けることができないものです。

 

感染症と対峙するときの感染防御と感染治療のどちらも大切ですが、 感染治療のコンセプトのままで感染防御はできず、適切な判断、適切な対応のためには防御に特化した知識や技術が必要となります。

 

『INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)』は、ICT(感染予防対策・制御チーム)領域の活動において必要となる、基礎微生物学・感染の伝播・予防管理戦略・実践と維持・リスクマネジメントといった、基本コンセプトと予防戦略、医療関連感染(HAI)によってかかる負荷・HAI がもたらす影響・医療施設の責任・IPC プログラムの構築といった、感染対策プログラムの構築疫学と生物統計学サーベイランスとアウトブレイク管理、入院患者の発熱・救急外来での対応・内科外来・長期療養高齢者施設での発熱、下痢、嘔吐といった 臨床推論、イントロダクション・汚染物のリスク評価・単回使用の物品・使用済みの手術器具の輸送・汚染除去法・滅菌器および機器と備品の汚染除去・滅菌機器類の保管といった、滅菌と消毒、黄色ブドウ球菌・肺炎球菌・腸球菌・A群レンサ球菌・大腸菌・バクテロイデス・カンジダ、といった微生物、グラム染色・血液培養・髄液検査・胸水検査・腹水検査・関節液検査・便の検査・尿の検査・ノロウイルス抗原・クラミジアDNA迅速検査・といった微生物検査や、

 

ICTのためのフィジカルアセスメント、隔離予防策・手指衛生・個人防護具(PPE)・注射の安全・建築設計による防止・遺体からの感染防止といった、 感染対策の実践、手術部位感染症・血管内カテーテル感染症・カテーテル関連尿路感染症(CAUTI)・院内肺炎といった、 医療関連感染症の予防、多剤耐性菌の広がり・抗菌薬適正使用・多剤耐性菌(MDRO)への対策といった、多剤耐性菌への対策、カルバペネム・セフェム・ペニシリン・ニューキノロン・マクロライド・経口セフェム系抗菌薬といった抗菌薬の適正使用、小児・成人の標準ワクチン、渡航ワクチンといったワクチン、院内、地域、国、グローバルな薬剤耐性(AMR)への対応・取り組み、血液媒介ウイルス感染症・結核腸管感染症・気道ウイルス感染症・髄膜炎菌感染症・水痘帯状疱疹ウイルス(VZV)・ウイルス性出血熱(VHF)・疥癬といった、特別な配慮の必要な病原体、労働衛生サービス・環境清掃・医療廃棄物の管理・給食・リネンと洗濯サービス・害虫管理といった、サポートサービスなどのテーマを取り扱っています。取り扱っているテーマは、リンクナース領域を網羅しています。

新型コロナウイルス感染症のための感染予防対策を啓蒙するイラストです。

現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより歴史的な災禍がもたらされています。医療・看護におけるエビデンスがない中で、対応にあたる医療施設はこれまでいかにしてこの危機を乗り越えてきたのか、現在いかにして乗り越えているのか、今後いかにして乗り越えるのか、全国の医療施設の実際を毎号”現場報告”で紹介しています。行政と地域・他の機関と連携しつつ重症度別の対応が求められる現場では、国の政策と患者の動向を注意深く捉え、フェーズを見極める必要があります。こうした危機に際し最も重要なことは、普段からの医療・看護の基盤として、多職種・多部門が連携し知恵を出し合うこと、そして各々の医療従事者の情報リテラシー能力やレジリエンス力です。重症化を防ぐリスク管理、薬物治療、呼吸管理、栄養管理、褥瘡対策、リハビリテーション、医療安全管理など、COVID-19患者に対応する医療機関、医療従事者に必要な知識・実例が毎号詰め込まれています。このように、今の時代に求められている情報も敏感に察知し、テーマとして取り上げています。

看護師がビニールエプロンを装着する手順を表したイラストです。感染予防対策のために使用します。

リストマーク 『INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)』は1号1テーマの「Practical 特集」、「Advanced Focus特集」、1号当り3記事程度の「Monthly IC Journal」、1号当り1,2記事程度の「Report」「連載」を主軸としつつ、「Campanio!」(=仲間)などのカテゴリーで構成されています。「Practical 特集」「Advanced Focus特集」「Monthly IC Journal」「Report」「連載」では、取り上げたテーマについての、エビデンスに基づいた説明・解説・詳説、現状における問題に対して取り組まれている課題、全国の施設で取り組まれている新しい事例紹介、業務改善の提案、研究報告、原著論文、座談会などの記事が掲載されています。「Campanio!」(=仲間)では、医療、看護、介護に携わる仲間が知識や情報をシェアするトピックスやコラムなどを10本程度掲載しています。その他、制度やガイドラインの改訂ポイント、関連学会への参加レポート・開催のお知らせ、インタビュー、レビューを含めた書籍・本の紹介などのトピックスやコラム、読者モニターの募集、バックナンバー・次号の紹介、企業広告を掲載しています。雑誌本編記事とリンクしたWEB動画やダウンロードできる資料類もあります。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大などの社会問題となるような事象が発生した場合などは、「特別企画」「緊急特別企画」が組まれており、2021年1月号より「新型コロナウイルス 特別企画」が組まれており、全100ページ程度の内15ページ程度が割かれています。「新型コロナウイルス 特別企画」が建てられたことにより、2020年12月号までと大幅に変更した構成となっています。年2回1,7月に発行される「春季・秋季増刊号」は、ICT活動実践・リンクナース活動実践において基本的な必須知識や、時流に沿った1テーマを取り上げた、1冊1テーマのまるごと特集形式の本となっています。

感染性廃棄物用のダンボールゴミ箱から使用済みの注射針が飛び出しているイラストです。危うく看護師さんに刺さって針刺し事故が起きそうになっています。

救急看護実践スキルの研鑽のための教科書・参考書として、また、ダウンロードできる資料と合わせて新人の教育や院内研修のテキスト・マニュアルとして、看護学生のガイドブックとしても活用できる記事も掲載されています。記事の末尾に掲載されている参考文献をたどっていけば、その記事の内容についてさらに深く勉強することもできます。「Fujisan.co.jp」のPCサイトでは、20号程度の目次を一度に俯瞰することができます。


リストマーク 『INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)』おすすめポイントは、各施設で取り入れられている新しい取り組み事例や提案が豊富に紹介されているところです。ICTだけではなく、リンクナースやASTにとっても役立つ記事も掲載されており、これらで習得した知識や技術が感染症看護においても役立つところもおすすめです。また、全ページフルカラー、図表による解説が多く、写真やイラストも多く挿入されているビジュアル重視の誌面で編集されているところも魅力です。

読者層/口コミ・レビュー/豆知識/その他情報

医療安全対策のため、多職種のスタッフが院内のラウンドをしているイラストです。

リストマーク 『INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)は我が国初の感染対策の専門誌として1992年(平成4年)に「メディカ出版」により創刊されましたす。  リストマーク 編集コンセプトは ”新型コロナウイルスの最新情報を毎号提供!” ”指導に使えるツールが充実!” ”省力化・効率化を徹底サポート!” です。

リストマーク 「メディカ出版の広告媒体」[PDF版]によれば、読者層の職種別比率は、看護師71%、医療関連ビジネス従事者5%、医師4%、薬剤師4%、救急救命士2.5%、保健師2%、臨床検査技師2%、介護関連ビジネス従事者2%、その他7.5%、購買形態別比率は、病院が59%、個人25%、企業9%、学校5%、クリニック・医院1%、その他1%となっています。病院などの施設と医療従事者、さらにそれらと関わる患者とその家族を感染から守るために日々活躍しているICT(感染制御チーム:Infection Control Team)又はAST(抗菌薬適正使用支援チーム:Antimicrobial Stewardship Team)に所属している看護師・リンクナースが主な読者層ですが、医師・薬剤師・臨床検査技師・保健師といった多職種の方々にも、全読者の3割程度を占めています。また、「感染症看護専門看護師」「感染管理認定看護師」へのステップアップを目指すナースにもおすすめの専門雑誌です。

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)│読者層(職種)別・購買形態別の構成比率のグラフ

(引用:「メディカ出版」広告媒体

イギリスで概念が生まれたと言われているリンクナースですが、感染対策においてリンクナースの果たす役割はとても重要です。リンクナースは、情報が錯綜するICT・AST・病棟といったスクランブル交差点のシグナルの役割を担っています。近年、感染対策を実践する医療施設や介護施設は増えてきており、それらの医療・介護施設においても『INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)』は活用されています。

 

編集委員長は、森兼 啓太(山形大学医学部附属病院検査部部長・ 病院教授/感染制御部部長)です。編集委員は、著名な大学・教育機関の教授・教員や医療施設の管理職層クラスの医師やベテランの看護師・臨床検査技師の方々です。詳細は「メディカ出版の広告媒体[PDF]」に掲載されています。執筆者は、読者と同じ視点を持つ現役のベテランの専門・認定看護師の方々や、ICTに所属する看護師の方々などです。


リストマーク 本誌内の記事とリンクしている、ICT・AST・リンクナースの新人研修や院内研修に使えるイラスト、マニュアルが電子データ[PDF]で配信されており、ダウンロードして利用することができます。手指衛生や個人防護具の脱着などのWEB動画を閲覧することができます。これらの資料やWEB動画は、臨床検査技師、薬剤師、臨床工学技士、PT・OT・ST、看護補助者といった多職種への感染対策教育を行う際の教材として使えるコンテンツも揃っています。 リストマーク 「メディカ出版」では、超お得!なおすすめアプリ!「ヨメディカ」を提供しています。「ヨメディカ」付の年間定期購読をすると、①過去10年間分の記事が読み放題、②知りたい情報をキーワードや著者名などで一発検索して読み放題、③スマホ、タブレット、パソコンといったすべてのマルチデバイスに対応していますので、いつでもどこでも読みたいときに読み放題、といったサービスを受けることができます。ヨメディカの利用料金は1年間で4,400円ですので、1ヵ月当り367円となります。 リストマーク 定期購読をし、「メディカ出版「専門誌記事検索」機能を利用すると、必要な記事を探し、その記事が掲載れている号のみを購読することも可能です。

 

また、感染対策の院内活動や講習会・教育・指導にそのまま使える、ICT活動をサポートする情報や知識が満載の「感染対策バッチリお助けサイト」を利用できます。感染対策に関するさまざまな情報や、新人教育にそのまま使える教材などを配信している、定期購読者限定の有料級の情報です。

感染タイだくバッチリお助けサイト

「メディカ出版」のホームページでは、「まずはチェック!インフェ速報」「矢野邦夫先生の月刊CDCガイドラインニュース」「行政関連トピックス」「診療報酬改定に係わる資料」といったお役立ち情報を配信しており、これらは雑誌を購読しなくても無料でご利用できます。


リストマーク 「Fujisan(富士山マガジン)」のサイトへの「口コミ・レビュー」の投稿数は10件、読者満足度(おすすめ度)は100%です(2021年1月11日現在)。「メディカ出版」のサイトへの「口コミ・レビュー」は、各号の紹介ページの下方に掲載されています。


リストマーク SNS(公式アカウント)は、Twitterを配信しています。感染症に関連するさまざまなことをつぶやいています。

見本誌の無料読み放題サービス

リストマーク 「Fujisan(富士山マガジン)」のサイトでは「2009年3月号の全ページ」(⇒タップすると誌面が開きます。)を読み放題です。「メディカ出版」※のサイトでは2008年11月以降の見本誌の無料立読み放題のサービスを行っています。号によって異なりますが、10,15ページ程度読めますので、ご購読前に是非一度ご確認下さい。※リンク先のページからさらに各号のページに移動していただき、各号のページにある「本誌試し読み」のボタンをタップしていただくと誌面が開きます。

 

サイトの管理人が試読しました『INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)』Vol.29 2020年1月号の誌面イメージは下の画像のとおりです。図表や写真・イラストのよる解説が豊富でとても読みやすく編集されており、イメージ的に学習でき、知識の習得を早めてくれます。

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)Vol.29 2020年1月号│表紙

 

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)Vol.29 2020年1月号│目次(1)

 

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)Vol.29 2020年1月号│目次(2)

 

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)Vol.29 2020年1月号│誌面イメージ(1)

 

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)Vol.29 2020年1月号│誌面イメージ(2)

 

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)Vol.29 2020年1月号│誌面イメージ(3)

 

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)Vol.29 2020年1月号│誌面イメージ(4)

 

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)Vol.29 2020年1月号│誌面イメージ(5)

 

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)Vol.29 2020年1月号│誌面イメージ(6)

 

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)Vol.29 2020年1月号│誌面イメージ(7)

 

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)Vol.29 2020年1月号│誌面イメージ(8)

 

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)Vol.29 2020年1月号│誌面イメージ(9)

最新号・バックナンバーの表紙画像

一般号と増刊号の最新号・バックナンバーの表紙画像です。表紙イメージ・画像をタップしていただくと、「Fujisan(富士山マガジン)」の雑誌紹介ページへリンクしています。なお、発売日順(新しい順)ではなくランダムに順不同で掲載していますので、ご注意願います。

【最新号・一般号】

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール) 最新号│表紙

【最新号・増刊号】

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール) 2020年 秋季増刊号│表紙


【バックナンバー・一般号】

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール) 2020年10月号│表紙

 

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール) 2020年7月号│表紙

 

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール) 2020年3月号│表紙

【バックナンバー・増刊号】

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール) 2019年 秋季増刊号│表紙

 

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール) 2019年 春季増刊号│表紙

 

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール) 2018年 秋季増刊号│表紙

バックナンバーの表紙画像(Fujisan.co.joへリンク)

矢印 バックナンバーの表紙をもっと見る!(Fujisan.co.jp)

領域や読者層が類似するおすすめの関連雑誌

『INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)』と領域や読者層が類似する雑誌の表紙画像です。表紙イメージ・画像をタップしていただくと、「Fujisan(富士山マガジン)」の雑誌紹介ページへリンクしています。ただし、『ICNR PRACTICE(Intensive Care Nuesung Review)』は学研メディカル秀潤社の雑誌紹介ページへ、『重症集中ケア』は日総研の雑誌紹介ページへリンクしています。

感染対策ICTジャーナル│表紙

─ICT(感染対策チーム)・AST(抗菌薬適正使用支援チーム)・感染管理・感染症看護─

1冊価格 : 2,200 円

感染対策ICTジャーナル│詳細を見る

感染対策ICTジャーナル(Fujisan.co.jp)

 

感染と抗菌薬│表紙

─ICT(感染対策チーム)・AST(抗菌薬適正使用支援チーム)・感染管理・感染症看護─

1冊価格 : 2,420 円

感染と抗菌薬│詳細を見る

感染と抗菌薬(Fujisan.co.jp)

 

J-IDEO(ジェイ・イデオ)│表紙

─感染症医療・ICT(感染対策チーム)・AST(抗菌薬適正使用支援チーム)・感染管理・感染症看護─

1冊価格 : 2,750 円

J-IDEO(ジェイ・イデオ)│詳細を見る

J-IDEO(ジェイ・イデオ)(Fujisan.co.jp)

 

感染制御と予防衛生│表紙

─食品衛生・ICT(感染対策チーム)・感染管理・感染症看護─

1冊価格 : 2,200 円

感染制御と予防衛生│詳細を見る

感染制御と予防衛生(Fujisan.co.jp)