手術室看護・オペナーシング領域のおすすめ専門雑誌『OPE NURSING(オペナーシング)』を紹介・ガイドしています。

 

表紙、値段・価格、発行、創刊、出版社公式サイト、内容の概要などの媒体基本情報の他、読者層、豆知識、プレゼント情報や当サイトオリジナルの紹介文、レビュー、誌面イメージ、口コミ評価、豆知識等を掲載しています。最新号のみではなく、バックナンバー、増刊号も掲載しています。

 

媒体の基本情報・概要

OPE NURSING(オペナーシング)│表紙

紙媒体 パソコン タブレット スマートフォン

1冊(単品)価格:1,980円 │ 1年間定期購読価格 34,320円(本誌+増刊+ヨメディカ)

B5判 │ 月刊 │ 20日発売

1986年6月 創刊 │【メディカ出版│立読み放題(since1977年)

16,500 部発行(メディカ出版 広告媒体)

読者層の職種 : 看護師・ナース │ 外科系医師 │ 麻酔科医

OPE NURSING(オペナーシング)(Fujisan.co.jp)│立読み放題

 

 

 KEY Word : 手術室看護,器械出し,外回り,アセスメント,麻酔補助

 

『OPE NURSING(オペナーシング)』は、エビデンス・臨床知を基にした、あなたの日常の手術室看護業務(器械出し、外回り、麻酔補助)に役立つ、インパクトファクターの高い雑誌です。

 

うっかりミスの許されない手術室という張り詰めた空気の環境の中で、執刀医師のココロを先読みしたテキパキとした機器出し、不安な患者のココロのケアなどの外回りといった日常業務に直結するハイクオリティな技術・知識が習得できる専門雑誌です。

 

日々の業務における”うっかり””見落としがちな落とし穴”や”間違い”についても、メスを刺すように鋭く切り込んだ記事が掲載されています。

 

新人看護師や新しく手術室に配属となった看護師のための、オペナースとして知っておくべきの基本的な情報も随時掲載されています。

 

”今月号の見どころ!”が目次にメモされていますので、ポイントを押さえてサクッと読みたい方には便利です。次号やバックナンバーの見どころについても合わせてメモされています。

 

 読者層は、手術関連領域の医療スタッフ(中央手術室・中央材料部・回復室・ICU・脳神経外科・心臓外科・消化器外科・整形外科等の看護師・ナース、外科系医師、麻酔科医、保健師、医療関連ビジネス従事者、救命救急士、ケアマネージャー、その他医療スタッフです。

 

「手術看護認定看護師」を目指すナースの方にもおすすめです。

 

「ヨメディカ」は超お得!なおすすめアプリ!

ヨメディカ│メディカ出版

「ヨメディカ」は「メディカ出版」が提供しているサービスです。「ヨメディカ」付の年間定期購読をすると過去10年間分の記事が読み放題!で超お得です。

●ほぼ本誌2冊分の金額4,400円をプラスすると2010年以降の記事が読み放題!1カ月370円プラスするだけです。ランチ後のスイーツを1度我慢するだけです。

スマホ・タブレットで読み放題!通勤などのスキマ時間、勤務中の調べものに便利!記事検索も可能

●定期購読にすると買い忘れすることなく、定期的に送料無料でお手元に届きますので、書店に買い求めに行く手間が省けます。

 

「メディカ出版」の「専門記事検索」機能を利用すると、必要な記事を探し、その記事が掲載れている号のみを購読することも可能です。「メディカ出版」のサイトでは、最新号からバックナンバーまでの全号とも10ページ程度読むことができますし、「Fujisan.co.jp」のサイトでは2009年3月号の全ページを読み放題です。

 

レビュー・誌面イメージ/Vol.33 2018年4月号

表紙

目次

誌面

【見てサッと理解! ベーシック特集】手術室ぐるっと研修ツアー 新人ナースのためのはじめての器械出し/レビュー

手術看護の世界へようこそ!皆さんが手術看護といってまず思い浮かべるのは、術者に器械を渡す「器械出し看護」のイメージではないかと思います。手術を成功させるため、術野の先を読みながら器械を提供する器械出し看護師の姿ってかっこいいですよね!そんな看護師になるためには実はいろいろな知識が必要になります。

 

今回の特集では、器械出し看護師として必要となる基本的な知識を解説しています。ナビゲートキャラのオペニャースと一緒に楽しみながら読んでみて下さい。本特集が、手術室看護師として一歩踏み出した皆さんにとって、手術看護のやりがいを感じるための一助になるはずです。

 

まず「はじめに」では、手術看護の目的ややりがいについて紹介しています。特集1⇒5では、器械出し看護に必須の知識を解説しています。オペニャースと新人看護師の若葉さんとの掛け合いでポイントをつかんだ後、詳しい解説と要点をまとめた図表で知識を整理できます。

 

【じっくり読んでレベルアップ特集】病棟ナースからのお願い!手術室⇔病棟 本当にほしい申し送りはこれ!/レビュー

「手術室⇔病棟 本当にほしい申し送りはこれ!」と題して、手術室と病棟の連携に大切なこと、病棟で看るポイントから見えてくるどの病棟看護師でも聞きたい情報、その他、整形外科病棟看護師、消化器外科看護師、ICU看護師のそれぞれの聞きたい情報について、著名な病院の看護師長、認定看護師といったベテランが解説しています。

 

術中から術後へと看護を継続していくためには、手術室と病棟の連携は必須です。しかし、手術室の中でどのような看護が行われているか、病棟看護師が直接見て把握することは無理です。そのため、手術室看護師は、術中の状況について病棟看護に必要な情報を正確に申し送る必要があります。

 

今回の特集では、各科病棟看護師のみなさんに、病棟で「患者の何を看ているのか」「だから申し送りで何を知りたいのか」を解説していただいています。本特集を、病棟看護を意識した申し送りに活かしていただきたいものです。

 

自分本位な情報ではなく、相手の知りたい情報を正確に伝えることはとても大切であることを再認識させれれる内容です。

 

【連載】「実践モデルになりたい!管理職を頑張りたい! あなたへの JOUNAL in JOURNAL」 プロマネ vol.28/Professional & Management/レビュー

国内の癌による死因のなかで最多である肺がんですが、胸部CTの発展により早期に発見できる患者が増えています。一方、高齢で肺がんになる患者も多く、70歳以上の肺癌切除症例数は、肺癌全体の52.2%と半数以上を占めるようになっています。

そのなかには、重度の心臓病や糖尿病、腎不全、脳梗塞などの疾患を合併しているために、抗凝固薬や抗血小板薬の内服(以下、抗血栓療法)が必要な患者も多く、本来は治療として手術が適用される肺癌でも、合併症によって手術不能になるケースはめずらしくない実態があります。

今回は、このように抗血栓療法を施行している肺癌患者に対する手術や周術期管理のポイントについてまとめられています。

 

ネット書店で購読する

OPE NURSING(オペナーシング)│表紙

1冊(単品)価格:1,980円

OPE NURSING(オペナーシング)│Fujisan.co.jp│立読み放題 Amazon.co.jp 楽天ブックス

OPE NURSING(オペナーシング)(Fujisan.co.jp)

 

関連雑誌

 

手術ナーシング(オペナース誌)│表紙 手術看護エキスパート│表紙
高い専門性を要求されるオペナースに必須の基本スキルから最新のトピックスまでををトータルサポート。 器械出しと外回りのスキルアップの他にチーム医療として効率的に周術期看護にたずさわる。動画などのWebコンテンツも充実している手術室看護の情報誌。

1冊価格 : 2,200 円

手術ナーシング(オペナース誌)│詳細を見る

手術ナーシング(オペナース誌)

1年間定期購読価格 : 22,600 円(別途入会金 3.000円)

手術看護エキスパート│詳細を見る

手術看護エキスパート

ICNR PRACTICE(Intensive Care Nuesung Review)│表紙 Emer-Log(エマログ)│表紙
一人でも多くの命を救いたいと願うあなたに読んでいただきたい雑誌。 一人でも多くの命を救いたい、あなたの未来を支える尊い命をより多く救いたいと願い秒針に合わせた判断力を駆使して行動するするナースを応援。

1冊価格 : 2,750 円

ICNR PRACTICE(Intensive Care Nuesung Review)│詳細を見る

看護・ナース雑誌│Fujisan.co.jpICNR PRACTICE(Intensive Care Nuesung Review)│Amazon.co.jp楽天ブックス

【学研メディカル秀潤社】

ICNR PRACTICE(Intensive Care Nuesung Review)

1冊価格 : 2,970 円

Emer-Log(エマログ)│詳細を見る

Emer-Log(エマログ)