新生児集中看護・ケア領域のおすすめ雑誌『with NEO(ウイズネオ)』を紹介・ガイドしています。新生児集中ケアを中心としつつ、新生児のケアを包括したケアを臨床の現場で実践する看護師・ナース・助産師・医師に向けた、インパクトファクターの高い雑誌です。

 

表紙、値段・価格、発行、創刊、出版社公式サイト、内容の概要などの媒体基本情報の他、読者層、豆知識、プレゼント情報や当サイトオリジナルの紹介文、レビュー、誌面イメージ、口コミ評価、豆知識等を掲載しています。最新号のみではなく、バックナンバー、増刊号も掲載しています。

 

媒体の基本情報・概要

with NEO(ウイズネオ)│表紙

紙媒体 パソコン タブレット スマートフォン

1冊(単品)価格:2,970円(本編) │ 5,500円(増刊)

1年間定期購読価格 37,400円(本誌12冊+増刊1冊+ヨメディカ)

B5判 │ 月刊+8月(増刊) │ 11日発売

1999年5月 創刊 │【メディカ出版with NEO(ウイズネオ)│立読み放題(since1977年)

10,000 部発行(メディカ出版 広告媒体)

with NEO(ウイズネオ)(Fujisan.co.jp)with NEO(ウイズネオ)│立読み放題

 

  KEY Word : 新生児,集中治療,NICU,GCU,フィジカルアセスメント,ディベロプメンタルケア,呼吸管理,臨床薬理,母性と父性の理解,感染予防,蘇生技術,鎮痛法,周産期

 読者層の職種 : 看護師・ナース │ 助産師 │ 医師

 

『with NEO(ウイズネオ)』は、新生児の呼吸管理・循環管理・栄養管理・感染管理・検査などの必須スキルの基本的知識から、症状・所見、ディベロップメンタルケア、感染対策、フィジカルアセスメント、蘇生技術、鎮痛法などのケア技術、検査・検査値の基本、スタンダードな疾患のケア、病態生理のケア、血液ガス検査、トラブルへの対処、母乳育児指導、栄養管理、退院支援まで、NICUナースに求められる知識が網羅されています。

 

新生児に使用する検査機器、NICUで使用する検査機器や薬剤、オムツなどの衛生用品、赤ちゃんにやさしいケア用品などの使用方法、ディベロプメンタルケアへの配慮や、赤ちゃんの痛みを軽減するなど、より安全で、より赤ちゃんにやさしいケア用品への関心がとても高まっており、これらに関する詳細な記事も掲載されています。

 

創刊32年目となる2019年より「NEONATAL CARE(ネオネイタルケア)」から『with NEO(ウイズネオ)』への改名と同時に誌面もリニューアルされました。毎号1テーマの特集が2本立ての特集へとパワーアップされています。NICUのバイブルとして、看護師、助産師をはじめとした”赤ちゃんを守りたい”と願う関係医療職に愛読されています。

 

NICUとGCUで働く看護師・ナースが主な読者層ですが、助産師、医師、保健師、ケアマネージャー、医療関連ビジネス従事者、その他の医療従事者といった職種の方々にも読まれています。「小児看護専門看護師」や「新生児集中ケア・小児救急看護認定看護師」を目指すナースの方にもおすすめです。

 

創刊32年目となる2019年より「NEONATAL CARE(ネオネイタルケア)」から『with NEO(ウイズネオ)』への改名と同時に誌面もリニューアルされました。毎号1テーマの特集が2本立ての特集へとパワーアップされています。NICUのバイブルとして、看護師、助産師をはじめとした”赤ちゃんを守りたい”と願う関係医療職に愛読されています。

 

”赤ちゃん・家族のケアをもっと深めたいナース””エキスパートの知識・判断を学びたい医師”のなあなたにおススメの雑誌(本)です。

 

「Fujisan.co.jp」のサイトでは、読者満足度は91.2点(100点満点)と高評価です。

 

 「メディカ出版」の「専門記事検索」機能を利用すると、必要な記事を探し、その記事が掲載れている号のみを購読することも可能です。「メディカ出版」のサイトでは、最新号からバックナンバーまでの全号とも10ページ程度読むことができますし、「Fujisan.co.jp」のサイトでは2009年3月号の全ページを読み放題です。

 

 「ヨメディカ」は超お得!なおすすめアプリ!

ヨメディカ│メディカ出版

「ヨメディカ」は「メディカ出版」が提供しているサービスです。「ヨメディカ」付の年間定期購読をすると過去10年間分の記事が読み放題!で超お得です。

●ほぼ本誌2冊分の金額6,000円をプラスすると2010年以降の記事が読み放題!1カ月6000円プラスするだけです。ランチ後のスイーツを1度我慢するだけです。

スマホ・タブレットで読み放題!通勤などのスキマ時間、勤務中の調べものに便利!記事検索も可能

●定期購読にすると買い忘れすることなく、定期的に送料無料でお手元に届きますので、書店に買い求めに行く手間が省けます。

 

 

 知識を習得しやすい特集・連載形式の誌面構成

●特集記事/例

  • 初期対応が予後を左右する 正期産児・早産児の疾患スタンダード
  • 正期産児のベーシックケア 出生⇒1カ月健診まで/正常からの逸脱を見抜く 少し気になる新生児の所見
  • 家族への退院説明がわかる NICUからの退院支援 とっておきノート
  • 一番そばで、ナースが守る 循環管理中の新生児 観察・ケアのポイント

●連載記事/例

  • 新生児搬送 その後を決める! 判断ポイント
  • 薬剤師がまるっとレクチャー 新生児への薬剤投与ここだけノート
  • 理学療法士がギモンに答えます! 家族と一緒に行う新生児の発達ケア
  • ここが知りたい! グレーゾーンの新生児
  • ここが知りたい! グレーゾーンの赤ちゃん

●コラム・インフォメーション・その他の記事/例

  • NEO SPOT ⇒ 第63回日本新生児成育医学会・学術集会レポート
  • with NEO投稿論文
    ⇒ 新生児胃瘻造設患児に対する周術期看護 先天性食道閉鎖症患児の安全な胃瘻固定方法の開発の試み
  • 講座 ⇒ NICU熟練ナースがこっそり教える これがわたしの極意
  • Essay・読みもの ⇒ 周産期心理士のまなざし
  • Campanio! 医療・看護・介護のトピック18本! ⇒ ペイハラなっとく対応

 

 読者層は、全国国公立・私立病院の新生児集中治療室(NICU)や小児科・産科で新生児医療に携わるナース、助産師、医師、臨床工学技士、臨床心理士関連スタッフ、他新生児医療に携わるすべての医療スタッフです。

 

日本看護協会の調査によれば、2016(H28)年における新生児・小児関連の専門・認定看護師数は、新生児集中ケア認定看護師413名、小児救急認定看護師271名、小児専門看護師231名となっており、これらを合わせると915名となります。

 

「メディカ出版」の調べによれば、読者層の

  • 職種比率は、看護師64%、助産師7%、医師7%、保健師6%、ケアマネージャー2%、医療関連ビジネス従事者2%、その他2%
  • 購買形態比率は、個人41%、病院37%、学校14%、クリニック・助産院4%、企業3%、その他1%

となっています。

 

 編集顧問は、中村 友彦 長野県立こども病院副院長 信州大学医学部新生児学講座特任教授/長 和俊 北海道大学病院周産母子センター 診療教授/大木 茂 聖隷浜松病院総合周産期母子医療センター 新生児科部長、他3名の著名な方々です。

 

編集委員は、荒堀 仁美 大阪大学大学院医学系研究科小児科学 助教/佐藤 義朗 名古屋大学医学部附属病院 総合周産期母子医療センター 新生児部門講師 /千葉 洋夫 国立病院機構仙台医療センター小児科医長、他3名など著名な方々です。

 

執筆者には、読者と同じ視点を持つ新生児集中治療に携わる現役看護師の方などもいらっしゃいます。

 

レビュー・誌面イメージ/Vol.32 2019年1月号

 

表紙

目次

誌面イメージ

コンテンツ

特集“with NEO”Update

正常からの逸脱を見抜く 少し気になる新生児の所見/名古屋大学医学部附属病院総合周産期母子医療センター新生児部門講師 佐藤義朗

  • 総論 赤ちゃんの異常を見抜く目を養う/名古屋大学医学部附属病院 佐藤義朗
  • 1 体 重/京都大学医学部附属病院 友滝清一・小谷多恵子
  • 2 血糖値/東京都保健医療公社荏原病院 滝 元宏
  • 3 黄 疸/香川大学 中村信嗣
  • 4 呼 吸/青森県立中央病院 三上了右・溝江和佳子
  • 5 循 環/あいち小児保健医療総合センター 森鼻栄治・岩月悦子
  • 6 消化器/順天堂大学 東海林宏道
  • 7 神 経/ 東京女子医科大学 今井 憲・中野恵美
  • 8 皮 膚/ 名古屋第二赤十字病院 山田崇春・石川 香
  • 9 見た目・形態/亀田総合病院 中島隼也
  • 10 全身状態/市立豊中病院 徳永康行・掛布美樹
  • 11 栄養・哺乳/昭和大学江東豊洲病院 寺田知正・櫻井基一郎/昭和大学江東豊洲病院/昭和大学 峯尾アヤ
  • 12 体 温/東京都立小児総合医療センター 藤田基資・岡崎 薫・笹野由美

連載

  • [新連載]新生児搬送 その後を決める! 判断ポイント
    見逃してはいけない兆候・疾患/独立行政法人国立病院機構仙台医療センター 千葉洋夫
  • [新連載]薬剤師がまるっとレクチャー 赤ちゃんへの薬剤投与ここだけノート
    赤ちゃんに薬剤を投与すること-薬剤師さんと力を合わせるために-/静岡県立こども病院 中澤祐介
  • [新連載]ここが知りたい! グレーゾーンの赤ちゃん
    「グレーゾーン」の赤ちゃんの実際/愛育会福田病院 高橋大二郎
  • [新連載]周産期心理士 つたえる・つながるメッセージ
    「この管抜いてください!」-病状が理解できないように見える家族の気持ち-/千葉市立海浜病院 藤嶋加奈
  • [新連載]理学療法士がギモンに答えます! 家族と一緒に行う赤ちゃんの発達ケア
    なぜ発達ケアが必要か/田附興風会医学研究所北野病院 本田憲胤

特集 NEO Nursing

保存版 赤ちゃんを守る 制度とお金 家族への説明にもう迷わない!/独立行政法人国立病院機構長良医療センター新生児科医長/寺澤大祐

  • 【特別企画】赤ちゃんのために申請すべき制度・利用すべきサービス/独立行政法人国立病院機構長良医療センター/寺澤大祐
  • 総論 すべての赤ちゃん・子どもを守るための制度と実際/矢嶋小児科小児循環器クリニック/矢嶋茂裕/特定非営利活動法人ぎふ多胎ネット/糸井川誠子
  • 1 未熟性のためにNICUへ入院が必要となる子どもを守る制度/独立行政法人国立病院機構長良医療センター/寺澤大祐
  • 2 先天性疾患・新生児仮死のためにNICUへ入院した子どもを守る制度/新潟大学医歯学総合病院/金子孝之
  • 3 在宅医療を必要とする子どもを守る制度と実際/地方独立行政法人岐阜県総合医療センター/中村仁隆
  • 4 在宅医療を必要とする子どもを守る制度と多職種連携の重要性/医療法人輝優会かがやきクリニック/南條浩輝
  • 5 フォローアップ・外来診療で利用する制度/青森県立中央病院 網塚貴介
  • 【特別企画】子どもの社会保障 きほんの用語辞典 Dr. 寺澤のぶっちゃけホンネ解説付き/独立行政法人国立病院機構長良医療センター/寺澤大祐

Campanio!/医療・看護・介護のトピック7本!

その他

  • with NEO始動!
  • 『with NEO』編集協力委員より、読者の皆さまへ

リニューアル記念特別企画:綴じ込みmini冊子

産前訪問にも使える! NICU はじめてBOOK/長野県立こども病院 深尾有紀・上條恵理香・岡部稔枝

 

【特集】正常からの逸脱を見抜く 少しに気なる新生児の所見/①正常値を身に付ける/レビュー

総論は「赤ちゃんの異常を見抜く目を養う」です。

 

どのような分野においても、”正常”を身に付けることはとても重要なことです。自分の中での基準値のようなものができるまで”正常”をたくさんみることが、その分野の良き医師、看護師になる第一歩です。そんなふうに、たくさんの”正常”をみる前、みている最中、その後でも結構です。本書の各項目の「正常を知る」を読んでみて下さい。一度だけではなく何度も読んでみてください。頭の中が整理され、自分の中での基準値ができあがあります。

 

”正常ばかりみていても面白くない”と若手から時々聞きますが、”正常”をみるのを決して軽んじないで下さい。最も大事で、最も最初にすべきことです。また、その基準値はどんどんアップデートされていきます。最初に基準値ができたら終わりではなく、その後の経験で少しずつ変わっていきます。各自の中のさまざまな基準値も変わっていきますし、新たな基準ができたりもします。

 

正常値はなぜそんなに重要なのでしょうか。なぜ、第一歩なのでしょうか。自分の中での基準値ができあがれば、赤ちゃんが”おかしい”ことに気付けるからです。見逃さないからです。”この子、よく分からないけど、これまで見てきた他の子たちと違う”、”この子、いつもと違う”と思えば、見逃しはないのです。まだ第一歩目だと診断はできないでしょう。どう異常なのかが分からない可能性もあります。

 

しかし、気が付きさえすれば、見逃しはないのです。若手医師の場合、上級医師に相談できます。また、看護師であれば、先輩看護師に相談、あるいは当番医師に報告できます。一人しかいない状況であった場合でも、よりしっかり観察できる場に移して経過をみる作戦がとれます。一般的に、病気の初期は症状が乏しいです。進行すると、どんどんはっきりしてきます。点で分からないことでも、経過をみていくことで診断がつくことはよくあります。”どこまでは正常範囲か”が分かるようになれば、もうあなたはかなりのレベルの持ち主です。

 

【特集】保存版 赤ちゃんを守る制度とお金 家族への説明にもう迷わない/レビュー

医療現場で働いていると、「養育医療の申請が・・・」「NICUはマルメだから」「Nは3:1看護だから・・・」などという言葉を聞くことがあると思います。このような言葉は、直接的な医療や看護を表しているものではなく、大きな枠組み=制度を表現している言葉です。

 

ここでいう「制度」とは、日本で生きていくすべての人(外国籍の方も含めて)が、健康で文化的な最低限の生活を送ることができるように国が定めているものをいいますが、医療や看護に直接かかわってくるものが「社会保障制度」です。医療は社会保障制度の上に運用されていますから、私たちには医療人としても、日本に活きる一人としても、社会保障制度が付いて回っているということに他ならないのです。

 

制度を理解することは、私たち自身の仕事がどのような位置付けに成り立っているのかを知ることであり、子どもたちがどのように守られているのかを知ることでもあります。

 

本特集では、周産期医療にとどまらず、子どもたちを守る現場の第一線でご活躍されていらっしゃる多くの先生方がご執筆されており、その幅広い制度の全貌が少しでも理解いただけるようにまとめてあります。こんな視点からまとめられている特集は他には皆無ですので、目からウロコの情報が盛りだくさんの特集になっています。

 

レビュー・誌面イメージ/─産前訪問にも使える─ NICUはじめてminiBOOK

表紙

目次

誌面

NICUに配属されたばかりの新人看護師のみなさまに、NICUという世界を少しでも分かりやすく知っていただこうと、2014年に「産前訪問にも使える! NICUまるわかりBOOK」が作成されました。その際、大変好評であり、今回4年ぶりに内容をリニューアルして、あらためて「NICUはじめてBOOK」が作成されました。

 

本冊子は前回と同様に、NICUのイメージがまだできていない新人看護師の皆様や、入院中の赤ちゃんのご家族にNICUを紹介する際のヒントになることを目的としています。施設によって、環境や業務内容が異なることはあるでしょうが、NICUの役割りや目的は同じだと思います。

 

本冊子が「NICU」という共通の場で、不安や心配を抱える若手看護師の皆様や、ご家族の皆様の手助けとなることでしょう。また、NICUの世界に興味を持っていただける仲間、共によりよいケアを考えていくことが出来る仲間が増えることを願っています。

 

ネット書店で購読する

with NEO(ウイズネオ)│表紙

1冊(単品)価格:2,200円

with NEO(ウイズネオ)│Fujisan.co.jp│立読み放題 Amazon.co.jp 楽天ブックス

with NEO(ウイズネオ)(Fujisan.co.jp)

 

関連雑誌

 

小児看護│表紙  
小児関係の看護師を対象に、小児疾患全科の看護方法・技術について解説。子どもの笑顔が”やりがい”のあなたに読んでいただきたい雑誌。  

1冊価格 : 1,760 円

小児看護│詳細を見る

小児看護