雑誌『PERINATAL CARE(ペリネイタルケア)』は「周産期看護、助産ケア」の専門雑誌です。妊娠期、分娩期、産褥期、乳児期における助産師の役割、助産師に求められるスキルや能力、クリニカルラダーの開発・研修、教育、実践、研究を行う上での指針としての倫理綱領、アーユルヴェーダを取り入れた妊産婦ケア、スキルアップのための講座など、母子と家族を包むケアサポートを実践するための周産期医療に携わる助産師・看護師・医師が求める幅広い知識と高度な技術の最新情報をお届けするおすすめ雑誌です。

 

当ページでは、メディカ出版公式サイトから引用した価格や対象読者層・職種、記事構成、プレゼント・お得情報、インパクトファクターの指標となる発行部数などの他、当サイトオリジナルの紹介文やおすすめポイント、豆知識、便利情報を掲載しています。最新号・増刊号・バックナンバー一覧、口コミ評価・おすすめ度をFujisan.co.jpより引用して掲載しています。本誌は見本誌が読み放題です。「救急看護」領域の他雑誌の紹介もしています。

媒体の基本情報・概要

PERINATAL CARE(ペリネイタルケア) 最新号│表紙

紙媒体│デジタル雑誌・電子版(PC・タブレット・スマホ)

PERINATAL CARE(ペリネイタルケア) 公式サイト

広告媒体 [PDF版

メディカ出版(since1977(昭和52)年)


PERINATAL CARE(ペリネイタルケア):Fujisan

バックナンバー一覧:Fujisan

Amazon・アマゾン トップ

Rakuten・楽天ブックス トップ

見本誌無料試し読み・読み放題サービス

メディカ出版Fujisan(富士山マガジン)


1冊(単品)価格・値段

一般号:1,980円│増刊号:4,400

1年間定期購読価格

一般号+増刊号:30,360

一般号+増刊号+ヨメディカ:34,320

判型・サイズ:B5判

発行頻度:月刊+増刊1,6月

発売日:25日※

(※:発売日は、土・日曜日や祝・祭日の関係により前後することがあります。)

創刊1982(昭和57)年5月

発行部数10,500 部


  • 媒体取扱い領域:助産ケア/周産期看護/母性看護/母性看護/妊娠期/分娩器/産褥期/乳児期/新生児/ハイリスク妊娠・出産/異常分娩/急変対応
  • 読者層(職種):助産師│看護師・ナース│産婦人科医師

オリジナル紹介文

媒体概要/紹介文/レビュー

助産・周産期(妊娠22週⇒生後1週間未満の期間)ケア・母性看護領域を網羅している雑誌です。周産期における看護師・助産師の役割り/ベースとなる看護計画を迅速に立案するための疾患別の看護計画/周産期にある妊娠、分娩、産褥の一連の過程から新生児に至るまでの正常な経過と異常についての知識/妊婦の診察技術や分娩期の助産技術、新生児期の助産技術といった、ケアの実際の具体的な解説/助産師に義務付けられている助産記録録の記載の際のポイントと注意点/院内助産・助産師外来ガイドライン作成のサポート/児の成長発達段階における各時期の看護提供体制について課題発見/クリニカルパスの関連性とその作成手順/内診におけるポイントと注意点/周産期の死(死産・早期新生児死亡)に対する”望ましいグリーフケア”/赤ちゃんとの新生活を始めるに際しての退院指導/患者が持つ力(生きる力や健康促進への力)を湧き出させるよう援助するエンパワメント/看護過程の中でのアセスメント/のほか、

 

生体内の断層画像のみでなく、ドップラー法による血流や血流速度の測定、エラストグラフィによる臓器の歪(硬さ)の判定技術/超音波断層法を用いた胎児発育の指標であるGS、長径、CRL(crown—rump length:頭殿長)及びBPD、CL、CTG、などの測定技術/母性意識の形成や児への愛着行動/内診介助/優先順位を決めるための看護診断/児のバイタルサイン測定・腹囲等の測定/母性看護CNSの育成/ポジショニング技術/各種検査の基準値/母性看護における正常経過にみられるマイナートラブルについての、問題思考型とウエルネスの視点からみた看護診断/母子の保健指導/母性各期の看護に必要な社会資源/母性看護領域における倫理的ジレンマ/時代とともに変化する社会のニーズに対応した支援や地域で生活する母子を支える継続看護の在り方/ウィメンズヘルスを支える多職種連携の実践/ルービン, R.による母親役割獲得過程におけるロールプレイ/複雑で解決困難な問題を抱える対象へのCNS自身による適切な看護支援の実践と、一緒に働く看護師・助産師らの相談にも応じたり、話し合いの場を設けたり等のチーム医療の支援/母親同士のピアサポートへの支援/など、周産期看護と母性看護に必要な知識と技術が満載です。

 我が国では少子化に対するさまざまな取り組みが実施されているにもかかわらず、少子化が進行し、人口減少の時代を迎えることとなります。晩婚化・晩産化・少子化が進行し高度生殖補助医療は日常の医療として定着する一方で、ハイリスク妊娠や妊産褥婦の重症ケースが増え、医療の高度化・複雑化が進行しています。市民も医療専門職と同じ速度で医療情報にアクセスできる今のこの時代においては、「質の高い知識と技術を選別する」能力が助産師や看護師といった専門職に求められています。

 

『PERINATAL CARE(ペリネイタルケア)』は妊娠期、分娩期、産褥期、新生児といった経過に応じた、アセスメント、急変対応、ケア・処置、精神・心理的ケア、検査・薬剤など、助産ケアにおいて質の高い知識と技術を提供するための知識と技術が満載のおすすめの雑誌です。助産・周産期ケア、母性看護は、基本的には病とは異なる発達課題のイベントである出産を援助する看護であり、出産が順調に経過することを確認する作業が圧倒的に多く、手を動かすような目に見える行為は、他領域での看護に比べると少ないのが特徴です。すなわち、順調に経過し適応しているかという「アセスメント」を系統的に母子とその家族に行うことが求められます。周産期の解剖生理を理解して、必要な情報を意図的に収集し、分析・解釈し、ケアに関連づけられるように、一連のアセスメント項目の詳しい解説を行っています。生涯のなかで最も劇的な変化をとげる新生児の生理についても充実させています。

 

 リプロダクティブ・ヘルスの概念・生理・倫理・法・制度などの基礎と、リプロダクティブ・ヘルスの視点から思春期・成熟期・更年期・老年期にある女性の健康問題と看護、女性における健康課題、妊娠・出産・子育てに関わる女性の身体的、心理的および社会的特性、思春期における課題も含めた、月経異常や月経随伴症状、婦人科腫瘍など生殖に関わる健康課題、帝王切開時や帝王切開後のケア、主流となっているドライテクニック、など周産期ケアに必要な知識や技術、さらに、特定妊婦と生まれた子ども、不妊治療後の妊娠、外国人妊産婦、災害時の妊産婦といった、現代における課題も取り上げています。

『PERINATAL CARE(ペリネイタルケア)』は1号1テーマの「特集」、1号5本程度の記事を掲載している「連載を主軸としつつ、「投稿」「Information」「Campanio!」(=仲間)などのカテゴリーで構成されています。「連載」は、「講座」「エッセー・読み物」「周産期の最新情報」「Perinatal Topics」から構成されています。「Campanio!」(=仲間)では、医療、看護、介護に携わる仲間が知識や情報をシェアするトピックスやコラムなどを掲載しています。  「その他」、医療の最新のニュースやトピックス、周産期看護関連学会への参加レポート、セミナー開催のお知らせ、おすすめの新刊書籍・本・参考書の紹介などを掲載しています  本編記事とリンクした教材・テキストもあります。年2回、1号1テーマに限定した書籍・本に匹敵する「春季・秋季増刊号」(1,6月発行)が発行されます。  Fujisan.co.jp」のPCサイトでは、20号程度の目次を一度に俯瞰することができますのでチェックしてみて下さい。

 おすすめポイントは、図表・写真・イラストによる解説を多用している、全ページフルカラーの読みやすい誌面構成です。新しい取り組みの実践事例が豊富に掲載されているところも魅力です。また、苦手とする助産師・看護師も多い薬剤の知識など、苦手克服のための記事が豊富に掲載されているところも魅力です。周産期ケア・看護のスキルアップのための実践的教科書として、定期購読がおすすめの雑誌です。本編記事とリンクした教材・テキスト・WEB動画は新人教育や院内研修にも役立ちます。

読者層/口コミ・レビュー/プレゼント/豆知識/その他情報

読者層(職種)・編集委員・執筆者

メディカ出版の広告媒体」[PDF版]によれば、読者層の職種別比率は、助産師71%、看護師11%、看護学生7%、医師6%、保健師3%、その他2%購買形態別比率は、個人41%、クリニック・医院・助産院21%、病院19%、学校17%、企業1%、その他1%となっています。

読者層(職種)の構成比率のグラフ│PERINATAL CARE(ペリネイタルケア)

(引用:「メディカ出版」広告媒体

「母性看護専門看護師」「小児救急看護認定看護師」へのステップアップを目指す看護師にもおすすめです。  編集委員は、「メディカ出版の広告媒体[PDF]」に掲載されています。  執筆者は、大学教授、医師、アドバンス助産師や母性看護専門看護師などです。

編集コンセプト・豆知識

『PERINATAL CARE(ペリネイタルケア)』は1982年(昭和57年)に創刊され、、2016年に誌面の大幅リニューアルを経ながら、誌面構成のアップデートを行っています。  編集コンセプトは ”周産期医療の安全・安心をリードする専門誌” ”学び続ける助産師を応援!” ”1テーマを深く学べる””最新情報をいち早くお届け!” です。

口コミ・レビュー(おすすめ度)

「Fujisan(富士山マガジン)」のサイトへの「口コミ・レビュー」の投稿数は26件、読者満足度(おすすめ度)は85.4%です(2021年3月18日現在)。「メディカ出版」のサイトへの「口コミ・レビュー」は、各号の紹介ページの下方に掲載されています。

お得・便利情報

本誌内の記事とリンクしている、助産師・産婦人科ナースの新人研修や院内の研修・勉強会などの教材として使えるイラストやテキストなどの電子データ[PDF]を配信しています。  「メディカ出版」では、超お得!なおすすめアプリ!ヨメディカを提供しています。「ヨメディカ」付の年間定期購読をすると、①過去10年間分の記事が読み放題、②探している情報をキーワードや著者名などで一発検索、③デジタル雑誌・電子版が読み放題、といったサービスを受けることができ、情報収集にとても便利です。  2021年4月号を含む年間購読をすると、「創刊40周年記念ミニブック」のプレゼントが漏れなくもらえます。

プレゼント情報│PERINATAL CARE(ペリネイタルケア)

 「Fujisan(富士山マガジン)」のサイトでは2009年3月号の全ページ(⇒タップすると誌面が開きます。)が読み放題です。「メディカ出版のサイトでは2008年11月号以降の最新号・バックナンバーが10,15ページ程度読み放題です。リンク先のページからさらに各号のページに移動していただき、各号のページにある「本誌試し読み」のボタンをタップしていただくと誌面が開きます。  当サイトの管理人が試読しました『PERINATAL CARE(ペリネイタルケア)』Vol.37,2018年11月号の誌面イメージは下の画像のとおりです。ビジュアル誌面でとても読みやすくなっており、おすすめです。

PERINATAL CARE(ペリネイタルケア) 2018年11月号│表紙

 

PERINATAL CARE(ペリネイタルケア) 2018年11月号│目次(1)

 

PERINATAL CARE(ペリネイタルケア) 2018年11月号│目次(2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新号・バックナンバーの表紙画像

一般号と増刊号の最新号・バックナンバーの表紙画像です。表紙イメージ・画像をタップしていただくと、「Fujisan(富士山マガジン)」の雑誌紹介ページが開きます。なお、発売日順(新しい順)ではなくランダムに順不同で掲載していますので、ご注意願います。

【最新・一般号】

PERINATAL CARE(ペリネイタルケア) 最新号│表紙

【最新・増刊号】

PERINATAL CARE(ペリネイタルケア) 最新 増刊号│表紙


【バックナンバー・一般号】

PERINATAL CARE(ペリネイタルケア) バックナンバー│表紙

 

PERINATAL CARE(ペリネイタルケア) バックナンバー│表紙

 

PERINATAL CARE(ペリネイタルケア) バックナンバー│表紙


【バックナンバー・増刊号】

PERINATAL CARE(ペリネイタルケア) バックナンバー 増刊号│表紙

 

PERINATAL CARE(ペリネイタルケア) バックナンバー 増刊号│表紙

 

PERINATAL CARE(ペリネイタルケア) バックナンバー 増刊号│表紙

バックナンバー一覧の表紙画像:Fujisan

(2006年1月号のバックナンバーまでご覧いただけます。)

領域や読者層が類似するおすすめの関連雑誌の一覧

『PERINATAL CARE(ペリネイタルケア)』と領域(助産ケア、周産期看護)や読者層が類似するおすすめの専門雑誌を紹介しています。表紙画像をタップしていただくと、「Fujisan(富士山マガジン)」の雑誌紹介ページが開きます。ただし、『手術看護エキスパート』は日総研の雑誌紹介ページへリンクしています。

with NEO(ウイズネオ)│表紙

─新生児集中治療・ケア─

見本誌無料試し読み

1冊価格 : 2,970 円

詳細を見る!

with NEO(ウイズネオ):Fujisan

 

助産雑誌│表紙

─助産ケア・母性看護・不妊症看護・生殖看護・周産期ケア─

1冊価格 : 1,650 円

詳細を見る!

助産雑誌 【電子版】:Fujisan】

 

臨床助産ケア│表紙

─助産ケア・母性看護・不妊症看護・生殖看護・周産期ケア─

見本誌無料試し読み

1年間定期購読価格 : 17,310 円

(別途入会金 3.000円)

詳細を見る!

臨床助産ケア:日総研