看護学生領域で一番人気・売れ筋のおすすめ雑誌『プチナース』2019年5月臨時増刊号を紹介・ガイドしています。

 

表紙、価格・値段、コンテンツ・目次、内容の概要などの媒体基本情報の他、誌面イメージ、当サイトオリジナルの紹介文やレビューを掲載しています。

 

媒体の基本情報

プチナース 2019年5月臨時増刊号│表紙

紙媒体

1冊(単品)価格 : 1,500円

A4変形判

照林社公式プチナース 2019年5月臨時増刊号│無料見本誌の立読み放題

無料見本誌の立読み放題【照林社】

プチナース 2019年5月 臨時増刊号(Fujisan.co.jp)

 

オリジナル紹介文・レビュー

リストマーク 急性期実習必携の、周術期看護に必要な基礎知識、アセスメント、技術など、すべてが“ぎゅっと”詰まった1冊です。本誌の特徴は次のとおりです。

  • 術前日、術直前(術当日)、手術中、術直後(術当日)、術後(術後1日目以降)の5つの周術期の経過にわけて、患者さんの状態、観察項目、必要な看護の知識、看護技術についてくわしく解説しています。状態がめまぐるしく変わる周術期を経過ごとにわかりやすくまとめています。
  • 術後の患者さんには輸液ポンプ、心電図モニタ、自動血圧計、SpO2モニタなどもさまざまな医療機器が装着されています。これらの機器やルート別の観察・ケアのポイントを解説しています。
  • 患者さんによくみられる基礎疾患別の観察・ケアのポイントを解説しています。
  • 周術期の患者さんを実習で受け持つことは多いものです。周術期において注意したい合併症や看護のポイントを、疾患別に解説しています。

 

リストマーク 周術期の実習は「大変」「ついていけない」「眠れない」などといった学生さんの声がよく聞かれます。確かに周術期の実習は学生にとっても、患者にとっても“忙しい”のだと思います。入院して自分の荷物の整理も終わらないうちに患者さんは多くのイベントをこなさなくてはならず、そして翌日にはもう手術です。それについていく学生も「大変」「ついていけない」となるのもうなずけます。しかし一方で、周術期の看護は単純明快である、ということもできると思います。例えば全身麻酔で開腹手術をするという情報しかなかったとしても一般的にたどる回復過程は分かっていますから、そのときどきで計画すべき援助がある程度みえてきます。一度しっかりと周術期の看護を頭に入れてしまえば何も恐れることはありません。ただそれが学生にとっては難しいのです。

 

本書はそんな学生の周術期実習をガイドする1冊です。学生の「大変」の元となっている回復過程の速さに対応できるよう、そのときどきで何を目的に、どのような看護計画を立てる必要があるのか、ページを順にめくっていけば学生が患者の回復過程に併走できるようになっています。実習期間中、学生が夜にぐっすり眠れるための1冊です。本書はおもに看護学生を対象として書かれていますが、新人看護師や臨床実習指導者もお手元に置いておけば役立つ内容となっています。

 

リストマーク 本書の使い方/本書では、急性期実習で受け持つことが多い、周術期の患者の看護について経過を中心にまとめています。Part1⇒Part5では、術前日、術直前(術当日)、手術中、術直後(術当日)、術後1日目以降の5つの経過に分けて、患者の状態、観察項目、必要な看護の知識について解説しています。また、視点を変えて、Part6では術後患者に装着されている機器・ルート別の観察・ケアのポイント、Part7では患者によくみられる基礎疾患(既往歴)別の観察・ケアのポイントをまとめています。さらに、Part8では看護学生が実習で受け持つことが多い手術について、疾患別に注意したい合併症や看護のポイントを解説しています。周術期看護を行う際に必要な、基礎知識、アセスメント、技術など、すべてが詰まった旧跡実習必携の1冊です。

 

リストマーク 本書の特徴は、繰り返しになりますが、下記のとおりです。

  • 特徴1:周術期を術前日⇒術直前⇒術中⇒術直後⇒術後の5つに分類
  • 特徴2:術後患者さんに装着されている機器・ルート別の観察・ケアのポイントを解説
  • 特徴3:基礎疾患別の観察・ケアのポイントを解説
  • 特徴4:実習でよく出合う疾患の術後のポイントを解説

 

本書の構成は下記のとおりです。

●Part1⇒Part5:術前⇒術後までを経過ごとに解説!

  • 見てわかる患者の状態
  • 観察項目とポイント
  • 必要な看護の知識
  • 写真でわかる看護技術

●Part6・7:機器・ルート別、基礎疾患別に解説!

  • 術後患者に装着されている機器・ルート別に
  • 患者によくみられる基礎疾患やその治療別に

●Part8:実習でよく出合う手術を疾患別に解説!

  • 疾患と手術の方法
  • 合併症と術後の看護

 

目次・コンテンツ/誌面イメージ

急性期実習に使える! 周術期看護 ぜんぶガイド

Part1 術前日

●みてわかる術前日の患者さん

●術前日の観察項目とポイント

●必要な看護の知識

  • 術前日までに用意しておくもの/皮膚の清潔/消化管のプレパレーション
  • 弾性ストッキングの計測/呼吸訓練
  • クリニカルパス
  • 心身の安定と休息/禁飲食の説明/内服薬の確認
  • [PICK UP]写真でわかる 教科書には載っていない看護技術
  • 排痰援助・呼吸援助
  • インセンティブスパイロメトリーによる呼吸訓練法

Part2 術直前(術当日)

●みてわかる術直前(術当日)の患者さん

●術直前(術当日)の観察項目とポイント

●必要な看護の知識

  • 確認の基本事項/浣腸の実施
  • 患者さんの身じたく:外すもの/患者さんの身じたく:身につけるもの/弾性ストッキングの装着/ストレッチャー・車椅子への移乗
  • [PICK UP]写真でわかる 教科書には載っていない看護技術
  • 深部静脈血栓症(DVT)の予防(1):弾性ストッキング
  • 手術室入室の準備

Part3 手術中

●みてわかる手術中の患者さん

●手術中の観察項目とポイント

●必要な看護の知識

  • 手術の大まかな流れ/手術見学中の学生の立ち位置
  • 手術室の看護:器械出し看護師・外回り看護師/患者さんの入室と申し送り
  • 学生の手術室見学のポイント
  • [PICK UP]写真でわかる 教科書には載っていない看護技術
  • 手術室看護師の更衣・手洗い・ガウンテクニック

Part4術直後(術当日)

●みてわかる 術直後(術当日)の患者さん

●写真でわかる! 術後ベッドの準備

●全身麻酔で手術を受けた患者さんの術後ベッドの準備

●必要な看護の知識

  • ムーアの分類
  • おもな術後合併症(術直後)

●術直後(術当日)の観察項目とポイント

●写真でわかる!教科書には載っていない看護技術

●酸素療法

●深部静脈血栓症(DVT)の予防②:フットポンプ・カーフポンプ

●ドレーン管理①:閉鎖式ドレーン

●ドレーン管理②:胸腔ドレーン(低圧持続吸引)

Part5 術後(術後1日目から)

●みてわかる術後1日目〜の患者さん

●術後の観察項目とポイント

  • 術後1日目
  • 術後2日目
  • 術後3日目

●必要な看護の知識

  • 術後数日経過してから出現する合併症/早期離床の重要性
  • 離床時に念頭におきたいリスク
  • 離床終了後のケア
  • [PICK UP]写真でわかる 教科書には載っていない看護技術
  • 持続的導尿の管理から抜去まで

Part6 術後患者さんの機器・ルート別 観察・ケアのポイント

●みてわかる術後の患者さんの観察・ケアのポイント

●よく出合う機器・ルート別 観察・ケアのポイント

  • 点滴(輸液ポンプ)/酸素
  • 心電図モニタ/自動血圧計
  • SpO2モニタ/胃管/創部ドレーン
  • 創部ドレッシング/硬膜外麻酔
  • 尿道留置カテーテル/弾性ストッキング・フット(カーフ)ポンプ

Part7 基礎疾患からみる周術期の観察・ケアのポイント

●基礎疾患からみる 疾患別の観察ポイントとケア

  • 慢性心不全(CHF)
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)
  • 高血圧症(HTNまたはHT)
  • 糖尿病(DM)
  • 慢性腎不全(CRF)
  • 肝機能障害

●基礎疾患からみる 治療別の観察ポイントとケア

  • 人工透析
  • ワルファリン内服中/ステロイド剤内服中
  • インスリン皮下注射中

Part8 実習でよく出合う疾患別周術期看護のポイント

  • 肺がんの手術
  • 食道がんの手術
  • 胃がんの手術
  • 膵がんの手術
  • 大腸がんの手術
  • 乳がんの手術
  • 前立腺がんの手術
  • 大腿骨頸部/転子部骨折の手術

 

ネット書店で購読する

プチナース 2019年5月臨時増刊号│表紙

1冊(単品)価格 : 1,500円

A4変形判

照林社公式プチナース 2019年5月臨時増刊号│無料見本誌の立読み放題

プチナース 2019年5月 臨時増刊号(Fujisan.co.jp)