雑誌『Clinical Engineering(クリニカルエンジニアリング)』は「臨床工学技士」(CE・ME)の専門雑誌です。透析業務、内視鏡業務、呼吸治療業務などの臨床工学技士の仕事内容・業務範囲を網羅したおすすめの雑誌です。総合病院、チーム医療、クリニック、在宅医療、医療機器メーカーとさまざまな場所で多様化する働き方をする臨床工学技士、認定資格取得による専門認定士へのスキルアップを目指す医療機器のスペシャリストである臨床工学技士から新人の臨床工学技士までそれぞれのラダー(段階)で求められる情報をお届けする知恵袋です。

 

当ページでは、学研メディカル秀潤社公式サイトから引用した価格や対象読者層・職種、記事構成、プレゼント・お得情報、インパクトファクターの指標となる発行部数などの他、当サイトオリジナルの紹介文やおすすめポイント、豆知識、便利情報を掲載しています。最新号・増刊号・バックナンバー一覧、口コミ評価・おすすめ度をFujisan.co.jpより引用して掲載しています。

媒体の基本情報・概要

Clinical Engineering(クリニカルエンジニアリング)│表紙

紙媒体

Clinical Engineering(クリニカルエンジニアリング) 公式サイト

広告媒体 [PDF版

学研メディカル秀潤社(since1977(昭和52)年)


Clinical Engineering(クリニカルエンジニアリング):Fujisan

バックナンバー一覧:学研メディカル秀潤社

Amazon・アマゾン トップ

Rakuten・楽天ブックス トップ

見本誌無料試し読み・読み放題サービス

サービスなし


1冊(単品)価格・値段

一般号:2,090円

1年間定期購読価格

一般号:25,080円

判型・サイズ:B5判

発行頻度:月刊

発売日:25日※

(※:発売日は、土・日曜日や祝・祭日の関係により前後することがあります。)

創刊since1990(平成2)年

発行部数:10,000 部


  • 媒体取扱い領域:透析業務/血液浄化業務/プライミング/呼吸器業務/在宅呼吸業務/循環器業務/レントゲン業務/チーム医療/内視鏡/レーシック/除細動器/麻酔器/レーザー/電気メス/ペースメーカー
  • 読者層(職種):臨床工学技士│看護師・ナース│医師

オリジナル紹介文

媒体概要/紹介文/レビュー

 呼吸治療業務、人工心肺業務、血液浄化業務、手術室業務、集中治療業務、心血管カテーテル業務、高気圧酸素業務、ペースメーカ/ICD業務、医療機器管理業務といった、臨床工学技士(CE:Clinical Engineering,ME:Medical Engineering)の業務範囲・仕事内容を網羅しています。

 

 血液透析療法における透析開始準備(機器の立ち上げや透析液濃度測定、プライミング等)から穿刺、返血までの透析治療や穿刺困難者に対しては超音波エコー装置を使用したエコー下での穿刺といった血液浄化業務/検査に使用する電子スコープの取り外しや取り付け・処置具等の補充点検などの管理、また検査が出来るように準備、スコープの洗浄及び消毒といった内視鏡業務/心臓ペースメーカや植え込み型除細動器、両室ペーシング用ペースメーカなどの植え込み術といったペースメーカー関連業務/レーザー医療機器および電気メスの保守点検/診療補助業務としての機器の操作と保守点検業務以外の穿刺や外科領域におえkるスコピスト(清潔補助業務)介入などの拡大する業務範囲の動向/プライミング技術/CE・MEのための電気工学/など、臨床工学技士・CE・MEが行う業務範囲を網羅して、日常臨床に役立つ情報をお届けしています。

 内視鏡、体外膜型人工肺(extracorporeal membrane oxygenation:ECMO・エクモ)、麻酔器、レーシック、レントゲン機器、レーザー機器、などの個別の医療機器の保守・点検・操作についても詳しく解説しています。総合病院、クリニック、人工呼吸器等使用が想定される在宅医療現場、医療機器メーカーなど、CE・MEのさまざまな働き方に応じた情報もお届けしています。さらに、臨床工学技士養成施設における教育の現状と課題や、新人教育、透析技術認定士・血液浄化専門臨床工学技士・呼吸治療専門臨床工学技士・内視鏡業務専門臨床工学技士などの認定資格取得によるステップアップのための記事も豊富です。

 病院では、医師や看護師のほか、レントゲン・CT・MRIなどを扱う診療放射線技師、血液や細菌検査・心電図や脳波などの検査を行う臨床検査技師など多他職種の方が働いています。医師以外の看護師や各種の医療技術者とともに、メディカルスタッフとして、現在の医療現場で不可欠な医療機器のスペシャリストとして臨床工学技士は活躍しており、今後益々増大する医療機器の安全確保と有効性維持の担い手としてのチーム医療への関わり方などの記事も豊富です。

 

 『Clinical Engineering(クリニカルエンジニアリング)』は1号1テーマの「特集」と1号2本程度の記事を掲載している「特集関連記事」を主軸としつつ、「執筆者紹介」」「CEアラカルト」「養成施設卒業研究コンペ2020 結果発表「」「」「」「」などのコンテンツで構成されています。  「その他」、関連学会のお知らせ・レポート、バックナンバー紹介、投稿に関するお知らせ、編集協力者の紹介、養成施設代表者、次号予告、おすすめの新刊書籍・本の紹介などを掲載しています  学研メディカル秀潤社」のサイトでは、バックナンバーの目次を見ることができますのでチェックしてみて下さい。

 

 おすすめポイントは、臨床工学技士・CE・MEへ向けた我が国唯一の雑誌であり、CE・MEを目指す学生から認定制度の資格取得をによるスキルアップを目指すスペシャリストまで、幅広い読者層に役立つ情報を網羅しているところです。新しい取り組みの実践事例が豊富に掲載されているところや穿刺などの拡大する業務範囲を網羅しているところも魅力です。臨床工学技術のスキルアップのための実践的教科書として、定期購読がおすすめの雑誌です。

読者層/口コミ・レビュー/豆知識/その他情報

血液透析の際に用いられる透析機器(機械)のイラストです。ダイアライザー付です。

読者層(職種)・編集委員・執筆者

読者層(職種)のメインターゲットは臨床工学技士・CE・MEです。透析業務や内視鏡業務、呼吸管理業務に携わる医師や看護師など幅広い多職種の方々におすすめできる記事が掲載されています。また、新人教育、透析技術認定士・血液浄化専門臨床工学技士・呼吸治療専門臨床工学技士・内視鏡業務専門臨床工学技士などの認定資格取得によるステップアップのための記事も豊富ですので、それらの認定資格取得によるステップを目指すCE・MEにもおすすめです。  編集委員は、本誌の巻末に掲載されています。  執筆者は、前述した認定臨床工学技士などのスペシャリストのCE・MEのほか、養成校の教員です。看護師や医師の視点からの臨床工学に関連記事も掲載されています。

編集コンセプト・豆知識

『Clinical Engineering(クリニカルエンジニアリング)since1990(平成2)年に創刊され、2016(平成28)年1月号より特集記事が増量されました。その分連載記事は減っています。

口コミ・レビュー(おすすめ度)

「Fujisan(富士山マガジン)」のサイトへの「口コミ・レビュー」の投稿数は9件、読者満足度(おすすめ度)は82.2%です(2021年2月19日現在)。

お得・便利情報

2021年2月19日時点では、見本誌の試し読みサービスは行っていませんので、サービス開始次第に紹介します。

最新号・バックナンバーの表紙画像

最新号とバックナンバーの表紙画像です。表紙イメージ・画像をタップしていただくと、「Fujisan(富士山マガジン)」の雑誌紹介ページが開きます。なお、発売日順(新しい順)ではなくランダムに順不同で掲載していますので、ご注意願います。

【最新・一般号】

Clinical Engineering(クリニカルエンジニアリング) 最新号│表紙


【バックナンバー・一般号】

Clinical Engineering(クリニカルエンジニアリング) バックナンバー│表紙

 

Clinical Engineering(クリニカルエンジニアリング) バックナンバー│表紙

 

Clinical Engineering(クリニカルエンジニアリング) バックナンバー│表紙

 

Clinical Engineering(クリニカルエンジニアリング) バックナンバー│表紙

 

Clinical Engineering(クリニカルエンジニアリング) バックナンバー│表紙