新生児集中看護・ケア領域のおすすめ雑誌『with NEO(ウイズネオ)』を紹介・ガイドしています。新生児集中ケアを中心としつつ、新生児のケアを包括したケアを臨床の現場で実践する看護師・ナース・助産師・医師に向けた、インパクトファクターの高い雑誌です。

 

表紙、値段・価格、発行、創刊、出版社公式サイト、内容の概要などの媒体基本情報の他、読者層、豆知識、プレゼント情報や当サイトオリジナルの紹介文、レビュー、誌面イメージ、口コミ評価、豆知識等を掲載しています。最新号のみではなく、バックナンバー、増刊号も掲載しています。

 

媒体の基本情報・概要

Clinical Engineering(クリニカルエンジニアリング)│表紙

紙媒体 パソコン タブレット スマートフォン

1冊(単品)価格:2,052円(本編)

1年間定期購読価格 25,080円(本誌12冊)

B5判 │ 月刊 │ 25日発売

1990年 創刊 │【学研メディカル秀潤社】(since1975年)

10,000 部発行(学研メディカル秀潤社 広告媒体)

Clinical Engineering(クリニカルエンジニアリング)(Fujisan.co.jp)Clinical Engineering(クリニカルエンジニアリング)│立読み放題

 

 

  媒体関連キーワード : 臨床工学技士,医療機器,呼吸治療業務,血液浄化業務,手術室業務,集中治療業務,心血管カテーテル業務,高気圧酸素業務,ペースメーカ・ICD業務,医療機器管理業務

 読者層プロフィール : 臨床工学技士 │ 看護師・ナース │ 医師

 

臨床工学技士は、医療チームの一員として、生命維持管理装置の操作・保守管理だけでなく、今後さらに高度化・多様化する医療に対応できるように医学と工学の知識を広く身に付けることを要求されています。

 

『Clinical Engineering(クリニカルエンジニアリング)』は、臨床工学(clinical engineering)の広範な分野をわかりやすく解説し、日常の業務に役立つ知識を提供することを目的として創刊されました。

 

現在の医療に不可欠な医療機器のスペシャリストである臨床工学技士をサポートします。臨床検査技師には看護師のような専権業務がないことや、不慣れな患者とのコミュニケーションが上手くできないなどの、あなたの悩みに応えてくれます。

 

今後益々増大する医療機器の安全確保と有効性維持の担い手としてチーム医療に貢献しています。『Clinical Engineering(クリニカルエンジニアリング)』のおもな読者対象である医療機器の操作を主業務とする臨床工学技士のみならず、人工透析・血液透析、体外循環、麻酔科、集中治療(ICU・CCU)に携わる医師や看護師など幅広くおすすめできる雑誌です。

 

ネット書店で購読する

Clinical Engineering(クリニカルエンジニアリング)│表紙1冊(単品)価格:2,052円

Clinical Engineering(クリニカルエンジニアリング)│Fujisan.co.jp

Clinical Engineering(クリニカルエンジニアリング)