雑誌Clinical Rehabilitation(クリニカルリハビリテーション)は「リハビリ医療」の専門雑誌です。慢性心不全、慢性腎臓病、脳梗塞や脳卒中といった脳血管疾患、がんなどもリハ対象疾患となり、急性期から回復期、在宅支援までと、役割りが益々広くなるとともに、求められる知識・技術が深度化するリハビリ医療従事者へ向けたおすすめの雑誌です。

 

当ページでは、医歯薬出版公式サイトから引用した価格や対象読者層・職種、記事構成、お得情報、インパクトファクターの指標となる発行部数などの他、当サイトオリジナルの紹介文やおすすめポイント、豆知識、便利情報を掲載しています。最新号・増刊号・バックナンバー一覧、口コミ評価・おすすめ度をFujisan.co.jpより引用して掲載しています。本誌は見本誌が読み放題です。「リハビリ医療」領域の他雑誌の紹介もしています。

媒体の基本情報・概要

Clinical Rehabilitation(クリニカルリハビリテーション) 最新号│表紙

紙媒体

Clinical Rehabilitation(クリニカルリハビリテーション) 公式サイト

広告媒体

医歯薬出版(since1921(大正10)年


Clinical Rehabilitation(クリニカルリハビリテーション):Fujisan

バックナンバー一覧:Fujisan

Amazon・アマゾン トップ

Rakuten・楽天ブックス トップ

見本誌無料試し読み・読み放題サービス

メディカ出版Fujisan(富士山マガジン)


1冊(単品)価格・値段

一般号:2,640円│臨時増刊号:3,080円

1年間定期購読価格

一般号+臨時増刊号:33,022円

判型・サイズ:B5判

発行頻度:月刊+臨時増刊7月

発売日:15日※

(※:発売日は、土・日曜日や祝・祭日の関係により前後することがあります。)

創刊:1992(平成4)年4月

発行部数:7,000 部


  • 媒体取扱い領域:リハビリテーション医療・医学
  • 読者層(職種):リハビリ医│リハビリ科医│理学療法士│作業療法士│看護師・ナース

オリジナル紹介文

媒体概要/紹介文/レビュー

医療現場でのリハビリ医療領域から介護・在宅でのリハビリテーション医療領域までにおける質的拡大のために、従来のリハ医療からのパラダイムシフトの方向性を模索するおすすめの専門雑誌です。クリニカルリハビリテーションでは、「立つ、歩く、座る、生活動作をする、買い物に行く、旅行に出かける」などの目的達成のため、関節の可動域や筋力の回復、バランスの改善、異常運動の是正、基本動作訓練などを行っていき、日常生活レベルが治療のゴールとなります。

 身体の一部または全体を動かすことで症状の回復、運動機能の回復を促す運動療法/「温熱」(温罨法など)「寒冷」「電気刺激」「装具療法」など、物理的なエネルギーを利用して症状の軽減、痛みの回復を促す物理療法/最適な訓練内容を選択する徒手的理学療法/摂食・嚥下障害、肩関節疾患、変形性膝関節症、がん、パーキンソン病、運動器などの具体的な疾患・症状・部位に対する機能訓練などのリハビリテーションの最新技術の実際/高齢者の脳卒中後の身体麻痺になどの中枢疾患に対するものや、骨折などの整形疾患に対するものだけではなく、生活習慣病の改善や心臓リハビリテーション、呼吸リハビリテーションなどの内科疾患に対する運動療法/のほか、

多職種連携によるチームによるリハビリ医療/急性期、回復期、維持期(生活期)、終末期のそれぞれの段階ごとのリハビリ医療の臨床実践/脳梗塞・脳卒中のリハビリ医療の最前線/廃用症候群に対するリハビリ/病期・職種を問わず使用できるリハビリテーション 評価指標/発達障害、自閉症スペクトラム(ASD)、認知症などの精神疾患・精神障害へのリハビリ医療の適用事例/脳卒中や骨折などの急な病気やケガの治療直後もしくは治療と並行して行われる急性期リハビリテーションの導入/AI・IOTなどを導入したリハビリ医療の最前線/など、日々のリハビリ医療ので即実践できる記事が満載です。

 

 また、回復期リハビリ後の維持期に対して、通院形式でのリハビリテーションの支援/病院からリハビリ病院への転院支援/早期リハビリテーション加算などの診療報酬や介護報酬/社会復帰・就労支援/高次脳機能障害者の就労支援/介護施設や在宅医療といった地域リハビリテーションへの展開・実践/など、リハビリ医療に間接的に関わる情報も豊富に掲載しています。

 超高齢社会の現在、「安静」はむしろ有害であり、体力がない高齢者や障害者こそ、寝たきりにならないようになるべく早期に基本動作訓練や日常生活活動訓練を行う必要があると指摘されています。これはリハ領域では以前からよく知られ「廃用症候群」と呼ばれてきた概念から生まれたものです。それ以来約10年が経過し、リハ医学・医療の対象や役割はさらに急速に拡大し、内容も進歩しました。例えば、慢性心不全患者、慢性腎臓病患者、がん患者などもリハ対象疾患となりました。リハ医療従事者の果たす役割は益々広くなり、求められる基本的知識量も必然的に増えています。急性期から回復期・在宅支援までの一貫したリハサービスを提供する役割が求められ、リハ医療職がその役割りを果たすための情報が満載です。

 リハビリ医療・医学領域のコンテンツを主軸としていますが、高齢者や障害者を抱える家庭の在宅・介護領域のコンテンツ、さらにリハビリテ一ション(リハ)関連職の新規入職者の新人教育テキスト、学生の病院実習前のテキスト、さらには、介護テキストとして、多く職種の方々の支持を得て、臨床現場や教育現場で広く活用され、創刊以来約30年の歴史を重ねています。リハビリテーションで扱う疾患・障害を斬新な切り口で取り上げ、深く掘り下げる記事内容は、リハビリテーション医師をはじめ、関連各科の医師、PT、OT、言語聴覚士などリハビリテーションスタッフから最適な情報誌として高い評価を得ている、インパクトファクターの高いリハビリ医療領域の雑誌です。

 Clinical Rehabilitation(クリニカルリハビリテーション)は1号1テーマの「特集」と1号10本程度の記事を掲載している「連載」を主軸としつつ「学会報告」「臨床研究」「臨床報告」といったコンテンツで構成されています。  本編記事とリンクした教材・テキストもあります。7月には、1号1テーマに限定した書籍・本に匹敵する「増刊号」(7月発行)が発行されます。  Fujisan.co.jp」のPCサイトでは、20号程度の目次を一度に俯瞰することができますのでチェックしてみて下さい。

 

 おすすめポイントは、図表・写真・イラストによる解説を多用している読みやすい誌面構成です。医療施設のみならず在宅リハ医療の現場での臨床も含めた、新しい取り組みの実践事例が豊富に掲載されているところも魅力です。リハビリ医療・医学領域を主軸としていますが、リハビリ看護や介護領域においても有益となる記事を掲載しており、チーム医療としてのリハビリ医療の明日からの実践にも役立ちます。リハビリ医療の臨床実践のための実践的ガイドラインとして、定期購読がおすすめの雑誌です。

読者層/口コミ・レビュー/豆知識/その他情報

読者層(職種)・執筆者

読者層(職種)のメインターゲットは、リハビリ医、リハビリ科医、整形外科医です。理学療法士、作業療法士などのリハビリ職、リハビリ看護を実践するナースにも有益な情報を掲載しています。 執筆者は、大学教授、医師など、リハビリ医療の研究や臨床に携わり第一線で活躍する方々です。

編集コンセプト・豆知識

医歯薬出版の広告媒体」に、雑誌の特徴が掲載されています。 臨時増刊号は2020年までは年間1冊の発行でしたが、2021年より2冊に増刊されます。 各号の特集記事の要旨が「医歯薬出版」のサイトでご覧いただけます。誌面1ページ分程度の文量で詳述されていますので、特集にどのような記事が掲載されているのか、どのような情報が得られるのかが概ね分かります。 各号のページでは、執筆者が掲載されており、執筆者の横にマークがついている場合、その執筆者が執筆・投稿したバックナンバーの記事のタイトル一覧をご覧いただけます。

口コミ・レビュー(おすすめ度)

「Fujisan(富士山マガジン)」のサイトへの「口コミ・レビュー」の投稿数は8件、読者満足度(おすすめ度)は85.0%です(2021年2月20日現在)。

お得・便利情報

「Fujisan(富士山マガジン)」のサイトでは2016年7月号の全ページ(⇒タップすると誌面が開きます。)が読み放題です。

最新号・バックナンバーの表紙画像

一般号と増刊号の最新号・バックナンバーの表紙画像です。表紙イメージ・画像をタップしていただくと、「Fujisan(富士山マガジン)」の雑誌紹介ページが開きます。なお、発売日順(新しい順)ではなくランダムに順不同で掲載していますので、ご注意願います。

【最新・一般号】

Clinical Rehabilitation(クリニカルリハビリテーション) 最新一般号│表紙


【最新・増刊号】

Clinical Rehabilitation(クリニカルリハビリテーション) 最新臨時増刊号│表紙


【バックナンバー・一般号】

Clinical Rehabilitation(クリニカルリハビリテーション) バックナンバー 一般号│表紙

 


【バックナンバー・臨時増刊号】

Clinical Rehabilitation(クリニカルリハビリテーション) バックナンバー 臨時増刊号│表紙

領域や読者層が類似するおすすめ関連雑誌の一覧

Clinical Rehabilitation(クリニカルリハビリテーション)と領域(リハビリ医療)や読者層が類似するおすすめの専門雑誌を紹介しています。表紙画像をタップしていただくと、「Fujisan(富士山マガジン)」の雑誌紹介ページが開きます。

Medical Rehabilitation(メディカルリハビリテーション)│表紙

─リハビリテーション医療─

1冊価格 : 2,750 円

詳細を見る!

Medical Rehabilitation(メディカルリハビリテーション):Fujisan

 

The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine(リハビリテーション医学ジャーナル)│表紙

─リハビリテーション医学・医療─

1冊価格 : 1,935 円

詳細を見る!

The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine(リハビリテーション医学ジャーナル):Fujisan

 

総合リハビリテーション│表紙

─総合リハビリテーション─

1冊価格 : 2,530 円

詳細を見る!

総合リハビリテーション:Fujisan

 

地域ケアリング│表紙

─地域包括ケア─

1冊価格 : 1,400 円

詳細を見る!

地域ケアリング:Fujisan

 

精神障害とリハビリテーション│表紙

─精神障害リハビリテーション・精神療法─

1冊価格 : 1,650 円

詳細を見る!

精神障害とリハビリテーション:Fujisan

 

小児リハビリテーション│表紙

─幼児・小児リハビリテーション─

1冊価格 : 2,750 円

詳細を見る!

小児リハビリテーション:Fujisan