がん看護、緩和ケア、終末期ケア領域のおすすめ専門雑誌『がん看護』を紹介・ガイドしています。

 

表紙、値段・価格、発行、創刊、出版社公式サイト、内容の概要などの媒体基本情報の他、読者層、豆知識、当サイトオリジナルの紹介文、レビュー、誌面イメージ、口コミ評価、豆知識等を掲載しています。最新号のみではなく、バックナンバー、増刊号も掲載しています。

 

媒体の基本情報・概要

がん看護実践・研究における疑問にすぐに答えてくれるおすすめの専門雑誌『がん看護』!

がん看護│表紙

がん看護(Fujisan.co.jp)

紙媒体 パソコン タブレット スマートフォン

がん看護│無料見本誌の立読み放題 メディカ出版Fujisan(富士山マガジン)

1冊(単品)価格・価格:1,760円(本編)│2,750円(増刊)

1年間定期購読価格:15,500円(本誌 6冊+増刊 2冊)

判型・サイズ:A4変型判

発行:奇数月刊+2,6月(増刊)

発売日:20日発売

(※:発売日は、土・日曜日や祝・祭日の関係により前後することがあります。)

創刊:1996(平成8)年

発行部数:10,000 部

出版社:南江堂(since1979(昭和54)年)│広告媒体[PDF版


がん看護 公式サイト(南江堂)

*「南江堂」公式サイトへリンクしています。

Fujisan(富士山マガジン)

*雑誌専門のオンライン書店「Fujisan(富士山マガジン)」へリンクしています。

Amazon(アマゾン)

*ショッピングサイト「Amazon(アマゾン)」へリンクしています。

Rakuten(楽天ブックス)

*オンライン書店「Rakuten(楽天ブックス)」へリンクしています。

がん看護│バックナンバー

 


リストマーク 媒体関連キーワード : がん看護/集学的療法/手術療法/薬物療法/化学療法/放射線療法/造血幹細胞移植/免疫療法/がんゲノム医療/遺伝子検査/任よう性/先進医療/緩和ケア/メンタルケア/家族ケア

リストマーク 読者層(職種) : 看護師・ナース│看護教員・看護管理者│病院等の医療施設・機関

 

オリジナル紹介文

媒体概要/紹介文/レビュー

がん治療中の患者さんイラストです。治療の副作用で毛が抜けています。

がん看護においては質の高い知識と実践能力・スキルが求められます。①がん治療に伴う主な副作用、合併症に対する適切な看護援助、②がん告知や治療経過で体験する患者・家族の危機状態に応じた精神的支援、③がんの進行に伴う苦痛に対する適切なアセスメントと症状コントロール、④がんとの共生を支えるためのがん患者教育、⑤がん患者及び家族が円滑に療養の場を移行するための情報提供や相談、連携や協働、⑥がん患者及び家族にかかわる倫理的ジレンマへの対処などがん看護実践の核となる臨床実践能力が必要となります。

 

『がん看護』は、1996年(平成8年)に創刊されて以来、手術療法、化学療法、放射線療法といったがん三大療法の知識から、必然と立ち入ることとなるデリケートゾーンとなるメンタルケア、さらに家族看護までがんケアに必要な情報を網羅して配信しています。がん患者のこころとからだ、そして患者のご家族によりそう看護をサポートします。がん看護には広範囲でハイレベルな知識が必要となります。がん看護に携わる看護師の多くが疼痛管理を含めた身体と心の緩和ケアに困難を感じています。このような悩みの解決もサポートしてくれる雑誌です。

 

広がりと深さを示すがん看護に求められる専門性のQOLにはじまり、がん看護の基礎・臨床的諸問題と実践の科学的根拠、がん看護の専門性をめぐる問題まで、「理論」「アセスメント」「看護診断」「期待される成果」「計画立案と実施」などが分かりやすく解説されています。がん看護実践・研究における疑問にすぐに答えてくれるおすすめの専門雑誌です。

ガン(癌)の治療のため、抗がん剤を用いた化学療法(薬物療法)を受けている患者さんのイラストです。

『がん看護』は、現代の時事にそった、読者層が気になるテーマを取り扱う「特集」と「連載」、日々、がんの臨床看護の現場で活躍しており、読者と同じ視点を持つがん専門看護師が投稿する原著論文が掲載されている「今月の症例」、”私”が注目している抗がん薬を紹介する「My Favorite Medicine!」、がん看護に役立つ臨床の事例紹介や病院での取り組み、及びちょっと一息つけるコラムなどもある「リレーエッセイ」で構成されています。

 

2月と6月の年2回発行されている増刊号は、1冊の書籍・専門書・本にも匹敵する質と量の大変充実した内容となっています。気になる記事が特集されている号や、増刊号のみを読んでもスキルアップに繋がります。

 

リストマーク おすすめポイントは、がん看護領域において多くの書籍も発行しておりノウハウを蓄積している南江堂が出版社であることです。がん看護専門看護師やがん関連の認定看護師へのステップアップにも役立つクオリティの高い記事が掲載されています。

 

豆知識/読者層/口コミ・レビュー/その他情報

放射線治療のイラストです。がん等、病気の治療をしたり痛みを緩和します。

リストマーク 「南江堂」の広告媒体によれば、読者層の

  • 職種の分布は、臨床看護師80%、看護教員・看護管理者15%、施設等、その他5%
  • 年齢層は、20歳代28%、30歳代38%、40歳代30%、50歳以上4%
  • 認定看護師の割合は、緩和ケア認定20%、がん化学療法認定15%、認定なし55%、その他の認定看護師10%(認定看護師が占める割合は計45%)

となっています。がん専門・認定看護師を目指している成長志向の高いあなたにもおすすめです。

 

日本看護協会の調査によれば、2016(H28)年7月時点におけるがん関連の認定看護師数は、がん化学療法看護師1,585名、がん性疼痛看護師769名、乳がん看護師354名、がん放射線療法看護師274名となっています。また、同調査によれば、2016(H28)年12月時点におけるがん専門看護師数は833名です。これらをすべて合わせると3,815名です。

 ・「専門看護師」の登録者数:833名(2018年12月/日本看護協会)

 ・「認定看護師」の登録者数:2,982名(2018年7月/日本看護協会)

 

『がん看護』の発行部数は1万部であり、職場内などで閲覧されていること、などを考慮すると、がん関連認定看護師・ナース及びがん専門看護師のほぼすべての方の目に触れていると推察できます。

 

リストマーク 執筆者は、著名な方々や読者と同じ視点を持つ現役のがん看護専門看護師やがん看護認定看護師などです。

 

リストマーク 「Fujisan(富士山マガジン)」のサイトへの口コミ・レビューの読者満足度は85.0%(口コミ数4件:2020年12月7日時点)です。

 

無料読み放題サービス

リストマーク 2020年12月7日時点では、「無料読み放題サービス」は行っていません。

 

最新号・バックナンバーの表紙画像(Fujisan.co.jp)

一般号と増刊号の最新号・バックナンバーの表紙画像です。最新号の表紙イメージは「Fujisan(富士山マガジン)」へリンクしています。それ以外は「南江堂」へリンクしています。なお、バックナンバーは新しい順ではなくランダムに掲載していますので、ご注意下さい。

【一般号】

がん看護(Vol.25 No.8)2020年11-12月号│表紙

 

がん看護 2018年7-8月号│表紙

 

【増刊号】

がん看護 2020年5-6月増刊号│表紙

 

がん看護 2020年1-2月増刊号│表紙

 

レビュー/Vol.23 2017年7・8月号

がん看護 2018年7-8月号│表紙

がん看護 2018年7-8月号│誌面イメージ(1)

 

がん看護 2018年7-8月号│誌面イメージ(2)

 

がん看護 2018年7-8月号│誌面イメージ(3)

 

がん看護 2018年7-8月号│誌面イメージ(4)

 

【特集】実践!がん放射線療法の看護


放射線療法を含む各種がん医療は目覚ましく進歩しています。平成29年に発表された第3期となるがん対策推進基本計画の記述にも、平成18(2006)年から平成20(2008)年までに診断された全がんの5年相対生存率は62.1%と、3年前(58.6%)に比べて3.5%上昇していることが記されています。しかし、依然として5年相対生存率が低いがん種もあり、がん治療の更なる推進が求められています。

 

がん治療の一部を担う放射線療法は、ほかのがん治療と同様に残念ながら患者にとって不利益な症状、すなわち有害事象がさけられないのが現実です。放射線皮膚炎や粘膜炎などの急性有害事象については、エビデンスに基づくケアが求められています。また、がん治療によって、長期生存が可能となったということは、晩期有害事象を体験する患者が増えるということでもあります。放射線治療の晩閉有害事象については、これまでは長期生存する方が少なかったことも要因ですが、エビデンスといえるまでのデータに乏しい状況です。晩期有害事象は、急性有害事象と異なり、発生すると回復が困難な症状であり、看護師としてどのようなケアを提供するのか、それぞれの現場で模索していると思います。

 

新たながん対策推進基本計画では、小児・AYA(Adolescent and Young Adult:思春期と若年成人)世代および高齢者のがん医療の推進に言及されています。高齢がん患者は、我が国の人口の高齢化に伴って増加しており、病院や施設だけでなく在宅で療養している場合も増えています。今後は、緩和照射についても、地域医療との連携が必要になると思います。

 

また、現在、粒子線治療は小児期及び限られたがん種について保健適用とされています。粒子線治療の整備には多大なコストを要することから、今後の方向性として、各がん種における有効性・安全性や費用対効果を十分に検証し、より効率的な利用をすすめていく必要性が指摘されています。

 

高齢がん患者は、我が国の人口の高齢化に伴って増加しており、病院や施設だけでなく在宅で療養しえちる場合も増えています。今後は、緩和照射についても、地域医療との連携が必要になると思います。また、粒子線治療の整備には多大なコストを要することから、今後の方向性として、各がん種における有効性・安全性や費用対効果を十分に検証し、より効率的な利用をすすめていく必要性が指摘されています。

 

このように、がん放射線療法看護はさまざまな問題を含んでいますが、基礎教育および卒後教育の中で看護師が学ぶ機会は限られています。本特集では、このようながん放射線療法看護をとりまくさまざまな内容を網羅して企画されています。これまで放射線治療看護に接する経験が少なかった読者にも興味を持っていただき、日々のケアに役立ち、患者とご家族の安心とQOL向上につなげていだだきたいと思います。

 

内容の一部を紹介すると、「放射線皮膚炎のケアの基本」と題して、放射線皮膚炎の予防のむずかしさ、放射線皮膚炎の評価方法、放射線治療中の臨床知によるケア方法や、医師、技師に放射線治療の方法を確認することにより皮膚線量に対するアセスメントが加わり患者の重症化を予防する一手となることが説明されています。

 

領域や読者層が類似するおすすめ関連雑誌

『がん看護』と領域や読者層が類似する雑誌の表紙画像です。表紙イメージは「Fujisan(富士山マガジン)」に掲載されている画像へリンクしています。

緩和ケア│表紙

1冊価格 : 1,650 円

緩和ケア│詳細を見る

緩和ケア(Fujisan.co.jp)

 

YORi-SOU がんナーシング│表紙

1冊価格 : 2,200 円

YORi-SOU がんナーシング│詳細を見る

YORi-SOU がんナーシング(Fujisan.co.jp)