雑誌『言語聴覚研究』は「言語聴覚療法」の専門雑誌です。言語聴覚支援の研究から実践までを網羅した「日本言語聴覚士協会」が発行、医学書院が販売しているインパクトファクターの高い雑誌です。スクリーニング検査、発達障害児や脳梗塞患者などのへの嚥下評価・訓練の症例報告、呼吸ケア指導士などへのスキルアップのための知識・技術、老人保健福祉施設などのそれぞれの職場での役割りと働き方、研究事例報告論文、言語聴覚支援機器の開発など、言語聴覚士の研究から実践までをサポートするテキスト的な雑誌です。

 

当ページでは、医学書院公式サイトから引用した価格や対象読者層・職種、記事構成、お得情報、インパクトファクターの指標となる発行部数などの他、当サイトオリジナルの紹介文やおすすめポイント、豆知識、便利情報を掲載しています。最新号・増刊号・バックナンバー一覧、口コミ評価・おすすめ度をFujisan.co.jpより引用して掲載しています。

媒体の基本情報・概要

言語聴覚研究 最新号│表紙

紙媒体│デジタル雑誌・電子版(PC・タブレット・スマホ)

日本言語聴士協会 公式サイト

広告媒体 [PDF版

医学書院(since1944(昭和19)年


言語聴覚研究:Fujisan

バックナンバー一覧:医学書院

Amazon・アマゾン トップ

Rakuten・楽天ブックス トップ

見本誌無料試し読み・読み放題サービス

サービスなし


1冊(単品)価格・値段

一般号:2,200円

1年間定期購読価格

一般号:8,250円

判型・サイズ:B5判

発行頻度:3,6,9,12月刊

発売日:不定期日※

(※:発売日は、土・日曜日や祝・祭日の関係により前後することがあります。)

創刊:2004(平成16)年5月

発行部数19,300 部


  • 媒体取扱い領域:言語聴覚士/言語聴覚士/言語・発生・発音障害/聴覚障害/摂食・嚥下障害
  • 読者層(職種):言語聴覚士│呼吸ケア指導士│手話通訳士

オリジナル紹介文

媒体概要/紹介文/レビュー

日本言語聴覚士協会」(会員数:2020年現在で34,489名)が2004年(平成16年)に創刊・発行、医学書院が販売している、言語聴覚障害療法領域の学術誌です。厳正な査読を経た、言語・聴覚・摂食嚥下などの言語聴覚療法に関する原著の研究論文や症例報告の論文などを掲載しています。言語聴覚療法で対象となる「聴覚障害」、「失語症」、「高次脳機能障害」、「言語発達障害」、「音声・構音機能障害」、「摂食・嚥下機能障害」などの代表的な障害を含め、さまざまな障害の言語聴覚障害療法について、その実践症例から研究領域を網羅したおすすめの雑誌です。言語聴覚支援機器の開発などの最新のテクノロジー研究領域も包括しています。

 訓練のための対象の評価やスクリーニング検査の実践症例報告/小児の発達障害や吃音、脳梗塞の後遺症、認知症による言語障害の症状に対するリハビリテーションとしての言語聴覚療法の実践症例報告/嚥下評価・嚥下訓練の実践症例報告/聴覚障害に対する実践症例報告/訓練のためのイラスト作成などの個別技術/言語聴覚士同士や作業療法士などの多職種、そして地域との連携/高齢化社会に向け地域包括ケアシステムの構築が推進される中での言語聴覚士の地域リハビリテーションへの貢献/のほか、

 

病院、リハビリテーションセンター、地域の医院・診療所・クリニック、特別養護老人ホーム、デイサービスセンター、介護老人保健施設、デイケアセンター、訪問看護事業所、訪問リハビリテーション事業所、小中学校、特別支援学校、研究施設、言語聴覚士教育機関(大学、短大、専門学校)などの幅広い医療・介護・福祉・教育の分野で活躍する言語聴覚士の役割り/NST(栄養サポートチーム)における言語聴覚士の役割り/「チーム医療」、「多職種連携」がキーワードとなっている昨今、「言語聴覚士とは何をする職業か」、「言語聴覚障害児・者の現状」など、医療・福祉関係はもとより、行政、教育機関、一般市民に対する幅広い啓発活動/などの記事が満載です。

 医療だけでなく介護・福祉においても言語聴覚士の活躍するフィールドの幅が広まっている現状を背景に、総合的な見地に立って、言語聴覚士を目指す学生の卒前教育にとどまらず、言語聴覚士資格保持者の生涯教育や臨床現場での対応を視野に入れた、関連する多彩な学問領域のなかでとくに重要と思われるテーマを選択しています。したがいまして、国家試験受験のための参考書とは一線を画するものとなっています。病理学の項目の解説により基本的な疾患の病態の理解を深め、人工中耳の項目を加えるなど言語聴覚に関わる最新の医療の内容なども掲載するとともに、コラムでは先進的な取り組みについても取り上げています。

 『言語聴覚研究』「講演」「原著」「教育講演」「調査報告」「短報」「レポート 現場最前線」「学会記録」などの言語聴覚療法の実践に役立つコンテンツで構成されています。

 

 おすすめポイントは、明日からの言語聴覚療法の実践に役立つ、新しい取り組みの症例報告と、知識・技術の蓄積に有益な情報が豊富に掲載されているところです。言語聴覚療法スキルアップのための実践的教科書として、定期購読がおすすめの雑誌です。

読者層/口コミ・レビュー/その他情報

読者層(職種)・編集委員・執筆者

医学書院 AD BOX(広告媒体)」によれば、購読者層の職種分布比率は、日本言語聴覚士協会会員99%、その他1%となっています。

購読者(職種)の分布比率のグラフ│言語聴覚研究

(引用:「医学書院」 AD BOX(広告媒体)

日本言語聴覚士協会員(約18,355名:2019年3月現在)には頒布されますので無料で読めます。「呼吸ケア指導士」「手話通訳士」へのスキルアップ・資格取得を目指す言語聴覚士にもおすすめの雑誌です。チーム医療として摂食・嚥下に携わっている看護師・ナースや、言語聴覚機能支援機器の研究・開発に携わっている企業の方々にも有益です。言語聴覚士の国家試験の合格をを目指す学生の勉強や実習の学習・予習・復習のための参考書・テキスト・教材として役立つ記事「教育公演」もあります。  編集委員は、「医学書院 AD BOX(広告媒体)」に掲載されています。  執筆者は、ベテランの作業療法士養成機関の教授・教員や大学教授などです。

口コミ・レビュー(おすすめ度)

「Fujisan(富士山マガジン)」のサイトへの「口コミ・レビュー」の投稿数は0件、読者満足度(おすすめ度)は-%です(2021年2月28日現在)。

お得・便利情報

医書.jp」では、記事ごとに購読できる「記事売り」(電子版のみ)をしています。代金は記事により異なりますが、概ね1記事当り1,000円から1,500円程度の範囲です。  2021年1月22日現在では、「見本誌の無料試し読みサービス」は行っていませんので、サービス開始次第に紹介します。  「日本言語聴覚士協会」への入会費用は、免許登録年度免許登録年度以降

最新号・バックナンバーの表紙画像

最新号とバックナンバーの表紙画像です。表紙イメージ・画像をタップしていただくと、「Fujisan(富士山マガジン)」の雑誌紹介ページへリンクしています。なお、バックナンバーの表紙は、発売日順(新しい順)ではなくランダムに掲載していますので、ご注意願います。

【最新号】

言語聴覚研究 最新号│表紙


【バックナンバー】

バックナンバー一覧の表紙画像:医学書院

(2019年NO.1号のバックナンバーまでご覧いただけます。)