介護人財育成領域のおすすめ専門雑誌『介護人財教育研修支援教材』を紹介・ガイドしています。

 

表紙、値段・価格、発行、創刊、出版社公式サイト、内容の概要などの媒体基本情報の他、読者層・対象職種、豆知識、当サイトオリジナルの紹介文・レビュー、誌面イメージ、口コミ評価、豆知識などの情報を掲載しています。最新号のみではなく、バックナンバー、増刊号も紹介しています。

 

媒体の基本情報・概要

介護人財教育研修支援教材│表紙

介護人財教育研修支援教材(日総研)

紙媒体 パソコン タブレット スマートフォン

介護人財教育研修支援教材│無料見本誌の立読み放題 日総研

1年間定期購読価格 : 22,020 円

(別途入会金 3.000円)

判型・サイズ : B5変型判

発行 : 奇数月刊(年6冊)

発売日 : 20日

(※:発売日は、土・日曜日や祝・祭日の関係により前後することがあります。)

創刊 : (調査中)年

発行部数 : (調査中) 部

出版社 : 日総研(since1977・出版部門独立1983年)│パンフレット[PDF]


介護人財教育研修支援教材 公式サイト(日総研)

*「日総研」公式サイトへリンクしています。

介護人財教育研修支援教材│バックナンバー

 


リストマーク 媒体関連キーワード : 介護人材/人材採用・獲得/人材定着/人材育成/離職防止/コーチング/待遇・所得改善/人間関係改善/マネジメント

リストマーク 読者層(職種) : 介護施設経営者│介護職管理者・マネージャー│看護管理者

 

オリジナル紹介文

媒体概要/紹介文/レビュー

介護職の女性が笑顔で立っているイラスト です。紺色のポロシャツにチノパン(ベージュのパンツ)を着用しています。

リストマーク 介護職の人材不足や離職率の高さなど、介護職の人材確保にまつわる問題は年々緊急度・深刻度を増しています。増え続ける高齢者に対し、その一方で受け入れ体制は逼迫しています。病院での終末医療は限界となり、老人ホームなどの施設の重要性はますます高くなっています。一方で、社会福祉法人などの運営側介護報酬引き下げ等により人材不足や資金繰りに悩んでいます。介護人材不足の問題の改善には、「介護サービスの質に与える影響」「仕事と職場の継続意欲に与える影響」「事業主が取り組む職場定着や人材育成の効果」という3つの問題意識から、職業キャリアに着目し人材育成の視点を中心に介護人材の確保と定着策のあり方の検討といった視点も必要となります。

 

リストマーク 『介護人財教育研修支援教材』は、高齢者虐待防止研修、給料・待遇・休みを増やす、離職防止、セクハラ対策、高齢者の睡眠ケア、看取りのマナーなどのテーマを軸にしつつ、時間をかけず短時間で教えられる!優秀な人材を確保するためのおすすめの専門雑誌です。基本的には、新人から入所2,3年くらいまでの介護職を健全に育成するための教材ですが、管理者・リーダー層の育成にも役立つ記事も掲載されています。Web教材では他施設の事例が豊富に掲載されており、自施設への導入検討にとても役立ちます。人材の育成だけでなく、介護人財の確保のための方法として、例えば外国人の介護士の採用にあたっての手続きの方法など、介護人財の採用から育成までを包括的に網羅した内容となっています。

 

人材確保の基本的な考え方/残業、腰痛、メンタル不調ゼロに向けた取り組み、職員のやる気を高める工夫、人間関係を良好にするための規律の整備といった、介護人材が「定着」する具体策/募集から採用までの流れ、求職者に向けた募集が殺到するパンフレットの作成、ホームページの重要性、効果的な募集方法、効果的な面接方法、実習生対応の工夫といった、介護人材を「獲得」する具体策/新卒育成、プリセプターシップ、未経験者をプロに育てるプログラム、リーダー育成が上手くいくコツといった、介護人材を「育成」する具体策/から、何度もミスを繰り返すスタッフへの対応、現場を委縮させる完璧主義者のスタッフへの対応、新卒で理想の高いスタッフへの対応、人材確保に理解のないトップへの対応、介護職と看護職の対立改善策/といった人材定着・獲得・育成に関する疑問に答えてくれる記事も満載です。

 

就職希望者が殺到する社会福祉法人の経営者などが、働き甲斐のある魅力的な職場づくりを通して人材獲得を実現する方法や、任せられる人材の育成方法等について具体的に紹介・解説しています。ホスピタリティと、職場のイメージアップ戦略、実際に働く人たちが魂を込めて働く土壌(環境)の整備など、介護現場で働く人たちに今必要とされているものについての考察記事なども掲載されています。

介護スタッフが施設利用者の内服に誤薬がないか確認するイラストです。

リストマーク 具体的には、施設長や管理者などの現場職員に指示する立場の人の、労働法を踏まえた労務管理やトラブル対応ができていない実態を背景とした、労務管理の基礎知識や大元となる考え方、実践的なトラブル対処法等の解説/外国人介護人材との協働、夜勤業務のタスクシェアリング、ボランティアの活用、障がい者労働の活かし方、限定職員制度の導入による介護業務の”タスクシフト””タスクシェア”/介護現場に働き方改革を起こすための、主任&リーダーに求められる労務管理のヒント/いつもと何かが違う高齢者の観察ポイントと急変時の対応/虐待防止の取り組み、離職防止の取り組み、認知症高齢者からの介護ハラスメント・対応、給料・待遇・休みを増やす取り組みといった、病まない・辞めない・手を出さない介護職が幸せになるための心得/などの記事が掲載されています。

 

「特集」と「連載」、「Web教材」で構成されており、現役で活躍されている介護・福祉施設経営者、経営コンサルタント、人材育成・組織開発コンサルタント、介護福祉士、社会福祉士、ソーシャルワーカー、介護支援専門員、弁護士、福祉大学ほかの教育機関の教授・教員などの、老人介護施設人事に関連する多職種の方々が執筆されています。「特集」は1号1テーマとなっており、そのテーマについて7,8程度の小テーマに細分された、ひとつのテーマについて深堀する構成となています。「連載」は10程度の記事から構成されています。最新のトピックスなどを取り扱った「特別企画」も随時掲載されています。「Web教材」は10程度のコンテンツが毎号配信されています。明日から自施設でも使える、あるいは少しの工夫で使える情報ばかりです。”あなたの施設のイノベーション・改善”をサポートしてくれます。

 

リストマーク 『介護人財教育研修支援教材』は新人をどのように指導したらよいのかなどについて、悩んでいる主任・リーダークラスの介護職の方や、介護施設の経営者に読んでいただきたいおすすめの専門雑誌です。使い放題のWeb教材を利用すれば、施設内の研修資料として即利用でき、研修用の資料の作成の手間を省くこともできます。介護職のリーダー・管理職クラスへ向けた専門雑誌・Web教材ですが、人財不足が問題視されている看護職のリーダー・管理職クラスにも共通するお役立ち情報が掲載されています。社会人、介護職としての基本から、初歩的な介助技術や生活支援まで、新人教育を勤務初日からサポートする記事も満載です。

 

豆知識/読者層/口コミ・レビュー/その他情報

リストマーク 編集コンセプトは「手間をかけず短時間で教えられる!」です。1記事(1タイトル)当たりのページ数は10ページ程度割かれており、読み応えのある記事量となっています。

 

リストマーク 毎号、教材&ツールが10個程度WEB配信されていますので、すぐにダウンロードして、明日からの人財育成・管理に利用することができます。新人研修/権利擁護・虐待予防/感染症・食中毒/接遇・マナーなどのテーマ別教材、災害マニュアル/暇つぶしレク/ナラティブ音楽療法/などの便利ツールが多数配信されています。2020年11月30日現在では、一部のコンテンツをお試しで利用できます。下の画像をタップしていただくとお試し利用できます。配信中の「コンテンツの一覧」をご覧いただけます。

 

リストマーク 読者層(職種)のメインターゲットは、老人介護施設の経営者や、経営者層、人事・人材担当者です。人材不足が叫ばれている医療業界においても参考にできる記事も掲載されていますので、病院などの医療施設の経営者層や管理者に読んでいただければ、ブリコラージュできる記事が見つかると思います。

 

無料読み放題サービス

リストマーク 「日総研」のサイトでは最新号の特集記事又は連載記事を読み放題の無料立読み放題のサービスを行っています。号によって異なりますが、5,6ページ程度読めますので、ご購読前に是非一度ご確認下さい。

リストマーク日総研」 無料読み放題サービス※(最新号の特集記事又は連載記事を1記事)

『介護人財教育研修支援教材』紹介ページの最上方(表紙の誌下)に「試し読みできます」、最下方に「試し読みはこちら」のボタンがありますので、タップしていただくと誌面が開き、お読みいただくことができます。最上方と最下方から読める記事は同じものです。

 

レビュー/2020年7・8月号

介護人財 教育研修支援教材 2020年7・8月号│表紙

【連載】今どきのスタッフマネジメント 労務管理の基礎と実践 ─第1回 労務管理の基本と心構え─

 

介護業界は慢性的な人材不足に悩まされていますが、当然のことながら「働いてもらえれば誰でもよい」というわけにはいきません。組織の和を乱す職員、権利意識と被害者意識の塊のような職員、虐待をするような職員を1人でも受け入れてしまうと、組織全体に悪影響が広がり、壊滅的なダメージとなる可能性もあります。一方で、施設長や管理者などの現場職員に指示をする立場の人は、労働法を踏まえた労務管理やトラブル対応ができておらず、さまざまな問題が起こっています。本連載では、こうした問題を事前に予防・回避できるよう、現場で労務管理に悩む管理者の立場にある人のために、労務管理の基礎知識や大元となる考え方、実践的なトラブル対処法等を解説しています。

 

最新号・バックナンバーの表紙画像(日総研)

表紙イメージは日総研の介護人財教育研修支援教材の「バックナンバー」のページへリンクしています。バックナンバーのページに「2020年9・10月号の特集・連載はこちら」のように号ごとのボタンがありますので、それをタップしていただくと、表紙画像と目次が表示されます。

介護人財 教育研修支援教材 2020年11・12月号│表紙

 

介護人財 教育研修支援教材 2020年9・10月号│表紙

 

介護人財 教育研修支援教材 2020年7・8月号│表紙