臨床看護・看護技術・看護手技領域のおすすめ雑誌『看護技術』を紹介・ガイドしています。

 

表紙、値段・価格、発行、創刊、出版社公式サイト、内容の概要などの媒体基本情報の他、読者層、豆知識、プレゼント情報や当サイトオリジナルの紹介文、レビュー、誌面イメージ、口コミ評価、豆知識等を掲載しています。最新号のみではなく、バックナンバー、増刊号も掲載しています。

 

媒体の基本情報・概要

看護技術│表紙

紙媒体 パソコン タブレット スマートフォン

1冊(単品)価格:1,430円 │ 1年間定期購読価格 22,440円(本誌+増刊2冊)

B5判 │ 月刊 │ 増刊号 4,10月 │ 20日発売

(調査中) 創刊 │【メヂカルフレンド社】(since1947年)

45,000 部発行(メヂカルフレンド社 広告媒体)

読者層の職種 : 看護師・ナース │ 看護学生

看護技術(Fujisan.co.jp)

 

 KEY Word : 臨床看護,実践看護,根拠,エビデンス,地域包括ケア

”臨床看護のスキルアップからエビデンス・臨床知に基づく熟達領域へ導く!”雑誌です。

 

床技術力をアップさせるためには、知識を習得した上で実践する必要がありますが、『看護技術』は知識の習得に最適です。後はそれを実践するだけです。

 

購読者層に関心・興味のあると思われる、看護技術、安全なケア、科学的根拠などの記事が特集・連載形式で豊富に掲載されています。

 

「看護技術」とは?という問いに対して明確にオーソライズされた定義はないのではないでしょうか。看護の対象は人間です。そうすると、”人間の安心・安全・安楽・自立を目指して看護の専門知識に基づき目的意識を持って行う直接的な行為”ということもできます。

 

『看護技術』は、今よりもさらに実践に役立つ看護技術情報をビジュアル的にも見やすく、わかりやすすく解説している、臨床現場で従事する看護師必携の一冊です。

 

単なるHow toにとどまらず、最新の文献やガイドラインをもとに看護の根拠と実践をお届けしています。新人看護師からプリセプター(新人看護師に対するマンツーマンの指導を行う教育方法)までの看護師の知りたい、学びたいに応える実践マガジンです。

 

臨床知とエビデンスを融合した看護技術情報誌です。

 

『看護技術』を継続して読めば、

 

・看護技術の習得
・看護技術のスキルアップ
・プリセプターにおける指導方針アイデアの創出
・看護研究題材の創出

ができるようになります。

 

何事を行うにしても基本と根拠(理由)はとても大切です。本誌はその大切な部分をしっかりと押えており、基本から応用までの全てが網羅されているので、非常に役立つと好評です。

 

”エビデンスに基づいた看護がしたい””プリセプターとして新人看護師に分かりやすく指導したい”なあなたにおススメです。

 

 看護技術研究の目的

「日本看護技術学会」では、看護技術研究の目的について次のように述べています。

 

看護技術研究の目的は、確かな効果と根拠を明らかにすることと、意味のない技術を排除することの二つと考えています。

 

前者は、実践の場で積み重ねられた経験知を科学知にするための研究で、本学会では積極的に取り組んで多くの研究成果が学会誌に掲載されています。

 

一方、後者の技術はいわゆる『思い込み技術』であり根拠が曖昧で漫然と実施しているもので、現場には少なくないように考えています。この『思い込み技術』に実践家が気づき、疑問視することが重要で、そこから新たな研究が始まります。

 

長年、看護ケアとして行っている内容について疑うことは容易なことではないのですが、実践家と看護研究者が連携・協同して患者目線での実証研究に取り組む必要があります。

 

看護技術の到達目標に沿って研修内容を組み立てる時には、単に手順に従って実施するのではなく、以下の「看護技術を支える要素」の10項目全てを確認した上で実施する必要があると思います。

 

●(1)医療安全の碓保

①安全確保対策の適用の判断と実施
②事故防止に向けた、チーム医療に必要なコミュニケーション
③適切な感染管理に基づいた感染防止

●(2)患者及び家族ヘの説明と助言

①看護ケアに関する患者ヘの十分な説明と患者の選択を支援するための働きかけ
②家族ヘの配慮や助言

●(3)的確な看護判断と適切な看護技術の提供

①科学的根拠(知識)と観察に基づいた看護技術の必要性の判断
②看護技術の正確な方法の熟知と実施によるリスクの予測
③患者の特性や状況に応じた看護技術の選択と応用
④患者にとって安楽な方法での看護技術の実施
⑤看護計画の立案と実施した看護ケアの正確な記録と評価

このように、看護技術においは臨床知の時代にエビデンスが加わろうとしています。

 

 読者層は、新人看護師から看護管理者までのすべての層の看護師・ナースです。

 

執筆者には、著名な方々や読者と同じ視点を持つ現役の臨床看護師などです。

 

 知識を習得しやすい特集・連載形式の誌面構成

『看護技術』の内容は、

・最先端の情報や少し先の未来の動向などが分かるダブルの「特集記事」
・今、旬なタイムリーなトピックの「連載記事」が7タイトル程度
・”読み物”としても楽しめる「コラム」
・学会や研修会などの開催情報を集めた「インフォメーション」
・「次号予告」

などで構成されています。

 

レビュー・誌面イメージ/Vol.64 2018年7月号

【特集1】糖尿病を併せもつ人の看護

近年、糖尿病患者の生存期間は長くなり、糖尿病をもたない人と同じように生き抜くことができるようになってきました。その一方で、糖尿病患者がそのほかの疾患に罹患する機会も増え、糖尿病とそのほかの疾患を併せもつ人が増加してきています。

 

療養生活を送る患者と支える家族は、糖尿病とほかの疾患を併せもつことで、疾患の相互関係を考慮しながら両方の疾患をコントロールしなければならず、その負担は非常に大きなものとなります。医療者には、糖尿病と併存疾患両方の知識をもって、患者個々に合わせた効果的な治療やケアを行うことが求められ、診療科の垣根を越えて連携することが必要になります。

 

本特集では、看護師が糖尿病とほかの疾患を併せもつ患者に対して効果的に支援できるようになることを目指し、疾患の相互関係や看護のポイントを疾患別に紹介しています。

 

糖尿病と併せ持つほかの疾患として、心疾患、慢性腎臓病(CKD)、脳血管障害、梢動脈疾患(PAD)、膵臓がん、肝硬変、認知症、間質性肺炎、眼疾患、うつ病、精神科疾患:統合失調症、整形外科疾患、といった、高齢者が併発しやすい疾患を取り上げています。

 

【特集2】糖尿病患者セルフケア 能力測定ツールを活用した療養支援

患者自身がセルフケア能力をより引き出すことにもつながる非常に有用なツールとして、糖尿病患者セルフケア能力測定ツールがあります。患者のセルフケア能力の強み・弱みを把握することにより、患者自身に経時的な変化を理解してもらい、自己効力感を高めてもらうことができるのが最大の特徴です。

 

本特集では、ツールの概要とツールを用いた療養支援を行った事例を詳しく紹介しています。看護師がセルフケア能力測定ツールを活用して糖尿病患者個々に合わせた療養支援を行えるように、丁寧に説明されており、とても分かりやすいです。

 

ネット書店で購読する

看護技術│表紙

1冊(単品)価格:1,430円

看護技術│Fujisan.co.jp Amazon.co.jp 楽天ブックス

看護技術(Fujisan.co.jp)

 

関連雑誌

 

エキスパートナース Expert Nurse 臨時増刊号 月刊 ナーシング│表紙
1冊ワンテーマの深堀り記事は永久保存版!売り切れている号もあります。 日々の多忙な臨床看護師の即実践力ををビジュアルな誌面と最新情報でサポート。

1冊価格 : 1,700 円

エキスパートナース Expert Nnurse 臨時増刊号│詳細を見る

エキスパートナース 臨時増刊号│Fujisan.co.jp

エキスパートナース 臨時増刊号

1冊価格 : 1,257 円

透析スタッフ│詳細を見る

月刊 ナーシング

エキスパートナース Expert Nurse│表紙 看護実践の科学│表紙
臨床看護領域で人気・売れ筋NO.1の雑誌。 伝承されてきた臨床知による看護実践技術とエビデンスによる技術を融合させて後世に継承する。

1冊価格 : 1,200 円

エキスパートナース Expert Nnurse│詳細を見る

エキスパートナース│Fujisan.co.jp

エキスパートナース

1冊価格 : 1,650 円

看護実践の科学│詳細を見る

看護実践の科学

Nursing Care+ エビデンスと臨床知│表紙  
エビデンスと臨床知の融合による看護でスキルアップを目指す。  

1冊価格 : 3,740 円

Nursing Care+ エビデンスと臨床知│詳細を見る

Nursing Care+ エビデンスと臨床知