臨床看護領域のおすすめ雑誌『看護実践の科学』を紹介・ガイドしています。

 

表紙、値段・価格、発行、創刊、出版社公式サイト、内容の概要などの媒体基本情報の他、読者層、豆知識、プレゼント情報や当サイトオリジナルの紹介文、レビュー、誌面イメージ、口コミ評価、豆知識等を掲載しています。最新号のみではなく、バックナンバー、増刊号も掲載しています。

 

媒体の基本情報・概要

看護実践の科学│表紙

紙媒体

1冊(単品)価格:1,650円 │ 1年間定期購読価格 19,800円(本誌12冊+増刊1冊)

A4判 │ 月刊 │ 17日発売(増刊:6月)

(調査中) 創刊 │【看護の科学社】(since1976年)

15,000 部発行(看護の科学社 広告媒体)

読者層の職種 : 看護師・ナース

看護実践の科学(Fujisan.co.jp)│立読み放題

 

 KEY Word : 臨床看護,看護手技,科学,エビデンス,臨床知

 

『看護実践の科学』”科学的な視点から臨床看護の実践力を解き明かす!”実践情報誌です。

 

病院では病気の治療・入院期間の短縮など患者の治療環境なども大きく変化し、地域・在宅に向けて多職種で患者の療養に取り組む多職種連携が不可欠になりました。また、医療法の一部改正により超高齢化社会の今後の対策として在宅医療や介護を促進させるなどが盛り込まれた地域包括ケアシステム時代を迎えることになりました。

 

そこで、多職種と共に取り組まれた実践で看護職が果たした役割等についてお伝えし、看護実践の視点から臨床に直結する医療現場の安全性を捉え、真の患者QOLを考えるとともに、臨床現場へのこだわりや独自性のある看護実践を紹介しています。

 

『看護実践の科学』は臨床に、地域に、教育に毎号豊富な内容で応え、経験(臨床知)と科学の融合する研究を発掘し、看護の未来へのビジョンを描いていく看護専門誌です。患者に対して真のQOLとは何かを科学的根拠をもとに一緒に考え、それを実践する力を身に付けていくための雑誌です。一例として、ヘンダーソンの理論をニードリ論を用いて看護介入を行う方法論が記載されており、エビデンスに基づいた看護の実践に大変役立ちます。

 

中堅看護師の能力開発においては、リーダーシップ等の役割遂行能力とともに、自発的にキャリアを発展させていけることや葛藤状況の克服が必要です。これに加えて他者からの承認を受ける機会を設けることは、中堅看護師の能力開発においてとても重要です。

 

「中堅看護師」を定義していた論文を調べたろころ23 件ありました。23 件中、18件が臨床経験年数を定義に用いており、その幅は3 年から19 年までと、かなりバラツキがありました。

 

日本の中堅看護師についての定義は様々であり、臨床経験年数を用いた定義が多く、臨床経験5年目は多くの定義に包含されていました。中堅看護師の特性としては、新人よりも高い実践力を有しますが、その発達度合いには個人差が大きく、多くの葛藤をがある、という点が抽出されています。

 

中堅看護師の能力開発においては、リーダーシップ等の役割遂行能力とともに、自発的にキャリアを発展させていけることや、葛藤状況の克服に貢献するようなプログラムが必要であることが示唆されています。既存の能力開発には多様な手法が用いられてきましたが、多くの手法に経験学習を通じた学びと、中堅看護師が自分自身や職場について内省する機会が含まれています。これに加えて他者からの承認を受ける機会を設けることは、中堅看護師の能力開発においてとても重要です。

 

『看護実践の科学』では、ここで述べたようなことを踏まえた上で、中堅看護師のキャリアアップの方法などについても、科学に基づき詳しく解説されています。

 

”エビデンスに基づいた看護がしたい”なあなたにおすすめです。

 

2019年より、巻頭カラー化と増ページにより誌面がリニューアルされており、従来よりも読み易くなっています。文字を大きくする、さらに豊富な情報量を確保すために、誌面レイアウトや記事の書き方を工夫するなど、進化を続けています。

 

 知識を習得しやすい特集・連載形式の誌面構成

『看護実践の科学』の内容は、

  • 最先端の情報や少し先の未来の動向などが分かる「特集記事」
  • 今、旬なタイムリーなトピックの「連載記事」
  • ”読み物”としても楽しめる「コラム」
  • 学会や研修会などの開催情報を集めた「インフォメーション」
  • 「次号予告」

などで構成されています。

 

この中の「連載記事」では、看護実践論、研究成果の論文、エッセイなど、10タイトル程度の記事が含まれています。

 

 読者層は、中堅の看護師・ナースがターゲットですが、経験を3年程度重ねた看護師の方も読めます。

執筆者には、大学の著名な教授・准教授の方々や看護管理職の他、読者と同じ視点を持つ現役看護師などです。

 

 

Vol.43 2018年12月号/レビュー・誌面イメージ

【特集】あらためて生活行動援助から看護を考える

コンテンツ

  • 生活行動援助に新たな時代の価値づけを ―川嶋みどり先生インタビュー
  • 一般病棟において終末期がん患者が最期まで自分らしく生きられるようにニードを満たす看護
  • 地震災害時の避難所活動に関する文献検討から考える生活行動援助 ―ヘンダーソンを活用した分析
  • クリティカルケア領域における生活行動援助から看護を考える
  • 急性期病院に勤務する中堅看護師が行なう生活援助の卓越性
  • 日常生活援助における看護師の「爪切り」の現状と認識
  • 生活援助技術の自己練習前後における自己効力感の変化
  • 口腔の清潔に関する教育・医療・介護現場の実態調査から

といった小見出しの内容が掲載されています。

 

レビュー

看護の独自の機能であり、看護師が主導権をもつ「生活行動援助」は、1960年、国際看護師協会により「看護の基本となるもの」(ヴァージニア・ヘンダーソン著)を通して明確にされました。一方で、疾病構造、医療制度・経済をめぐる状況、医療提供体制など、さまざまな変化のなかで看護師に求められる役割りは増えています。あらためて臨床・教育現場において生活行動援助の価値づけにつながる研究を紹介します。

 

【連載】看護研究の報告、他

「連載」では、看護領域の動向、看護系学会の見聞録、看護研究の報告など、8題の記事が掲載されています。

 

ネット書店で購読する

看護実践の科学│表紙

1冊(単品)価格:1,650円

看護実践の科学│Fujisan.co.jp│立読み放題 Amazon.co.jp 楽天ブックス

看護実践の科学(Fujisan.co.jp)│立読み放題

 

関連雑誌

 

エキスパートナース Expert Nnurse│表紙 エキスパートナース Expert Nurse 臨時増刊号
臨床看護領域で人気・売れ筋NO.1の雑誌。 1冊ワンテーマの深堀り記事は永久保存版!売り切れている号もあります。

1冊価格 : 1,200 円

エキスパートナース Expert Nnurse│詳細を見る

エキスパートナース

1冊価格 : 1,700 円

エキスパートナース Expert Nurse 臨時増刊号│詳細を見る

エキスパートナース Expert Nurse 臨時増刊号

月刊 ナーシング│表紙 看護技術│表紙
日々の多忙な臨床看護師の即実践力ををビジュアルな誌面と最新情報でサポート。 サイエンスに基づいたナーシングテクニカル。”あなたに看護してもらって良かった”と患者から言ってもらえる看護を提供するために。

1冊価格 : 1,257 円

透析スタッフ│詳細を見る

月刊 ナーシング

1冊価格 : 1,430 円

看護技術│詳細を見る

看護技術

Nursing Care+ エビデンスと臨床知│表紙  
エビデンスと臨床知の融合による看護でスキルアップを目指す。  

1冊価格 : 3,740 円

Nursing Care+ エビデンスと臨床知│詳細を見る

Nursing Care+ エビデンスと臨床知