食品の安全管理・衛生管理領域のおすすめ雑誌『感染制御と予防衛生』を紹介・ガイドしています。病院などの医療施設や介護施設における食品の安全管理・衛生管理にも役立ちます。

 

表紙、値段・価格、発行、創刊、出版社公式サイト、内容の概要などの媒体基本情報の他、読者層、豆知識、プレゼント情報や当サイトオリジナルの紹介文、レビュー、誌面イメージ、口コミ評価、豆知識等を掲載しています。最新号のみではなく、バックナンバー、増刊号も掲載しています。

 

媒体の基本情報・概要

感染制御と予防衛生│表紙

紙媒体

1冊(単品)価格:2,200円(本編 2冊)

1年間定期購読価格 4,400円(本誌)

A4変形判 │ 3,9月刊 │ 25日発売

2017年 創刊 │【メディカルレビュー社】(since1983年)

(調査中) 部発行(メディカルレビュー社 広告媒体)

感染制御と予防衛生(Fujisan.co.jp)

 

 

 KEY Word : 食品衛生,食中毒,微生物,安全管理,衛生管理

 読者層の職種 : 看護師・ナース │ 救命救急士 │ 保健師 │ 医師

 

『感染制御と予防衛生』は、食品関連業界に関わる方々を対象とした、食品の安全確保と衛生管理のための専門雑誌です。

 

食品にまつわる安全・衛生管理分野の専門家が、食品の安全に影響を与える微生物・細菌、ウイルスをはじめ、下痢症の基本知識からその治療と予防法までを詳しく解説しています。

 

購読者層に関心・興味のあると思われる、食品衛生などの記事が特集・連載形式で豊富に掲載されています。

 

総説を含め、すべての原稿が査読を通して掲載された質の高い専門雑です。

 

『感染制御と予防衛生』の内容を実践すれば、マスコミで報道されているような食品衛生に関する事故などはなくなります。

 

・食品衛生管理者
・栄養士・管理栄養士

といった方々の食品の徹底した衛生管理の実践に役立ちます。

 

レビュー・誌面イメージ/Vol.2 2018年9月号

 

コンテンツ

巻頭語

特集 院内・施設内感染症対策の最前線

  1. 院内・施設内感染症対策の基本と実践/山根一和 ほか
  2. 院内・施設内感染症に関わる胃腸炎ウイルス/片山和彦
  3. 院内・施設内感染症に関与する呼吸器ウイルス/木村博一 ほか
  4. 医療従事者における院内・施設内感染の予防および対策/長澤耕男

  5. 事例紹介:/カルバぺネム耐性腸内細菌科細菌の院内感染/島田智恵

連載 感染予防の実践!

院内・施設内感染症における実地疫学調査/山岸拓也

「感染制御と予防衛生」投稿規定

次号案内

 

レビュー/【特集】院内・施設内感染症対策の最前線

世界各国の疾病構造などを勘案・補正したデータに基づく院内感染による死亡リスクは、自殺のそれよりも高く、ヒトパピローマウイルスによる子宮頸がんとおおよそ同じであると推定されています。このことは驚きに値しますが、この推定を裏付けるように、高齢者施設内において、施設内感染症の発生確率は5年間で約50%(10%/年)と推定されています。

院内・施設内感染症の起因となる病原体は多岐にわたりますが、そのなかでもインフルエンザやRSウイルスを中心とした呼吸器感染症と、ノロウイルスによる急性胃腸炎の関与頻度がきわめて高く、施設内感染原因の半数を占めています。また、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)、MDRA(多剤耐性アシネトバクター)およびMDRP(多剤耐性緑膿菌)をはじめとする細菌感染が院内・施設内感染症の原因となった場合、感染対策および制御に難渋するケースもしばしま見受けられます。

院内感染や施設内感染の発生をゼロにすることはきわめて困難でありますが、標準予防策(universal pre caution)の施行と記述疫学を中心とした集団発生への介入により、感染被害を最小限にすることが可能になるでしょう。

本号においては、2つのキーワード、院内・施設内感染と感染制御をリンクさせ、病院や高齢者施設の現場での集団感染予防と制御に夏用できる内容を企画されています。

まず、院内・施設内感染症対策の基本と実践を、山根一和先生(独立行政法人 国立病院機構 米子医療センター感染症内科)と梁明秀先生(横浜市立大学医学部微生物学教室)がご執筆されています。

次に、院内・施設内感染に関与する胃腸炎ウイルス感染症を、片山和彦先生(北里大学北里生命科学研究所ウイルス感染制御学)、呼吸器ウイルス感染症を木村博一先生(群馬パース大学大学院保険科学研究科医療科学領域教授)が担当されています。

さらに、感染予防対策として、医療従事者における院内・施設内感染の予防および対策を、長澤耕男先生(東千葉メディカルセンター小児科、千葉大学大学院医学研究院総合医科学講座)と、院内・施設内感染症における実地疫学調査を、山岸拓也先生(国立感染症研究所感染症疫学センター)がご担当されています。

加えて、事例紹介として、カルバペネム耐性町内最近科最近の院内感染を、島田智恵先生(国立感染症研究所感染症疫学センター)がご執筆されています。

 

ネット書店で購読する

感染制御と予防衛生│表紙

1冊(単品)価格:2,200円

感染制御と予防衛生│Fujisan.co.jp

感染制御と予防衛生(Fujisan.co.jp)

 

関連雑誌

 

感染対策ICTジャーナル│表紙 感染と抗菌薬│表紙
感染対策チーム(ICT)のすべてのスタッフのスキルとコミュニケーション力をアップするためのツール。 臨床に役立つ感染症と抗菌薬に関する重要かつ旬なテーマを分かりやすく解説。

1冊価格 : 2,200 円

感染対策ICTジャーナル│詳細を見る

感染対策ICTジャーナル

1冊価格 : 2,420 円

感染と抗菌薬│詳細を見る

感染と抗菌薬

J-IDEO(ジェイ・イデオ)│表紙  
人類を存続の危機にまで追い込む感染症に対峙する。  

1冊価格 : 2,750 円

J-IDEO(ジェイ・イデオ)│詳細を見る

J-IDEO(ジェイ・イデオ)