感染対策、ICT領域のおすすめ雑誌『感染対策ICTジャーナル』を紹介・ガイドしています。感染対策チーム(ICT)のすべてのスタッフの
スキルとコミュニケーション力をアップするためのツールです。

 

表紙、値段・価格、発行、創刊、出版社公式サイト、内容の概要などの媒体基本情報の他、読者層、豆知識、プレゼント情報や当サイトオリジナルの紹介文、レビュー、誌面イメージ、口コミ評価、豆知識等を掲載しています。最新号のみではなく、バックナンバー、増刊号も掲載しています。

 

媒体の基本情報・概要

感染対策ICTジャーナル│表紙
 紙媒体

1冊(単品)価格:2,200円

1年間定期購読価格 8,800円(本誌4冊)

B5判 │ 1,4,7,10月刊 │ 15日発売

(調査中) 創刊 │【ヴァンメディカル】(since1994年)

(調査中) 部発行(ヴァンメディカル 広告媒体)

感染対策ICTジャーナル(Fujisan.co.jp)

 

  KEY Word : ICT,病院感染対策チーム,医療施設,介護施設,住宅ケア,組織活動

 読者層の職種 : 感染対策チーム(ICT)スタッフ

 

院内感染等の発生防止・抑制・制御に関し、迅速かつ機動的に活動することを目的として結成される感染対策チーム(infection control team:ICT)が行う、

・院内および地域内感染発生状況の把握およびその対応とサーベイランス
・アウトブレイクや血液・体液曝露時の対応
・感染に関する各種コンサルテーション業務
・感染対策の遵守状況の評価
・院内および地域内感染防止の教育
・職業感染防止
・連携施設の各種コンサルテーション・合同カンファレンス・相互評価

といった活動の実践に役立つ情報を掲載しているのが『感染対策ICTジャーナル』です。ICTチームスタッフの輪を結ぶ雑誌です。

ICTには看護師、医師、臨床検査技師、薬剤師といった多職種の医療職が所属しており、看護師は感染症看護専門看護師や感染管理認定看護師といった高度なスキルを保有している看護師がリンクナースとして所属しています。

リンクナースは患者や医療従事者を感染から守るために、感染制御チーム(ICT)と協働して感染防止活動を各所属で実践します。リンクナースの役割として、

各病棟の感染対策上の問題点を抽出する
・ICTとの連携・情報交換を行う
・院内感染に関する知識の取得に努める
・病棟スタッフに対して感染防止教育を実施する
・ICTと協力して院内感染サーベイランスを実施する
・病棟スタッフの職業感染防止の窓口となる
・現場での感染対策のモデルとなる
・現場へ感染対策の方針を周知させるために啓発活動を行う

などがあり、『感染対策ICTジャーナル』はリンクナースにも役立つ情報が掲載されています。バックナンバーの特集タイトルは以下のとおりです。

●特集のタイトルの例

・技術進歩とともに進化する  軟性内視鏡の感染管理
・正しい選択と手順による 病院清掃のための『拭き消毒』
・国内・海外のガイドラインから読み解く 手術部位感染(SSI)対策の正解
・何が同じで、どこが違う? 現場向けESBL産生菌・CRE(CPE)対策
・院内でも在宅でも カテーテル関連尿路感染症(CAUTI)の予防対策
・CDI[クロストリジウム(クロストリディオイデス)・ディフィシル感染症]・ノロウイルス感染症との戦い方 腸管感染予防策(Enteric Precaution)
・一歩先を目指して再評価 これからのMRSA感染対策
・トラブル回避で感染症予防 感染制御のための皮膚管理
・再生処理と単回使用器材(SUD)のパラダイムシフト
・急でも抜かりなく 感染対策エマージェンシー
・多様化する医療現場にどう適合するか スタッフのための職業感染対策
・血流感染予防の最新知見が示す 血管内留置カテーテル管理の極意
・もたらす利益は想像以上! 口腔ケアが導く感染対策
・感染対策のための 院内整備ガイダンスPart2 環境整備編
・感染対策のための 院内整備ガイダンスPart1 施設整備編
・「実施するだけ」からの脱却 サーベイランス活用のレベルアップ
・加する院内感染に立ち向かう 真菌感染対策の手引き
・継続・維持・向上を目指す 手指衛生の徹底化
・変化の流れを逃さず捉える SSI対策のトレンド
・自らを守り,患者を守る ワクチン接種の舵取り

 

『感染対策ICTジャーナル』は編集委員会のメンバーにより編集・構成されています。

 

 【Fujisan.co.jp】紹介文

説明文
レビュー・口コミ評価(Fujisan.co.jp)

 【ヴァンメディカル】紹介文

『感染対策ICTジャーナル』の特徴

 

 

 

 

 

レビュー・誌面イメージ/Vol.13 2018年秋号

 

【特集】一歩先を目指して再評価 これからのMRSA感染対策

MRSA院内サーベイランスの実践 -積極的監視検査(アクティブサーベイランス)の有用性と地域サーベイランスの活用を含めてでは、次のような記事が掲載されています。

わが国における院内感染対策は、各職種の認定制度、医療法および診療報酬の改定が追い風となり、院内感染耐性の構築、マニュアルの整備、スタッフ教育などが行われてきました。その結果、医療機関における黄色ブドウ球菌に示すメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(Me-thicillin-resistant Staphylococcus aureus:MRSA)分離頻度は、2008年の60.0%から2016年には47.7%まで低下しました。

しかし、現在もMRSAは検出頻度の高い耐性菌のひつとです。厚生労働省院内感染対策サーベイランス(JANIS)のデータでは、対象とする耐性菌による新規感染症発生患者の93.9%はMRSAであり、羅患率は3.1×1/1000%と報告されています。MRSAの院内感染が複数の医療機関から報告されえとり、院内でアウトブレイクを起こすことが問題となっています。

薬剤耐性菌が国際社会でも大きな課題となっていることから、2016年に厚生労働省が我が国として初めての「薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン」を決定しました。この成果指標として、2020年までに黄色ブドウ球菌のメチシリン耐性率を20%以下に低下させることを掲げており、さらなる感染対策の強化が求められています。

そこで本稿では、広島大学病院で実施しているアクティブサーベイランスに基づいたMRSA対策について述べられています。

 

ネット書店で購読する

感染対策ICTジャーナル│表紙

1冊価格 : 2,420 円

感染対策ICTジャーナル│Fujisan.co.jp

感染対策ICTジャーナル(Fujisan.co.jp)

 

関連雑誌

 

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)│表紙 感染と抗菌薬│表紙
医療施設で感染対策に取り組む医療従事者とICT・AST・ACT・抗菌薬適正使用支援チームメンバーの座右の書。人類の存続をも脅かしてきた感染症ウイルスに対峙する。 臨床に役立つ感染症と抗菌薬に関する重要かつ旬なテーマを分かりやすく解説。

1冊価格 : 2,200 円

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)│詳細を見る

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)│Fujisan.co.jpAmazon.co.jp楽天ブックス

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)

1冊価格 : 2,420 円

感染と抗菌薬│詳細を見る

感染と抗菌薬

感染制御と予防衛生│表紙 J-IDEO(ジェイ・イデオ)│表紙
病院や介護施設における食品の衛生管理にも役立つ。 人類を存続の危機にまで追い込む感染症に対峙する。

1冊価格 : 2,200 円

感染制御と予防衛生│詳細を見る

感染制御と予防衛生

1冊価格 : 2,750 円

J-IDEO(ジェイ・イデオ)│詳細を見る

J-IDEO(ジェイ・イデオ)

臨床と微生物│表紙  
SARSやインフルエンザをはじめとする感染症の猛威に対処するため、up to dateな情報。  

1冊価格 : 2,310 円

臨床と微生物│詳細を見る

臨床と微生物