臨床検査領域のおすすめ雑誌『検査と技術』を紹介・ガイドしています。

 

表紙、値段・価格、発行、創刊、出版社公式サイト、内容の概要などの媒体基本情報の他、読者層、豆知識、プレゼント情報や当サイトオリジナルの紹介文、レビュー、誌面イメージ、口コミ評価、豆知識等を掲載しています。最新号のみではなく、バックナンバー、増刊号も掲載しています。

 

媒体の基本情報・概要

検査と技術│表紙

紙媒体 パソコン タブレット スマートフォン

(本編)1,620円 (増刊)5,400円   30,780円
1973年創刊B5判10冊+増刊2冊(1年間:3,9月)
医学書院(since1944年)
9,000部発行(医学書院 広告媒体)

検査と技術 【電子版】(Fujisan.co.jp)

 

若手臨床検査技師のスキルアップと検査技師を目指す学生の国試対策!!

 

  KEY Word : 臨床検査技師,緊急臨床検査士,学生,国試

 読者層の職種 : 若手⇒中堅の臨床検査技師 │ 技師学校の学生 │ 検査部の医師

 

『検査と技術』は臨床検査技師による正確なデータベースをベストな医療に繋げる雑誌です。購読者層に関心・興味のある、臨床検査技師などの記事が特集・連載形式で豊富に掲載しています。

 

臨床検査技師、臨床検査技師をめざす学生を対象に、臨床検査技師の「知りたい!」にこたえる総合誌。日常検査業務や新薬・新型検査機器に関する記事を扱い、読者のスキルアップや知識の向上に役立つ情報が満載です。

 

若手・中堅技師の日常検査業務の技術・知識の向上に役立つ月刊誌です。「二級臨床検査士資格認定試験」「緊急臨床検査士資格認定試験」や「臨床検査技師国家試験」の解答と解説も掲載しています。年2回の増刊号は”旬”な話題の内容となっています。

 知識を習得しやすい特集・連載形式の誌面構成

 

 臨床検査技師、技師学校生、検査関連医師を主な読者対象として編集されています。臨床検査技師・検査学生に読まれています。

 

読者層は、臨床検査技師、技師学校生、検査関連医師です。

医学書院院によれば、購読者層の
・職種比率は、臨床検査技師70%、検査部の医師20%、その他10%
となっています。

 【Fujisan.co.jp】紹介文・口コミ

説明文
レビュー・口コミ(Fujisan.co.jp)

 

レビュー・誌面イメージ/Vol.47 2018年4月号

 

【特集】医療法・臨床検査技師等に関する法律等の改正の概要

ゲノム医療の実用化に向けた体制整備が進められているなか、安全で適切な医療提供を推進するため、遺伝子関連・染色体検査を含む検体検査の精度の確保を目的に、医療法等の位置部改正が行われました。改正法は診療所、歯科医療機関、助産所等を含む全ての医療機関に適用されます。本トピックスでは今回の法改正の内容について概説しています。

 

誌面構成は次のとおりです。

●「はじめに」

●「法改正の目的・内容」

 

○「医療機関等が自ら検体検査を実施する際、制度の確保のために設けるべき基準」
(歯科医療機関、助産所に対しても適用)
・「1.精度の確保に係る責任者の配置」(医師又は臨床検査技師)
・「2.精度の確保に係る各種標準作業書日誌等の作成」(各種標準作業書)
・「3.検体検査の精度の確保のために努めるべき事項」
○「遺伝子関連・染色体検査制度の確保のために設けるべき基準」
○「業務委託における検体検査の精度の確保のために追加して備えるべき書類」
○「検体検査の分類の見直し」

●「改正省令の内容」

●「おわりに」

法的要件は全ての医療機関に適用され、医療機関内は検査室以外の場で実施されている検体検査も当然含まれてきます。規模の大きな施設においては、それらの管理にも十分に留意する必要があります。

今回の法改正は、検体検査の精度保証を進めるための、法的根拠が確立したものであり、臨床検査史上では大きな一歩を記したといえます。一方で、その具体的基準については、一部、実効性に欠ける部分が指摘されているので、今後の更なる整備が期待されます。

 

ネット書店で購読する

検査と技術│表紙1冊(単品)価格:1,620円

検査と技術│Fujisan.co.jp

検査と技術 【電子版】(Fujisan.co.jp)