『こころの科学』は、医療、医学、心理、福祉、看護、保健、教育、他産業領域における精神医学・医療、臨床心理学、精神療法、心理療法、脳科学の科学的根拠のある臨床実践にもとづいた具体的事例などの高度な情報や知識を、学生や”こころ”に関心のある一般の方でも理解できるように、分かりやすく平易な記事でお届する、臨床心理学と精神医療に関連する記事が満載の専門雑誌です。多角的な視点から精神医療へフォーカスしているおすすめの雑誌です。

 

当ページでは、日本評論社公式サイトから引用した価格や対象読者層・職種、記事構成、お得情報、インパクトファクターの指標となる発行部数などの他、当サイトオリジナルの紹介文やおすすめポイント、豆知識、便利情報を掲載しています。最新号・増刊号・バックナンバー一覧、口コミ評価・おすすめ度をFujisan.co.jpより引用して掲載しています。「心理療法・精神療法」領域の他雑誌の紹介もしています。

媒体の基本情報・概要

こころの科学│表紙

紙媒体

こころの科学 公式サイト

日本評論社(since2001(平成13)年)


こころの科学:Fujisan

バックナンバー一覧:日本評論社

Amazon・アマゾン トップ

Rakuten・楽天ブックス トップ


1冊(単品)価格・値段

一般号:1,507 or 1,397円│増刊号:1,320円⇒2,640円で変動

1年間定期購読価格

一般号:8,382円※

(※増刊号は年に6冊程度発行されていますが、定期購読には増刊号は含まれていません。)

判型・サイズ:B5判

発行頻度:奇数月刊+増刊 不定期月(年6冊程度発行)

発売日:不定期日※

(※:発売日は、土・日曜日や祝・祭日の関係により前後することがあります。)

創刊:1985(昭和60)年

発行部数:20,000 部


  • 媒体取扱い領域:臨床心理学/精神療法/心理療法/精神保健/精神医学・精神医療/脳科学
  • 読者層(職種):公認心理士│臨床心理士│心理カウンセラー│精神保健福祉士│看護師・ナース│リハビリ職│養護教員│精神科医│児童相談所

オリジナル紹介文

媒体概要/紹介文/レビュー

精神障害・精神疾患・発達障害(知的障害、発達障害、ADHD(多動性障害)、ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)、LD(学習障害)、アルコール依存症、うつ病、強迫性障害、摂食障害、双極性障害(躁うつ病)、統合失調症、薬物依存症、パニック障害、不安障害、トラウマ・PTSD、認知症、解離性障害、睡眠障害、適応障害、アディクション、言語障害。吃音、他)、社会病理(非行、児童虐待、暴力、自傷・自殺、性犯罪、他)といった、臨床心理学と精神医学・医療の領域を網羅した情報を掲載しているおすすめの雑誌です。幼児期、児童期、思春期、青年期、成人期、老年期と、老若男女を問わず対象としています。

アセスメント、評価、検査から、カウンセリング、精神医学・医療、臨床心理学(心理療法・精神療法)、認知行動療法・マインドフルネス、遊戯療法・ロールプレイング、短期療法・ブリーフセラピー、家族療法、ナラティブセラピー、催眠療法、クライエント中心療法・フォーカシング、芸術療法・描画法、集団精神療法、精神分析的心理療法、動作法・ボディーワークなどについて、臨床実践に基づいた科学的根拠のある具体的事例などの高度な情報や知識を、一般の方や学生でも理解しやすいように、平易な記事でお届しています。

医療、医学、心理領域のみならず、地域包括ケアシステムの推進に欠かすことのできない、福祉、看護・訪問看護、リハビリ(理学療法・作業療法)、保健、教育、他産業領域からの視点の記事も豊富で、例えば就労支援や職場での合理的配慮、在宅ワーク・就労・勤務支援、行政サービス・税金免除、リカバリー、自立支援、ピアサポート支援、ボランティアなどに関連する記事を掲載しています。昨今の医学界で強調されるEBM(evidence-based medicine)の潮流や、脳科学・ゲノム科学研究の進展は、精神医学にも影響を与えつつあり、精神医療・医学と脳科学を融合させたテーマも適宜取り上げています。怒り、悲しみ、不安といった精神障害を誘発する感情の波は時に激しく揺れ動き、対象者のみならずその周囲の大人もその激しい感情の波に翻弄されることがあります。そのような状態・環境にある対象には医師・看護師などの医療職だけではなく、保健、教育、福祉、社会のそれぞれの側面からのサポートが求められ、それぞれの現場での取り組み事例も豊富に紹介しています。

現代社会では、家族や地域社会の崩壊が指摘されて久しく、人々は他者と何も共有できない状態で生きています。人間は孤独には耐えることができても、孤立したら生きていることができず、幼小児から高齢者まで、うつ病の蔓延が意味するものを直視しなければならない時代になりました。近年、脳科学の先端を歩む研究者が、想像力、創造性、コミュニケーション、衝動の抑制など、高度に人間的な機能の中枢として、人間にだけ特異的な発達が許されている前頭前野の機能が開発されなくなったということを示唆してくれています。人間が人間的な資質や特性を失いつつあるような現状に、慄然としているばかりではなく、人間らしさを豊かに開花させてあげたいと願う、医療・心理・福祉関係者などの多職種におすすめの雑誌です。

 

読書が好きだった高齢女性が、自発性低下のため読書への興味関心が薄れてしまっているイラスト。認知症の症状のひとつです。

『こころの科学』は1号1テーマの常臨床に直結するタイムリーなテーマを取り上げ、科学的根拠に基づいた臨床事例の紹介・解説などをしている「特集」と、1号5本程度の記事を掲載している「連載」を主軸としつつ、「論説」「エッセイ」「ほんとの対話」「こころの現場から」「伝言板」などのコンテンツで構成されています。  「その他」、臨床心理学界の最新のニュースやトピックス、セミナー開催のお知らせ、関連学会への参加レポートなどを掲載しています。  不定期発行ですが、1号1テーマに限定した書籍・本に匹敵する「別冊・増刊号」が年6冊程度発行されます。  「日本評論社」のPCサイトでは、2010年3月号までのバックナンバーの目次を見ることができますのでチェックしてみて下さい。

 

 おすすめポイントは、臨床事例を主軸とし、誌面の半分以上をしめる「特集」記事のボリュームにあり、症例提示と、症状や徴候を図示したイラストは、初学者にはイメージしにくい病像も、具体性を増すことで学習を早めてくれます。精神障害・疾患は身体的な疾患と比較すると目に見えにくく、初学者には理解しにくい面があります。実際の具体的症例を提示して具体的に患者が陥っている状況を詳述することによって、また、精神医学に関するトピックスも盛り込むことにより、さまざまな精神障害・疾患への理解を深めることができます。臨床心理学と精神医療の書籍・本を多数出版するとともに、社会・経済・科学に関連する本も多数出版している「日本評論社」が発行しているところも安心材料となります。初学者からベテランまで幅広い読者層が読める、定期購読がおすすめの雑誌です。

豆知識/読者層/口コミ・レビュー/その他情報

読者層(職種)・執筆者

読者層は、医師・精神科医、公認心理士、臨床心理士、カウンセラー、保健師、福祉職がメインターゲットですが、”こころ”に好奇心を持つ教育者や社会学者にもおすすめです。  執筆者は、大学教授、精神科医のほか、前述した読者層と重複した、臨床心理学や精神療法・心理療法、精神医学・医療を臨床実践する第一人者の方々です。

豆知識

「日本評論社」は、臨床心理学・精神医学関連の書籍・本を多数出版するとともに、経済・社会・福祉・教育・文化・歴史・科学といった分野の書籍・本も多く出版しており、多面的な視点から精神障害・精神医療を捉えているところが記事の特徴にも表れています。

口コミ・レビュー(おすすめ度)

「Fujisan(富士山マガジン)」のサイトへの「口コミ・レビュー」の投稿数は13件、読者満足度(おすすめ度)は88.4%です(2021年2月14日現在)。

お得・便利情報

2021年2月14日現在、見本誌の無料試し読みサービスは行っていませんので、サービス開始次第に紹介します。当サイトの管理人が試読しました『こころの科学』2020年3月号の誌面イメージは下の画像のとおりです。さまざまな場面での心理療法・精神療法・ケアの実践に役立つ情報がぎっしり詰め込まれた、読み応えのある内容となっています。

こころの科学 2020年3月号│表紙

 

こころの科学 2020年3月号│目次

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新号・バックナンバーの表紙画像

一般号と増刊号の最新号・バックナンバーの表紙画像です。表紙イメージ・画像をタップしていただくと、「日本評論社」の雑誌紹介ページが開きます。なお、発売日順(新しい順)ではなくランダムに順不同で掲載していますので、ご注意願います。

【最新号・一般号】

こころの科学 最新 一般号│表紙

【最新号・増刊号】

こころの科学 最新 別冊・増刊号│表紙


【バックナンバー・一般号】

こころの科学 一般号 バックナンバー│表紙

 

こころの科学 一般号 バックナンバー│表紙

 

こころの科学 一般号 バックナンバー│表紙


【バックナンバー 別冊・増刊号】

こころの科学 別冊・増刊号 バックナンバー│表紙

 

こころの科学 別冊・増刊号 バックナンバー│表紙

 

こころの科学 別冊・増刊号 バックナンバー│表紙

一般号 バックナンバー一覧の表紙画像:日本評論社

(1992年3月号のバックナンバーまでご覧いただけます。)

別冊・増刊号 バックナンバー一覧の表紙画像:日本評論社

(1993年NO.3号のバックナンバーまでご覧いただけます。)

領域や読者層が類似するおすすめの関連雑誌の一覧

『こころの科学』と領域(精神医学・医療、臨床心理学、精神療法、心理療法、脳科学)や読者層が類似するおすすめの専門雑誌を紹介しています。表紙画像をタップしていただくと、「Fujisan(富士山マガジン)」の雑誌紹介ページが開きます。

トラウマティック・ストレス│表紙

─心的トラウマの研究や治療(精神療法)─

1冊価格 : 1,760 円

詳細を見る!

トラウマティック・ストレス:Fujisan

 

心理学研究│表紙

─心理学研究─

1冊価格 : 2,750 円

詳細を見る!

心理学研究:Fujisan

 

自律訓練研究│表紙

─心理生理的自律訓練法・心理療法・精神療法─

1冊価格 : 2,037 円

詳細を見る!

自律訓練研究:Fujisan

 

精神療法│表紙

─精神療法─

1冊価格 : 2,200 円

詳細を見る!

精神療法:Fujisan

 

DEPRESSION JOURNAL(デプレッション ジャーナル)│表紙

─うつ病(鬱病)医療─

1冊価格 : 1,980 円

詳細を見る!

DEPRESSION JOURNAL(デプレッション ジャーナル):Fujisan

 

ナラティヴとケア│表紙

─物語療法・精神療法─

1冊価格 : 1,980 円

詳細を見る!

ナラティヴとケア:Fujisan

 

臨床心理学│表紙

─臨床心理学─

1冊価格 : 2,640 円

詳細を見る!

臨床心理学:Fujisan

 

1冊価格 : 1,650 円

自閉症スペクトラム研究:金剛出版

 

統合失調症のひろば

1冊価格 : 1,980 円

統合失調症のひろば:日本評論社