雑誌『ナラティヴとケア』は精神療法・心理療法の一技法として近年医療の現場でも注目を浴びている「ナラティブケア・物語療法」の専門雑誌です。ナラティブの哲学的・歴史的な基盤からナラティヴ・ケアの理論的ならびにその背景を理解するための情報、精神療法学の実践領域の広がりや研究方法の多様性に連動して多様化するナラティヴアケアの現状、精神疾患に対する精神医学や精神科看護、がん看護などの医療現場への適用事例の紹介などをお届している、ナラティブケアの研究家から実践家までにおすすめの雑誌です。

 

当ページでは、遠見書房公式サイトから引用した価格や対象読者層・職種、記事構成、お得情報、インパクトファクターの指標となる発行部数などの他、当サイトオリジナルの紹介文やおすすめポイント、豆知識、便利情報を掲載しています。最新号・バックナンバー一覧、口コミ評価・おすすめ度をFujisan.co.jpより引用して掲載しています。「精神療法・心理療法」領域の他雑誌の紹介もしています。

媒体の基本情報・概要

ナラティヴとケア│表紙

紙媒体

ナラティヴとケア 公式サイト

遠見書房(since2008(平成20)年


ナラティヴとケア:Fujisan

バックナンバー一覧:Fujisan

Amazon・アマゾン トップ

Rakuten・楽天ブックス トップ


1冊(単品)価格・値段

一般号:1,980円

1年間定期購読価格

取扱いなし

判型・サイズ:B5判

発行頻度:1月刊(年間1冊)

発売日:30日※

(※:発売日は、土・日曜日や祝・祭日の関係により前後することがあります。)

創刊:2010(平成22)年1月

発行部数(調査中) 部


  • 媒体取扱い領域:ナラティブケア/ナラティブセラピー/精神療法/心理療法
  • 読者層(職種):公認心理士│臨床心理士│心理カウンセラー│看護師│精神科医

オリジナル紹介文

媒体概要/紹介文/レビュー

近年、心理臨床や医療、発達心理学の領域で「ナラティブ」「物語り」に関心が寄せられ、語ることによって自分の経験を捉え直し、その心理的意味を理解することの重要性が注目されています。ナラティヴ・アプローチとは、問題を抱える当事者へのケアやカウンセリングを「ナラティヴ(語り、物語)」の視点からとらえなおす動きの総称とされています。従来のケアやカウンセリングと大きく異なった考え方をもとにした新しい手法として、期待を集めています。新しい臨床心理の分野に限ってみてもナラティブや物語りをテーマとした議論は活発に行われています。

 

独創的なナラティブセラピーは、オーストラリアから世界中に広がり、セラピーの慣習的概念を変容させ、精神病の理解を作り直し、行き詰まりへの新しい対処法を提供し、精神医学知識のヘゲモニー(主導的地位)に挑戦し続けています。『ナラティブとケア』では、ナラティヴ・セラピーの理論的背景を理解するとともに、それをどのように自分の臨床場面で活用するか、日本文化の中での日本語によるナラティヴ・セラピーの実際を、事例を用いながら、わかりやすく丁寧な言葉で詳述しています。創始者マイケル・ホワイトが遺した数多のテクスト/インタビューより厳選して創り出される「ナラティヴ・セラピー」の思想=実践の核となる珠玉の記事も掲載しています。

精神医学と精神科看護、そして心理臨床の世界に焦点を絞り、心理臨床実践の中にナラティブケアの概念と視点を導入する積極的な意義や精神疾患・精神障害への具体的な適用方法について学べる、議論・討論、解説も行っています。ナラティヴとエヴィデンスとは両輪とも言われており、そこにあるケアの本質を実際にどのように両立させるべきなのか、この2つの詳しい解説をしつつ、両者を統合した次世代の臨床能力の具体的な提案もしています。目の前の患者の語りを聞くナラティブ・スキルと、医学本来の実践知であるエビデンス・スキルの双方が矛盾することなく存分に発揮されることが、医療者の最良の姿であるとの姿勢から、この2つのスキルに焦点をあて、科学万能論でも精神論でもない新しい医療の姿を示し、新しい時代の治療者が身につけるべきEBM+NBMの臨床スタイルを提案しています。人とひととのかかわりと、臨床と研究を考えていく、興味深い論文やエッセイなども満載です。

『ナラティブとケア』は1号10本程度の記事が掲載されています。精神障害などの精神疾患に対する看護や精神医学への具体的な適用事例の掲載により、ナラティブケアの概念を理解しやすくしています。テーマを絞った「特集」は随時企画されています。  「Fujisan.co.jp」のPCサイトでは、20号程度の目次を一度に俯瞰することができますのでチェックしてみて下さい。

 

 おすすめポイントは、精神療法・心理療法の現場での行き詰まりに挑戦するナラティブケアという新しい領域に切り込んだ、希少かつ貴重な情報をお届けしているところです。臨床心理学と精神医学を主軸とした書籍・本を多数出版している「遠見書房」が発行しているところは安心材料となります。

読者層/口コミ・レビュー/豆知識/その他情報

読者層(職種)・編集委員・執筆者

読者層は、精神科医、公認心理士、臨床心理士、セラピスト、精神科医がメインターゲットですが、臨床心理学の研究者である、人文学など広い分野でナラティブケアの普及に携わっている方にもおすすめです。精神科病棟で精神疾患の治療を行う精神科医や看護師、また、がん看護の場面でのメンタルヘルスケアへナラティブケアを実践する看護師にもおすすめです。福祉の現場でメンタルヘルスケアを実践する精神保健福祉士にもおすすめです。  執筆者は、大学教授のほか、前述した読者層と重複した、ナラティブケア実践家と研究者の第一線で活躍する方々です。

豆知識

「遠見書房」は、精神療法、心理療法、臨床心理学、精神医学に関する書籍・本をメインに多数発行している出版社です。

口コミ・レビュー(おすすめ度)

「Fujisan(富士山マガジン)」のサイトへの「口コミ・レビュー」の投稿数は1件、読者満足度(おすすめ度)は100%です(2021年2月18日現在)。

お得・便利情報

2021年2月18日現在、見本誌の無料試し読みサービスは行っていませんので、サービス開始次第に紹介します。当サイトの管理人が試読しました『ナラティブとケア』2018年1月号の誌面イメージは下の画像のとおりです。臨床心理学の実践に役立つ情報がぎっしり詰め込まれた、約100ページの読み応えのある内容となっておりいます。

ナラティヴとケア 2018年1月号│表紙

 

ナラティヴとケア 2018年1月号│目次

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新号・バックナンバーの表紙画像

最新号とバックナンバーの表紙画像です。表紙イメージ・画像をタップしていただくと、「Fujisan(富士山マガジン)」の雑誌紹介ページが開きます。なお、発売日順(新しい順)ではなくランダムに順不同で掲載していますので、ご注意願います。

【最新号】

ナラティヴとケア 最新号│表紙

 

 

ナラティヴとケア バックナンバー│表紙

 

ナラティヴとケア バックナンバー│表紙

 

ナラティヴとケア バックナンバー│表紙

バックナンバー一覧の表紙画像:Fujisan

(2011年NO.2号のバックナンバーまでご覧いただけます。)

バックナンバー一覧の表紙画像:遠見書房

(2010年NO.1号のバックナンバーまでご覧いただけます。)

領域や読者層が類似するおすすめの関連雑誌の一覧

『ナラティブとケア』はナラティブセラピー・精神療法の研究から臨床までの領域の雑誌です。ナラティブケア領域に限定した雑誌は本誌のみですが、心理療法・精神療法に関連するおすすめの専門雑誌を紹介しています。表紙画像をタップしていただくと、「Fujisan(富士山マガジン)」の雑誌紹介ページが開きます。

こころの科学│表紙

─精神療法─

1冊価格 : 1,372 円

詳細を見る!

こころの科学:Fujisan

 

心理学研究│表紙

─心理学研究─

1冊価格 : 2,750 円

詳細を見る!

心理学研究:Fujisan

 

自律訓練研究│表紙

─心理生理的自律訓練法・心理療法・精神療法─

1冊価格 : 2,037 円

詳細を見る!

自律訓練研究:Fujisan

 

精神療法│表紙

─精神療法─

1冊価格 : 2,200 円

詳細を見る!

精神療法:Fujisan

 

DEPRESSION JOURNAL(デプレッション ジャーナル)│表紙

─うつ病(鬱病)医療─

1冊価格 : 1,980 円

詳細を見る!

DEPRESSION JOURNAL(デプレッション ジャーナル):Fujisan

 

トラウマティック・ストレス│表紙

─心的トラウマの研究や治療(精神療法)─

1冊価格 : 1,760 円

詳細を見る!

トラウマティック・ストレス:Fujisan

 

臨床心理学│表紙

─臨床心理学─

1冊価格 : 2,640 円

詳細を見る!

臨床心理学:Fujisan

 

1冊価格 : 1,650 円

自閉症スペクトラム研究:金剛出版

 

統合失調症のひろば

1冊価格 : 1,980 円

統合失調症のひろば:日本評論社

 

そだちの科学│表紙

─発達障害─

1冊価格 : 1,650 円

そだちの科学:Fujisan