看護学教育領域のおすすめ雑誌『日本看護学教育学会誌』を紹介・ガイドしています。

 

表紙、値段・価格、発行、創刊、出版社公式サイト、内容の概要などの媒体基本情報の他、読者層、豆知識、プレゼント情報や当サイトオリジナルの紹介文、レビュー、誌面イメージ、口コミ評価、豆知識等を掲載しています。最新号のみではなく、バックナンバー、増刊号も掲載しています。

 

媒体の基本情報・概要

日本看護学教育学会誌│表紙

紙媒体

1冊(単品)価格 : 2,750円(本編) │ 2,200円(妙録集)

1年間定期購読価格 : 取扱いなし

A4判 │ ─月刊(本編 年 3冊)+─月(妙録集 年1冊) │ ─日発売

1988年1月 創刊 │【メディカ出版】(since2006年11月24日)

(調査中) 部発行(毎日学術フォーラム 広告媒体)

日本看護学教育学会誌(毎日学術フォーラム)

 

 媒体関連キーワード : 看護教育/授業研究/教材開発/教育論/看護政策

 読者層プロフィール : 看護教員(大学、専門学校) │ 看護管理者 │ 看護師・ナース

 

オリジナル紹介文

媒体概要

『日本看護学教育学会誌』は、「日本看護学教育学会」が発行している学会誌です。

 

「日本看護学教育学会」の会員へは頒布されていますので、継続して読みたい方は「日本看護学教育学会」への入会がおすすめです。入会費は、入会金3,000円+年会費7,000円ですので、単号を年間購読する代金10,450円(2,750円×3冊+2,200円)よりお得です。

 

「日本看護学教育学会」看護学教育の向上を図り、看護学の発展に寄与することを目的とた学会(一般社団法人)です。

 

日本看護学教育学会設立の経緯は、1952年(昭和27年) 看護婦学校専任教員養成講習会の卒業生による看護専任教員同窓会の発足を契機に、それを母体として看護教育研究会が組織され、後に全国看護教育研究会として交流・研究活動を開始したことに端を置いています。

 

その後、看護学の進歩および社会情勢の変化に鑑み、全国看護教育研究会発足当時の理念、ならびに本会の実績と長年にわたる会員の希望をもとに、1991年、吉田 時子氏を委員長として学会設立準備委員会が設置され、1991年7月29日に学会が設立しました。

 

学会の名称は、日本看護学教育学会(Japan Academy of Nursing Education)とし、看護学教育の向上を図り、看護学の発展に寄与することを目的としています。

 

2014年(平成26年)、日本看護学教育学会は、学術団体としての社会的役割をさらに果たしていくために、「一般社団法人日本看護学教育学会」として名称を変更し、 活動しています。