認知症ケア】
(認知症ケア・看護・高齢者虐待・暴力・徘徊)

─媒体基本情報─

☆隔月刊誌(会員制)

 

13,620円(年間購読料)+3,000円(入会費)

(調査中)月創刊B5判4冊(3,6,9,12月)/25日発売
日総研出版(since1977年)
(調査中)部発行(日総研 広告媒体)

被ケア者の暴言・暴力、被ケア者への虐待などの
現実問題に目を背けることなく切り込む記事!

 

─おススメ!コンテンツ─

読書が好きだった高齢女性が、自発性低下のため読書への興味関心が薄れてしまっているイラスト。認知症の症状のひとつです。

 

─当サイトのオリジナル紹介文─

●Key word│認知症ケア│高齢者虐待│暴言・暴力│せん妄│徘徊
●読者層 Profile DATA/看護師/介護職/ホームヘルパー

正解を見付けることの難しい認知症ケアを行っている自身の見直しケアする

『認知症ケア』には、アルツハイマー型認知症の事例だけでなく、 レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症、 血管性認知症などの事例もたくさん掲載されております。被ケア者への虐待や被ケア者からの暴行、徘徊など、認知症ケアの現場で起きているさまざまな問題に対して、基本から応用まで、実践可能な情報となっています。

看護職・介護職といった職種を限定しない内容で編集されていますので、施設内の多くの職員での閲覧がおススメです。

日々のケアの見直しや底上げに役立つ内容となっています。個人のスキルアップだけではなく、施設内での教育・研修にも利用できます。

物を盗られた妄想を見て怒る高齢男性のイラスト│認知症の高齢男性が財布を盗まれたと思い込み怒っているイラストです。認知症の症状のひとつです。

 

─【日総研出版】紹介文─

『認知症ケア』の特徴

個別ケア実現への具体策を提示する『認知症ケア』の特徴と内容の説明

 

読者層

看護師│介護職│ホームヘルパー

 

─2020年 春号─
レビュー・見本誌(サムネイル)─

─表紙・目次─

 

─【特集1】認知症の人の暴言・暴力を軽減させる─

●暴言・暴力を予防するコミュニケーションとかかわり方/

 

─【特集3】慢性疾患を抱えている認知症の人のケア─

●糖尿病を抱えている高齢者のケア/

 

 

認知症ケア