栄養療法、栄養管理、食事指導領域のおすすめ雑誌『NutritionCare(ニュートリションケア)』を紹介・ガイドしています。

 

表紙、値段・価格、発行、創刊、出版社公式サイト、内容の概要などの媒体基本情報の他、読者層、豆知識、プレゼント情報や当サイトオリジナルの紹介文、レビュー、誌面イメージ、口コミ評価、豆知識等を掲載しています。最新号のみではなく、バックナンバー、増刊号も掲載しています。

 

媒体基本情報・概要

栄養は健康維持・促進のための3大条件のうちのひとつです。
栄養療法で治癒をスピードアップ!

NutritionCare(ニュートリションケア)│表紙

紙媒体 パソコン タブレット スマートフォン

1冊(単品)価格:1,980円(本編) │ 3,080円(増刊)

1年間定期購読価格 34,980円(本誌+増刊+ヨメディカ)

B5判 │ 月刊+4,8,12月(増刊) │ 末日発売

2007年12月 創刊 │【メディカ出版NutritionCare(ニュートリションケア)│見本誌立読み放題(since1977年)

18,000 部発行(メディカ出版 広告媒体

NutritionCare(ニュートリションケア)(Fujisan.co.jp)NutritionCare(ニュートリションケア)│見本誌立読み放題

 

 媒体関連キーワード : 栄養療法,栄養スクリーニング,栄養アセスメント,栄養サポート,経済的効果,経口投与, 経腸栄養法, 静脈栄養法,NST,栄養サポートチーム,免疫,感染症

 読者層プロフィール : 栄養士 │ 管理栄養士 │ 医師 │ 看護師 │ NST構成メンバー

 

オリジナル紹介文

媒体概要

栄養療法は2010年4月の診療報酬改定後に加速しました。医療の分野でも栄養は重要視されています。”栄養を制する者は健康を制する”と言われています。

 

購読者層に関心・興味のある

・栄養ケアで防ごう!フレイル・サルコペニアと低栄養 (10巻1号)
・栄養管理・栄養指導に“そのまま”使える! 血液生化学データの読みとりポイントこれだけ (10巻10号)
・管理栄養士ががん患者・家族のためにできること がん患者の栄養指導と食事サポート (10巻7号)

などの記事が特集・連載形式で豊富に掲載されています。

 

「栄養不良がもたらす結果」「侵襲に対する生体反応」「栄養素とその退社」「書く栄養素の必要投与量」「栄養と免疫」「経腸栄養法」「静脈栄養法」「疾患ごとの栄養管理」「乳児・幼児・小児の栄養管理」「高齢者の栄養管理」「調理・食事の科学」「栄養士・管理栄養士に関する診療報酬」といった、栄養療法に関連する内容が、包括的に網羅されています。

 

『NutritionCare(ニュートリションケア)』は、臨床における栄養療法の試行錯誤を取り上げ、その試みを共有し、蓄積できる、読者の皆様と一緒につくりあげる専門誌です。わかりやすく“使える”特集と、幅広い話題の“楽しい”連載で、臨床で働く管理栄養士・栄養士をサポートします。栄養管理の実践的な知識と技術、栄養ケアのアプローチを確立するための役立つ情報などを提供しています。

 

管理栄養士の専門分野である献立作成や治療食の提供はもちろん、これまで以上に 「経腸栄養剤の選択」「栄養補助食品の提案」といった栄養療法にかかわる具体的な提言が求められています。現場に携わる読者は、直接患者にかかわることが多く、 本誌に掲載されている現場で活用できる情報はとても役立ちます。

 

臨床栄養学だけにとどまらず、栄養管理の実践的な知識と技術を提供しています。あらゆる栄養療法を駆使し、患 者にアプローチし続ける管理栄養士・栄養士を応援します。

 

栄養低下の患者に十分な栄養管理を行うことにより、病気の治癒・回復を促進し、手術などの合併症の予防に貢献することが栄養療法の目的です。その結果として、入院期間を短縮させ、医療費の削減が期待できます。このことは一部の実験においても認められています。

 

栄養スクリーニング、栄養アセスメントによる栄養評価によって入院時の栄養状態の判定行われます。栄養評価により栄養不良を識別することがとても重要です。

 

栄養サポートを必要とする絶対的な適応は、

①中⇒高度の栄養不良
②高度の侵襲に伴うカタボリズム(異化)亢進
③経口摂取が長期間できない

場合などがあります。

 

目安としては入院時の体重が通常体重(actual body weight:ABW)より10%以上減少している場合は栄養補給が必要といわれています。

 

栄養療法には、①経口投与、②経腸栄養法、③静脈栄養法があります。まず試みるべきものは経口投与です。経口摂取ができない場合にはチューブから栄養剤を注入することとなり、消化管が使えない場合は最終手段の静脈栄養法を行うこととなります。

 

栄養療法では、適切な投与方法やモニタリング、感染予防など、栄養療法施行中の管理はとても重要です。特に注意したいのは静脈カテーテル関係の感染による合併症です。栄養サポートチーム(NST)〕は合併症予防に有効です。このNSTは医師、看護師、管理栄養士、薬剤師など多職種で構成される院内の横断的なチームで、不十分な栄養管理を補うことで不必要な合併症を防ぐことができ、医療の質を高め、栄養療法の経済的効果も実験により確認されています。

 

栄養療法の内容を走り書きしましたが、『NutritionCare(ニュートリションケア)』ではこれらの内容を詳しく、そして分かりやすく説明されています。

 

”1人職場の悩みを解決&情報収集したい””栄養指導に役立つツールがほしい”なあなたにおすすめです。

誌面・記事構成

 知識を習得しやすい特集・連載形式で誌面・記事が構成されています。

特集記事

例)
・分低栄養の病態と栄養療法Q&A WEBでダウンロードできる栄養補助食品の活用レシピ
・会話から引き出す患者の困りごと 病態別栄養指導のNGワードとOKワード
・ナゾ解き生化学おもしろ講座 イラストでわかる5大栄養素のはたらき
・高齢者の個別性を重視した栄養ケア・マネジメント くらべてわかる「栄養ケア計画書」作成例10
・特徴・適応・管理をバッチリ理解 静脈栄養&経腸栄養のQ&A17ズバッと解決

連載記事

例)
・管理栄養士に伝えたいこと メッセージ For You
・ダメダメ指導にさようなら 栄養指導の○と×
・見たい!知りたい!味わいたい!術後食&病院食 世界の旅
・在宅高齢者&ホームヘルパーの調理援助に活用できる 栄養満点かんたんレシピ
・患者に寄り添う食事サポート!食べる楽しみと心の栄養
・“超”実践! 高齢者の栄養ケア 介護保険施設の管理栄養士・栄養士のためのスキルアップ講座
・その患者、じつはフレイル? もしかしてサルコペニア? 高齢者の食と栄養と嚥下障害を支える

コラム・インフォメーション・その他の記事

例)

●施設取材

  がんばる栄養士を応援します!わたしたちの施設の期待の星(みわホームクリニック 伴藤智美)

●TOPICS

  簡単に楽しくできる食事療法を考える「ヘルシープレート(R)」を開発するまで(国立病院機構京都医療センター 山内惠子)

●Campanio!医療・看護・介護のトピック18本!

  自分をさらけ出し相互理解を深める! 医療チームをつなぐ対話の技術

●本音で話す(オフィスJOC/ホスピーグループ 岡山ミサ子)

  むかしむかしはこうだった? ゆるっと学べる医療のれきし

●カエルで生きカエル?(内藤記念くすり博物館 稲垣裕美)

●その他

●編集委員・編集同人

●学会・研究会情報

 

無料お得情報/豆知識

「メディカ出版」の「専門誌記事検索」機能を利用すると、必要な記事を探し、その記事が掲載れている号のみを購読することも可能です。「メディカ出版」のサイトでは全号とも10ページ程度読むことができますし、「Fujisan.co.jp」のサイトでは2009年3月号の全ページを読み放題です。

 

「ヨメディカ」は超お得!なおすすめアプリ!

ヨメディカ│メディカ出版

「ヨメディカ」は「メディカ出版」が提供しているサービスです。「ヨメディカ」付の年間定期購読をすると過去10年間分の記事が読み放題!で超お得です。

●ほぼ本誌2冊分の金額3,960円をプラスすると2010年以降の記事が読み放題!1カ月330円プラスするだけです。ランチ後のスイーツを1度我慢するだけです。

スマホ・タブレットで読み放題!通勤などのスキマ時間、勤務中の調べものに便利!記事検索も可能

●定期購読にすると買い忘れすることなく、定期的に送料無料でお手元に届きますので、書店に買い求めに行く手間が省けます。

 

読者層プロフィール/編集委員/執筆者

 読者層は、管理栄養士、栄養士、看護師、医師、言語聴覚士といった、栄養療法に関わる方々です。

厚生労働省の調査によれば、全国の栄養士の登録者数は、2014(平成26)年度では1,023,005名となっており、栄養士の登録者数は、同年で205,267名となっています。いずれも継続的に増員傾向にあります。

 

読者層は、病院および福祉施設などの栄養士・管理栄養士、栄養療法に関心のある医師・看護師などNST を構成するメンバー、他です。

 

出版社であるメディカ出版によれば、購読者層の
・職種比率は、管理栄養士・栄養士78%、看護師8%、医師2%、言語聴覚士2%、その他10%
・購読形態比率は、病院47%、個人35%、学校6%、クリニック・医院4%、施設4%、企業3%、その他1%
となっています。

読者層プロフィール比率のグラフ│NutritionCare(ニュートリションケア)

 

 編集委員長は、鷲澤 尚宏 東邦大学医学部臨床支援室教授  東邦大学医療センター大森病院 栄養治療センター部長・栄養部部長です。

 

編集委員は、

菅野 義彦 東京医科大学腎臓内科学分野主任教授/北島 幸枝 東京医療保健大学医療保健学部 医療栄養学科准教授/西條 豪 独立行政法人労働者健康安全機構 大阪労災病院栄養管理部/田村 佳奈美 福島学院大学短期大学部食物栄養学科 講師/早坂 朋恵 東北医科薬科大学病院栄養管理部 管理栄養士長

といった著名な方々です。

 

執筆者は、著名な方々や読者と同じ視点を持つ管理栄養士・栄養士、現役NST看護師、医師などです。

出版社公式サイト・オンライン書店紹介文

Fujisan.co.jp/口コミ・レビュー

口コミ・レビュー

  • 読者満足度 : 100%
  • 投稿数 : 5件 (2020年9月22日現在)

 

メディカ出版

紹介文

 

オリジナルレビュー・誌面イメージ/Vol.12 2019年1月号

表紙・目次・コンテンツ/誌面イメージ

NutritionCare(ニュートリションケア)│表紙

 

 

オリジナルレビュー

【特集】ポイントはここ! 病態別栄養療法 病態生理から栄養指導まで/

管理栄養士は、多種多様な病態や合併症に対応しながら栄養指導や食事指導、献立作成を行っています。チーム医療において、患者の年齢や生活背景を踏まえたきめ細かい個別の栄養介入が求められる中、患者がマスメディアなどから得る医療・健康の情報量も増えており、指導の際に戸惑うことも経験します。一方、各病態別の栄養療法は、最新の研究によってつねに新しい追及がなされていることも事実です。

 

新しい考え方も変わらない考え方も、正しい知識をもって、病態生理を理解することは、栄養指導、栄養管理のポイントを理解していることにつながります。

 

本特集では、病態別栄養療法について基本となる病態生理から新しい知見も踏まえた栄養指導について、押さえておきたいポイントが分かりやすく解説されています。

連載・特別記事、その他

準備中

 

ネット書店で購読する

NutritionCare(ニュートリションケア)│表紙1冊価格 : 1,980 円

NutritionCare(ニュートリションケア)│Fujisan.co.jpNutritionCare(ニュートリションケア)│見本誌立読み放題

NutritionCare(ニュートリションケア)(Fujisan.co.jp)NutritionCare(ニュートリションケア)│見本誌立読み放題