雑誌Clinical Rehabilitation(クリニカルリハビリテーション)は「リハビリ医療・医学」の専門雑誌です。臓器レベルでの機能改善、ADLの向上、住環境整備、社会適応援助などのアプローチにより、健康寿命の延伸に重要な役割を果たすリハビリ医療・医学を日々実践するとともに、急性期から回復期、生活期までの幅広いステージでリハビリテーション医療・医学の質の向上と標準化(標準的医療としての確立)による社会への貢献活動を実践しているリハビリ医療臨床家、さらにリハビリ医療の教育者や研究家の領域も網羅したおすすめの雑誌です。

 

当ページでは、三輪書店公式サイトから引用した価格や対象読者層・職種、記事構成、お得情報、インパクトファクターの指標となる発行部数などの他、当サイトオリジナルの紹介文やおすすめポイント、豆知識、便利情報を掲載しています。最新号・増刊号・バックナンバー一覧、口コミ評価・おすすめ度をFujisan.co.jpより引用して掲載しています。「リハビリ医療」領域の他雑誌の紹介もしています。

媒体の基本情報・概要

The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine(リハビリテーション医学ジャーナル) 最新号│表紙

紙媒体

The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine(リハビリテーション医学ジャーナル) 公式サイト

広告媒体

三輪書店(since1991(平成3)年


The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine(リハビリテーション医学ジャーナル):Fujisan

(医学書院発売分:2015年12月号以前)

The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine(リハビリテーション医学ジャーナル):Fujisan

(三輪書店発売分:2016年1月号以後)

バックナンバー一覧:Fujisan・医学書院発売分】

バックナンバー一覧:Fujisan・三輪書店発売分】

Amazon・アマゾン トップ

Rakuten・楽天ブックス トップ

見本誌無料試し読み・読み放題サービス

サービスなし


1冊(単品)価格・値段

一般号:1,935円

1年間定期購読価格

一般号+臨時増刊号:23,219円

判型・サイズ:B5判

発行頻度:月刊

発売日:18日※

(※:発売日は、土・日曜日や祝・祭日の関係により前後することがあります。)

創刊:1964(昭和39)年7月

発行部数10,000 部


  • 媒体取扱い領域:リハビリテーション医療・医学
  • 読者層(職種):リハビリ医│リハビリ科医│理学療法士│作業療法士│看護師・ナース

オリジナル紹介文

媒体概要/紹介文/レビュー

 立つ、歩く、起き上がる、座る、手を使う、衣服を着る、見る、聞く、話す、考える、食事をする、排泄する、寝る、などの日常での活動が有機的に組み合わさって、入浴・掃除・洗濯・料理・買い物などの家庭での「活動」、そして就学・就労・余暇などの社会での「活動」につながっていっており、これら各phaseの活動をリハビリテーション医学・医療では支援・育成しています。

 

 リハビリテーション医学・医療の範囲は超高齢社会が進むにつれて益々幅広くなっています。小児疾患や運動器(脊椎・脊髄を含む)疾患、循環器・呼吸器・腎臓・内分泌代謝疾患に加え、切断・骨折・脊髄損傷、脳血管障害、神経・筋疾患、リウマチ性疾患、摂食嚥下障害、がん、スポーツ外傷・障害などの疾患や障害が合併し、また、フレイル、サルコペニア、ロコモティブシンドローム、周術期の身体機能障害の予防・回復なども加わり、ほぼ全診療科に関係する疾患、障害、病態が対象となっています。さらに介護予防までもが対象に含まれています。このように、リハビリテーション医学・医療の役割は非常に広範になるとともに、それに伴って求められる知識・技術も複雑化・深度化しており、そのリハビリ医療・医学領域を網羅した雑誌です。

 

このように日々の変化の著しいリハビリ医療・医学を日々実践する臨床医・リハビリ職などの臨床家や、大学などの教育機関における卒前教育や病院などの医療機関における急性期・回復期・生活期におけるスムーズな教育を行う教育者、AIロボットの導入などのリハビリ医療発展のための研究活動を実践している研究家に有益な情報をお届けしています。

 『The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine(リハビリテーション医学ジャーナル)』は1号1テーマの編集委員会企画による旬なテーマを取り上げている「特集」リハビリテーション関連の幅広い分野にわたる総説している「教育講座」実際の臨床現場で役立つテーマを中心とした「連載」厳正な審査を経た投稿「原著」さまざまな疾患の診療事例の「症例報告」を主軸としつつ、「会員の声」「短報」「Secondary Publication」日本リハビリテーション医学会のトピックスを告示する「JARM NEWS Topics」日本リハビリテーション医学会の学術集会開催要領のお知らせ・報告などの「JARM NEWS REPORT」などのコンテンツで構成されています。  「その他」、COI報告書や次号予告などを掲載しています。  Fujisan.co.jp」のPCサイトでは、20号程度の目次を一度に俯瞰することができますのでチェックしてみて下さい。

 

 おすすめポイントは、「日本リハビリテーション医学会」の学会誌です。学会誌によくありがちな学会の学術集会の報告などをメインとした学報誌ではなく、リハビリ医療の臨床、教育、研究に有益な情報が満載な、実用誌なところです。図表・写真・イラストによる解説を多用しており、2色刷りのカラー誌面でさらに読みやすくなっています。医療施設のみならず在宅リハ医療の現場での臨床も含めた、新しい取り組みの実践事例が豊富に掲載されているところも魅力です。リハビリ医療・医学領域を主軸としていますが、リハビリ看護や介護領域においても有益となる記事を掲載しており、チーム医療としてのリハビリ医療の明日からの実践にも役立ちます。リハビリ医療の臨床実践のための実践的ガイドラインとして、定期購読がおすすめの雑誌です。

 

豆知識/読者層/口コミ・レビュー/その他情報

読者層(職種)・執筆者

読者層(職種)のメインターゲットは、「日本リハビリテーション医学会」の会員の約97%を占めるリハビリ医、リハビリ科医、脳神経外科医、神経内科医、整形外科医などの医師です。理学療法士、作業療法士などのリハビリ職、リハビリ看護を実践するナースにも有益な情報を掲載しています。 執筆者は、大学教授、医師など、リハビリ医療の臨床や教育、研究に携わる第一線で活躍する方々です。

編集コンセプト・豆知識

三輪書店の広告媒体」に、雑誌の特徴が掲載されています。 編集・発行は「日本リハビリテーション医学会」です。販売は、2015年12月号までは医学書院が販売しており、2016年1月号以降は三輪書店が販売しています。それと同時に記事内容が作新され、学報誌的な内容から実用的なものへなっています。

口コミ・レビュー(おすすめ度)

「Fujisan(富士山マガジン)」のサイトへの「口コミ・レビュー」の投稿数は1件、読者満足度(おすすめ度)は100.0%です(2021年2月21日現在)。

お得・便利情報

2021年2月21日現在、見本誌の無料試し読みサービスを行っていませんので、サービス開始次第に紹介します。

 

当サイトの管理人が試読しました『The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine(リハビリテーション医学ジャーナル)』2020年2月号の誌面イメージは下の画像のとおりです。ビジュアル誌面でとても読みやすくなっており、おすすめです。

The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine(リハビリテーション医学ジャーナル) 2020年2月号 │表紙

 

The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine(リハビリテーション医学ジャーナル) 2020年2月号 │目次

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新号・バックナンバーの表紙画像

最新号とバックナンバーの表紙画像です。表紙イメージ・画像をタップしていただくと、「Fujisan(富士山マガジン)」の雑誌紹介ページが開きます。なお、発売日順(新しい順)ではなくランダムに順不同で掲載していますので、ご注意願います。

【最新号】

The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine(リハビリテーション医学ジャーナル) 最新号│表紙


【バックナンバー】

 

The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine(リハビリテーション医学ジャーナル) バックナンバー│表紙

 

The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine(リハビリテーション医学ジャーナル) バックナンバー│表紙

 

 

領域や読者層が類似するおすすめの関連雑誌の一覧

『The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine(リハビリテーション医学ジャーナル)』と領域(リハビリ医療)や読者層が類似するおすすめの専門雑誌を紹介しています。表紙画像をタップしていただくと、「Fujisan(富士山マガジン)」の雑誌紹介ページが開きます。

Medical Rehabilitation(メディカルリハビリテーション)│表紙

─リハビリテーション医療─

1冊価格 : 2,750 円

詳細を見る!

Medical Rehabilitation(メディカルリハビリテーション):Fujisan

 

Clinical Rehabilitation(クリニカルリハビリテーション)│表紙

─リハビリテーション医療─

1冊価格 : 2,640 円

詳細を見る!

Clinical Rehabilitation(クリニカルリハビリテーション):Fujisan

 

総合リハビリテーション│表紙

─総合リハビリテーション─

1冊価格 : 2,530 円

詳細を見る!

総合リハビリテーション:Fujisan

 

地域ケアリング│表紙

─地域包括ケア─

1冊価格 : 1,400 円

詳細を見る!

地域ケアリング:Fujisan

 

精神障害とリハビリテーション│表紙

─精神障害リハビリテーション・精神療法─

1冊価格 : 1,650 円

詳細を見る!

精神障害とリハビリテーション:Fujisan

 

小児リハビリテーション│表紙

─幼児・小児リハビリテーション─

1冊価格 : 2,750 円

詳細を見る!

小児リハビリテーション:Fujisan