雑誌レジデント(Resident)は「研修医、レジデント、インターン、医学生」の専門雑誌です。研修評価システム「EPOC」の活用、仕事内容、医師臨床研修マッチングまでの道のり、前期・後期研修において勉強しておくべきこと、抗菌薬の知識、志望科を決めるための指標、精神科他の各科の研修に必要な知識、地域医療研修、レジデントノートの作り方、採血、注射、ルート確保の技術など、研修医・レジデントに必要な情報が満載のおすすめの雑誌です。医学生や臨床看護に役立つ情報も豊富に掲載しています。

 

当ページでは、医学出版公式サイトから引用した価格や対象読者層・職種、記事構成、プレゼント・お得情報、インパクトファクターの指標となる発行部数などの他、当サイトオリジナルの紹介文やおすすめポイント、豆知識、便利情報を掲載しています。最新号・増刊号・バックナンバー一覧、口コミ評価・おすすめ度をFujisan.co.jpより引用して掲載しています。本誌は見本誌が読み放題です。

媒体の基本情報・概要

レジデント(Resident) 最新号│表紙

紙媒体

レジデント(Resident) 公式サイト

医学出版(since1968(昭和43)年


レジデント(Resident):Fujisan

バックナンバー一覧:Fujisan

Amazon・アマゾン トップ

Rakuten・楽天ブックス トップ

見本誌無料試し読み・読み放題サービス

医学出版


1冊(単品)価格・値段

一般号:2,500

1年間定期購読価格

一般号:30,000

判型・サイズA4変型

発行頻度:不定期刊

発売日不定期日※

(※:発売日は、土・日曜日や祝・祭日の関係により前後することがあります。)

創刊(調査中)

発行部数(調査中) 部


  • 媒体取扱い領域:臨床医学/感染症診療/糖尿病/画像診断/輸液/血液透析/ノート/前期研修・後期研修/評価システム/解剖生理・解剖手技/病態生理
  • 読者層(職種):研修医│レジデント│インターン│医学生│医師│看護師・ナース│薬剤師

オリジナル紹介文

媒体概要/紹介文/レビュー

医学生のための、Ankiなどの人気のツールを使った勉強方法/医学生のインターンシップ/各科の臨床実習カリキュラムの補足情報/医学生におけるマッチングで大切なポイント/臨床能力を知識だけでなく、技能、態度などからも評価しようとする実技試験OSCE (Objective Structured Clinical Examination) び解説/内科、整形外科、小児科、精神科、心療内科、産婦人科などの診療科選択におけるポイント/各学年ごとにやっておくべきこと/まとめノートの作り方/免疫学の知識・実技/論文の選び方と読み方のコツ/新生児蘇生法(NCPR)コースの種類と対象/各疾患の病態や画像の基本的な知識/病院見学の際のトリセツ/のほか、

 

レジデント・研修医のための、アテンディングと呼ばれる外科医の指示の下での手術/頭部CT・MRIが読めるようになり、異常を見分けるためにまず押さえたい、解剖・撮像法・よく出会う疾患の読影法などのCT・MRI診断のための知識/輸液療法を行うための知識/糖尿病診療を行うための知識/レジデントのための感染症診療知識/症例カンファレンスを通して、循環器診療のリアルな現場の描写/精神科の後期臨床研修に十分に対応できる知識/脊椎領域の基本的な解剖や検査と基本手術といった整形外科レジデントのための知識/病棟で遭遇する皮膚トラブルに焦点を当てたレジデントマニュアル/泌尿器科診療の生きた知識や勘所を凝縮した知識・技術/腹部画像診断のエッセンス/NCNPのレジデントのための、神経筋疾患の診断からケアまで幅広い知識/日常的に高頻度で遭遇する疾患、有病率の高い疾患であるcommon diseaseの診療知識・技術/などの記事が満載のおすすめの雑誌です。

 

 高齢者の罹患率の高い前立腺がん,尿路上皮がん,腎がんを取り上げ、それらにも効果がある新しい内分泌療法薬が登場したことや、また早期から化学療法を行う有用性が示されてきた研究・臨床成果を踏まえた最新情報などが掲載されています。各種ガイドラインや各医学会の最新の動向を踏まえた、旬な記事となっています。

 common disease(内科、整形外科、小児科、精神科、心療内科、産婦人科、他)の診療知識・技術に関する記事は研修医のみならず、医学生や新人医師、のほか、解剖生理や病態生理の知識も必要な看護師・ナースにも有益な情報を豊富に掲載しています。レジデントやレジデントを目指す医学生が、医学の基礎のおさらいから、診療・治療における重要な基本的知識やスキルを学ぶとともに、研修施設選択など将来におけるありかたを見通す未来像の設計に役立つ情報が得られるレジデント総合情報誌です。

 

特集においては、第一線の著名な医師や大学教授陣などのレジデント教育に力を注いでいる執筆が、教科書では学べない実践的な診断と治療を主要テーマとした記事を掲載しています。医師・臨床研修医の他、疾患や治療の基礎を学びたい看護師や薬剤師などのコメディカルにも役立つ幅広い内容で構成されています。診療科は内科、外科、老年内科、脳神経外科・・・・厚生労働省で定めている標榜できるほぼすべてのものを網羅しており、がんや糖尿病、運動器疾患などの疾患別、呼吸管理、薬剤の使い方など、1号1テーマに絞った特集形式となっています。カンファレンスや患者さんとの接し方をテーマとした連載が掲載しています。

 レジデント(Resident)は1号1テーマの「特集」形式の記事構成となっています。号によっては、1号2,3本程度の「連載」や「コラム」を掲載している場合があります。  Fujisan.co.jp」のPCサイトでは、20号程度の目次を一度に俯瞰することができますのでチェックしてみて下さい。

 

 おすすめポイントは、図表・写真・イラストによる解説を多用している、全ページフルカラーの読みやすい誌面構成です。ほぼすべての診療科の臨床実践のための基礎知識と技術を網羅するとともに、研修終了後の将来設計に役立つ情報が豊富に掲載されているところも魅力です。

読者層/口コミ・レビュー/豆知識/その他情報

読者層(職種)・編集委員・執筆者

読者のメインターゲットは、研修医・レジデント、医学生です。解剖学、病態生理学やほぼ全ての診療科の診療に役立つ基礎知識が満載ですので、看護師・ナースや薬剤師などの多職種にもおすすめです。  執筆者は、大学教授、医師などです。

編集コンセプト・豆知識

レジデント(Resident)の編集コンセプトは ”研修医・臨床医・学生のための総合臨床医学誌 毎号が永久保存版!” です。  単品の購読も可能ですが、売り切れの号が多くありまので、定期購読がおすすめです。

口コミ・レビュー(おすすめ度)

「Fujisan(富士山マガジン)」のサイトへの「口コミ・レビュー」の投稿数は15件、読者満足度(おすすめ度)は80.0%です(2021年3月8日現在)。

お得・便利情報

医学出版のサイトでは2016年1月号以降の最新号・バックナンバーが10,15ページ程度読み放題です。リンク先のページからさらに各号のページに移動していただき、各号のページにある「画像をクリックするとサンプルをご覧いただけます」の下に誌面のサムネイルがありますので、その画像をタップしていただくと誌面が開きます。  当サイトの管理人が試読しましたレジデント(Resident)』2019年12月号の誌面イメージは下の画像のとおりです。ビジュアル誌面でとても読みやすくなっており、おすすめです。

レジデント(Resident) 2019年12月号│表紙

 

レジデント(Resident) 2019年12月号│目次

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新号・バックナンバーの表紙画像

一般号と増刊号の最新号・バックナンバーの表紙画像です。表紙イメージ・画像をタップしていただくと、「Fujisan(富士山マガジン)」の雑誌紹介ページが開きます。なお、発売日順(新しい順)ではなくランダムに順不同で掲載していますので、ご注意願います。

【最新号】

レジデント(Resident) 最新号│表紙


【バックナンバー】

レジデント(Resident)2019年12月号│表紙

 

レジデント(Resident)2018年6月号│表紙

 

レジデント(Resident)2018年2月号│表紙

 

レジデント(Resident)2016年8月号│表紙

 

レジデント(Resident)2015年9月号│表紙

バックナンバー一覧の表紙画像:Fujisan

(2008年4月号のバックナンバーまでご覧いただけます。)

領域や読者層が類似するおすすめの関連雑誌の一覧

レジデント(Resident)と領域(レジデント・研修医・医学生)や読者層が類似するおすすめの専門雑誌を紹介しています。表紙画像をタップしていただくと、「Fujisan(富士山マガジン)」の雑誌紹介ページが開きます。

レジデントノート 最新号│表紙