臨床看護記録領域のおすすめ専門雑誌『臨床看護記録』を紹介・ガイドしています。

 

表紙、値段・価格、発行、創刊、出版社公式サイト、内容の概要などの媒体基本情報の他、読者層、豆知識、当サイトオリジナルの紹介文、レビュー、誌面イメージ、口コミ評価、豆知識等を掲載しています。最新号のみではなく、バックナンバー、増刊号も掲載しています。

 

媒体の基本情報・概要

看護が見える!患者に見せる!電子カルテが分かる!記載力・表現力を高め、誰が見ても理解できる看護記録の書き方を身に付けるためのおすすめの専門雑誌『臨床看護記録』!

臨床 看護記録│表紙

臨床 看護記録(日総研)

紙媒体 パソコン タブレット スマートフォン

臨床看護記録│無料見本誌の立読み放題 日総研

1年間定期購読価格 : 7,340 円

(別途年会費 3.000円)

判型・サイズ : A4変型判

発行 : 季刊(年2冊:10,1月)

発売日 : 不定期日

(※:発売日は、土・日曜日や祝・祭日の関係により前後することがあります。)

創刊 : (調査中)年

発行部数 : (調査中) 部

出版社 : 日総研(since1977・出版部門独立1983年)│パンフレット[PDF]


臨床看護記録 公式サイト(日総研)

*「日総研」公式サイトへリンクしています。

臨床看護記録│バックナンバー

 

リストマーク 媒体関連キーワード : 看護記録/記録内容/記録システム/SOAP方式/アセスメント/多職種記録

リストマーク 読者層(職種) : 看護師・ナース│看護管理者│医師│薬剤師│システム担当者

 

オリジナル紹介文

媒体概要/紹介文/レビュー

パソコンが満席で記録ができない看護師のイラストです。

リストマーク 看護記録は、患者さんの日々の状態を記録するだけでなく、医療の透明性を確保するためにも欠かせない記録です。特に、看護記録は医療訴訟における重要な証拠として採用されるケースもあります。しかし、看護師・ナースは日々の業務や看護スキルの取得に追われ、看護記録の書き方を学ぶ余裕がなかなか確保できる余裕がないのが実態ではないでしょうか。

 

リストマーク 『臨床看護記録』は、看護記録の効率化、多職種での退院支援、カンファレンスの内容を記録、患者・家族からの要望を反映した計画・記録、働き方改革で記録の見直し、などのテーマを軸にした、新しい取り組みから記録改善・見直しを図るための記事を豊富に掲載しています。ナースのための看護記録の基礎知識と、簡潔で実用性の高い書き方を学べるおすすめの専門雑誌です。患者さんのためにも看護記録をムダなく的確に書きたいものです。監査部門の職に就かれているかたにもお読みいただける記事も掲載されています。

 

看護記録の基礎/SOAP記録を書くポイント/SOAP記録が上手く書けない場合の問題点修正ポイント/倫理面に配慮した記録の表現などの、記録の改善ポイントを記載例で解説した記事の他、アセスメントとその記録方法/記録の問題点の見える化/事実を書く根拠に基づいた正確な記録の仕方/事故発生時・緊急時の記録/患者・家族が見える記録の指導/看護記録監査の進め方/重症度と医療・看護必要度の取り組み例/成功の秘訣と失敗の理由が分かる電子カルテの看護記録の導入・運用・改善のガイド/病院と地域・多職種をつなぐ情報共有の仕組み/法的・倫理的な要件を満たした監査で困らない記録の方法/ベンダーの違いを問わない活かせるノウハウの提供/電子カルテに看護の視点を盛り込む具体策/電子化をきっかけに記録改善を図るための基本/看護記録に関係する法令基準等看護記録に関する指針のデータ/看護必要度の記録や記録の効率化/多職種で看護記録を活用するための方策/継続看護を支える看護記録/監査に耐え得る看護記録のための対策/看護記録を電子化するための、電子カルテ導入において、起こりうる問題と解決策/などの記事が満載です。

 

リストマーク 具体的には、性格や状態に関する否定的な表現をしない、倫理面に配慮した看護記録の記載例を挙げたポイントの解説/何が問題なのか?どのように直すのか?SOAPが上手く書けない場合の問題点と修正のポイント(看護問題、SとOの関係)を事例で学ぶ/無駄な記録を必要な記録へ変える方法/テンプレートや電子カルテ等の活用により看護記録を効率化するための考え方/間違い、あいまい、分かりにくい表現をやめ、看護実践が見える看護記録の書き方/主観ではなく根拠で記録を書くことにより看護記録に書くべき情報を見極める方法//看護ケアの質向上と記録の効率化を目指した看護パスの活用/病院経営の視点でとらえた記録の着眼点/ICTの利活用による看護業務の質・効率向上/記録内容の標準化とリアルタイム記録で進める記録時間の削減/正しく伝わる記録を書くためのSOAP記録の質向上トレーニング/などのテーマに関しての戦術的・戦略的な取り組みについての解説や事例の記事が掲載されています。

 

リストマーク ”使える看護記録が書けるようになる!記録システムの改善を提案できるようになる情報誌!”が編集コンセプトです。他病院での事例紹介も多数掲載していますので、その中から自施設で活用できるアイデアをチョイスしたり工夫したりすることにより、”使える”看護記録が書けるようになります。

 

日々の記録業務にまつわる問題とその解決に役立つ課題を、具体的な実践例を交えて解説しています。”記録が書けない””看護が見えない活用できない記録””SOAPが記録されていない”・・・といったよくある悩みを解決してくれます。最近、話題となっている、他職種との記録や入退院調整に絡めた記録、PNSでの記録も載っているので、領域ごとのケアのレベルアップに役立ちます。電子カルテでの省力的な記録業務の改善、様々なテンプレートの工夫についても他医療施設での事例が掲載されているので、それを丸写しで利用することもできますし、自身のやり方にアレンジを加えて利用することも可能です。

 

 看護記録の視点からアセスメント能力の向上を捉えているところが臨床看護記録の最大の特徴です。臨床現場の状況に臨機応変に対応して落とし込め、理解を深めることができます。その他にも、実際の現場からの提案や実践例が掲載されているところがおすすめポイントです。架空の理論のように”絵に描いた餅”にならない”実践で使える記事”が魅力です。このことは、日総研の雑誌すべての魅力的なポイントでもあります。

病院の図書室で本を読んでいる看護師のイラストです

 


【参考】

●SOAP方式による記録の方法

看護記録におけるSOAP方式は、医療看護の分野において、患者の経過をカルテなどに記録するときの記入方法のひとつです。SOAPの特徴は、単に経過のみを記録していくのではなく、患者の問題点を抽出し、「S(subjective):主観的情報⇒ 対象者が話した内容などから得られた情報」「O(objective): 客観的情報⇒ 診察や検査からなど得られた客観的な情報」「A(assessment): 評価医師の診断や、O と Sの内容を元に分析や解釈を行った総合的な評価」「P(plan): 計画(治療)Aに基づいて決定した治療の方針・内容、生活指導など」の4つの項目にそって記載していく点にあります。SOAPを用いることで、患者の抱える問題点や、治療・援助を展開していくプロセスが明確となり、医療介護のチームにおける情報共有もスムーズに行えるというメリットがあります。

 

●近年注目されているPNS(partnership nursing system)とは

PNS(partnership nursing system)とは、看護師が安全で質の高い看護を提供することを目的とし、 2人の看護師が良きパートナーとして、対等な立場で、 お互いの特性を活かし、相互に補完し協力し合う看護提供方式です。PNSは2009年に福井大学医学部附属病院看護部で開発されて以来、さまざまな病院で導入が推し進められています。 2人の看護師は、毎日の看護ケアをはじめとし、委員会活動、 病棟内の係りの仕事に至るまで、1年間を通じてパートナー として、その成果と責任を共有することとなります。

 

豆知識/読者層/口コミ・レビュー/その他情報

 理解を速めてくれる動画の配信や、研修にも使えるテキスト、看護記録にそのまま使える、あるいは少しの工夫で自施設での看護記録に利用できるテンプレートなど、豊富なWebコンテンツのサービスを、読者限定ですが受けることができます。

 

リストマーク 編集コンセプトは「看護記録が書けるようになる!記録システムの改善を提案できるようになる情報誌!」です。1記事(1タイトル)当たりのページ数は10ページ程度割かれており、読み応えのある記事量となっています。

 

リストマーク 読者層(職種)のメインターゲットは、臨床現場において看護記録を実践する看護師・ナースです。看護記録をチェックする立場にある看護師長・主任看護師といった方々や、審査を行う職や看護記録システムに就いている方にもお読みいただけます。

 

リストマーク 口コミ・レビューは、臨床看護記録紹介ページの最下方に「読者の声」として紹介されていますので、参考にして下さい。

 

リストマーク 『臨床看護記録』は、2021年1月(冬)号をもって休刊となります。隔月刊誌『臨床看護記録』は、看護記録にかかわる取り組みを紹介しながら、看護記録の質向上や記録指導向上をサポートすることを目的として刊行されてきましたが、様々な環境の変化から誌面での情報提供の継続が難しいと判断され、残念ながら2021年1月(冬)号をもちまして休刊となります。 本誌のご注文、ご継続時の配本数、購読料は下記の通りとなります。なお、会員期間はご注文時より1年間有効となり、期間内は休刊後も引き続きセミナーの割引、他誌ご購読時の入会金の免除を受けることができます。

 

無料読み放題サービス

リストマーク 「日総研」のサイトでは最新号の特集記事又は連載記事を読み放題の無料立読み放題のサービスを行っています。号によって異なりますが、10ページ程度読めますので、ご購読前に是非一度ご確認下さい。

リストマーク日総研」 無料読み放題サービス※(最新号の特集記事又は連載記事を1記事)

『臨床看護記録』紹介ページの最上方(表紙の誌下)に「試し読みできます」、最下方に「試し読みはこちら」のボタンがありますので、タップしていただくと誌面が開き、お読みいただくことができます。最上方と最下方から読める記事は同じものです。

 

最新号・バックナンバーの表紙画像(日総研)

表紙イメージは日総研の臨床看護記録の「バックナンバー」のページへリンクしています。バックナンバーのページに「2020年夏号の特集・連載はこちら」のように号ごとのボタンがありますので、それをタップしていただくと、表紙画像と目次が表示されます。

臨床 看護記録│表紙

1年間定期購読価格 : 7,340円

(別途年会費 3,000円)

 

矢印 すべてのバックナンバーの表紙をもっと見る!(日総研)

(約2年分のバックナンバーまでご覧いただけます)