【臨床看護記録】
(看護記録・SOAP方式・記録システム・多職種記録)

 

─媒体基本情報─

☆隔月刊誌(会員制)

臨床看護記録│2020年春号│表紙│無料見本誌(サムネイル)の立読み

紙版 1年間定期購読価格 14,680円(年間購読料)+3,000円(入会費)

臨床看護記録│最新号を立読みする

(調査中)月創刊A4変形判4冊(1年間:1,4,7,10月/20日発売)
日総研出版(since1977年)
(調査中)部発行(日総研 広告媒体)

看護記録の方法からシステムまでを包括的に改善!

 

─おスス!のメコンテンツ─

パソコンが満席で記録ができない看護師のイラスト│パソコンが満席で記録ができない看護師のイラストです。

─当サイトのオリジナル紹介文─

●Key word│看護記録│記録内容│記録システム│SOAP方式│アセスメント
●読者層 Profile DATA/看護師/看護管理者/医師/薬剤師/システム担当者

”使える”看護記録が書けるようになる!記録システムの改善を提案できるようになる情報誌!”他病院での事例紹介も多数掲載!”

看護記録の視点からアセスメント能力の向上を捉えているところが本誌の最大の特徴であり、臨床現場の状況に臨機応変に対応して落とし込め、理解を深めることができます。

日々の記録業務にまつわる問題とその解決に役立つ課題を、具体的な実践例を交えて解説しています。”記録が書けない””看護が見えない活用できない記録””SOAPが記録されていない”・・・といったよくある悩みを解決してくれます。最近、話題となっている、他職種との記録や入退院調整に絡めた記録、PNSでの記録も載っているので、領域ごとのケアのレベルアップに役立ちます。

最近、話題となっている、他職種との記録や入退院調整に絡めた記録、PNSでの記録も載っているので、領域ごとのケアのレベルアップに役立ちます。

電子カルテでの省力的な記録業務の改善、様々なテンプレートの工夫についても他医療施設での事例が掲載されているので、それを丸写しで利用することもできますし、自身のやり方にアレンジを加えて利用することも可能です。

●SOAP方式による記録の方法/

バインダーのイラスト│看護記録やクリニカルパスなど、紙や書類の持ち運びに便利なバインダーのイラストです。

看護記録におけるSOAP方式は、医療看護の分野において、患者の経過をカルテなどに記録するときの記入方法のひとつです。

SOAPの特徴は、単に経過のみを記録していくのではなく、患者の問題点を抽出し、

・「S(subjective):主観的情報」
・「O(objective): 客観的情報」
・「A(assessment): 評価」
・「P(plan): 計画(治療)」

の4つの項目にそって記載していく点にあります。

SOAPを用いることで、患者の抱える問題点や、治療・援助を展開していくプロセスが明確となり、医療介護のチームにおける情報共有もスムーズに行えるというメリットがあります。

SOAP方式による記録のS・O・A・P、それぞれの項目の意味は以下のとおりです。
・S(subjective):主観的情報⇒ 対象者が話した内容などから得られた情報
・O(objective): 客観的情報⇒ 診察や検査からなど得られた客観的な情報
・A(assessment): 評価⇒ 医師の診断や、O と Sの内容を元に分析や解釈を行った総合的な評価
・P(plan): 計画(治療)⇒ Aに基づいて決定した治療の方針・内容、生活指導など

─近年注目されているPNS(partnership nursing system)とは─

PNS(partnership nursing system)とは、看護師が安全で質の高い看護を提供することを目的とし、 2人の看護師が良きパートナーとして、対等な立場で、 お互いの特性を活かし、相互に補完し協力し合う看護提供 方式です。

PNSは2009年に福井大学医学部附属病院看護部で開発されて以来、さまざまな病院で導入が推し進められています。 2人の看護師は、毎日の看護ケアをはじめとし、委員会活動、 病棟内の係りの仕事に至るまで、1年間を通じてパートナー として、その成果と責任を共有することとなります。

─【日総研出版】紹介文─

『臨床看護記録』の特徴

臨床看護記録│2020年春号│新しい取り組みから記録改善・見直し!「臨床看護記録」の特徴と内容の説明│無料見本誌(サムネイル)の立読み

 

読者層

臨床看護師

 

─2020年 春号─
レビュー・見本誌読み放題

─表紙・目次─

 

─【総力特集】看護記録システムを大幅見直し!─

多職種協働に役立つツール、PILE MAPを活用した看護記録への移行/

 

 

臨床看護記録