臨床検査領域のおすすめ専門雑誌『臨床検査』を紹介・ガイドしています。

 

表紙、値段・価格、発行、創刊、出版社公式サイト、内容の概要などの媒体基本情報の他、読者層、豆知識、プレゼント情報や当サイトオリジナルの紹介文、レビュー、誌面イメージ、口コミ評価、豆知識等を掲載しています。最新号のみではなく、バックナンバー、増刊号も掲載しています。

 

媒体の基本情報・概要

編集コンセプトは”検査で医学をリードする”!!

若手からベテランまで幅広い層が知っておきたい旬なテーマ

臨床検査│表紙

紙媒体 パソコン タブレット スマートフォン

1冊(単品)価格:2,420円

1年間定期購読価格(本誌 12冊 + 臨時増刊号 2冊)

紙版・電子版 : 33,660円

紙版+電子版 : 39,160円(個人)

注意)電子版の定期購読は個人限定です。法人の定期購読不可です。

B5判 │ 月刊 │ 15日発売

1957年 創刊 │【医学書院】(since1944年)

9,500 部発行(医学書院 広告媒体

訪問看護と介護(Fujisan.co.jp) 【電子版】

 

 媒体関連キーワード : 臨床検査,病理検査,血液検査,細菌検査,遺伝子検査

 読者層プロフィール : 臨床検査技師を目指す学生 │ 若手・中堅・ベテランクラスの臨床検査技師 │ 臨床検査医 │ 医学研究者 │ 認定技師制度の受験を目指す若手・中堅臨床検査技師

 

媒体基本情報・概要

『臨床検査』は、臨床検査にかかわる今知っておきたい最新の知識・情報をわかりやすく解説しており、検査法の理論、病態のメカニズムなどが理解できるよう編集されています。「検査レポート作成指南」など連載企画も充実しています。年2回、時宜を得たテーマで増刊号を発行しています。

 

「検査で医学をリードする」が編集コンセプトです。臨床検査系雑誌の中で「まずは目を通しておきたい雑誌」として認知されています。

 

2017 年から通常号10冊に加え、増刊号を年間2 冊(4 月と10 月)発行しています。新型の薬剤や医療機器を扱う記事も多数あります。

無料お得情報/豆知識

一般個人の方及び学生の方は、5,500円をプラスすると、紙版と電子版の両方が読めます。電子版を定期購読すると、購読期間中はバックナンバーがすべて読み放題です。

 

電子版の定期購読は個人の方限定です。法人は電子版の定期購読は不可ですので、ご注意下さい。

 

読者層プロフィール/編集委員/執筆者

 読者層は、臨床検査技師を目指す学生、若手からベテランまでの臨床検査技師です。
読者層は、ベテランクラスの臨床検査技師、臨床検査医、医学研究者、認定技師制度の受験を目指す若手・中堅臨床検査技師です。

 

医学書院によれば、購読者層の職種比率は、臨床検査技師60%、医師(検査部医師・臨床検査医)30%、その他10%となっています。
読者層プロフィール比率のグラフ│臨床検査

 

編集委員は、

  • 山田俊幸 自治医科大学臨床検査医学(主幹)
  • 河合昭人 東京慈恵会医科大学附属病院中央検査部
  • 関谷紀貴 がん・感染症センター都立駒込病院感染制御科/ 臨床検査科院内感染対策室長
  • 涌井昌俊 慶應義塾大学医学部臨床検査医学教室

といった著名な方々です。

 

出版社公式サイト・オンライン書店紹介文

Fujisan.co.jp/口コミ・レビュー

口コミ・レビュー【電子版レビュー】

  • 読者満足度 : 100%(紙版100% + 電子版─%)
  • 投稿数 : 紙版3件 + 電子版0件 (2020年9月24日現在)

 

医学書院

紹介文

 

オリジナルレビュー・誌面イメージ/Vol.63 2019年3月号

表紙・目次・コンテンツ/誌面イメージ

臨床検査 2019年3月号│表紙

 

臨床検査 2019年3月号│目次(1)

 

臨床検査 2019年3月号│目次(2)

 

臨床検査 2019年3月号│記事(1) 臨床検査 2019年3月号│記事(2)
臨床検査 2019年3月号│記事(3) 臨床検査 2019年3月号│記事(4)
臨床検査 2019年3月号│記事(5) 臨床検査 2019年3月号│記事(6)
臨床検査 2019年3月号│記事(7) 臨床検査 2019年3月号│記事(8)
臨床検査 2019年3月号│記事(9) 臨床検査 2019年3月号│記事(10)
臨床検査 2019年3月号│記事(11) 臨床検査 2019年3月号│記事(12)
臨床検査 2019年3月号│記事(13)  

 

レビュー/【特集】血管エコー検査 まれな症例は一度みると忘れない

近年、急速に普及・急増している血管エコーは前進の動静脈を検査することが可能です。その検査目的のほとんどは、動脈硬化性病変に伴う狭窄・閉塞の有無や血栓・静脈癌の有無、バスキュラーアクセス評価などです。それ以外の疾患となるとまれであり、遭遇した際にその疾患自体を知らない、みたことがないと見過ごしてしまう可能性があります。

 

今回、各領域における専門家の方々により、まれな実験例を用い、綺麗な超音波画像を多数登載していただいています。超音波検査時の観察ポイントや他疾患との識別ポイント、または他検査を含めてどう診断に結びついたかをわかりやすく、詳細に記載されています。

 

まれな症例ほどインパクトがあり、一度みておくと脳裏に焼き付き忘れにくいと思われます。本特集を契機に、今後、こんな症例をみたことがある! から診断につながることがあるということができるようになります。

 

ネット書店で購読する

 

臨床検査│表紙

1冊(単品)価格:2,420円

臨床検査│Fujisan.co.jp

訪問看護と介護(Fujisan.co.jp) 【電子版】