雑誌『臨床作業療法NOVA』は「作業療法」の専門雑誌です。作業療法に活かすための解剖生理学、運動機能障害の検査・評価・アセスメント、うつ病や発達障害などのさまざまな疾患や症状に対するリハビリ作業療法の実践・症例報告、遊びを取り入れたアイデアの事例など、作業療法士が求める情報を網羅しています。新人にも役立つリハビリテーション基本実技の記事も満載です。医療施設やデイサービスなどのさまざまな介護・福祉施設における個別機能訓練を実践する作業療法士におすすめです。

 

当ページでは、青海社公式サイトから引用した価格や対象読者層・職種、記事構成、お得情報、インパクトファクターの指標となる発行部数などの他、当サイトオリジナルの紹介文やおすすめポイント、豆知識、便利情報を掲載しています。最新号・増刊号・バックナンバー一覧、口コミ評価・おすすめ度をFujisan.co.jpより引用して掲載しています。「作業療法」領域の他雑誌の紹介もしています。

媒体の基本情報・概要

臨床作業療法NOVA│表紙

紙媒体

臨床作業療法NOVA 公式サイト

広告媒体 [PDF版]

青海社(since2002(平成14)年


臨床作業療法NOVA:Fujisan

バックナンバー一覧:Fujisan(2020年NO.1号以降)

バックナンバー一覧:Fujisan(2019年NO.6号以前)

Amazon・アマゾン トップ

Rakuten・楽天ブックス トップ

見本誌無料試し読み・読み放題サービス

サービスなし


1冊(単品)価格・値段

一般号:2,750円

1年間定期購読価格

一般号:11,000円

判型・サイズ:B5判

発行頻度:3,6,9,12月刊(年間4冊)

発売日:15日※

(※:発売日は、土・日曜日や祝・祭日の関係により前後することがあります。)

創刊:2004(平成16)年1月

発行部数:4,000 部


  • 媒体取扱い領域:作業療法/運動療法/日常生活活動訓練/臨床実習/国家試験
  • 読者層(職種):作業療法士│認定作業療法士│理学療法士│介護福祉士

オリジナル紹介文

媒体概要/紹介文/レビュー

治療プログラム立案のポイント/リハビリテーションにおける観察項目・評価項目と観察・評価の実践事例/日常の基本的な動作(日常生活動作)や運動機能回復のための折り紙・ぬり絵・輪投げ・体操といった運動療法などのさまざまな訓練内容の実践/レクリエーション向けアイテムやアクティビティキット作り、遊びのアイデアなどの創造活動の支援/脳卒中や脳梗塞、認知症、パーキンソン病、骨折、外傷、リウマチ、脊髄損傷、頭痛などのさまざまな疾患・症状に対するリハビリ作業療法の症例報告/発達障害領域における作業療法(発達支援)の症例報告/老年期障害領域における作業療法の症例報告/スポーツ分野で活躍する作業療法士の症例報告/急性期への作業療法リハビリテーションの導入/対象へのルーティン指導/作業療法のエビデンスの構築/義肢装具の基本的な知識(機能・構造・適合判定など)から、作業療法士が行う臨床実践(評価・操作訓練・学校や職場での活用など)のほか、

自施設でのマニュアルづくり/認定作業療法士の認定資格取得によるスキルアップ・キャリアアップのための知識・技術/作業療法士が行う認知行動療法/地域包括支援システムなどの地域活動としてのリハビリテーションの役割り/看護師などの多職種との接し方や連携によるチーム医療の実践/精神科(病院)やデイサービス、訪問看護ステーション、老健(介護老人保健施設)、老人ホーム、市役所、保健所、特別支援学校などのさまざまな医療・介護・福祉・教育施設で働く作業療法士の症例報告/ロボットやAIの活用可能性が検討/フリーランスとしての働き方/作業療法士国家試験対策の参考書としての情報/などの情報が満載のおすすめの雑誌です。作業療法士におすすめの知恵袋です。新人教育の手引きにも有益です。

 

 超高齢社会を迎え、介護保険制度が定着し地域リハビリテーションの必要性に対応するべく、作業療法を実践する場も病院から在宅・施設・地域へと急速に変わってきました。その結果、診療報酬と在院日数は減少しており、このような時事に沿ったテーマも積極的に取り上げています。作業療法は、臨床に始まり臨床に終わると言っても過言ではなく、臨床を通した検証を抜きには成り立たないとまで言われています。作業療法の臨床、教育、臨床研究に携わってきたベテランの執筆者が、体験を通して得た”確からしさ””作業療法臨床のコツ”を書き留めています。

 『臨床作業療法NOVA』は1号1テーマとして10本⇒20本程度の記事を掲載している「特集」を主軸としつつ、1,2本程度の記事を掲載している「連載」などのコンテンツで構成されています。  「その他」、関連学会への参加レポート、学会・研修会開催の案内や、新刊書籍・本の紹介などを掲載しています  Fujisan.co.jp」のPCサイトでは、20号程度の目次を一度に俯瞰することができますのでチェックしてみて下さい。

 おすすめポイントは、図表・写真・イラストによる解説を多用している読みやすい誌面構成です。最新の手技など、新しい取り組みの実践症例報告が豊富に掲載されているところも魅力です。作業療法リハビリテーションのスキルアップのための実践的教科書として、定期購読がおすすめの雑誌です。

読者層/口コミ・レビュー/豆知識/その他情報

読者層(職種)・編集委員・執筆者

青海社の広告媒体」によれば、読者層のメインターゲットは、臨床の作業療法士を中心に、リハビリテーションの現場にいる医療・保健・福祉に従事する方です。  編集委員は、「三輪書店の雑誌紹介ページ」に掲載されています。  執筆者は、大学教授、ベテランの作業療法士などです。

編集コンセプト・豆知識

『臨床作業療法NOVA』のキャッチコピーは、”臨床実践力の夢へ踏み出す情報誌”です。本誌は2004年(平成16)年1月に『精神認知とOT』の誌名で創刊されました。その後、2007年NO.1号より『臨床作業療法』に改名され、さらに2017年NO.1号より『臨床作業療法COT(Clinical Occupational Therapy)』に改名されました。現在の誌名『臨床作業療法NOVA』(NOVA:新星)へは2020年NO.1より改名されました。

口コミ・レビュー(おすすめ度)

「Fujisan(富士山マガジン)」のサイトへの「口コミ・レビュー」の投稿数は0件、読者満足度(おすすめ度)は-%です(2021年3月3日現在)。

お得・便利情報

2021年3月3日現在、見本誌の無料試し読みサービスは行っていいませんので、サービス開始次第に紹介します。

 

当サイトの管理人が試読しました『臨床作業療法COT』2018年7・9月号の誌面イメージは下の画像のとおりです。ビジュアル誌面でとても読みやすくなっており、おすすめです。マンガ形式の記事もあり、親しみやすく構成されています。

臨床 作業療法COT 2018年7・8月号│表紙

 

 

 

 

臨床 作業療法COT 2018年7・8月号│目次(1)

 

臨床 作業療法COT 2018年7・8月号│目次(2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新号・バックナンバーの表紙画像

最新号とバックナンバーの表紙画像です。表紙イメージ・画像をタップしていただくと、「Fujisan(富士山マガジン)」の雑誌紹介ページが開きます。なお、発売日順(新しい順)ではなくランダムに順不同で掲載していますので、ご注意願います。

【最新号】

臨床作業療法NOVA 最新号│表紙


【バックナンバー】

臨床作業療法COT バックナンバー│表紙

 

臨床作業療法 バックナンバー│表紙

 

臨床作業療法 バックナンバー│表紙

バックナンバー一覧の表紙画像:Fujisan

(2020年1月号のバックナンバー※までご覧いただけます。)

『臨床作業療法NOVA』

バックナンバー一覧の表紙画像:Fujisan

(2004年1月号のバックナンバーまでご覧いただけます。)

『精神認知とOT/臨床作業療法/臨床作業療法COT』

領域や読者層が類似するおすすめ関連雑誌

『臨床作業療法NOVA』と領域(作業療法)や読者層が類似するおすすめの専門雑誌を紹介しています。表紙画像をタップしていただくと、「Fujisan(富士山マガジン)」の雑誌紹介ページが開きます。

作業療法ジャーナル│表紙

─作業療法士─

1冊価格 : 2,200 円

詳細を見る!

作業療法ジャーナル:Fujisan