雑誌「CCJAPAN(シーシージャパン)」は、三雲社が偶数月刊発行しているクローン病・潰瘍性大腸炎領域の専門情報誌です。2000年(平成12年)に創刊されて以来、”罹患者がお届するIBD(炎症性腸疾患)の最新情報から緩解時の栄養料理までの生の声をお届する!”をコンセプトとした情報誌です。

表紙、値段・価格、発行、創刊、出版社公式サイト、内容の概要などの媒体基本情報の他、読者層、豆知識、プレゼント情報や当サイトオリジナルの紹介文、レビュー、誌面イメージ、口コミ評価、豆知識等を掲載しています。最新号のみではなく、バックナンバー、増刊号も掲載しています。

 

媒体の基本情報・概要

CCJAPAN(シーシージャパン)│表紙

713円 4,890円

2000年12月創刊B6判6冊(1年間:偶数月/26日発売)
三雲社(since2000年)
(調査中)部発行(三雲社 広告媒体)

 

 KEY Word : 

●Key word│IBD│難病指定│クローン病│潰瘍性大腸炎│治療法│難病指定│体調管理│通院│食事│体調│社会生活│入退院│雇用形態│就労│QOL(クオリティオブライフ=生活の質)
●読者層 Profile DATA/クローン病/潰瘍性大腸炎/炎症性腸疾患患者・親近者

炎症性腸疾患(Inflammatory Bowel Disease以下IBD)のひとつであるクローン病という難病はその希少性や治療法が未確立なことにより、現在難病指定されています。しかしその性格が風邪に例えられるように、日頃体調管理に努め、症状が悪化しなければ社会に出て十分活躍することができる病気です。実際に大半の人々は、定期的に通院したり食事や体調に気を配ったりすることによって支障なく社会生活を送っています。

難病の難しいところが、上記のような体調管理に努めていても症状が改善しないというケースも中にはあります。そのような状態で入退院を繰り返さざるを得ないなど、一般的な雇用形態では負担がかかるという患者でも就労を可能にし、QOL(クオリティオブライフ=生活の質)を維持することの手助けができたら、との理念からクローン病という難病患者のみによって設立された三雲社より発行されているのが『CCJAPAN(シーシージャパン)』です。

IBDは若いときに発症する方も多く、原因不明の難病で慢性疾患です。できるだけ緩解の状態を長く保つことが必要になってきます。緩解導入と維持のための医療や栄養記事のほか、生活の話題も満載です。病気を抱えながら受験や就職、恋愛や結婚・出産など、人生の重大イベントとどうやってつきあっていくのかを毎号特集しております。また、社会で活躍するIBDの患者さんの紹介や、その日からすぐに役立つ治療レシピ、患者会イベント情報も好評を博しています。

毎年12月発行号ではDDW(日本消化器病学会週間)で取材してきた新しい治療法などもいちはやく紹介。いま話題の分子標的治療や小腸カメラの情報などもお伝えします。日進月歩するIBDの医療知識を平易に解説する「CCJAPAN」は患者だけでなく、医師、栄養士、検査技師、薬剤師、看護師など医療スタッフからも「わかりやすく参考になる」と喜ばれています。

病気になったばかりの患者にはわかりやすく、10年以上罹患している患者には真に役立つ最新の情報提供を心がけています。

クローン病と潰瘍性大腸炎の治療法最前線から、緩解時のレシピまで!
日本で唯一のIBD(炎症性腸疾患)の専門総合情報誌です。

 

─読者層─

罹患者│医師│栄養士│検査技師│薬剤師│看護師

読者層は、患者だけでなく、医師、栄養士、検査技師、薬剤師、看護師など医療スタッフです。

 

 

/レビュー・誌面イメージ

 

 

2019年8月号 レビュー

─【特集】IBDのメンタルヘルス─

慢性的な症状や定期的な通院、仕事や学業と治療の両立、人間関係など、IBD患者はストレスを抱えやすい環境にいることが多くあります。今回の特集はメンタルに関する専門家の解説や、ストレス解消に役立つリラックス法などについて紹介されています。

 

 

ネット書店で購読する

CCJAPAN(シーシージャパン)│表紙

 

 

 

関連雑誌

 

月刊 難病と在宅ケア│表紙