感染症の予防対策・制御・管理領域のおすすめ雑誌『J-IDEO(ジェイ・イデオ)』を紹介・ガイドしています。

 

表紙、値段・価格、発行、創刊、出版社公式サイト、内容の概要などの媒体基本情報の他、読者層、豆知識、当サイトオリジナルの紹介文、レビュー、誌面イメージ、口コミ評価、豆知識等を掲載しています。最新号のみではなく、バックナンバー、増刊号も掲載しています。

 

媒体の基本情報・概要

感染症対策プロジェクト実践のためのおすすめの専門雑誌『J-IDEO(ジェイ・イデオ)』!

J-IDEO(ジェイ・イデオ)│表紙

J-IDEO(ジェイ・イデオ)

紙媒体 パソコン タブレット スマートフォン

1冊(単品)価格・値段:2,750円(本編)

1年間定期購読価格:14,850円(本誌12冊)

判型・サイズ:B5判

発行:奇数月刊(年6冊)

発売日:10日

(※:発売日は、土・日曜日や祝・祭日の関係により前後することがあります。)

創刊:2017(平成29)年3月

発行部数:10,000部

出版社:中外医学社(since1952(昭和27)年)│広告媒体PDF版


J-IDEO(ジェイ・イデオ) 公式サイト(医歯薬出版)

*「全日本病院出版会」公式サイトへリンクしています。

Fujisan(富士山マガジン)

*雑誌専門のオンライン書店「Fujisan(富士山マガジン)」へリンクしています。

Amazon(アマゾン)

*ショッピングサイト「Amazon(アマゾン)」へリンクしています。

Rakuten(楽天ブックス)

*オンライン書店「Rakuten(楽天ブックス)」へリンクしています。

J-IDEO(ジェイ・イデオ)│バックナンバー

 

 媒体関連キーワード : 感染症│感染症診療│感染症ケア│感染対策チーム│感染管理│臨床薬理│微生物検査│新型インフルエンザ│SARS│エボラ出血熱│デング熱│ジカ熱

 読者層プロフィール : 医師│看護師・ナース│薬剤師│臨床検査技師

 

オリジナル紹介文

媒体概要/紹介文/レビュー

感染症のイラストです。腹痛や咳など、男性と女性がそれぞれ症状に苦しんでいます。

『J-IDEO(ジェイ・イデオ: Journal of Infectious Diseases Educational Omnibus)』は、中外医学社が奇数月刊発行している感染領域の専門学術誌として、2017年(平成29年)3月に創刊された、”人類を存続の危機にまで追い込む感染症に対峙する!”おすすめの専門雑誌です。感染症の調査、研究、日常診療、感染管理、感染予防、看護・ケア、薬剤選択、臨床薬理、微生物検査、検査など感染症のすべての領域に関わる記事が満載です。

 

感染症関連の最新トピック、その他日常診療や臨床研究に役立つ「エキスパートの技」を、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師などの「個別」から感染対策チームなどの「組織」までのすべての医療従事者に発信する新時代の感染症専門誌です。

 

『J-IDEO(ジェイ・イデオ)』を読むと、

●医師の方は、

・感染症診療の基礎をマスターできる
・最新知識にアップデートできる
・現場で使えるノウハウが学べる

●看護師の方は、

・感染症ケアの基本がわかる
・感染対策チームでの動き方がわかる
・感染管理のエキスパートを目指せる

●薬剤師の方は、

・患者対応がわかる
・薬剤選択のエビデンスがわかる
・臨床薬理の基本がわかる

●臨床検査技師の方は、

・微生物検査の基本がわかる
・検査のエキスパートの技が盗める

といったように、”変わること””できるようになること”の知識の引き出しが増えます。

 

「特集」「ホットトピック」「連載」から構成されており、連載は30以上の記事が毎号掲載されています。

鼻だけ出た状態でマスクを着用している看護師と患者のイラストです。

リストマーク 記事の内容は具体的には例えば、これまでのCOVID-19関連企画の総括として、6名のJ-IDEO編集委員がそれぞれの立場からCOVID-19の診断・治療戦略や今後の展望について徹底的に論じる「2021年の対コロナ戦略を考える」風邪診療のスペシャリストである岸田先生と山本舜悟先生、そして建仁寺禅居庵副住職の上松さんという異色の顔ぶれで風邪診療と禅の思想に相通じるもの、そして風邪診療と抗菌薬適正使用問題について語る「風邪診療と『禅』」国立国際医療研究センターの大曲貴夫先生をゲストに迎え、ホストの岩田健太郎先生とともに「日本感染症界」という大きなテーマを縦横無尽に語る「日本感染症界全体をでっかく論じる」今日の薬剤耐性菌対策に求められるもの、そしてその耐性菌対策を困難にしている事柄について、本誌編集委員の坂本史衣先生が詳説する「病院の薬剤耐性菌対策を見直そう」「何を知っておけばよいか」「どう役立てればよいか」を念頭に、グラム陰性桿菌が産生する広域 β‒ラクタマーゼであるESBL とカルバペネマーゼについて解説する「β‒ラクタマーゼ」などの記事が掲載されています。

 

豆知識/読者層/口コミ・レビュー/その他情報

空気感染・飛沫感染・接触感染それぞれどのような経路で感染が起きるのかを表しているイラストです

リストマーク 繰り返しになりますが、Special Topic(特集)、HOT TOPIC(今、ホットな話題)、30以上の連載記事(次号も読みたくなるタイムリーな話題)から構成されています。下の画像は2018年11月号の目次です。

J-IDEO(ジェイ・イデオ)2018年11月号│目次(1)

 

J-IDEO(ジェイ・イデオ)2018年11月号│目次(2)

 

編集主幹は岩田 健太郎(神戸大学大学院医学研究科微生物感染症学講座感染治療学教授)、編集委員は岸田 直樹(感染症コンサルタント/北海道薬科大学客員教授)、忽那 賢志(国立国際医療研究センター国際感染症センター国際感染症対策室医長)、坂本 史衣(聖路加国際病院 QI センター感染管理室マネージャー)、山田 和範(中村記念病院薬剤部)、山本 剛(神戸市立医療センター中央市民病院臨床検査技術部)といった、感染症分野における 日本屈指のエキスパートたちが 執筆を担う雑誌です。(敬称略)

 

執筆は、感染症の第一人者である医師や読者と同じ視点を持つ感染管理認定看護師により行われています。

 

リストマーク 対象読者は「感染」にかかわるすべての医療従事者です。ICT(インフェクションコントロールチーム:Infection Control Team)やAST(抗菌薬適正使用支援チーム:Antimicrobial Stewardship Team)に所属されている医療スタッフ、感染管理認定看護師及び感染症専門看護師を目指しているナースにもおすすめです。

 

レビュー/Vol.2 2018年11月号 レビュー

J-IDEO(ジェイ・イデオ)2018年11月号│表紙

 

J-IDEO(ジェイ・イデオ)2018年11月号│誌面イメージ(1)

 

J-IDEO(ジェイ・イデオ)2018年11月号│誌面イメージ(2)

 

J-IDEO(ジェイ・イデオ)2018年11月号│誌面イメージ(3)

 

J-IDEO(ジェイ・イデオ)2018年11月号│誌面イメージ(4)

 

J-IDEO(ジェイ・イデオ)2018年11月号│誌面イメージ(5)

 

J-IDEO(ジェイ・イデオ)2018年11月号│誌面イメージ(6)

 

J-IDEO(ジェイ・イデオ)2018年11月号│誌面イメージ(7)

【スペシャルトピック】 世界にでよう、フィールドに出よう 海外で感染症診療を行うということ/足立拓也×岩田健太郎


(岩田)足立先生とは2014⇒2015年にシエラレオネのエボラ出血熱対策で一緒に仕事をしていた時期があり、それ以来仲良くさせていただいています。足立先生といえば、海外での国際感染症対策や緊急支援という領域において非常に有名な方で、国際的にも知名度の高い先生でいらっしゃいます。ただ、「そもそも国際研究支援に感染症なんであったの?」なんていう方もおいでだと思いますので、まずは仇先生の紹介から始めさせていただきます。

 

(足立)よろしくお願いします。

(岩田)先生は東京大学のご出身ですよね。医学部に入られたのはいつで、なぜ医学部にいかれたのでしょうか。

 

このような会話から始まる、岩田先生と足立先生の対談形式の記事となっています。「海外で感染症医として働くことの意義や魅力」について、エボラ出血熱アウトブレイク時の感染症対策・緊急支援といった自身の経験のある 国際感染症対策の第一人者である足立拓也先生(公益財団法人東京都保健医療公社豊島病院感染症内科)と、岩田健太郎先生がじっくりと語っています。

 

連載は、下記の通りの豊富なラインナップです。

1.日本全国感染症ケースカンファレンス道場破り/2.抗菌薬選択チェックメイトへの道/3.泣く子も黙る感染対策/4.Dr.岸田の感染症コンサルタントの挑戦/5.抗菌薬相互作用整理BOX/6.本質の感染症/7.微生物検査危機一髪!/8.集まれ!! グラ染野郎/9.感染症カンファレンス実況中継/10.今月のカビ!!/

11.基礎から臨床につなぐ薬剤耐性菌のハナシ/12.微生物検査の志士たち/13.子どもと大人の感染症/14.教えて感染症の病理/15.This wormy world〜ようこそ!寄生虫の世界へ/16.移植後感染症レクチャーシリーズ/17.VS 感染対策チーム/18.今日も明日もAMR対策/
19.意外と知らない!? 肝臓(きも)のキモ/20.感染症疫学入門ズームアウト!/

21.非“専門家”のためのHIV感染症との関わり方/22.正しく恐れる結核診療のすすめ/23.解決!! 薬剤感受性検査の真意を紐解く/24.統計学のABC/25.ますますTDM/呼吸器感染症よもやま話/26.感染症に対する漢方薬の考えかた,使いかた/27.抗菌薬アナザーストーリーズ/行政サイドのつぶやき/28.ICDのホンネ/29.感染症NEWSウラ話/30.J-IDEO Journal Club/

最新号・バックナンバーの表紙画像(Fujisan.co.jp)

一般号と増刊号の最新号・バックナンバーの表紙画像です。表紙イメージは「Fujisan(富士山マガジン)」に掲載されている画像へリンクしています。なお、バックナンバーは新しい順ではなくランダムに掲載していますので、ご注意下さい。

J-IDEO(ジェイ・イデオ) 最新号│表紙

 

J-IDEO(ジェイ・イデオ) 2019年9月号│表紙

 

J-IDEO(ジェイ・イデオ) 2017年3月号│表紙

 

領域や読者層が類似するおすすめ関連雑誌

J-IDEO(ジェイ・イデオ)と領域や読者層が類似する雑誌の表紙画像です。表紙イメージは「Fujisan(富士山マガジン)」に掲載されている画像へリンクしています。

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)│表紙

1冊価格 : 2,200 円

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)│詳細を見る

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)(Fujisan.co.jp)

 

感染対策ICTジャーナル│表紙

1冊価格 : 2,200 円

感染対策ICTジャーナル│詳細を見る

感染対策ICTジャーナル(Fujisan.co.jp)

 

感染と抗菌薬│表紙

1冊価格 : 2,420 円

感染と抗菌薬│詳細を見る

感染と抗菌薬(Fujisan.co.jp)

 

感染制御と予防衛生│表紙

1冊価格 : 2,200 円

感染制御と予防衛生│詳細を見る

感染制御と予防衛生(Fujisan.co.jp)

 

臨床と微生物│表紙

1冊価格 : 2,310 円

臨床と微生物│詳細を見る

臨床と微生物(Fujisan.co.jp)

 

「感染症」関連学会・機関等リンク