雑誌『J-IDEO(ジェイ・イデオ)』は「感染症」の専門雑誌です。臨床医や研究者が関心をもっているさまざまなテーマにおける感染症分野のオリジナル論文、論評、レビュー記事、および診療ガイドを発表し、高く評価されているインパクトファクターの高い雑誌です。トピックスは、感染症、公衆衛生、微生物学、免疫学の臨床記述から、ICTにおける感染対策・予防、ASTにおける抗菌薬適正使用、現行および新たな治療法の評価、診断・治療のための最適な処置の推進まで、幅広く扱っているおすすめの雑誌です。

 

当ページでは、中外医学社公式サイトから引用した価格や対象読者層・職種、記事構成、お得情報、インパクトファクターの指標となる発行部数などの他、当サイトオリジナルの紹介文やおすすめポイント、豆知識、便利情報を掲載しています。最新号・増刊号・バックナンバー一覧、口コミ評価・おすすめ度をFujisan.co.jpより引用して掲載しています。「感染症」領域の他雑誌の紹介もしています。

媒体の基本情報・概要

J-IDEO(ジェイ・イデオ) 最新号│表紙

紙媒体

J-IDEO(ジェイ・イデオ) 公式サイト

広告媒体 [PDF版]

中外医学社(since1952(昭和27)年


J-IDEO(ジェイ・イデオ):Fujisan

バックナンバー一覧:Fujisan

Amazon・アマゾン トップ

Rakuten・楽天ブックス トップ

見本誌無料試し読み・読み放題サービス

サービスなし


1冊(単品)価格・値段

一般号:2,750円

1年間定期購読価格

一般号:14,850円

判型・サイズ:B5判

発行頻度:奇数月刊

発売日:10日※

(※:発売日は、土・日曜日や祝・祭日の関係により前後することがあります。)

創刊:2017(平成29)年3月

発行部数10,000 部


  • 媒体取扱い領域:感染症治療/抗菌薬適正使用/抗菌薬の作用機序/副作用/投与期間
  • 読者層(職種):感染症専門医│医師│薬剤師│看護師・ナース│臨床検査技師│ICT(感染対策チーム)│AST(抗菌薬適正使用支援チーム)

オリジナル紹介文

媒体概要/紹介文/レビュー

感染症の調査、研究、日常診療、感染管理、感染予防、看護・ケア、抗菌薬の適正使用、臨床薬理、微生物検査、検査、疫学など感染症のすべての領域に関わる記事が満載の、”人類を存続の危機にまで追い込む感染症に対峙する!”おすすめの雑誌です。感染症関連の最新トピック、その他日常診療や臨床研究に役立つ「エキスパートの技」を、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師などの「個別」から感染対策チームなどの「組織」までのすべての医療従事者へ向けて発信する新時代の感染症専門誌です。

 

 新型インフルエンザ、スペイン風邪、新型コロナウイルス感染症、じん麻疹、水疱瘡、ヘルペス、デング熱、エボラ出血熱、ジカ熱、SARS、他、社会全体に不安をもたらす感染症への抗菌薬の適正使用/感染症の流行状況等に迅速に対応できるようにするための感染症の分類/血液検査などの検査実施にあたっての注意点/何らかの伝播によって疾病発生が引き起こされる感染症分野に有効とされる数理モデルの解説/感染症のアウトブレイクへの対応/抗ウイルス薬による感染症に対する免疫反応の症例報告/ESBL産生菌による尿路感染症、肺炎、手術部位感染症、腹腔内感染症などの予防と抗菌薬の適正使用/致死率が高いとされているウイルス性出血熱であるエボラ出血熱やマールブルグ病の治療/などのほか、

 

接触(経口)感染、飛沫感染、空気感染(飛沫核感染)といった注意すべき感染経路の解説/感染症看護専門看護師ならびに感染管理専門看護師の役割り/ICTにおける感染対策・予防/感染症危険レベル・ステージごとの感染管理/感染症対策のためのポスター作製などの啓発活動/院内ガイドラインの作成/ASTにおける抗菌薬適正使用/感染症のゴロ合わせ/災害時における避難所での感染症対策/潜伏期間における感染予防/院内感染対策マニュアルの作成/など、感染症に関する領域を網羅した記事が満載のおすすめの雑誌です。

 『J-IDEO(ジェイ・イデオ)』は1号1テーマの「特集」と1号あたり30本以上の記事を掲載している「連載」のほか、「Special Topic」「HOT TOPIC」などのコンテンツで構成されています。  Fujisan.co.jp」のPCサイトでは、20号程度の目次を一度に俯瞰することができますのでチェックしてみて下さい。  「中外医学社」の「創刊の案内 その1」「創刊の案内 その2」で、創刊にあたってのコンセプトなどを詳しく紹介していますので、チェックしてみて下さい。

 

 おすすめポイントは、次号も読みたくなる豊富で面白い連載記事です。次号が気になる雑誌です。読者との双方向のコミュニケーションがとれる記事は、医学雑誌では今までにない誌面構成です。研修医、看護師、薬剤師、臨床検査技師などにも分かりやすく解説した記事も豊富な定期購読がおすすめの雑誌です。

豆知識/読者層/口コミ・レビュー/その他情報

読者層(職種)・編集委員・執筆者

読者層のメインターゲットは、感染症の治療に携わる感染症専門医・一般医師と、感染症の看護・管理に携わる看護師・ナースです。AST(抗菌薬適正使用支援チーム)ICTと(感染対策・制御チーム、インフェクションコントロールチーム)に所属する看護師や薬剤師、臨床検査技師、臨床微生物検査技師などの多職種の方々にも読まれています。感染症看護専門看護師と感染管理認定看護師へのステップアップにもおすすめです。  編集委員は、本誌の巻末に掲載しています。編集主幹は岩田 健太郎氏(神戸大学大学院医学研究科微生物感染症学講座感染治療学教授)です。  執筆者は、編集委員のほか、大学教授、感染症専門医師などです。

口コミ・レビュー(おすすめ度)

「Fujisan(富士山マガジン)」のサイトへの「口コミ・レビュー」の投稿数は6件、読者満足度(おすすめ度)は93.4%です(2021年3月5日現在)。

お得・便利情報

2021年3月5日現在、見本誌の無料試し読みサービスは行っていませんので、サービス開始次第に紹介します。

 

当サイトの管理人が試読しました『J-IDEO(ジェイ・イデオ)』2018年11月号の誌面イメージは下の画像のとおりです。免疫学から臨床における感染症の治療、抗菌薬の適正使用、感染対策・制御まで、感染症にかかわるすべての領域を網羅した情報が満載の読み応えがあり、かつ”面白い”記事が満載のおすすめの雑誌です。

J-IDEO(ジェイ・イデオ) 2018年11月号│表紙

 

 

J-IDEO(ジェイ・イデオ) 2018年11月号│目次(1)

 

J-IDEO(ジェイ・イデオ) 2018年11月号│目次(2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新号・バックナンバーの表紙画像

一般号の最新号・バックナンバーの表紙画像です。表紙イメージ・画像をタップしていただくと、「Fujisan(富士山マガジン)」の雑誌紹介ページが開きます。なお、発売日順(新しい順)ではなくランダムに順不同で掲載していますので、ご注意願います。

【最新号】

J-IDEO(ジェイ・イデオ) 最新号│表紙


【バックナンバー】

J-IDEO(ジェイ・イデオ) バックナンバー│表紙

 

J-IDEO(ジェイ・イデオ) バックナンバー│表紙

 

J-IDEO(ジェイ・イデオ) バックナンバー│表紙

バックナンバー一覧の表紙画像:Fujisan

(2017年3月号(創刊号)のバックナンバーまでご覧いただけます。)

領域や読者層が類似するおすすめの関連雑誌の一覧

J-IDEO(ジェイ・イデオ)と領域(感染症)や読者層が類似するおすすめの専門雑誌を紹介しています。表紙画像をタップしていただくと、「Fujisan(富士山マガジン)」の雑誌紹介ページが開きます。

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール)│表紙

─ICT(感染対策チーム)・AST(抗菌薬適正使用支援チーム)・感染管理・感染症看護─

見本誌無料試し読み

1冊価格 : 2,200 円

詳細を見る!

INFECTION CONTROL(インフェクションコントロール):Fujisan

 

感染対策ICTジャーナル│表紙

─ICT(感染対策チーム)・AST(抗菌薬適正使用支援チーム)・感染管理・感染症看護─

1冊価格 : 2,200 円

詳細を見る!

感染対策ICTジャーナル:Fujisan

 

感染と抗菌薬│表紙

─ICT(感染対策チーム)・AST(抗菌薬適正使用支援チーム)・感染管理・感染症看護─

1冊価格 : 2,420 円

詳細を見る!

感染と抗菌薬:Fujisan

 

感染制御と予防衛生│表紙

─食品衛生・ICT(感染対策チーム)・感染管理・感染症看護─

1冊価格 : 2,200 円

詳細を見る!

感染制御と予防衛生:Fujisan

 

臨床と微生物│表紙

─ICT(感染対策チーム)・AST(抗菌薬適正使用支援チーム)・感染管理・感染症看護─

1冊価格 : 2,310 円

詳細を見る!

臨床と微生物:Fujisan

 

「感染症」の関連学会・協会・機関等へのリンク集