自律訓練法領域のおすすめ専門雑誌『自律訓練研究』を紹介・ガイドしています。

 

表紙、値段・価格、発行、創刊、出版社公式サイト、内容の概要などの媒体基本情報の他、読者層・対象職種、豆知識、当サイトオリジナルの紹介文・レビュー、誌面イメージ、口コミ評価、豆知識などの情報を掲載しています。最新号のみではなく、バックナンバー、増刊号も紹介しています。

 

媒体の基本情報・概要

心理生理的自律訓練法による手軽なセルフメンタルケア実践をサポートするおすすめの専門雑誌『自律訓練研究』!

自律訓練研究│表紙

自律訓練研究(Fujisan.co.jp)

紙媒体

自律訓練研究│見本誌の無料立読み放題 毎日学術フォーラム│Fujisan(富士山マガジン)

1冊(単品)価格・値段:2,000円

1年間定期購読価格:4,000円

判型・サイズ:B5判

発行:季刊(6,12月)

発売日:1日

創刊:(調査中)年

発行部数:(調査中)部

出版社:毎日学術フォーラム(since 2006(平成18)年11月24日)│広告媒体[PDF版]

発行:日本自律訓練学会

 


自律訓練研究 公式サイト(毎日学術フォーラム)

*「毎日学術フォーラム」公式サイトへリンクしています。

Fujisan(富士山マガジン)

*雑誌専門のオンライン書店「Fujisan(富士山マガジン)」へリンクしています。

Amazon(アマゾン)

*ショッピングサイト「Amazon(アマゾン)」へリンクしています。

Rakuten(楽天ブックス)

*オンライン書店「Rakuten(楽天ブックス)」へリンクしています。

 


 媒体関連キーワード : 自律訓練/精神看護/心理生理的訓練法/知的障害/精神障害/ADL/日常生活動作/自立生活/評価

 読者層(職種) : 臨床心理士│心理カウンセラー・セラピスト│精神科関連医師│精神保健福祉士│医療スタッフ│一般の方

 

オリジナル紹介文

媒体概要/紹介文/レビュー

ストレスにより起こる身体、心、行動の3つのサインをあらわしたイラストです。

 

リストマーク 自律には「Autogenic:本来人間の持っている自律性=恒常性すなわちホメオスターシスを機能させる」という意味があります。また「ありのままに任せる」「自己制御・自己練習」という意味も含まれます。「自立」「自立訓練」等と間違われて記される場合がありますが、「律」が正しい表記です。自律訓練法は、1932年にドイツの神経科医のシュルツによって体系化されました。シュルツは1920年代の科学的な催眠に誘導された人が、腕や脚の温かさをしばしば報告するという事実から、その感覚を自己暗示により生じさせ、催眠状態をつくることを考案しました。

 

自律訓練法は自分自身でいつでもどこでも行えるという良さがあり、種々の効果が実証されている心理生理的訓練法です。心療内科や精神科などでも使われる一種の自己催眠法で、わずか数分で 全身をリラックスさせることができ、心身の疲れがとれるなど、効果の高いテクニックとして知られています。

ストレス・鬱のイラスト

リストマーク 『自立訓練研究』は、日本自立訓練学会が季刊発行している自立訓練領域の学術誌として創刊されました。心理生理的自立訓練法の研究成果の発表や臨床実践法を紹介している、日本自立訓練学会が発行する雑誌です。研究段階の学術記事から、臨床家が自律訓練法を患者・クライエントに指導するときに必要となる基礎からコツ、実践の真髄までをじっくりと教授しています。

 

自律訓練法は、だれでも習得できるリラクセイション法で、リラックスを促し、眠れたり、緊張をほぐしたりといった健康問題や不安や抑うつなどの心の不調以外にも、心身症や精神疾患などにも利用可能な技術となっています。しかし、古くからある手技でかつ簡単に見えるため、正しく理解されないままに臨床の場で 使われることも多くあります。『自律訓練研究』は、自律訓練法を得意とする臨床心理士といった専門の先生方が、その経験をもとに自律訓練法のテクニックや、症状ごとの適用、禁忌など、そのメソッドを余すことなく描いている、臨床家にとって必読の手引きともなるものです。

 

『自律訓練研究』は、原著、資料等の一般学術論文の他に、毎号自律訓練法に関するテーマを設定した特集論文が掲載されているほか、学会ニューズレターを年間2号発行しており、医学、歯科医学、心理学、教育学、看護学、産業、スポーツ等の諸分野における自律訓練法の正しい普及、ならびに自立訓練法の教育及び研究・臨床実践の促進に役立つことが期待されています。

ストレスで頭を抱える男性のイラストです。

リストマーク 具体手的には、自立訓練法の現状・問題・課題・研究・臨床実践・診療・将来の展望など、下記の項目に関連する記事をメインにさまざまなコンテンツを収載しています。

 

  • 1.自律訓練法とは:自律訓練法の誕生、自律訓練法の効果、自律訓練法はどの領域で活用されているか、自律訓練法の適応と禁忌
  • 2.自律訓練法:自律訓練法の意味自律訓練法の諸アプローチの構成自律訓練法の成立と特質自律訓練法の目標
  • 3.なぜ自律訓練法か:なぜ自律訓練法を選択するか(自律訓練法のメリット)自律訓練法をどのように使うかいつどのタイミングで指導を開始するか
  • 4.自律訓練法の導入の前に:指導者が知っておくこと導入前に伝えておくこと練習する際の心得について練習中はどのような体感的変化に気づくか練習開始当初の困惑を解消する練習を開始する上での基本事項練習姿勢の選択練習時間の選択練習記録はなぜ必要か生理・心理データの収集
  • 5.自律訓練法──標準練習をどう始めるか:準備段階姿勢を整える姿勢を整えたら受動的注意集中進め方、実施上の注意公式(セリフ)の暗唱の仕方消去動作を忘れずに標準練習公式(セリフ)の実際
  • 6.黙想練習
  • 7.自律訓練法──指導の実際:標準練習導入の進め方標準練習導入後の指導上の留意点不安が強いクライエントへの指導上の工夫
  • 8.自律性諸技法:自律性変容自律性中和自律行動療法自律性バイオフィードバック訓練法
  • 9.指導事例:高齢者への適応高齢者への導入にあたってリワークでの適応身体表現性障害への適応感情障害への適応自己臭恐怖への適応適応障害への適応不安障害への適応介護者への適応
  • 10.自律訓練法の応用:心理・教育領域スポーツ領域産業領域

 

その他、自立訓練法でよくある、下記のようなQ&Aの記事も掲載されています。

  • Q&A:効果が現れる時期、練習姿勢練習環境について練習回数・練習時間・呼吸公式の唱え方練習中に起こること:各公式との関連練習中に起こること:変性意識状態・自律性解放現象練習後に起こること:消去動作練習がうまくいっているかどうか練習ステップの進め方症状と自律訓練法練習の継続について日本語が母語でない人のための練習公式

 

豆知識/読者層/口コミ・レビュー/その他情報

倦怠感を感じ、頭を抑えている男性のイラストです。過労やストレス、生活習慣の乱れなど様々な原因でだるさを感じています。

リストマーク 読者層(職種)のメインターゲットは、自立訓練療法(精神療法・心理療法)を実践する心理カウンセラー・セラピスト・臨床心理士、精神科医です。心理学者、精神保健福祉士などにも役立つ情報が収載されています。

 

リストマーク 日本自律訓練学会」は、医学、歯科医学、心理学、教育学、看護学、産業、スポーツ等の諸分野における自律訓練法の正しい普及、教育及び研究を促進することを目的としています。「日本自律訓練学会」では、研究促進を目的とした年次大会(以下大会)の開催、学術講演会・研究会等の開催、・機関誌(自律訓練研究)および他の印刷物の刊行、指導技術講習会の開催ならびに指導資格の認定、学会賞の設置およびそれに相応しい会員の顕彰、その他、本学会の目的達成のために必要な事業や活動、といった事業を展開しています。

リストマーク 「Fujisan(富士山マガジン)」のサイトへの「口コミ・レビュー」の読者満足度は-%(口コミ数0件:2020年12月18日時点)です。

 

無料読み放題サービス

リストマーク 2020年12月18日現在では、見本誌の無料読み放題サービスは行っていません。

 

表紙画像

表紙画像です。表紙イメージは「Fujisan(富士山マガジン)」に掲載されている画像へリンクしています。

自律訓練研究│表紙