自律訓練研究領域のおすすめ雑誌『自律訓練研究』を紹介・ガイドしています。

 

表紙、値段・価格、発行、創刊、出版社公式サイト、内容の概要などの媒体基本情報の他、読者層、豆知識、プレゼント情報や当サイトオリジナルの紹介文、レビュー、誌面イメージ、口コミ評価、豆知識等を掲載しています。最新号のみではなく、バックナンバー、増刊号も掲載しています。

 

媒体の基本情報・概要

心理生理的自立訓練法によるセルフメンタルケア

自律訓練研究│表紙

紙媒体

1冊(単品)価格 : 2,000円(本編)

1年間定期購読価格 : 4,000円(本誌)

B5判 │ 季刊 6,12月 │ 1日発売

(調査中)年 創刊 │【毎日学術フォーラム】(since(調査中)年)

日本自律訓練学会

(調査中) 部発行(毎日学術フォーラム 広告媒体)

自律訓練研究(Fujisan.co.jp)

 

 媒体関連キーワード : 自律訓練/精神看護/心理生理的訓練法/知的障害/精神障害/ADL/日常生活動作/自立生活/評価

 読者層プロフィール : 臨床心理士 │ 心理カウンセラー │ 医師 │ 医療スタッフ │ 一般の方

 

オリジナル紹介文

媒体概要

雑誌『自立訓練研究』は、日本自立訓練学会が季刊発行している自立訓練領域の学術誌として創刊されました。”心理生理的自立訓練法の研究成果の発表や臨床実践法を紹介!”している、日本自立訓練学会が発行する雑誌(本)です。

 

「Autogenic:本来人間の持っている自律性=恒常性すなわちホメオスターシスを機能させる」という意味があります。また「ありのままに任せる」「自己制御・自己練習」という意味も含まれます。

 

「自立」「自立訓練」等と間違われて記される場合がありますが、「律」が正しい表記です。自律訓練法は、1932年にドイツの神経科医のシュルツによって体系化されました。シュルツは1920年代の科学的な催眠に誘導された人が、腕や脚の温かさをしばしば報告するという事実から、その感覚を自己暗示により生じさせ、催眠状態をつくることを考案しました。

 

自分自身でいつでもどこでも行えるという良さがあり、種々の効果が実証されている心理生理的訓練法です。

 

『自律訓練研究』は、原著、資料等の一般学術論文の他に、毎号自律訓練法に関するテーマを設定した特集論文を掲載しています。その他、学会ニューズレターを年間2号発行しています。

 

医学、歯科医学、心理学、教育学、看護学、産業、スポーツ等の諸分野における自律訓練法の正しい普及、教育及び研究を促進に役立ちます。

 

Journal: Japanese Journal of Autogenic Therapy.
Published twice a year since 1979.

誌面・記事構成

 目次の例

●巻頭言

・自律訓練法は心理療法か 斎藤 稔正

●特別講演

・心理療法としての自律訓練法 松岡洋一

●シンポジウム

・慢性疲労症候群に対する自律訓練法の有用性と限界 岡 孝和
・耳鼻咽喉科の難治性めまいに対する非薬物治療としてのめまいリハビリテーションと自律訓練法 五島史行,中井貴美子

●ワークショップ

・自律訓練法集団指導における指導上の留意点について 松岡素子

●原著

・注意欠陥・多動性障害児と母親に対する自律訓練法の効果検討 西村 恵,水上勝義,坂入洋右

●資料

・自律訓練法には不安低減効果があるのか:2000年-2014年の文献のシステマティック・レビュー 堀田 亮,菅原大地,佐々木理恵,杉江 征

「日本自立訓練学会」の活動内容

日本自律訓練学会」は医学、歯科医学、心理学、教育学、看護学、産業、スポーツ等の諸分野における自律訓練法の正しい普及、教育及び研究を促進することを目的としています。「日本自律訓練学会」では以下の事業を行っています。

・研究促進を目的とした年次大会(以下大会)の開催
・学術講演会・研究会等の開催
・機関誌(自律訓練研究)および他の印刷物の刊行
・指導技術講習会の開催ならびに指導資格の認定
・学会賞の設置およびそれに相応しい会員の顕彰
・その他、本学会の目的達成のために必要な事業や活動

出版社公式サイト・オンライン書店紹介文

Fujisan.co.jp/口コミ・レビュー

●口コミ・レビュー

  • 読者満足度 : ─%
  • 投稿数 : ─件 (2020年9月22日現在)

 

毎日学術フォーラム

紹介文

 

オリジナルレビュー・誌面イメージ/

自律訓練研究│表紙

 

自律訓練研究│Fujisan.co.jp自律訓練研究(Fujisan.co.jp)

「自立訓練」関連学会・協会等リンク

「日本自律訓練学会」