「重症集中ケア(インテンシブケア)」(集中ケア:ICU(集中治療室)・CCU(循環器疾患集中治療室)・HCU(高度治療室)・NCU(脳神経外科集中治療室)・SCU(脳卒中集中治療室)他、急性・重症患者看護、クリティカルケア、救急看護)領域のおすすめ専門雑誌『重症集中ケア』を紹介・ガイドしています。

 

表紙、値段・価格、発行、創刊、出版社公式サイト、内容の概要などの媒体基本情報の他、取扱い領域、対象読者層・職種、当サイトオリジナルの紹介文・レビュー、おすすめポイント、豆知識、領域が類似する雑誌の紹介などの情報を掲載しています。最新号のみではなく、バックナンバー、増刊号も紹介しています。

媒体の基本情報・概要

集中ケア、急性・重症患者看護、救急看護、クリティカルケア領域の実践力と指導力、そしてベストプラティクスの選択力を磨くためのおすすめの専門雑誌『重症集中ケア』!

重症集中ケア│表紙

紙媒体│WEB教材・テキスト(PC・タブレット・スマホ)

重症集中ケア 公式サイト

広告媒体・パンフレット[PDF版]

日総研出版(since1977(昭和52)・出版部門独立1983(昭和58)年


バックナンバー一覧:日総研

Fujisan・富士山マガジン ナース・看護雑誌

Amazon・アマゾン トップ

Rakuten・楽天ブックス トップ

見本誌無料試し読みサービス

日総研


1冊(単品)価格・値段

一般号:取扱いなし

1年間定期購読価格

一般号:18,900円(別途入会金 3.000円)

判型・サイズA4変型判

発行頻度数月刊

発売日:10日※

(※:発売日は、土・日曜日や祝・祭日の関係により前後することがあります。)

創刊(調査中)

発行部数(調査中) 部


  • 媒体取扱い領域:集中ケア(ICU・CCU・他)/急性・重症患者看護/クリティカルケア/救命・救急看護
  • 読者層(職種):看護師・ナース│集中治療医・救急医・医師

オリジナル紹介文

媒体概要/紹介文/レビュー

看護師さんが救急車で搬送された患者さんをストレッチャーに乗せて移送しているイラストです。ICU・CCUといった重症集中ケアの臨床現場で今、活用・実践されている知識・技術

『重症集中ケア』は、「日総研」が出版している重症集中ケア・クリティカルケア領域をメインとしたおすすめの人気の専門雑誌です。取り扱っている領域は重症集中ケアを主軸としていますが、必要な知識・技術が類似あるい錯綜している、クリティカルケア、急性・重症患者看護、救急看護の領域についても取り扱っています。幼児・小児から高齢者まで、対象を限定せずに包括的に網羅しています。

 

リストマーク 『重症集中ケア』は、第一線のエキスパート看護師(集中ケア認定看護師・クリティカルケア認定看護師)の視点から分かりやすく、かつ明日からの臨床実践にすぐに活かせる情報を、多岐にわたる診療科の重篤な患者さんをケアする、新人からベテランまでの幅広いナースへ実践重視で解説しています。ICU看護のトレンド、画像所見・検査データの活用法、最新知見とエビデンス、ICU・CCU看護師に求められる知識・技術、災害看護、pros and consなどのテーマを軸にした現場で即、使える!後輩指導にも役立つ!記事が満載です。

 

 「重症集中ケア・クリティカルケア」領域における臓器の構造と機能といった解剖生理症状・疾患とその病態生理検査/診断治療処置・ケア技術の基本疾患・症状の経過看護関連図看護過程・展開など基礎・基本的事項から、急性心筋梗塞や急性大動脈解離や重症心不全のために救急搬送された重症患者のケア、心臓血管外科手術後の集中治療を必要とする患者などの集中治療・看護、看護計画立案・実施・評価の質、曳いては、患者に提供する看護の質を左右する重要な要素であるフィジカルアセスメント家族看護、、家族の意思に配慮しつつ同意が得られるような適切な意思決定支援プロセス、⽣命を脅かす疾患に起因した諸問題に直⾯している患者と家族のQOLを改善するアプローチである緩和ケア、治療や措置の継続を差し控えることが適切と思われる状況に至ったときの対応、多職種・チーム医療による退院支援と地域連携、脳浮腫や頭蓋内圧亢進のケア、予後改善効果などが示されるようになったリハビリテーション、など重症集中ケア領域固有の看護の知識・技術を、最新のデビデンス・臨床知・実践知・実践事例とともに学習・勉強できる最新情報の記事が掲載されています。

 

人工呼吸器などの呼吸管理、脳神経の管理、心肺蘇生法などの循環器管理、輸液管理などの代謝・栄養管理、皮膚創傷のケア、クリニカルラダーに沿った看護、薬の知識、血糖コントロール、敗血症、心のケア・メンタルヘルスケア、理学療法士・言語聴覚士などのリハビリ職との連携、早期経管栄養・早期経腸栄養、鎮静・鎮痛といった緩和ケア、看取り、モニタリング、臨床工学技士との連携、外科手術、集中治療後症候群(post intensive care syndrome:PICS)、プロポフォール症候群、診療報酬、などについても取り上げています。

 

重症集中ケア・クリティカルケア領域における看護では、患者理解に必要な全身管理(中枢神経系、循環動態、呼吸器系)、鎮痛・鎮静、酸素療法・人工呼吸を中心に、質の高いケアスキルと瞬時のベストな判断力が要求されます。それ故に、日ごろからの知識の習得や教育が他領域に比べてより重要となります。『重症集中ケア』は教科書には掲載されていないトレンドな実践的な情報が載っており、明日からの日々の実践に活用できる記事が満載です。

ICUのイラストです。気管挿管、脳ドレーン、シリンジポンプ等が繋がっている患者さんのイラストです。

特集・連載・教材(テキスト・動画)・他で構成

重症集中ケアは1号1又は2テーマの「特集」と1号5本程度の記事を掲載している「連載」の2つのカテゴリーで構成されています。  「特集」「連載」のそれぞれ、取り上げたテーマについての、エビデンス・臨床知に基づいた説明・解説・詳説、現状における問題に対して取り組まれている課題、全国の施設での新しい取り組み事例の紹介、業務改善の提案、などの記事を掲載しています。「連載」では、読み物として楽しめるコラム的な記事も掲載しています。  重症集中ケア・クリティカルケア領域の教材・テキストもあります。WEB動画も配信しています。 

 

 救急看護実践スキルの研鑽のための教科書・参考書として、また、新人の教育・指導や院内の研修・勉強会のテキスト・教材として、看護学生の国試対策の勉強や実習学習のための教科書・参考書として活用できる記事も、一部掲載されています。記事の末尾に掲載されている参考文献をたどっていけば、情報・データ収集に役立ちますし、その記事の内容についてさらに深く勉強することもできます。

おすすめポイント

重症集中ケアおすすめポイントは、全国の病院・医療施設におけるICU、CCU、HCUといった重症・集中・クリティカルケア領域の現場で実践されている新しい取り組み事例や提案が豊富に紹介されており、エビデンス・臨床知・実践知の最新情報が学べるところと、新人教育や院内研修などで活用できる教材・テキストとWEB動画の配信があるところです。また、図表・写真・イラストによる解説を適宜挿入したビジュアル誌面で編集されいるのでイメージ的に学習でき、知識が定着しやすいところも魅力です。継続して読めば、集中治療、周手術期、救急治療のほか、一般病棟を含め、あらゆる治療の場に求められる重症集中ケア・クリティカルケア看護の実際をまとめた完全版のガイドブック・テキストになります。

 

領域を「重症」と「集中」「クリティカル」に絞っている分、他誌にはない深部まで触れた、”こんな時どうする?”に答えてくれる、トレンドな記事となっています。平易な表現で基礎から臨床まで実践に即して分かりやすく記述された記事は、臨床ナースのみならず看護学生にとっても役立つ内容です。1記事(1タイトル)当たり10ページ程度割かれた読み応えのある記事量です。

豆知識/読者層/口コミ・レビュー/その他情報

読者層(職種)・編集委員・執筆者

読者層(職種)は、病院などの医療施設のICU・CCUなどの集中ケア実践の場で活躍する看護師・ナースです。「集中ケア認定看護師」「急性・重症患者専門看護師」「クリティカルケア認定看護師」へのステップアップ・資格取得を目指す看護師・ナースにもおすすめの専門雑誌です。 執筆者は、「集中ケア認定看護師」「急性・重症患者専門看護師」のほか臨床工学技士や医師などもいます。

編集コンセプト・豆知識

編集コンセプトは 現場で即、使える!後輩指導にも役立つ!”です。

口コミ・レビュー(おすすめ度)

定期購読者の口コミ・レビューは「日総研」※のサイトに掲載されています。※リンク先のページの下方に掲載しています。

お得・便利情報

理解を速めてくれるWEB動画の配信など、豊富な教材・テキストなどのコンテンツのサービスを、読者限定ですが受けることができます。

見本誌の試し読み

日総研」※のサイトでは最新号の特集記事又は連載記事を無料で試し読みができます。の見本誌の試し号によって異なりますが、15ページ程度読めますので、ご購読前に是非一度ご確認下さい。※リンク先のページの最上方に「試し読みできます」、最下方に「試し読みはこちら」のボタンがありますので、タップしていただくと誌面が開き、お読みいただくことができます。最上方と最下方から読める記事は同じものです。

 

最新号・バックナンバーの表紙画像(日総研)

一般号と増刊号の最新号・バックナンバーの表紙画像です。表紙イメージ・画像をタップしていただくと、「日総研」の雑誌紹介ページへリンクしています。なお、発売日順(新しい順)ではなくランダムに順不同で掲載していますので、ご注意願います。

【最新号・一般号】

重症集中ケア│表紙


【バックナンバー・増刊号】

バックナンバー一覧の表紙画像:日総研

(約2年間分のバックナンバーまでご覧いただけます。)

領域や読者層が類似するおすすめの関連雑誌

重症集中ケアと領域や読者層が類似する「重症集中ケア」「クリティカルケア」領域のおすすめの専門雑誌の表紙画像です。表紙イメージ・画像をタップしていただくと、「Fujisan(富士山マガジン)」の雑誌紹介ページへリンクしています。ただし、『ICNR PRACTICE・プラティクス』は学研メディカル秀潤社の雑誌紹介ページへリンクしています。

ICNR PRACTICE(Intensive Care Nuesung Review)│表紙

─集中ケア─

1冊価格 : 2,750 円

詳細を見る!

【学研メディカル秀潤社】

ICNR PRACTICE(Intensive Care Nuesung Review):Amazon

 

Emer-Log(エマログ)│表紙

─急性・重症患者看護・救急看護・集中ケア・クリティカルケア─

見本誌無料試し読み

1冊価格 : 2,970 円

詳細を見る!

Emer-Log(エマログ):Fujisan

 

プレホスピタル・ケア│表紙

─プレホスピタルケア・ERケア・救急救命士・救急隊員─

1冊価格 : 1,400 円

詳細を見る!

プレホスピタル・ケア:Fujisan