精神療法、認知行動療法、メンタルケア、カウンセリング領域のおすすめ雑誌『精神療法』を紹介・ガイドしています。

 

表紙、値段・価格、発行、創刊、出版社公式サイト、内容の概要などの媒体基本情報の他、読者層、豆知識、プレゼント情報や当サイトオリジナルの紹介文、レビュー、誌面イメージ、口コミ評価、豆知識等を掲載しています。最新号のみではなく、バックナンバー、増刊号も掲載しています。

 

媒体の基本情報・概要

創刊以来総合精神療法一筋の専門誌!!

精神療法│表紙

紙媒体 パソコン タブレット スマートフォン

1冊(単品)価格:2,2000円(本編) │ 3,080円(増刊)

1年間定期購読価格 : 16,280円(本誌+増刊)

AB判 │ 偶数月刊+5月(増刊) │ 5日発売

1975(昭和50)年 創刊 │【金剛出版】(since1968(昭和43)年

6,500 部発行(金剛出版 広告媒体)

精神療法(Fujisan.co.jp)

 

 媒体関連キーワード : 精神療法/支持的精神療法/認知行動療法/集団精神療法/カウンセリング

 読者層プロフィール : 医師 │ 心理学者 │ 臨床心理士 │ カウンセラー │ 精神保健福祉士

 

 

 

オリジナル紹介文

媒体概要

『精神療法』は、臨床医が外来患者を診療する際に役に立つ精神療法の理論やテクニックなど、日々の臨床に直結する記事を配信しています。精神療法の位置づけという基礎的な内容から、患者とのラポートづくりや効果的な面接の技法といった実際の治療でのポイント、臨床でみかける機会の多い疾患の特徴と介入方法まで網羅的に解説しています。限られた時間でより有効な診療を行う手助けとなります。

 

日常臨床に直結した特集と症例研究、文献紹介などで構成される豊富な誌面は、初学者からベテランまで幅広い支持を得ています。

 

本誌は1975(昭和50)年『季刊 精神療法』として創刊され、その後1991(平成3)年『精神療法』と改名されました。

出版社公式サイト・オンライン書店紹介文

Fujisan.co.jp/口コミ・レビュー

口コミ・レビュー

  • 読者満足度 : 100%
  • 投稿数 : 1件 (2020年9月22日現在)

 

金剛出版

紹介文

Vol.45 2019年No.1(2月号)

表紙・目次・コンテンツ/誌面イメージ

精神療法 2019年 No.1│表紙

 

精神療法 2019年 No.1│目次(1)

 

精神療法 2019年 No.1│目次(2)

 

精神療法 2019年 No.1│誌面・記事イメージ(1) 精神療法 2019年 No.1│誌面・記事イメージ(2)
精神療法 2019年 No.1│誌面・記事イメージ(3) 精神療法 2019年 No.1│誌面・記事イメージ(4)
精神療法 2019年 No.1│誌面・記事イメージ(5) 精神療法 2019年 No.1│誌面・記事イメージ(6)
精神療法 2019年 No.1│誌面・記事イメージ(7) 精神療法 2019年 No.1│誌面・記事イメージ(8)
精神療法 2019年 No.1│誌面・記事イメージ(9) 精神療法 2019年 No.1│誌面・記事イメージ(10)
精神療法 2019年 No.1│誌面・記事イメージ(11) 精神療法 2019年 No.1│誌面・記事イメージ(12)

 

オリジナルレビュー/【特集】公認心理師のための簡易型認知行動療法入門

2015年9月に公認心理師法が国会で成立し、2018年9月には第1回の公認心理師私見が実施されました。2019年は、国家資格を有する心理職である公認心理師が本格的に活動を開始する記念すべき年となります。では、心理職が国家資格かとなって新たに生じる変化とはどのようなものなのでしょうか。

 

そのような変化の中で最も本質的な変化のひとつとして、心理職の活動にアカウントビリティが求められることがあります。国家資格となることは、心理職が国の政策に責任もとって関与することです。国の政策には、国民の税金が使われています。そのために、国の政策の一旦を担うことは、法律遵守が求められるとともに国民に対して活動の有効性を示す説明責任を果たすことがもとめられるようになるのは当然です。

 

活動にアカウントビリティを示すという点で、有効性が実証された活動を実践するエビデンスペイスト・プラクティスが重要となります。エビデンスペイスト・プラクティスとなると、多くの効果研究によって有効性が実証されえちる認知行動療法が重要な役割りを担うこととなります。

 

しかし、日本の多くの心理職は、これまで認知行動療法の本格的な教育や訓練を受けてきていないという実状があります。そのため、まずは認知行動療法の基本から学んでいく環境を整えていく必要があります。

 

そこで、本特集では、公認心理師がまず学ぶツールとして、すでにその教育プログラムが開発され、実践されている簡易型認知行動療法を紹介することを目的としています。公認心理師は、汎用性を前提としていますので、5分野それぞれにおける簡易型認知行動療法の活用の実際を示し、学習の助けとすることも併せて目的としています。