雑誌『精神障害リハビリテーション』は「精神障害のリハビリ医療・福祉」の専門雑誌です。認知症、ADHD・多動性症候群、アスペルガー症候群、アルコール依存症などの精神障害における急性期から回復期、在宅支援までと、役割りが益々広くなるとともに、求められる知識・技術が深度化する精神障害のリハビリ医療従事者へ向けたおすすめの雑誌です。

 

当ページでは、金剛出版公式サイトから引用した価格や対象読者層・職種、記事構成、お得情報、インパクトファクターの指標となる発行部数などの他、当サイトオリジナルの紹介文やおすすめポイント、豆知識、便利情報を掲載しています。最新号・増刊号・バックナンバー一覧、口コミ評価・おすすめ度をFujisan.co.jpより引用して掲載しています。本誌は見本誌が読み放題です。「精神障害リハビリ医療・福祉」領域の他雑誌の紹介もしています。

媒体の基本情報・概要

精神障害とリハビリテーション│表紙

紙媒体

精神障害とリハビリテーション 公式サイト

広告媒体なし

金剛出版(since1968(昭和43)年


精神障害とリハビリテーション:Fujisan

バックナンバー一覧:Fujisan

Amazon・アマゾン トップ

Rakuten・楽天ブックス トップ

見本誌無料試し読み・読み放題サービス

サービスなし


1冊(単品)価格・値段

一般号:1,650円

1年間定期購読価格

一般号+臨時増刊号:3,300円

判型・サイズ:B5判

発行頻度:6,12月刊(年2冊)

発売日:30日※

(※:発売日は、土・日曜日や祝・祭日の関係により前後することがあります。)

創刊:(調査中)

発行部数:(調査中) 部


  • 媒体取扱い領域:精神医療/リハビリテーション医療・医学/福祉
  • 読者層(職種):精神科医│リハビリ医│精神保健福祉士│社会福祉士│理学療法士│作業療法士│看護師・ナース

オリジナル紹介文

媒体概要/紹介文/レビュー

多動性症候群・ADHD、自閉症スペクトラム、双極性障害、アスペルガー症候群、知的障害、統合失調症、気分障害、強迫性障害、記憶障害などのさまざまな精神疾患・症状に対するリハビリ医療の視点からの知識・技術/急性期、亜急性期、回復期、慢性期といったそれぞれの病期におけるリハビリ医療/精神障害者の家族を支える様々な支援の仕組み/精神疾患患者に係る要介護認定における支援システムの構築/心の病気の方・精神障害者のご家族を支える様々な支援の仕組み/多くの精神障害者が抱えるコミュニケーション上の課題とその解決方法/一次予防(健康増進、疾病予防)、二次予防(早期発見、早期治療)から、病気によって残った障害を最小限にし、その制約のもとで充実した生き方ができるようにするための三次予防/のほか、

 

年金などの社会資源の活用/障害のある人も無い人も同じように社会の一員として社会活動に参加し、自立して生活することができる社会を目指すノーマライゼーション/精神障害のある方のひとり暮らしの支援/寛解者の退院支援/精神障害のある方の就職・復職・転職活動と就労支援やそれらのネットワークづくり/精神障害の内因性・外因性・心因性による要因の研究/障害者自立支援法に基づいたサービスの提供/精神障害者を対象とした訪問看護を担う人材の養成・育成/薬物療法や心理療法、社会療法といったさまざまな療法の現状や最新動向/要介護認定のための支援/障害があっても充実し生産的な生活を送ることができる能力を回復させるためのリカバリー/などの記事が満載です。

 すでに50年を超える歴史を刻もうとしている精神障害者リハビリテーションですが、わが国では今でも十分に機能していないのが現実のようです。精神疾患やこころの病を持つ人たちが回復してくるとともに、生きることの不器用さや、その不器用さから無理な努力をして自滅してしまうなど、そのような再発事象は本人が環境のなかで感じる何らかのストレスによって起こると考えられています。精神疾患やこころの病を持つ人たちにも個人差があるため、診断や評価に状況を考慮することが必要であり、そのため心理学的アプローチ(精神医学的アプローチ)が重要とされています。リハビリテーションの方法自体にもこのアプローチが重要となり、リハビリテーションを受ける患者にとって、精神医療の果たす役割(相談・支援・援助)は大きいものとなっています。

 

 『精神障害とリハビリテーション』は、わが国における精神障害リハビリテーションのグローバルスタンダードとして、「日本精神障害者リハビリテーション学会」が発行している機関誌です。「日本精神障害者リハビリテーション学会」の会則では、”精神障害者リハビリテーションの向上と会員相互の学術研究”を目的として、”会員の実践及び研究活動の成果を発表する研究大会の開催、技術や情報を普及させるための研修会の開催、精神障害者リハビリテーションに関する研究及び情報交換、学会誌等、印刷物の刊行、その他、本会の目的を達成するために必要な事業を行う”、とされています。

 

”精神障害リハビリテーションとは何か?”、こころの回復を支えてきたプロフェッショナルな著者がそんな疑問にわかりやすく答えるとともに、精神障害リハビリテーションの基本的な概念や理論の解説にはじまり、実際にリハビリテーションを進めていく手順、ひとりひとりの人生に寄り添うことの重要さ、支援者に必要な技術や心構えまで、精神障害リハビリテーション領域を網羅した記事が満載のおすすめの雑誌です。

 現在においても、精神障害者福祉と身体障害者・精神薄弱者福祉といったものとの格差は顕著です。『精神障害とリハビリテーション』では、わが国における精神障害者リハビリテーションの現状の報告、現状の問題、今後の課題について触れ、精神障害者福祉の貧困な現状を改善する手がかりを模索するとともに、まず他の障害者福祉と同水準まで引き上げ、さらに発展に寄与するために情報発信を行っています。精神疾患・こころの病を持っている人に対して、どのような専門的な援助ができるか、ということについて、精神療法家とも違う、認知行動療法家とも違う、薬物療法の専門家とも違うスタンスを提供しています。治療する技の効果や、疾患についての知識の豊富さだけでは語れないことについて思慮する機会を与えてくれ、そして、精神疾患・こころの病にかかることになって、その人の生活や人生にどのような影響が出てくるのかについて、思いをはせる機会にもなります。

 『精神障害とリハビリテーション』は1号1テーマの「特集」を主軸としつつ「総説」「原著」「研究ノート」「奨励実践」「海外の事情」「先達に聞く」、5冊程度の新刊書籍・本を詳しくレビューするとともに紹介する「図書紹介」「事例・実践報告」「特別寄稿」「海外の精神障害リハビリテーション研究の紹介」「追悼」といったコンテンツで構成されています。  「その他」、関連学会の開催の案内、編集後記などがあります。  Fujisan.co.jp」のPCサイトでは、20号程度の目次を一度に俯瞰することができますのでチェックしてみて下さい。

 

 おすすめポイントは、精神障害リハビリ領域の先進国である、アメリカやスウェーデン、ノルウェー、デンマーク、フィンランドなどの北欧諸国の事例が豊富に掲載されているところです。精神障害のリハビリ医療・福祉を主軸としていますが、総合リハビリテーション領域の記事も豊富に掲載されている、定期購読がおすすめの雑誌です。

読者層/口コミ・レビュー/豆知識/その他情報

読者層(職種)・編集委員・執筆者

読者層(職種)のメインターゲットは、精神科医、心理・精神療法家、リハビリ医、看護師、保健師、福祉職の方々です。総合リハビリテーションに関連する各産業に従事する方にもおすすめです。  編集委員は、本誌の巻末に掲載されています。  執筆者は、大学教授、医師など、精神障害のリハビリ医療の研究や臨床に携わる第一線で活躍する方々です。精神保健福祉士の資格取得によるスキルアップを目指す方にもおすすめです。

口コミ・レビュー(おすすめ度)

「Fujisan(富士山マガジン)」のサイトへの「口コミ・レビュー」の投稿数は0件、読者満足度(おすすめ度)は-%です(2021年2月22日現在)。

お得・便利情報

2020年2月22日現在、見本誌の無料試し読みサービスは行っていませんので、サービス開始次第に紹介します。

 

当サイトの管理人が試読しました精神障害とリハビリテーション』2017年NO.2号の誌面イメージは下の画像のとおりです。ビジュアル誌面でとても読みやすくなっており、おすすめです。

精神障害とリハビリテーション 2017年No.2│表紙

 

精神障害とリハビリテーション 2017年No.2│目次(1)

 

精神障害とリハビリテーション 2017年No.2│目次(2)

 

 

 

 

 

 

 

最新号・バックナンバーの表紙画像

一般号と増刊号の最新号・バックナンバーの表紙画像です。表紙イメージ・画像をタップしていただくと、「Fujisan(富士山マガジン)」の雑誌紹介ページが開きます。なお、発売日順(新しい順)ではなくランダムに順不同で掲載していますので、ご注意願います。

【最新号】

精神障害とリハビリテーション 最新号│表紙


【バックナンバー】

 

精神障害とリハビリテーション バックナンバー│表紙

 

精神障害とリハビリテーション バックナンバー│表紙

領域や読者層が類似するおすすめ関連雑誌の一覧

精神障害とリハビリテーションと領域(精神障害リハビリ医療、総合リハビリ、福祉)や読者層が類似するおすすめの専門雑誌を紹介しています。表紙画像をタップしていただくと、「Fujisan(富士山マガジン)」の雑誌紹介ページが開きます。

小児リハビリテーション│表紙

─幼児・小児リハビリテーション─

1冊価格 : 2,750 円

詳細を見る!

小児リハビリテーション:Fujisan

 

総合リハビリテーション│表紙

─総合リハビリテーション─

1冊価格 : 2,530 円

詳細を見る!

総合リハビリテーション:Fujisan