精神障害リハビリテーション領域のおすすめ専門雑誌『精神障害とリハビリテーション』を紹介・ガイドしています。

 

表紙、値段・価格、発行、創刊、出版社公式サイト、内容の概要などの媒体基本情報の他、読者層・対象職種、豆知識、当サイトオリジナルの紹介文・レビュー、誌面イメージ、口コミ評価、豆知識などの情報を掲載しています。最新号のみではなく、バックナンバー、増刊号も紹介しています。

 

媒体の基本情報・概要

精神障害リハビリテーションの枠組み、対象者のニーズに対応した合理的・効果的な援助技法と治療・支援プログラムの全体像を提示するおすすめの専門雑誌『精神障害とリハビリテーション』!

精神障害とリハビリテーション│表紙

紙媒体

1冊(単品)価格:1,650円(本編)

1年間定期購読価格 : 3,300円(本誌)

B5判 │ 6,12月刊(増刊) │ 30日発売

(調査中) 創刊 │【金剛出版】(since1968年)

(調査中) 部発行(金剛出版 広告媒体)

精神障害とリハビリテーション(Fujisan.co.jp)

 

 媒体関連キーワード : 精神障害/リハビリ/生活療法/精神分裂病/慢性疾患/医療/保健/福祉/就労/ピア活動/地域
包括的支援/当事者/家族/実践家/研究者/市民の対話/エビデンス/臨床知/インパクトファクター

 読者層(職種) : 臨床心理士│精神科医│心理カウンセラー・セラピスト│作業療法士│ ソーシャルワーカー│看護師

 

オリジナル紹介文

媒体概要

すでに50年を超えるからの歴史を刻もうとしている精神障害者リハビリテーションですが、わが国では今でも十分に機能していないのが現実です。精神疾患やこころの病を持つ人たちが回復してくるとともに、生きることの不器用さや、その不器用さから無理な努力をして自滅してしまうなど、そのような再発事象は本人が環境のなかで感じる何らかのストレスによって起こると考えられています。精神疾患やこころの病を持つ人たちには個人差があるため、診断や評価に状況を考慮することが必要であり、そのため心理学的アプローチ(精神医学的アプローチ)が重要となります。またリハビリテーションの方法自体にもこのアプローチが重要となり、リハビリテーションを受ける患者にとって、精神医療の果たす役割(相談・支援・援助)は大きいものとなっています。

 

『精神障害とリハビリテーション』は、わが国における精神障害リハビリテーションのグローバルスタンダードとして、「日本精神障害者リハビリテーション学会」が発行している機関誌です「日本精神障害者リハビリテーション学会」の会則では、”精神障害者リハビリテーションの向上と会員相互の学術研究”を目的として、会員の実践及び研究活動の成果を発表する研究大会の開催、技術や情報を普及させるための研修会の開催、精神障害者リハビリテーションに関する研究及び情報交換、学会誌等、印刷物の刊行、その他、本会の目的を達成するために必要な事業、を行うとされています。

 

現在においても、精神障害者福祉と身体障害者・精神薄弱者福祉といったものとの格差は顕著です。『精神障害とリハビリテーション』では、わが国における精神障害者リハビリテーションの現状の報告、現状の問題、今後の課題について触れ、精神障害者福祉の貧困な現状を改善する手がかりを模索するとともに、まず他の障害者福祉と同水準まで引き上げ、さらに発展に寄与するために情報発信を行っています。

 

『精神障害とリハビリテーション』は、精神障害リハビリテーションの考え方と枠組みを呈示し、対象者のニーズに対応した合理的かつ効果的な援助技法と治療・支援プログラムの全体像を示すことを目的に、わが国における実践家や研究者が協働して執筆にあたっています。多職種共働(multi-disciplinary)を旗印として結成された「日本精神障害者リハビリテーション学会」では、精神障害リハビリテーションの基礎をなす心理社会的治療・援助の方法論の急速な発展を受け、実践に重点をおいた学問体系としての「精神障害リハビリテーション学」をうち立てるべく、『精神障害とリハビリテーション』の編集に取り組まれています。それは、各職種ごとに蓄積されて来た豊富な経験を統合し、理念と活動、創造性と実証性が重ね合わされた地点に共通の基盤(プラットフォーム)を形成する試みです。

 

精神障害者リハビリテーションは医療施設のなかではじまり、地域リハビリテーションに連結されるとともに、通院患者の場合のように医療施設リハビリテーションと地域リハビリテーションは相互に補完的に行われるものです。近年の動向をふまえて編集された『精神障害とリハビリテーション』は、まさにリハビリテーション医学と精神医学の連繋を多面的にとらえ、わかりやすく解説する意欲的なおすすめの雑誌です。

 

障害 disability からの回復は、現在の医療・福祉制度の限界から、当事者や家族にとって必ずしも納得のゆくものではないかもしれませんし、そして、薬物療法が必要でなくなるくらいに回復してほしい、という専門家の願いもまた、まだ夢の段階で終わっています。いずれはもっと回復を助けていく科学や技術が生まれてくる可能性は残されています。

 

『精神障害とリハビリテーション』は、”精神障害リハビリテーションとは何か?”、こころの回復を支えてきたプロフェッショナルな著者がそんな疑問にわかりやすく答えるとともに、精神障害リハビリテーションの基本的な概念や理論の解説にはじまり、実際にリハビリテーションを進めていく手順、ひとりひとりの人生に寄り添うことの重要さ、支援者に必要な技術や心構えまで、精神障害リハビリテーション領域を網羅した記事が掲載されています。

 

精神疾患・こころの病を持っている人に対して、どのような専門的な援助ができるか、ということについて、『精神障害とリハビリテーション』では、精神療法家とも違う、認知行動療法家とも違う、薬物療法の専門家とも違うスタンスを提供していると思います。治療する技の効果や、疾患についての知識の豊富さだけでは語れないことについて考える機会を与えてくれ、そして、精神疾患・こころの病にかかることになって、その人の生活や人生にどのような影響が出てくるのかについて、思いをはせる機会にもなります。

 

具体的には以下のような項目に関連する現状・問題・課題・研究・臨床・展望についての記事が掲載されています。

1.精神の「障害 disability」とは何か:統合失調症の人の生きづらさから障害 disability を考える、障害・生きづらさはどの程度改善するのか、障害 disability をもたらす基盤としての脳機能、障害の構造──機能・活動・社会参加、環境(文化・社会制度・人とのつながり)は障害を変える、ノーマライゼーションと障害 disability の克服

 

2.リハビリテーションとはどういうものか:リハビリテーションという言葉が示すもの、リカバリー概念の発展、エビデンスに基づく実践とパーソナルリカバリー、精神障害リハビリテーションの基本的な考え方、精神障害リハビリテーションの技術、地域におけるリハビリテーション、希望を育むこと・成長していくこと

 

3.精神障害リハビリテーションのプロセス:精神医学の治療とリハビリテーションの違いを考える、初診のときからリハビリテーションは始まる、苦しい症状に対してまずは本人が楽になることを見つける、家族や周囲の人たちに、疾患や障害の特徴を知ってもらい、どうつきあっていくかを学んでもらう、「楽しいこと」「興味の持てること」を見つけ自信や体力や気力を取り戻していく、本来の自分の力が少しずつ戻ってきたら社会参加の目標を見つけていく、リアルワールドにチャレンジする、なかなかよくならない症状・障害とつきあっていくやり方を探していく、リハビリテーションから次の一歩が踏み出せない場合がある、再発・再入院への対応、長い目で見て回復を信じていくことが大切である、人それぞれのリカバリー、早期介入・こころの健康

 

4.精神障害リハビリテーションを計画する:治療・リハビリテーションの計画を立てるときの基本的な考え方、初診察(面接)時の治療・リハビリテーション計画、急性期を乗り切るための計画、うまく急性期が乗り切れないときの治療・リハビリテーション計画の修正、日常生活の再開や退院を準備していくための計画、社会参加に向けた計画、外来中断・引きこもりなどへの計画、社会参加の継続を支援する

 

5.人生を支援するリハビリテーション:ライフステージと精神障害、就労支援、恋愛・結婚・子育て支援、ひとり暮らしや身体的健康の支援

 

6.回復を支える支援者の役割:Personal support specialist、リハビリテーションに携わる personal support specialist の視点、定期的な個人面接、リハビリテーションの専門家として知っておきたい技術、精神障害リハビリテーションについて深く学ぶ、多職種協働チーム

 

7.精神障害リハビリテーションをゆたかにする研究:障害 disability の解明、障害 disability を改善するためのリハビリテーションの開発と効果検証、「主体」の意欲を育てパーソナルリカバリーを支援するための研究、有用なリハビリテーションの実装・普及研究とサービスの効果研究、どのような社会のあり方が障害を持つ人の社会参加を促しノーマライゼーションにつながるか

 

8.臨床場面における心理的問題―精神療法的観点から―/はじめに―「治療を受けること」や「入院すること」に含まれるストレス│ストレスとコーピング能力│医療者-患者関係の基礎⇒パターナリズムからインフォームド・・・コンセントへ│医療者-患者関係を作り上げる:精神医学的な診断と精神力動的な診断、患者の話を聞き,患者を理解する―アクティブ・・・リスニング、守秘性、スーパービジョンを受けること│治療チームをつくる,あるいはその機能を高める:基底的想定集団、自殺念慮について話題にする、課題集団、悪い知らせを伝える、カンファレンスをもつ│自分のできることを考え続ける

9.精神障害の概要/9.1.精神障害とは:精神障害とは、精神障害の分類/9.2.精神症状の現れ方:要素的精神症状、主要な症候群と状態像
/9.3.主な精神障害/統合失調症:症状・・・経過、陽性症状:Schneiderの一級症状(first rank symptoms)を中心に、解体症状:思考障害と言語障害、陰性症状、認知機能障害、臨床亜型(下位分類)、生物学的要因、治療│躁うつ病(気分障害):症状、診断、原因、治療│神経症・・・パーソナリティ障害:神経症、パーソナリティ障害(人格障害)、神経症…パーソナリティ障害の治療│器質精神病・症状精神病・・・てんかん:器質精神病、症状精神病、中毒精神病、てんかん│初老期・老年期の精神障害:アルツハイマー病(Alzheimer’s disease:AD)、脳血管性認知症(vascular dementia:VD)、レビー小体型認知症(dementia with Lewy bodies:DLB)、軽度認知機能障害(mild cognitive impairment:MCI)│発達障害:精神遅滞、学習障害、広汎性発達障害、コミュニケーション障害
/9.4.精神障害の診断と治療/精神障害の診断:予診、現在症、理化学的検査、心理検査、診断基準│精神障害の治療:薬物療法、精神療法、その他の治療法

10.一般身体疾患のリハビリテーションにおける精神医学的問題/10.1.身体障害後の心理的反応(総論)/障害の「受容」について:障害受容に関する諸説、障害への適応に関する説(ステージ理論)、ステージ理論への批判、日本における障害受容説、障害受容・適応に影響する要因│身体障害と自殺:自殺企図による身体障害、身体障害後の自殺企図/10.2.身体障害後の心理的反応(各論)/脊髄損傷:神経心理学的問題、感覚・知覚の問題、情緒的問題、家族関係、リハビリテーション・プログラムと障害の自覚過程│ 脳卒中:急性期から回復期の留意点、回復期から慢性期の留意点│ 切断の心理│関節リウマチ:RAの発症および経過と心理的要因、RA患者の心理状態│ 熱傷:適応に影響する性格特性、自尊感情の回復、留意点/10.3.慢性疼痛/慢性疼痛の症状―急性疼痛・難治性(急性再発性)疼痛および神経原性疼痛との比較│ わが国の慢性疼痛の心理的特徴│慢性疼痛理論の変遷―心因性疼痛から慢性疼痛へ│行動療法から認知行動療法へ―慢性疼痛管理プログラムの背景となる心理学理論の流れ│リハビリテーションでの慢性疼痛への認知行動療法の実際:適応、期間・内容、結果・予後、施行上の留意点│慢性疼痛における脳内基盤の解明と認知行動療法プログラムへの影響/10.4.リハビリテーションにおける患者-スタッフ関係:患者-スタッフ間の葛藤,グループダイナミクス、スタッフ間の連携

 

11.高次脳機能障害のリハビリテーション―認知障害のリハビリテーション―/認知リハビリテーションとは│機能回復に関する考え方:機能回復に関する研究の歴史、再建と再編成、機能回復およびリハビリテーションに関する神経生物学的研究│現代の認知リハビリテーション:反復練習による認知訓練、認知神経心理学モデルによる認知リハビリテーション、学習理論,認知心理学,神経心理学に依拠した認知リハビリテーション、全体論的アプローチを使った認知リハビリテーション│注意障害のリハビリテーション:attention process training(APT)、注意障害の認知リハビリテーションの効果│記憶障害のリハビリテーション:反復訓練(repetitive practices and exercises)、環境調整(environmental adaptations)、外的代償法(external memory aids or external strategies)、内的記憶戦略法(internal strategies)、その他の方法遂行機能障害のリハビリテーション│半側空間無視のリハビリテーション:半側空間無視、無視の回復、半側空間無視の認知リハビリテーション

 

12.機能性精神障害のリハビリテーション/12.1.総論:サービスモデル、治療プログラム/12.2.早期発見・早期介入の重要性とリハビリテーション/12.3.多職種チームによるアプローチ:多職種チームによるアプローチとは、専門職としての役割/12.4.継続的アセスメント:精神障害者の地域生活と統合型サービス、アセスメントの目的、訪問中心のセッション、継続的かつ統合的なアセスメント、継続的アセスメントの実際、身体的側面の観察と評価/12.5.訪問ケア・アウトリーチ:症例にみるアウトリーチの実際、アウトリーチのもつ意味、留意すること/12.6.双方向性の心理教育:心理教育の概念、心理教育の具体的手法/12.7.リハビリテーションに適した薬物療法:抗精神病薬、認知機能との関係/12.8.ストレスマネジメント:ストレスとは何か、ストレスコーピング、ストレスマネジメント/12.9.認知行動療法:認知とは何か?、認知行動療法とは何か?、社会生活技能訓練(SST)、症例/12.10.就労支援:就労前準備期、就労準備期、就労継続期、症例:ジョブコーチを利用しての就労、今後の就労の形

 

13.失語症の社会復帰/失語症者の抱える問題│社会復帰状況から社会適応へ│社会適応に影響を及ぼす要因│失語症者に対するリハビリテーション:家族指導、職業復帰、地域活動,友の会など

 

豆知識/読者層/口コミ・レビュー/その他情報

リストマーク 読者層のメインターゲットは臨床心理士や、精神科医、心理カウンセラー・セラピストです。作業療法士、 ソーシャルワーカー、精神保健福祉士、看護師にも役立つ記事が掲載されています。精神保健福祉士資格取得を目指す者や学生、初心者の学習・知識の習得にも役立つほか、ベテランにとっても各人の実務経験が体系的に整理でき、実践の指針としてスキルアップに役立ちます。

 

リストマーク 「Fujisan(富士山マガジン)」のサイトへの「口コミ・レビュー」の読者満足度は─%(口コミ数0件:2020年12月18日時点)です。

 

無料読み放題サービス

リストマーク 2020年12月18日現在では、見本誌の無料読み放題サービスは行っていません。『精神障害とリハビリテーション Vol.21,2017年No.2 11月号』の誌面イメージは、下の「レビュー/Vol.21,2017年No.2 11月号」に示している画像のとおりです。

 

最新号・バックナンバーの表紙画像

最新号とバックナンバーの表紙画像です。表紙イメージは「Fujisan(富士山マガジン)」に掲載されている画像へリンクしています。なお、発売日順(新しい順)ではなくランダムに掲載していますので、ご注意願います。

精神障害とリハビリテーション│表紙

 

精神障害とリハビリテーション 第16巻第1号 (発売日2012年06月30日)│表紙

 

精神障害とリハビリテーション 第8巻第1号 (発売日2004年06月30日)│表紙

 

レビュー/Vol.21,2017年No.2 11月号(通巻第42号)

精神障害とリハビリテーション 2017年No.2│表紙

 

精神障害とリハビリテーション 2017年No.2│目次(1)

 

精神障害とリハビリテーション 2017年No.2│目次(2)

 

精神障害とリハビリテーション 2017年No.2│誌面イメージ(1)

 

精神障害とリハビリテーション 2017年No.2│誌面イメージ(2)

 

精神障害とリハビリテーション 2017年No.2│誌面イメージ(3)

 

精神障害とリハビリテーション 2017年No.2│誌面イメージ(4)

 

精神障害とリハビリテーション 2017年No.2│誌面イメージ(5)

 

精神障害とリハビリテーション 2017年No.2│誌面イメージ(6)

 

精神障害とリハビリテーション 2017年No.2│誌面イメージ(7)

【特集】国際動向を踏まえた日本の強みと展望


わが国の精神科リハビリテーションは、精神病床34万床という病院中心医療に代表さえっるように、主に「地域精神医療福祉、生活や就労」や「司法精神医療、法や制度の整備」といった観点から、先進国の中では国内外から遅れを指摘されてきていました。最近では、ゴ・プロダクションモデルやリカバリーカレッジなどイギリスの精神保健医療、イタリアの地域精神保健医療福祉、フィンランドのオープンダイアローグなど、先進的な世界の精神保健医療福祉の同行を先行モデルとして、本邦でも報告や観察がなされています。

 

当学会でも、「精神科リハビリテーション」「リカバリー」「ゴ・プロダクションモデル」といった概念、ACT(包括型地域生活支援プログラム)・FPE(家族心理教育)・IPS(援助付雇用)IMR(疾病管理とリカバリー)といったEBP(精神障害をもつ人たちに対する科学的根拠に基づく実践プログラム)、WRAP(元気回復行動プラン)やマインドフルネスなどセルフサポートツールを積極的に紹介・導入してきた経緯があります。

 

ここ10年の日本の精神保健医療福祉の動向をみると、政策提言につながる実行可能で有効な実践が始まっており、また諸外国のモデルに影響を受けながらも、本邦の精度や文化に即して独自の展開を果たしている分野や滑動もあり、いまだ問題点は存在するにせよ、現在いい意味で大きな過渡期にさしかかっていると考えられます。

 

今回の特集では、①従来の日本の精神保健医療福祉から、②諸外国の同行や影響をふまえて、③さらに日本の「強み・ストレングス」を見直したうえでの本邦の精神科リハビリテーション実践の現状や展望、が紹介されています。今回の特集は、今後の日本の精神保健医療福祉の希望やエンパワメントにつながることを期待して構成されたものです。今後は専門家だけでなく、本人・家族・ボランティア・一般市民を巻き込んだ精神保健医療福祉活動や予防・啓発がこれまで以上に重要と考えられますので、当該分野の簡単な流れや用語の解説なども含めて書学者や一般の方にも分かりやすい説明や記述をするように留意されています。

 

領域や読者層が類似するおすすめ関連雑誌

『精神障害とリハビリテーション』と領域や読者層が類似する雑誌の表紙画像です。表紙イメージは「Fujisan(富士山マガジン)」に掲載されている画像へリンクしています。

Clinical Rehabilitation(クリニカルリハビリテーション)│表紙

1冊価格 : 2,640 円

Clinical Rehabilitation(クリニカルリハビリテーション)│詳細を見る

Clinical Rehabilitation(クリニカルリハビリテーション)(Fujisan.co.jp)

 

精神看護│表紙

1冊価格 : 1,540 円

精神看護│詳細を見る

精神看護 【電子版】(Fujisan.co.jp)

 

精神科看護│表紙

1冊価格 : 1,100 円

精神科看護│詳細を見る

精神科看護(Fujisan.co.jp)

 

精神療法│表紙

1冊価格 : 2,200 円

精神療法│詳細を見る

精神療法(Fujisan.co.jp)

 

小児リハビリテーション│表紙

1冊価格 : 2,750 円

小児リハビリテーション│詳細を見る

小児リハビリテーション(Fujisan.co.jp)

 

心理学研究│表紙

1冊価格 : 2,750 円

心理学研究│詳細を見る

心理学研究(Fujisan.co.jp)