消化器看護・ケア領域のおすすめ雑誌『消化器ナーシング』を紹介・ガイドしています。

 

表紙、値段・価格、発行、創刊、出版社公式サイト、内容の概要などの媒体基本情報の他、読者層、豆知識、プレゼント情報や当サイトオリジナルの紹介文、レビュー、誌面イメージ、口コミ評価、豆知識等を掲載しています。最新号のみではなく、バックナンバー、増刊号も掲載しています。

 

媒体の基本情報・概要

消化器ナーシング│表紙

紙媒体 パソコン タブレット スマートフォン

1冊(単品)価格:1,980円(本編) │ 4,400円(増刊)

1年間定期購読価格 34,320円(本誌12冊+増刊2冊+ヨメディカ)

B5判 │ 月刊+3,9月(増刊) │ 17日発売

1995年12月 創刊 │【メディカ出版│立読み放題(since1977年)

12,000 部発行(メディカ出版 広告媒体)

消化器ナーシング(Fujisan.co.jp)│立読み放題

 

 

 KEY Word : 消化器内科,消化器外科,手術,内視鏡治療,カテーテル治療,化学療法

 読者層の職種 : 看護師・ナース(消化器外科/内科病棟・外科(一般)病棟/内視鏡室/血管造影室・IVR室/皮膚・排泄ケア認定看護師) │ 看護学生(看護大学・短大・専門学校)

 

消化器は大きくは内科と外科に分けることができ、内科と外科の大きな違いは手術をするかしないかです。消化器外科の術前術後看護において特色のあるものとしてはストーマケアまた関連機器を含めたドレーン類やルートの管理、創傷ケアなどがあげられます。消化器内科では内視鏡治療・化学療法などの治療後のケアが主です。

消化器病棟の看護師の主な仕事は、次のとおりです。

・病状の観察・報告
・診療補助・点滴
・食事補助や生活習慣の指導
・化学療法の看護・内視鏡治療の看護(消化器内科のみ)
・手術の前後の看護(消化器外科のみ)

消化器看護では化学療法や内視鏡治療の知識を持たなければいけないのが消化器内科の特徴です。

消化器疾患では急性腹症・消化管出血・胆道感染症・腸閉塞・急性肝炎・急性膵炎等の急性期の患者を診療することも多くあり、これらの治療にも内視鏡が使われることがあります。消化器看護の処置の特徴としては、胃瘻・ドレーン管理・ストーマ・内視鏡、また化学療法看護や緩和ケアがあります。

消化器の看護の仕事としてもうひとつ重要な特徴があります。消化器の疾患には機能的な疾患も多いため、胃の痛み・胸の痛み・胸やけ・のどの違和感、胃のもたれ、膨満感、食欲不振、嘔吐、腹痛、便秘、下痢、下血などさまざまな症状がおこりますが、その多くが目に見えず目視できないということです。

CT検査で異常があらわれ目で確認できる脳疾患などとは違い数字で表示されないことから、”見えない看護”が必要となるため、ノウハウを蓄積や知識・技術の積み重ねることがとても大切になってきます。

また、消化器疾患は緩やかに回復していく傾向にあることも多いため、外科のように目に見えて即効的に結果が表れないため、患者に寄り添い支えるとともに、看護師自らののモチベーションを維持して行くことも重要な課題となってくることもあります。

このように消化器内科・外科の看護では多くのスキルを身につける必要があり、高度なスキルが要求されてきます。

このような高度なスキルの要求を満たしてくれるのが本誌『消化器ナーシング』です。消化器外科病棟の新人看護師の勉強を徹底サポートしてくれます。臓器の特徴や手術後の影響を踏まえた上で、”だから看護ではどうすべきか?”といったポイントを、初心者ナースにも分かり易いように、かみ砕いて解説しています。先輩世代層の多くのファンにも愛読されています。 カラーイラスト・写真等が豊富なので、後輩育成や患者指導の教材としても大活躍します。消化器疾患看護の専門性を追求し続けています。

解剖、疾患、治療・・・学ぶことの多い新人ナースには、気楽に相談できる“身近な先輩”として、新人指導に悩む先輩ナースには、指導のコツを学べる“助っ人“として、あなたの”知りたい”知識をツボを押さえて提供しています。 消化器外科も内科も学べる「消化器ナーシング」であなたのケアテクニックをスキルアップできます。

初歩的な内容のみならず、他の参考書にはないレアな角度からの解説が豊富です。

 

 『消化器ナーシング』の人気記事!!

・第1位:術前術後ケア
・第2位:解剖生理・術式
・第3位:創傷・ドレーン管理/内視鏡治療

 

 読者層プロフィール

読者層は、全国国公立・私立病院の消化器領域に携わる消化器外科/内科病棟・外科(一般)病棟、外来のナース、内視鏡室のナース、血管造影室・・IVR室のナース、皮膚・排泄ケア認定看護師、看護大学・短大・専門学校の勝因、学生、他です。

・基本を分かりやすく学びたい新人ナース
・スキル・指導力を磨きたい先輩ナース

といったナースの皆様におすすめです。

メディカ出版によれば、購読者層の

・職種比率は、医師1.5%、看護師94%、保健師3%、ケアマネージャー1.5%
・購読形態比率は、病院48%、個人28%、学校21%、クリニック・医院1%

となっています。

 

 「メディカ出版」の「専門記事検索」機能を利用すると、必要な記事を探し、その記事が掲載れている号のみを購読することも可能です。「メディカ出版」のサイトでは、最新号からバックナンバーまでの全号とも10ページ程度読むことができますし、「Fujisan.co.jp」のサイトでは2009年3月号の全ページを読み放題です。

 

 「ヨメディカ」は超お得!なおすすめアプリ!

ヨメディカ│メディカ出版

「ヨメディカ」は「メディカ出版」が提供しているサービスです。「ヨメディカ」付の年間定期購読をすると過去10年間分の記事が読み放題!で超お得です。

●ほぼ本誌2冊分の金額6,000円をプラスすると2010年以降の記事が読み放題!1カ月6000円プラスするだけです。ランチ後のスイーツを1度我慢するだけです。

スマホ・タブレットで読み放題!通勤などのスキマ時間、勤務中の調べものに便利!記事検索も可能

●定期購読にすると買い忘れすることなく、定期的に送料無料でお手元に届きますので、書店に買い求めに行く手間が省けます。

 

 

レビュー・誌面イメージ/Vol.33 2017年7月号

表紙

目次

誌面

 

【ビギナーズ特集】できるナースの実後72時間ケア ふしぎワンダーランド 消化器外科の観察&述語アセスメント

アセスメントの項目は、
1.体温
2.呼吸
3.尿
4.循環(脈初、血圧など)
5.腹部症状と尿
6.疼痛・創部通
7.ドレーン排液
8.意識・表情
です。

術後早期の患者状態は刻一刻とかわっていきますが、どうして数値が変化するのか、いつ・どうなったら危険なのか、きちんと理解して観察できているでしょうか。

この特集では、体温や呼吸状態など、見逃せない7つのサインについて、自信を持ってアセスメントできるよう、特に注意が必要な術後72時間に絞って、正常・異常や観察ポイントが紹介されています。

術前とは異なるからだの状態になる、術後の「不思議の国」を、アリスに扮するミス・消化器ちゃんや白ウサギと一緒に旅して、観察とアセスメントの不思議を解消しましょう。

 

【もっと知りたい特集】ドキドキ!8つの心電図アセスメント

 

 

ネット書店で購読する

消化器ナーシング│表紙

1冊価格 : 1,980 円

消化器ナーシング│詳細を見る

消化器ナーシング│Fujisan.co.jp

消化器ナーシング(Fujisan.co.jp)

 

関連雑誌

 

消化器看護│表紙  
写真を多様した分かりやすいビジュアル誌面で他施設の具体事例を包み隠さず掲載。  

1冊価格 : 2,885 円

消化器看護│詳細を見る

消化器看護