小児リハビリテーション領域のおすすめ専門雑誌『小児リハビリテーション』を紹介・ガイドしています。

 

表紙、値段・価格、発行、創刊、出版社公式サイト、内容の概要などの媒体基本情報の他、読者層、豆知識、プレゼント情報や当サイトオリジナルの紹介文、レビュー、誌面イメージ、口コミ評価、豆知識等を掲載しています。最新号のみではなく、バックナンバー、増刊号も掲載しています。

 

媒体の基本情報・概要

ライフステージに合わせた介入や支援方法の柔軟な変化が求められる幼児・小児の日常生活を

リハビリテーションによりサポート!

小児リハビリテーション│表紙

紙媒体 パソコン タブレット スマートフォン

1冊(単品)価格:2,750円(本編)

1年間定期購読価格 : 7,639円(本誌)

A4変形判 │ 季刊 2,6,10月 │ 15日発売

(調査中) 創刊 │【株式会社 ともあ】(since2020年7月7日)

*出版社の親会社 : gene(ジーン)(since(調査中)年)

(調査中) 部発行(株式会社 ともあ 広告媒体)

小児リハビリテーション(Fujisan.co.jp)

 

 媒体関連キーワード : /小児リハビリ/自閉症スペクトラム障害(ASD)/学習障害(LD)/注意欠如多動性障害(ADHD)/精神運動発達/インパクトファクター

 読者層プロフィール : 理学療法士 │ 作業療法士 │ 言語聴覚士 │ 小児相談員

 

オリジナル紹介文

媒体概要

小児のリハでは、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、小児相談員が日常生活における助言、各種相談、発達検査等を行います。 自閉症スペクトラム障害(ASD)、学習障害(LD)、注意欠如多動性障害(ADHD)、精神運動発達の遅れなどのお子様が対象です。

 

小児のリハには、ライフステージに合わせた介入や支援方法の柔軟な変化が求められます。この“介入の難しさ”に悩まれているセラピストも多いと思います。

 

医療・福祉に従事する皆さまは日々のなかで、小児特有の“介入の難しさ”を感じられているのではないでしょうか。保護者との関係も、切っても切れない要素があります。対象児によって必要な対応を、一から考える必要があります。

 

『小児リハビリテーション』は、小児のリハの臨床で役立つ情報をお届けしています。

 

読者層プロフィール

読者層は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、小児相談員、保護者の方々です。

 

オリジナルレビュー・誌面イメージ/Vol.05 2019年10月号

表紙・目次・コンテンツ/誌面イメージ

小児リハビリテーション 2019年10月号│表紙

 

小児リハビリテーション 2019年10月号│目次

 

小児リハビリテーション 2019年10月号│誌面・記事イメージ(1) 小児リハビリテーション 2019年10月号│誌面・記事イメージ(2)
小児リハビリテーション 2019年10月号│誌面・記事イメージ(3) 小児リハビリテーション 2019年10月号│誌面・記事イメージ(4)
小児リハビリテーション 2019年10月号│誌面・記事イメージ(5) 小児リハビリテーション 2019年10月号│誌面・記事イメージ(6)
小児リハビリテーション 2019年10月号│誌面・記事イメージ(7) 小児リハビリテーション 2019年10月号│誌面・記事イメージ(8)
小児リハビリテーション 2019年10月号│誌面・記事イメージ(9) 小児リハビリテーション 2019年10月号│誌面・記事イメージ(10)
小児リハビリテーション 2019年10月号│誌面・記事イメージ(11) 小児リハビリテーション 2019年10月号│誌面・記事イメージ(12)
小児リハビリテーション 2019年10月号│誌面・記事イメージ(13) 小児リハビリテーション 2019年10月号│誌面・記事イメージ(14)
小児リハビリテーション 2019年10月号│誌面・記事イメージ(15) 小児リハビリテーション 2019年10月号│誌面・記事イメージ(16)
小児リハビリテーション 2019年10月号│誌面・記事イメージ(17)  

 

オリジナルレビュー

【通巻特集】第2弾 評価と変化をみる 重症心身障害

【特別寄稿】

【症例報告】

【調査報告】

【トピックス、次号予告、他】

 

ネット書店で購読する

小児リハビリテーション│表紙

 

関連雑誌