リハビリテーション領域のおすすめ雑誌『総合リハビリテーション』を紹介・ガイドしています。

 

表紙、値段・価格、発行、創刊、出版社公式サイト、内容の概要などの媒体基本情報の他、読者層、豆知識、プレゼント情報や当サイトオリジナルの紹介文、レビュー、誌面イメージ、口コミ評価、豆知識等を掲載しています。最新号のみではなく、バックナンバー、増刊号も掲載しています。

 

媒体の基本情報・概要

リハビリ領域全般の最新の知識と技術!
基礎知識・スキルアップから患者支援までの情報誌!

総合リハビリテーション│表紙

紙媒体 パソコン タブレット スマートフォン

1冊(単品)価格:2,530円

1年間定期購読価格(本誌 12冊)

紙版・電子版 : 27,720円(個人) │ 22,176円(学割)

紙版+電子版 : 31,020円(個人) │ 25,476円(学割)

注意)電子版の定期購読は個人または学生限定です。法人の定期購読不可です。

B5判 │ 月刊 │ 10日発売

1973年 創刊 │【医学書院】(since1944年)

8,000 部発行(医学書院 広告媒体

総合リハビリテーション(Fujisan.co.jp) 【電子版

 

 媒体関連キーワード : リハビリ,回復期,慢性期,手技,装具,臨床,インパクトファクター

 読者層プロフィール : リハビリテーション科医師 │ 理学療法士 │ 作業 療法士 │ 言語聴覚士

 

オリジナル紹介文

媒体概要

『総合リハビリテーション』は、リハビリスキルのみにとどまらず、患者支援にまで目を向けた記事がおすすめのリハビリテーション領域の総合情報誌です。

 

『総合リハビリテーション』は、リハビリテーションに携わるあらゆる職種に向け注目の話題について解説しています。毎号特集形式をとっており、投稿論文も毎号掲載しています。 連載「入門講座」「実践講座」ではリハビリテーションをめぐる最新知識・技術を簡潔に分かり易く紹介しています。

 

投稿論文の審査、掲載に力を入れていますので、掲載されている記事はハイクオリティなものとなっています。5年に一度の増大号は手元に置いて活用したい保存版です。

 

リハビリテーション領域をリードする総合誌です。電子版は創刊号から閲覧でき、超お得です。

誌面・記事構成

 知識を習得しやすい特集・連載形式で誌面・記事が構成されています。

『総合リハビリテーション』は、毎月、時宜を得たテーマを「特集」で取り上げ、 分かりやすく解説しています。「入門講座」で はリハビリテーション領域に関連する最新知 識、技術・疾患をやさしく解説しています。「実践講座」 では日常臨床における基礎的知識・技術を解説しています。「連載」ではリハビリテーションに必要な 薬物療法や臨床検査など日常臨床に役立つ知 識を紹介しています。2色刷りです。

 

読者層に関心・興味のある、リハビリの記事が特集・連載形式で豊富に掲載されています。

 

無料お得情報/豆知識

一般個人の方及び学生の方は、3,300円をプラスすると、紙版と電子版の両方が読めます。電子版を定期購読すると、購読期間中はバックナンバーがすべて読み放題です。

 

学生の1年間定期購読価格は22,176円(学割)です。一般の方の27,720円(個人)より5,544円割引され大変お得です。なお『総合リハビリテーション』の電子版の定期購読は個人限定です。法人を対象とした電子版の定期購読の取り扱いはありませんのでご注意下さい。

 

「医書.jp」では、立読みができますし、「記事売り」もしています。

 

読者層プロフィール/編集委員/執筆者

 読者層は、リハビリテーション科医師をはじめ、理学療法士、作業 療法士、言語聴覚士などリハビリテーション関連職、社 会福祉関連職などです。

 

医学書院によれば、購読者層の

・職種比率は、勤務医40%、開業医10%、PT・OTなど50%

となっています。

読者層プロフィール比率のグラフ│総合リハビリテーション

 

 編集委員は、

  • 佐伯 覚 産業医科大学医学部リハビリテーション医学講座
  • 高岡 徹 横浜市総合リハビリテーションセンター
  • 田中尚文 帝京大学ちば総合医療センターリハビリテーション科
  • 芳賀信彦 東京大学大学院医学研究科外科学専攻リハビリテーション医学分野
  • 橋本圭司 はしもとクリニック/国立成育医療研究センターリハビリテーション科
  • 藤谷順子 国立国際医療研究センター病院リハビリテーション科
  • 村岡香織 慶應義塾大学医学部リハビリテーション医学教室

といった著名な方々です。

 

出版社公式サイト・オンライン書店紹介文

Fujisan.co.jp/口コミ・レビュー

口コミ・レビュー【電子版レビュー】

  • 読者満足度 : 85.8%(紙版85.8% + 電子版─%)
  • 投稿数 : 紙版7件 + 電子版-件 (2020年9月24日現在)

 

医学書院

紹介文

 

オリジナルレビュー・誌面イメージ/Vol.47 2019年2月号

表紙・目次・コンテンツ/誌面イメージ

総合リハビリテーション 2019年2月号│表紙

 

総合リハビリテーション 2019年2月号│目次

 

総合リハビリテーション 2019年2月号│記事(1) 総合リハビリテーション 2019年2月号│記事(2)
総合リハビリテーション 2019年2月号│記事(3) 総合リハビリテーション 2019年2月号│記事(4)
総合リハビリテーション 2019年2月号│記事(5) 総合リハビリテーション 2019年2月号│記事(6)
総合リハビリテーション 2019年2月号│記事(7) 総合リハビリテーション 2019年2月号│記事(8)
総合リハビリテーション 2019年2月号│記事(9) 総合リハビリテーション 2019年2月号│記事(10)

 

オリジナルレビュー

【特集】脳卒中診療とデータベース

脳卒中患者数増加とともに、リハビリテーション医療を含む能祖注医療費は増加の一途をたどっており、限られた医療費のなかで良質な医療を提供するために、脳卒中診療の体制整備や効率化が求められています。医療データベース(database:DB)をもとにしたビッグデータの活用などが進められ、脳卒中診療においても医療の質の評価(quality indicater:QI)の導入が検討されています。

 

今回、研究あるいは事業として進められている脳卒中DB登録について、リハビリテーション関連職種も知っておくべき脳卒中DBを取り上げ、今後の普及や活用に向けた特集が企画されました。折しも、特集内でも触れられているDB登録事業の法整備につながる「脳卒中・循環器病対策基本法」が国会で可決・成立したというビッグニュースが舞い込んできました(2018年12月)。我が国に脳卒中診療が大きく変わる前触れのように感じます。

 

オリジナルレビュー・誌面イメージ/Vol. 47 2019年3月号

表紙

総合リハビリテーション 2019年3月号│表紙

 

オリジナルレビュー

【特集】介護ロボットの開発と普及

超高齢社会を迎え、自立支援や介護者の負担軽減を目的とした福祉用具においても、ロボット技術を 応用した機器の開発が盛んに行われています。

 

経済産業省から示されたロボット新戦略のアクションプ ランでは、2020年までに介護ロボットの国内市場規模を 500億円に拡大する、ロボットを用いて介護者 が腰痛を引き起こすハイリスク機会をゼロにする、新しい介護方法などの意識改革を行うといった目標 が掲げられています。

 

しかし、国内介護ロボット分野の市場規模は、統計による差はあるもののまだ低 いレベルにとどまり,また他の目標の達成も簡単ではないと思われます。

 

とはいえ、多額の研究費などが投入され、行政も力を入れている分野であることは確かです。有用な ロボットの開発とその普及は、われわれリハビリテーション関係職にとっても、また日本の産業全体に とっても期待されることと考えます。

 

本特集は、ロボット開発と普及に携わるさまざまな立場から、介 護ロボットの開発と普及についての現状と課題を解説されています。

 

─今月のハイライト─

●ロボット介護機器の開発と普及促進に関する行政の支援策

経済産業省と厚生労働省は、ロボット介護機器の開発と普及促進に関する支援事業について連携を図 りながら進めています。それぞれの支援について概説されています。介護現場での介護負担軽減や業務 の効率化は喫緊の課題であり、製品化・実用化に向けては開発側と使用者側双方の相互理解が重要であることを、改めて認識させられます。

●ロボット介護機器開発のための基準策定

ロボット介護機器の開発に際しては、有効に活用するための「人的介護手段」もあわせて考える必要があります。こうした基本的考えのもと、安全面や倫理面に十分な配慮をした開発、実証試験、評価が必要 です。産業用ロボットと異なり、人とロボットが空間を共有するのが生活支援ロボットであるという指摘はなるほどと考えさせられます。

●福祉用具・介護ロボットに係る実用化支援

福祉用具の開発を行う企業や団体は必ずしも大企業ばかりではなく、開発のノウハウも資金面でも乏 しい場合があります。そのような開発事業者に対する資金援助や、シーズ・ニーズマッチングのための取り 組みなどを解説されています。さらに、有用な製品の開発事例や効果的に導入した施設等の事例を表彰する事業も紹介されています。

 

ネット書店で購読する

総合リハビリテーション│表紙

1冊(単品)価格:2,530円

看護研究│Fujisan.co.jp

総合リハビリテーション(Fujisan.co.jp) 【電子版

 

関連雑誌

 

Osteoporosis Japan PLUS(オステオポローシスジャパン プラス)│表紙 Clinical Rehabilitation(クリニカルリハビリテーション)│表紙
加齢性運動器疾患メディカルスタッフが直面する問題を解決する現場の声。 リハビリテーションスタッフのための臨床現場で役立つアプローチポイントと実践知識を満載したマガジン。

1冊価格 : 1,760 円

Osteoporosis Japan PLUS(オステオポローシスジャパン プラス)│詳細を見る

Osteoporosis Japan PLUS(オステオポローシスジャパン プラス)│Fujisan.co.jp

Osteoporosis Japan PLUS(オステオポローシスジャパン プラス)

1冊価格 : 2,640 円

Clinical Rehabilitation(クリニカルリハビリテーション)│詳細を見る

Clinical Rehabilitation(クリニカルリハビリテーション)│Fujisan.co.jp

Clinical Rehabilitation(クリニカルリハビリテーション)

作業療法ジャーナル│表紙 小児リハビリテーション│表紙
基礎から臨床・実践のベテランの域まで網羅。 ライフステージに合わせた介入や支援方法の柔軟な変化が求められる幼児・小児の日常生活をリハビリテーションによりサポート。

1冊価格 : 2,200 円

作業療法ジャーナル│詳細を見る

作業療法ジャーナル

1冊価格 : 2,750 円

小児リハビリテーション│詳細を見る

小児リハビリテーション

脳卒中リハビリテーション│表紙 訪問リハビリテーション│表紙
脳卒中の急性期から回復期、生活期までにおける最新の療法情報をセラピストに提供し、脳卒中患者のQOL向上の一助となることを目指す。 地域リハビリならではのツボを押さえたテクニカル・職員のマネジメント・アセットマネジメントまでの先達の知恵と技を継承した情報誌。

1冊価格 : 2,750 円

バックナンバーのみ取扱い中

脳卒中リハビリテーション│詳細を見る

脳卒中リハビリテーション

1冊価格 : 2,200 円

訪問リハビリテーション│詳細を見る

訪問リハビリテーション

Medical Rehabilitation(メディカルリハビリテーション)│表紙 臨床 作業療法│表紙
毎号1テーマの特集でリハビリ領域を細分化して深掘りする学術誌。 エビデンスに元図板具体的な実践スキルをアップさせるための情報。2020年3月号より誌名を『臨床 作業療法NOVA』へ改名し誌面構成もリニューアルされました。

1冊価格 : 2,750 円

メディカルコミュニケーション│詳細を見る

Medical Rehabilitation(メディカルリハビリテーション)

1冊価格 : 1,650 円

臨床 作業療法│詳細を見る

臨床 作業療法

臨床 作業療法NOVA 理学療法│表紙
『臨床 作業療法』のリニューアル誌です。 35年間の歴史(1984年創刊)の積み重ねにより我が国の理学療法をリード。

1冊価格 : 2,750 円

臨床 作業療法NOVA│詳細を見る

臨床 作業療法NOVA

1冊価格 : 1,980 円

理学療法│詳細を見る

理学療法

理学療法ジャーナル│表紙 理学療法magazine│表紙
初学者・ベテランのブラッシュアップに有用な「入門講座」「講座」などの連載が人気。 現場の理学療法士が知りたい・知っておきたい情報を特集形式で紹介。

1冊価格 : 1,980 円

理学療法ジャーナル│詳細を見る

理学療法ジャーナル 【電子版】

1冊価格 : 2,200 円

理学療法magazine│詳細を見る

理学療法magazine

The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine(リハビリテーション医学ジャーナル)│表紙  
日本リハビリテーション医学会の事業についての告示と学術論文を掲載しリハ医学・医療の発展を図る。  

1冊価格 : 1,935 円

The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine(リハビリテーション医学ジャーナル)│詳細を見る

The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine(リハビリテーション医学ジャーナル)