地域包括ケアシステムの推進による入退院と在宅支援領域のおすすめ専門雑誌地域連携 入退院と在宅支援を紹介・ガイドしています。

 

表紙、値段・価格、発行、創刊、出版社公式サイト、内容の概要などの媒体基本情報の他、読者層、豆知識、当サイトオリジナルの紹介文、レビュー、誌面イメージ、口コミ評価、豆知識等を掲載しています。最新号のみではなく、バックナンバー、増刊号も掲載しています。

 

媒体の基本情報・概要

地域連携 入退院と在宅支援│表紙

地域連携 入退院と在宅支援(日総研)

紙媒体 パソコン タブレット スマートフォン

地域連携 入退院と在宅支援│無料見本誌の立読み放題 日総研

1年間定期購読価格 : 39,840円

(別途年会費 3.000円)

判型・サイズ : A4変型判

発行 : 奇数月刊(年6冊)

発売日 : 末日

(※:発売日は、土・日曜日や祝・祭日の関係により前後することがあります。)

創刊 : (調査中)年

発行部数 : (調査中) 部

出版社 : 日総研(since1977・出版部門独立1983年)│パンフレット[PDF]


地域連携 入退院と在宅支援 公式サイト(日総研)

*「日総研」公式サイトへリンクしています。

地域連携 入退院と在宅支援│バックナンバー

 


 媒体関連キーワード : 地域包括ケアシステム/診療報酬改定/地域連携/訪問看護/在宅看護/在宅支援

 読者層(職種) : 副院長/看護部長/看護師長/主任看護師/看護師・ナース

 

オリジナル紹介文

媒体概要/紹介文/レビュー

地域連携のイラストです。患者さんやそのご家族、医師と看護師、医療従事者が笑顔で立っています。

 『地域連携 入退院と在宅支援』、スムーズなコミュニケーション力が必要とされる多職種連携による地域包括ケアをサポート・推進するおすすめの専門雑誌です。

 

 現在政府は2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される、地域包括ケアシステムの構築をめざし、さまざまな取り組みを推進しています。地域包括ケアシステムは、国が推進する医療・介護・福祉施策の核です。超高齢化社会において地域の包括的な支援・サービスを提供する体制として期待されています。超高齢化社会を迎え今後ますます加速・拡大する地域包括ケアの推進には、医師、リハビリ職、薬剤師などの医療職だけではなく、介護職、管理栄養士などの他分野の職種との連携も必要となります。

 

また、急性期治療を終え、病状が安定し、退院となったが、すぐに在宅復帰・施設復帰するには不安がある患者様に対して、復帰に向けた診療、看護、リハビリテーションを行ない、安心して退院していただけるための支援も必要となります。心身が回復するよう医師・看護師・社会福祉士・介護士・薬剤師・栄養士・リハビリスタッフが一丸となり、病院から在宅への「架け橋」となって、退院支援をサポートすることになります。

 

多職種との連携において最も重要なことは、スムーズなコミュ力(仕事に必要な情報を感情を持って情報交換すること)・情報交換力です。入退院から在宅ケア、訪問看護などの幅広い領域において他職種とどのように情報のやり取りをとり連携していけば、スムーズな地域包括ケアが実践できるのでしょうか。そのような疑問や悩みに応えてくれるのが 『地域連携 入退院と在宅支援』です。創刊以来”入院サポートから院内看護、退院後の在宅ケアまでを多職種のコラボにより支える!”情報配信している、地域包括ケア、在宅看護、訪問看護領域のおすすめの専門雑誌です。

 

 『地域連携 入退院と在宅支援は、「特集」と「連載」「Webダウンロード教材」で構成されており、域医療連携の現役で活躍されている、看護部長、看護師長、主任看護師といった管理職の方々や、リハビリテーション専門職、さらに大学などの教育機関の教授が執筆されています。「特集」は1号につき2テーマを取り扱っており、各テーマはそれぞれ5つ程度の小テーマの記事が掲載されています。「連載」は10記事程度が掲載されています。「Webダウンロード教材」は10テーマ程度あります。明日から自病院でも使える、あるいは少しの工夫で使える情報ばかりです。”あなたの職場の戦略的なイノベーション”をサポートしてくれます。

 

地域感染対策ネットワーク、社会連携の多様な試み、診療報酬改定!地域連携と入退院支援の動向などのテーマを軸にした、地域包括ケアを多職種で実現するための記事を豊富に掲載しています。

 

リストマーク 具体的には、地域包括ケアとは何か/地域包括ケアの全体像/地域包括ケアと地域福祉/地域包括ケアを支える制度/社会福祉の基本理念と生活支援/在宅療養生活と医療・介護/地域包括ケアを支える専門職/認知症・脳卒中・難病・がんの人を支える地域包括ケア/地域包括ケア病棟(病床)の在宅からの入院事例・レスパイト入院事例・転院事例/在宅医療の現状と課題/在宅医療を含めた地域包括ケアシステムの必要性/在宅医療の基本的な考え方/在宅医療推進に向けた課題とわが国の政策動向/在宅医療の仕組みづくり/多職種連携の土台づくりのための取り組み/在宅医療普及のためのシステムの提案/在宅サービス拠点と連携した住まいのモデル的拠点の整備/地域包括ケア病棟(病床)の役割/退院支援のプロセスの理解/意思決定支援/地域の社会資源の把握と活用/医療処置・ケア指導のポイント/疾病別退院支援の実際/などのテーマに関しての戦術的・戦略的な取り組みについての解説や事例の記事が掲載されています。

 

『地域連携 入退院と在宅支援は、多様な対象や職種、また様々な施策が複雑に関係して、理解しにくい地域包括ケアの、知識や事例を多角的に解説しています。

 

退院支援に求められる能力や役割分担、退院支援におけるアプローチのしかたまでを、図表を用いて、わかりやすく説明しています。患者や家族の思いを汲み取り、医師との橋渡しをして、地域との架け橋になるなどの重要な役割がある「意思決定支援」についてもていねいに解説しています。病棟看護師は、患者の思いに寄り添いながら、Cure(キュア)とCare(ケア)を両立させられるのか、それを常に考えて看護しています。看護師の思いをかたちにするヒントがたくさん詰め込みまれています。そして、地域包括ケア病棟の看護師が実践した記録、看護の生のプロセスを、疾病別退院支援の事例として掲載しました。患者が抱えている個別の課題をいかに解決していくのか、症例に沿って具体例が示されています。

 

多くの地域が抱えている高齢化の問題の解決に向けて、きっと一歩を踏み出す助けになる雑誌です。

 

 『地域連携 入退院と在宅支援』のおすすめポイントは、実際の現場からの提案や実践例が掲載されていることです。架空の理論のように”絵に描いた餅”にならない”実践で使える記事”が魅力です。このことは、日総研の雑誌すべての魅力的なポイントでもあります。

 

豆知識/読者層/口コミ・レビュー/その他情報

リストマーク 読者限定のサービスとして「Web限定記事や動画、そのまま使えるフォームなどがダウンロードできる専用サイト」があります。

 

購読者限定の「Web教材」のサービスも行っています。2020年11月24日時点におけるサービスの内容は、下記のとおりです。

  • 【動画】課題解決型から目標達成型へケースメソッド的検討の勧め
  • 新型コロナウイルスと地域感染対策ネットワーク
  • 2020年度診療報酬改定における地域連携・入退院支援関連項目への対応策

 

リストマーク 編集コンセプトは「地域包括ケアを多職種で実現!」です。1記事(1タイトル)当たりのページ数は10ページ程度割かれており、読み応えのある記事量となっています。

 

リストマーク 読者層(職種)のメインターゲットは、看護部長・看護師長・主任看護師といった看護管理職層です。看護・ナーススタッフにも役立つ記事も掲載されています。地域包括ケア・在宅支援は多職種の連携があってこそ実現されます。医師、リハビリ職、薬剤師などの医療職だけではなく、介護職、管理栄養士といった職種の方にもお読みいただける記事も掲載されています。

 

リストマーク 口コミ・レビューは、『地域連携 入退院と在宅支援』紹介ページの最下方に「読者の声」として紹介されていますので、参考にして下さい。

 

無料読み放題サービス

リストマーク 「日総研」のサイトでは最新号の特集記事又は連載記事を読み放題の無料立読み放題のサービスを行っています。号によって異なりますが、15ページ程度読めますので、ご購読前に是非一度ご確認下さい。

リストマーク日総研」 無料読み放題サービス※(最新号の特集記事又は連載記事を1記事)

地域連携 入退院と在宅支援紹介ページの最上方(表紙の誌下)に「試し読みできます」、最下方に「試し読みはこちら」のボタンがありますので、タップしていただくと誌面が開き、お読みいただくことができます。最上方と最下方から読める記事は同じものです。

 

最新号・バックナンバーの表紙画像(日総研)

表紙イメージは日総研の地域連携 入退院と在宅支援の「バックナンバー」のページへリンクしています。バックナンバーのページに「2020年8・9月号の特集・連載はこちら」のように号ごとのボタンがありますので、それをタップしていただくと、表紙画像と目次が表示されます。

地域連携 入退院と在宅支援│表紙

1年間定期購読価格 39,840円

(別途年会費 3.000円)

 

地域連携 入退院と在宅支援 公式サイト(日総研)

*「日総研」公式サイトへリンクしています。

 

矢印 すべてのバックナンバーの表紙をもっと見る!(日総研)

(約2年分のバックナンバーまでご覧いただけます)

 

領域や読者層が類似するおすすめ関連雑誌

『看護部長通信』と領域や読者層が類似する雑誌の表紙画像です。表紙イメージは「Fujisan(富士山マガジン)」に掲載されている画像へリンクしています。

コミュニティケア│表紙

1冊価格 : 1,540 円

コミュニティケア│詳細を見る

コミュニティケア

 

地域リハビリテーション│表紙

1冊価格 : 2,200 円

地域リハビリテーション│詳細を見る

地域リハビリテーション

 

訪問看護と介護│表紙

1冊価格 : 1,650 円

訪問看護と介護│詳細を見る

訪問看護と介護 【電子版】

 

訪問リハビリテーション│表紙

1冊価格 : 2,200 円

訪問リハビリテーション│詳細を見る

訪問リハビリテーション