糖尿病看護・ケア、糖尿病療養指導領域のおすすめ専門雑誌『糖尿病ケア』を紹介・ガイドしています。

 

表紙、値段・価格、発行、創刊、出版社公式サイト、内容の概要などの媒体基本情報の他、読者層・対象職種、豆知識、プレゼントや当サイトオリジナルの紹介文・レビュー、誌面イメージ、口コミ評価、豆知識などの情報を掲載しています。最新号のみではなく、バックナンバー、増刊号も紹介しています。

 

媒体の基本情報・概要

糖尿病患者は登山のように長く険しい道のりを歩むことになります。糖尿病療養指導に関わる全ての医療スタッフを現場目線でサポートする専門情報雑誌『糖尿病ケア』!

糖尿病ケア│表紙

透析ケア(Fujisan.co.jp)

紙媒体 パソコン タブレット スマートフォン

透析ケア│見本誌の無料立読み放題 メディカ出版Fujisan(富士山マガジン)

1冊(単品)価格・値段:1,980円(一般号)│4,400円(増刊)

1年間定期購読価格:30,360円(一般号+増刊)│34,320円(一般号+増刊+ヨメディカ)

判型・サイズ:B5判

発行:月刊(1年間12冊)+2,8月(増刊号 1年間2冊)

発売日:7日※

(※:発売日は、土・日曜日や祝・祭日の関係により前後することがあります。)

創刊:2004(平成16)年5月

発行部数:16,000 部

出版社:メディカ出版(since1977年)│広告媒体PDF版


透析ケア 公式サイト(メディカ出版)

Fujisan.co.jp │ Amazon トップ │ 楽天ブックストップ

透析ケア│バックナンバー

(Fujisan.co.jp)

 


リストマーク 媒体取扱い領域:糖尿病/血糖値/病態生理/検査値/合併症/食事療法/運動療法/薬物療法/患者指導/インスリン注射

リストマーク 読者層(職種):糖尿病療養指導士│看護師・ナース│管理栄養士│薬剤師

オリジナル紹介文

媒体概要/紹介文/レビュー

糖尿病などにより引き起こされる、低血糖の症状例をあらわしたイラストです。

リストマーク 視野を世界に広げ患者とのパートナーシップを築き糖尿病ケアにあたるための知識・情報

『糖尿病ケア』は、「メディカ出版」が出版している糖尿病看護領域をメインとしたおすすめの人気の専門雑誌です。取り扱っている領域は救急看護を主軸としています。糖尿病看護を行うにあたり必須となる、血糖コントロール、食事療法、薬物療法、運動療法、小児・単身者・高齢者・妊娠期といったライフステージに応じたケア、合併症のケアなどについて、対象と場面を限定せずに包括的に網羅しています。

 

リストマーク 日本の総人口数は、総務省統計局平成29年10月01日現在で126,706千人です。そのうち15歳未満の人口は15,592千人、15歳以上の人口は111,114千人です。糖尿病患者数数は、厚生労働省の調査によれば、2017年(平成29年)1千万人を超えました。「糖尿病が強く疑われる者」および「糖尿病の可能性を否定できない者」の人数がそれぞれ1千万人ですから、糖尿病患者と糖尿病が疑われる者、いわゆる糖尿病予備軍を含めるとその数は3千万人となります。糖尿病患者と糖尿病が疑われる者を合わせると、日本の15歳以上の人口の約27%、3人に一人という割合になっており、今後も増加すると予想され社会問題となっています。少子高齢化社会はますます拡大し、便利さ、情報の氾濫、環境の激変、運動不足、ストレス社会はむしろ糖尿病を増加させていると考えられています。

血糖測定器を用い、自分で血糖値を測定しているイラストです。指先を穿刺し、センサーに血液を吸い取っています。

リストマーク 糖尿病は生活習慣とのかかわりが深く、患者の自己管理が治療の基本であるため、療養指導にあたる看護師や糖尿病療養指導士、薬剤師、管理栄養士などの医療スタッフの果たす役割が重要となります。しかし、近年糖尿病治療の進歩は著しく、次々と新しい治療薬や治療法が開発され臨床で使用されるようになり、“糖尿病治療・療養指導は難しい”といったイメージを持たれる方が多いようです。『糖尿病ケア』は、それらの医療スタッフが糖尿病看護に携わる際に必要となる基本的な知識から世界的な動向をも視野に入れた最新の知見、患者指導の実際を幅広く、そして深く学習していただくための情報が、写真やイラストを多く掲載したフルカラーのビジュアル誌面で満載です。糖尿病患者数の増加に伴い、糖尿病を専門とする診療科、外来に限らず、さまざまな病棟、施設に糖尿病患者が存在しています。どの領域の看護師であっても糖尿病看護に関する知識を持っておくことが必要な時代となりました。糖尿病は、糖尿病精神障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症、動脈硬化などの合併症があり、患者の身体面だけではなく心理・社会的影響も大きく、そのQOLを低下させることがあります。糖尿病の病態や合併症、治療など医学的知識を整理しながら、患者さんの心理的側面や社会的側面も考慮しつつ、患者自身がセルフケア行動をとれるような看護ができるようにわかりやすく解説した、ナースのためのおすすめのスキルアップのためのマガジンです。

 

リストマーク 複雑な現代社会の中で日常生活を送っている糖尿病患者は、決して一律一様ではなく、個性も、嗜好も、感情も、家庭事情もすべて異なっています。糖尿病患者の個々人に、適切な看護や医療の的確な提供が必要なことは必須ですが、糖尿病看護にあたる看護師などの医療職が教育や療養指導者としての立場ではなく、患者のパートナーとしての視点からの記事も描かれています。治療や診断時、患者の疾病や障害、日常生活上、患者指導の場面など、日常の糖尿病患者の看護を実践するなかで、問題や、困ったと感じる場面にしばしば遭遇すると思います。現場で実際に起こっている事例を取り上げ、看護上の問題を解決するための具体的方策などを解説しており、臨床の現場で明日からすぐに役立つ実地書となっています。糖尿病患者の検査時の問題と課題、食事療法上の問題点、薬物治療、インスリン治療上の問題点、シックデイ、糖尿病合併症患者の問題点、治療困難になる前のケース、海外旅行時の注意まで記載されています。このような実際に即した内容は臨床実践のテキストとしても役立ちます。

インスリン注射(皮下注射)をする男性のイラストです。腹壁の皮膚をつまんで、注射部位に垂直に刺しています。

リストマーク 糖尿病患者の9割以上を示す2型糖尿病は生活習慣病です。糖尿病患者は、それまでの生活習慣を長期にわたって変えるという極めて困難な対応が迫られます。しかし、生活習慣を変えることは簡単なことではなく、患者の継続的な努力も必要になってきます。糖尿病療養を行う医療スタッフは患者と長い期間にわたって接することとなるため、患者との信頼関係の構築も重要なスキルとなってきます。生活習慣、引いては人を変えることは至難の技ですが、糖尿病患者の生活習慣を変容させる”わかっていてもなかなかできない”ことをできるためにコーチングの技法が注目されています。『糖尿病ケア』は、そのコーチングにかかわるテーマについても取り上げています。コーチングの必要性、基本スキル、スキル研鑽のための練習方法から世界的なエビデンスまでなどをわかりやすく解説するとともに、栄養・看護外来での実践とアウトカムも紹介しています。気軽に読み物としても楽しめるコラムにも掲載されているので、患者指導に悩む糖尿病スタッフにうれしい情報です。

 

リストマーク 糖尿病の合併症の下肢切断は最も重篤なもののひとつに挙げられます。下肢切断の多く原因は足潰瘍であり、靴擦れ、熱傷、胼胝(たこ)、巻き爪などから起こります。そのため、足潰瘍を発症させないための予防的フットケアがとても重要になります。フットケアの意義は、足を救うこと、救肢であり、具体的には足潰瘍に対する予防と治療が中心になります。下肢切断となった糖尿病患者さんは、高い死亡率を有することが知られているため、救肢はQOL(Quality of Life)の低下予防のみならず、生命予後の改善にも寄与するものであり、このような重症化を防ぐためのケア技術についても取り上げています。

自宅にいる高齢女性(高齢者)の患者さんに、訪問看護師さんがインスリン注射を打っているイラストです。訪問看護師さんはスクラブを着ています。

リストマーク 糖尿病看護のヒヤリハット事例に学ぶ危機管理のテーマも取り上げています。大きな医療事故の影には、ペン型注射器の不具合、自己血糖測定の勘違いなどの小さなヒヤリ・ハットが何倍も、何百倍も隠れていると言われています。糖尿病看護特有のP-mSHELLモデルによる要因解析の実例などのヒヤリ・ハット事例を取り上げており、事例を深く分析すればヒヤリ・ハット対策が見えてくるとともにリスクマネジメントの一助となります。

 

リストマーク 糖尿病腎症2期以上の外来通院患者に対し、医師・看護師・管理栄養士で構成する「透析予防診療チーム」が、腎症悪化防止の目的で指導を行ったことに対して、平成24年度より算定できるようになった「糖尿病透析予防指導管理料」(診療報酬改訂)や糖尿病診断基準の改定などの診療報酬改訂や医療制度の改正、ガイドラインの改訂などの情報や、HbA1cの表記の国際標準化などのグローバルなテーマについても、適宜取り上げています。治療薬、CGM、FGM、血糖自己測定器やPOCT機器などの医療機器試験紙、検査薬など、糖尿病に関する製品やサービスなどの最新ニュースも掲載しています。そのスピードと予期しないほどの影響を臨床にもたらしつつある精密科学やITの進歩、遺伝子治療や新しい創薬・予知・予防にまで希望が見いだされつつある遺伝子レベルによる病因解明、などの最新技術の情報収集にも役立ちます。

幼児の糖尿病の症状(冷や汗、動悸、強い空腹感、めまい、手指の振戦、意識レベルの低下)のイラストです

リストマーク 特集・連載・付録(教材テキスト)・他で構成

『糖尿病ケア』は1号1テーマの「特集」と1号10本程度の記事を掲載している「連載」を主軸としつつ、「Campanio!」(=仲間)などのカテゴリーで構成されています。「特集」「連載」では、取り上げたテーマについての、エビデンス・臨床知に基づいた説明・解説・詳説、現状における問題に対して取り組まれている課題、全国の施設で取り組まれている新しい事例の紹介、業務改善の提案、研究報告、原著論文、座談会などの記事が掲載されています。「Campanio!」(=仲間)では、医療、看護、介護に携わる仲間が知識や情報をシェアするトピックスやコラムなどを20本程度掲載しています。その他、最新のニュースやトピックス、医療制度・診療報酬やガイドラインの改訂ポイント、関連学会への参加レポート・開催のお知らせ・案内、インタビュー、レビューを含めた書籍・本の紹介などのトピックスやコラム、読者モニターの募集、バックナンバー・次号の紹介、企業広告を掲載しています。雑誌本編記事とリンクしたダウンロードできる資料・教材もあります。WEB教材がある記事は、目次に「WEB」のマークが付されています。医療制度の改正やガイドラインの改訂などのトピックスがある場合などは、「特別企画」が組まれたり、「特別記事」が掲載されます。コラムは、患者とのコミュニケーションツールや知識の確認に役立つものが豊富です。年2回2,8月に発行される「春季・秋季増刊号」は、糖尿病看護実践における基本的な必須知識・技術や、時流に沿った1テーマを取り上げた、1冊1テーマのまるごと特集形式の書籍・本となっています。「Fujisan.co.jp」のPCサイトでは、20号程度の目次を一度に俯瞰することができます。

食べ過ぎによって太った(肥満)男性のイラストです。高カロリーな食品をたくさん食べています。

高血糖・低血糖が体に与える影響は多岐にわたり、糖尿病の治療・ケアが血糖値に与える影響もさまざまです。糖尿病治療の基本は良好な血糖コントロールを維持することは周知の事実です。また近年は、重症低血糖を防ぎ、血糖変動を安定化されることも重要とされています。そのため、糖尿病に携わる医療職は、血糖値について改めて理解を深める時期となっています。このような背景から「血糖値」に絞った特集や増刊が多数企画されています。高血糖・低血糖が全身に与える影響や糖尿病治療が血糖値に与える影響の解説、また、それを踏まえた上でのさまざまな背景の事例(症例)による血糖コントロールのコツやポイントを解説しています。これらの記事を読み解き、患者指導へスムーズに繋げていける記事も必然と広く誌面を割いています。

 

糖尿病看護実践スキルの研鑽のための教科書・参考書・テキストとして、また、ダウンロードできる教材と合わせて、新人の教育や院内の研修・勉強会のテキストとして、看護学生の勉強のための教科書・テキストとしても活用できる記事も掲載されています。記事の末尾に掲載されている参考文献をたどっていけば、情報・データ収集に役立ちますし、その記事の内容についてさらに深く勉強することもできます。

リストマーク おすすめポイント

『糖尿病ケア』おすすめポイントは、各施設で取り入れられている新しい取り組み事例や提案が豊富に紹介されており、エビデンスとともに臨床知・実践知も合わせて学べるところです。また、全ページフルカラーで図表による解説が多く、写真やイラストも多く挿入されているビジュアル重視の誌面で編集されており、ポイントとなる箇所や重要なキーワードは赤色文字にするなどの工夫が施されているので、イメージ的に学習でき、知識が定着しやすいところも魅力です。

ナラティブに基づく実践を言語化した実践の成果である『糖尿病ケア』の臨床体験の中に潜む普遍的な要素を見出し、実践の科学である看護の臨床知・実践知・経験知として共有していくことができれば、看護の継承・発展の可能性に、そして病いをもちながら生きてく糖尿病患者には、どのような看護が有効なのだろうかと考えを馳せることに繋がるのではないでしょうか。

読者層/口コミ・レビュー/豆知識/その他情報

管理栄養士さんが糖尿病患者さんへの食事指導をしているイラストです。 野菜やお米を見せながら説明をしています。

リストマーク 編集コンセプト・豆知識

『糖尿病ケア』2004(平成16)年5月に「メディカ出版」により創刊されました。   リストマーク 編集コンセプトは ”業務効率UPのツール満載” ”患者の心をつかむコツがわかる” ”よりよい療養指導に” です。

リストマーク 読者層(職種)・編集委員

メディカ出版の広告媒体」[PDF版]によれば、読者層の職種別比率は、看護師61%、栄養管理士7%、ケアマネージャー6%、薬剤師6%、医師3%、理学療法士3%、その他14%、購買形態別比率は、病院35%、個人35%、クリニック・医院15%、学校11%、企業3%、その他1%、所有資格別比率は、本糖尿病療養指導士75.3%、地域別糖尿病栄養指導士16.9%、糖尿病看護認定看護師7.8%となっています。

糖尿病ケア│読者層プロフィールの構成比率のグラフ

(引用:「メディカ出版」広告媒体

糖尿病看護の現場で患者のパートナーとして的確な看護・指導を実践したいナース・糖尿病療養指導士が主な読者層ですが、糖尿病看護に携わる多職種も多数います。また、「慢性疾患看護専門看護師」「糖尿病看護看護認定看護師」へのステップアップ・資格取得を目指すナースにもおすすめの専門雑誌です。

 

カラーの図や写真、イラストなどを多く取り入れ、理解しやすい内容となっていますので、新しく糖尿病棟や外来に配属された、あるいはこれから糖尿病看護に携わる新人看護師や、部署移動となった看護師が、糖尿病治療や療養指導のポイントを学べ、知識の整理や復習に活用できる雑誌です。臨床の最前線で看護師とともに活躍している「糖尿病療養指導士」にも活用できる内容となっています。

 

リストマーク 編集委員長は、清野 弘明(せいの内科クリニック院長)です。編集委員・編集顧問は、著名な大学・教育機関の教授・教員や医療施設の管理職層クラスの医師やベテランの糖尿病看護認定看護師の方々です。詳細は「メディカ出版の広告媒体[PDF]」に掲載されています。執筆者は、読者と同じ視点を持つ現役のベテランの救急看護認定看護師の方々などです。執筆者は、読者と同じ視点を持ち、日々糖尿病看護の質の向上に取り組み、指導経験も豊富な現役のベテランの糖尿病看護認定看護師、糖尿病療養指導士、管理栄養士の方々などです。

リストマーク お得・便利情報

本誌内の記事とリンクしている、救急看護の新人研修や院内の研修・勉強会などの教材として使える「糖尿病ケアチェックシート」患者指導に使える「セルフケアシート」「糖尿病患者のためのおいしいレシピ」などが、電子データ[PDF]で配信されており、ダウンロードして利用することもできます。「運動療法実践ナビゲーション」などのWEB動画も配信されています。 リストマーク 「メディカ出版」では、超お得!なおすすめアプリ!ヨメディカを提供しています。「ヨメディカ」付の年間定期購読をすると、①過去10年間分の記事が読み放題、②知りたい情報をキーワードや著者名などで一発検索して読み放題、③スマホ、タブレット、パソコンといったすべてのマルチデバイスに対応していますので、いつでもどこでも読みたいときに読み放題、といったサービスを受けることができ、情報収集にとても便利です。ヨメディカの利用料金は1年間で3,960円ですので、1ヵ月当り330円となります。 リストマーク 定期購読をし、「メディカ出版専門誌記事検索機能を利用すると、必要な記事を探したりと簡単に情報・データ収集が可能です。

リストマーク 口コミ・レビュー(おすすめ度)

「Fujisan(富士山マガジン)」のサイトへの「口コミ・レビュー」の投稿数は4件、読者満足度(おすすめ度)は80.0%です(2021年1月17日現在)。「メディカ出版」のサイトへの「口コミ・レビュー」は、各号の紹介ページの下方に掲載されています。

見本誌の無料読み放題サービス

リストマーク 「Fujisan(富士山マガジン)」のサイトでは2009年3月号の全ページ(⇒タップすると誌面が開きます。)を読み放題です。「メディカ出版」※のサイトでは2008年11月以降の見本誌の無料立読み放題のサービスを行っています。号によって異なりますが、10ページ程度読めますので、ご購読前に是非一度ご確認下さい。※リンク先のページからさらに各号のページに移動していただき、各号のページにある「本誌試し読み」のボタンをタップしていただくと誌面が開きます。

 

サイトの管理人が試読しました『糖尿病ケア』Vol.16,2019年6月号の誌面イメージは下の画像のとおりです。図表や写真・イラストのよる解説が豊富でとても読みやすくビジュアル編集されており、イメージ的に学習でき、知識の習得を早めてくれます。

糖尿病ケア 2019年6月号│表紙

 

 

 

糖尿病ケア 2019年6月号│目次(1)

 

糖尿病ケア 2019年6月号│目次(2)

 

糖尿病ケア 2019年6月号│誌面イメージ(1)

 

糖尿病ケア 2019年6月号│誌面イメージ(2)

 

糖尿病ケア 2019年6月号│誌面イメージ(3)

 

糖尿病ケア 2019年6月号│誌面イメージ(4)

 

糖尿病ケア 2019年6月号│誌面イメージ(5)

 

糖尿病ケア 2019年6月号│誌面イメージ(6)

 

糖尿病ケア 2019年6月号│誌面イメージ(7)

 

糖尿病ケア 2019年6月号│誌面イメージ(8)

 

糖尿病ケア 2019年6月号│誌面イメージ(9)

 

糖尿病ケア 2019年6月号│誌面イメージ(10)

最新号・バックナンバーの表紙画像

一般号と増刊号の最新号・バックナンバーの表紙画像です。表紙イメージ・画像をタップしていただくと、「Fujisan(富士山マガジン)」の雑誌紹介ページへリンクしています。なお、発売日順(新しい順)ではなくランダムに順不同で掲載していますので、ご注意願います。

【最新号・一般号】

糖尿病ケア 最新号│表紙

【最新号・増刊号】

糖尿病ケア 最新増刊号│表紙

 


【バックナンバー・一般号】

糖尿病ケア 2020年11月号│表紙

 

糖尿病ケア 2020年7月号│表紙

 

糖尿病ケア 2020年4月号│表紙

 

 

【バックナンバー・増刊号】

糖尿病ケア 2020年 春季増刊号│表紙

 

 

糖尿病ケア 2019年 秋季増刊号│表紙

 

糖尿病ケア 2018年 秋季増刊号│表紙

矢印 バックナンバーの表紙をもっと見る!(Fujisan.co.jp)

(2007年1月号のバックナンバーまでご覧いただけます。)

領域や読者層が類似するおすすめ関連雑誌

『糖尿病ケア』と領域や読者層が類似する雑誌の表紙画像です。表紙イメージ・画像をタップしていただくと、「Fujisan(富士山マガジン)」の雑誌紹介ページへリンクしています。

糖尿病プラクティス

─糖尿病医療・看護─

1冊価格 : 2,970 円

糖尿病プラクティス│詳細を見る

糖尿病プラクティス(Fujisan.co.jp)

 

月刊 糖尿病 DIABETES

─糖尿病医療・看護─ 見本誌の無料立読み放題サービスあり

1冊価格 : 3,960 円

月刊 糖尿病 DIABWTES│詳細を見る

月刊 糖尿病 DIABWTES(Fujisan.co.jp)

 

糖尿病の最新治療│表紙

─糖尿病医療・看護─

1冊価格 : 1,100 円

糖尿病の最新治療│詳細を見る

糖尿病の最新治療(Fujisan.co.jp)

 

腎と透析│表紙

─腎疾患の臨床と透析・腎不全看護─

1冊価格 : 3,080 円

腎と透析│詳細を見る

腎と透析(Fujisan.co.jp)

 

透析スタッフ│表紙

─透析看護・腎不全看護─ 見本誌の無料立読み放題サービスあり

1冊価格 : 2,200 円

バックナンバーのみ取扱い中

透析スタッフ│詳細を見る

透析スタッフ(Fujisan.co.jp)