透析ケア領域のおすすめ専門雑誌『透析ケア』を紹介・ガイドしています。

 

表紙、値段・価格、発行、創刊、出版社公式サイト、内容の概要などの媒体基本情報の他、取扱い領域、対象読者層・職種、当サイトオリジナルの紹介文・レビュー、おすすめポイント、プレゼント、口コミ評価(おすすめ度)、豆知識、領域が類似する雑誌の紹介などの情報を掲載しています。最新号のみではなく、バックナンバー、増刊号も紹介しています。

媒体の基本情報・概要

長ぁーーーいお付き合いが必要です。ゆるやかな丘陵地を延々と歩む患者をそのすぐそばでサポートするナースが最新のケア・スキルを情報収集するためのおすすめの人気の専門雑誌『透析ケア』!

透析ケア│表紙

透析ケア(Fujisan.co.jp)

紙媒体 パソコン タブレット スマートフォン

透析ケア│見本誌の無料立読み放題 メディカ出版Fujisan(富士山マガジン)

1冊(単品)価格・値段:1,980円(一般号)│4,400円(増刊)

1年間定期購読価格:30,360円(一般号+増刊)│34,320円(一般号+増刊+ヨメディカ)

判型・サイズ:B5判

発行:月刊(1年間12冊)+5,11月(増刊号 1年間2冊)

発売日:12日※

(※:発売日は、土・日曜日や祝・祭日の関係により前後することがあります。)

創刊:1995(平成7)年3月

発行部数:12,000 部

出版社:メディカ出版(since1977年)│広告媒体PDF版


透析ケア 公式サイト(メディカ出版)

Fujisan.co.jp │ Amazon トップ │ 楽天ブックストップ

透析ケア│バックナンバー

(Fujisan.co.jp)


リストマーク 媒体取扱い領域:人工透析/慢性腎不全/糖尿病/透析導入支援/血液透析療法/腹膜透析療法/CAPD/家族支援/自己管理支援/腎移植/合併症/感染症/社会保障/患者指導/栄養管理/食事指導

リストマーク 読者層の(職種):看護師・ナース│臨床工学技士│薬剤師│管理栄養士│医療ソーシャルワーカー

 

オリジナル紹介文

媒体概要/紹介文/レビュー

透析を受ける患者さんのイラストです。機械に血液を通し、血液中の老廃物や不要な水分を除去し、血液をきれいにする治療を受けています。

 

リストマーク 『透析ケア』は、透析ケア・看護には、腎臓の解剖生理、腎臓病の病態生理、患者説明などの導入期の看護、血液透析、腹膜透析、入室時のアセスメント、体重測定、シャント(バスキュラーアクセス)観察、透析開始操作、透析器械操作、透析中の観察、透析コンソール(患者監視装置)の特徴とその操作ポイント、透析終了操作、抜針・止血、穿刺針の選択、プライミング(刺激効果)、ダイアライザー(血液透析器)、血液回路、バスキュラーアクセス(患者側の血液の出入口) 、透析療法の継続により現れてくる合併症・感染症・事故対応、退室時のアセスメント、服薬指導、セルフケア指導、栄養管理・食事指導、長期透析患者のケア、高齢透析患者のケア 、持続携行式腹膜透析(CAPD)、透析以外の血液浄化法、身体的ケア、精神的・メンタルヘルスケア、家族支援、社会資源・社会的支援など、実にさまざまな知識と技術が必要になりますし、病期、原疾患、病態ごとに必要となる知識・技術も異なります

 

リストマーク多くの人が腎不全看護の対象者であることが浮かび上がっています。実に国民の約500人に一人が透析を受けている状態となっています。慢性腎不全による透析者は年々増加し、治療形態は血液透析療法が大部分の9割程度を占め、CAPDが1万人弱、家庭血液透析100人程度とされています。導入患者と死亡患者は年々並行して増加し、毎年高齢化しています。1998年より原疾患では、糖尿病が第1位を占めています。

 

腎不全看護の対象者は、米国や欧米諸国と比較しても優れている透析医療により長生きできるようになりました。しかし、高齢者や糖尿病性腎症の透析導入が増え、それに伴い腎臓病以外にもさまざまな合併症を抱えている人も多くなりました。また、CKD(慢性腎臓病)のステージが進むほど心血管疾患(CVD)発症リスクは高くなります。こうした対象者を看護するには、生活している患者の全体像を捉えるために、看護以外の知識として、病態生理、臨床工学、薬学、栄養学、さらに透析患者を支える社会資源の活用方法などの知識も必要になります。腎不全看護に対する高度な知識や熟練した技術のみならず、看護の技術としてのフィジカルアセスメントや状況判断能力など臨床判断能力と実践能力を習得すること、さらに家族や他職種と連携するためのコーディネート技術も求められるようになりました。

 

透析療法は末期腎不全(ESKD)患者の延命維持のための代替療法であるがゆえに,生涯にわたり治療を続けなければならず、透析導入とともに生活は変化し、多くのものを失うことも想定されます。このような状況にある患者への看護の目標は、透析導入時期をできるかぎり遅延すること、少しでも透析導入後の新たな生活を自分の価値観に合ったスタイルに近づけられること、長期の透析生活が安定し、合併症や経済的な不安のない生活が送れることです。透析看護は、患者の身体的側面、精神的側面、社会的側面の3つを同時にケアしなければならない領域です。

血液透析の際に用いられる透析機器(機械)のイラストです。ダイアライザー付です。

リストマーク 『透析ケア』では、上記と重複する内容もありますが、
腎臓の解剖生理と慢性腎臓病の病態生理・病期分類・原疾患、保存期腎不全の治療・と看護、といった慢性腎臓病の俯瞰慢性腎不全、慢性腎不全の透析療法、透析患者の看護、抗凝固剤、バスキュラーアクセス(血液循環のための人体側の出入り口)、といった透析療法の基礎、透析療法選択、腎代替療法、血液透析・腹膜透析の基礎知識、透析療法選択時の看護目標、看護の方向性、説明時のポイント(透析生活によいイメージの説明、患者の語りを引き出す、生活スタイルの把握、家族支援)、といった透析療法選択への支援、導入期・維持期といった病期別の看護、糖尿病透析患者・高齢透析患者・小児透析患者・体重増加の多い患者・カリウムの高い患者・リンの高い患者といった対象別の看護、透析を受容できない患者の看護、といった透析患者への看護、慢性透析と定期検査、透析中のトラブルと事故・医療過誤、透析患者の手術時の看護、透析患者の栄養管理・食事指導、災害時の対応、といった透析療法に共通する臨床自己管理に必要な患者の要件、自己管理支援のためのアセスメントの視点(身体的状況をとらえる 患者のこれまでの経過・既往症・生活歴から個別性を描く 問題を導き出す)、自己管理の指導(体重管理 食事管理 服薬管理 シャント管理)、といった自己管理支援から、

 

透析開始前の看護と観察、血液透析・HDの実践、透析中の看護と観察、透析後の看護と観察、といった血液透析の臨床、腹膜透析システム、バッグ交換、腹膜透析カテーテルと出口部ケア、腹膜透析に伴う合併症とトラブル時の看護、CAPD療法、といった腹膜透析の臨床、呼吸器系・循環器系・心・血管系・血液系(腎性貧血)・消化器系・中枢神経系・合併症、末梢神経障害、貧血、電解質の異常、といった透析患者の合併症感染症対策(スタンダードプリコーション)検査データの見方腎移植の看護、家族形態の変化や家族関係のアセスメントを理解した上での家族支援の実際(家族の情緒的支援、家族関係の調整、家族間でのコミュニケーションの調整、家族内の役割分担の促進、疾患と透析療法の理解、社会資源の活用)、といった家族支援、利用可能な医療制度、介護支援、といった透析患者の医療費・介護支援・社会保障、血漿交換療法(plasma exchange:PE)、LDL吸着療法、といった特殊な血液浄化法、などのテーマを取り扱っています。

血液透析(HD)の仕組みをイラストにしたもの。血液中の老廃物を除去する治療法です。

リストマーク 透析患者の看護を行うなかで、「対応に苦渋する困った患者さん」への対応に迷う場面にも遭遇します。『透析ケア』では、透析導入をためらう患者、透析に伴う苦痛を訴える患者、自己管理が困難な患者など、さまざまなケースの事例をとりあげ、看護上の問題を解決するための具体的方策についても示しています。「教科書」には載っていない、ベテランナースの「臨床実践により得られた知」を知れる雑誌でもあります。

 

高齢化社会に伴い生活習慣病としての糖尿病などが増加しているという現実が、透析医療の現場へ押し寄せてくる中、総合医療が求められています。透析療法では週に2,3回の人工透析を必然的に一生涯継続することになります。透析看護の分野では、透析療法の知識・技術のみならず、重複した疾患や合併症を持っている患者のケア、自己管理指導、通院生活支援、心理的サポート(コミュニケーション、カウンセリング)、家族支援、社会資源の活用における他職種との連携など毎回の透析で患者に接しながら、QOLの向上へ向けた支援を継続的に行なうことが必要となります。個々の患者の心理面や身体面の状況に応じた適切な対応が、透析看護に携わる看護師には求められています。

患者への対応に悩む場面が少なくないと思われる新人看護師や透析室に配属になったばかりの看護師には、マニュアルや技術書からでは得られない、『透析ケア』に掲載されている、ベテランの看護師が日常で実践している知恵や工夫が大きな助けになるはずです。

血液透析(人工腎臓)などで使用される、ダイアライザーのイラストです。血液中の老廃物や余分な水分、電解質を透析液へ移すためのろ過装置(透析装置)です。

リストマーク 『透析ケア』では、各透析施設のベテランの透析看護師が、根拠を持った看護実践をもとに、どこの透析現場でも実際に体験する患者問題の看護展開を示しています。透析導入期の患者の問題、透析に伴う苦痛・合併症に対する援助、自己管理困難な患者への援助、維持期に起こる身体的・精神的・心理的・社会的問題などはそのような原因・要因によって引き起こされているのか、また上記の問題の対策など看護介入方法、事例を交えてをわかりやすくまとめられています。読者にとってより身近に感じることができるように、事例を挙げて看護介入し、実際の場面に活かせるように工夫が施されています。

 

透析室では、未体験の患者問題に遭遇し深く傷ついている看護師がいたり、自己管理の指導をどうしたらわかりやすくできるか悩んでいたり、時には配属直後に突然患者から激しい怒りをぶつけられたりと、さまざまな立場の人間の苦悩が渦巻いています『透析ケア』では、これらの複雑にからみあった問題の紐を解き、解決に向けたアイデアや提案なども掲載されており、紐解きの一助となるのではないでしょうか。参考文献も記されていますので、文献検索して学び、看護実践に繋げていけると思われます。

腹膜透析の、横から見て構造をあらわしたイラストです。

リストマーク 困ったときに是非読んでみたい記事のテーマは、突然の告知により,治療選択に迷う患者、緊急透析導入の受け入れが困難な高齢患者、といった透析導入をためらう患者に対する援助、血糖コントロールの難しい糖尿病透析患者、保存期の自己管理継続が困難な患者、生活管理が難しい腎移植前後の患者、精神疾患があり,通院・治療の継続が難しい患者、といった 自己管理が困難な患者に対する援助、食事管理が困難で,合併症を悪化させる患者、飲水制限が守れず,体重増加が著しい患者、体重管理不良で,透析を拒否する患者、といった体重コントロールに難渋する患者への援助、掻痒感が強く,不眠を訴える患者、骨の変形が進み疼痛を訴える患者、心血管系合併症を呈する患者、QOLが著しく低下した終末期の透析患者、といった透析に伴う苦痛,合併症に対する援助、「死にたい」と訴える抑うつの強い長期透析患者、医療不信に陥り攻撃的になる患者、経済的な問題を理由に依存的になる患者、不安感が強くCAPD(連続携行式腹膜透析)及びAPD(自動腹膜式透析)・PD(腹膜式透析)導入・継続が困難な患者、といった透析の継続が困難な患者への援助、ADL(日常生活動作)が低下した高齢透析患者、痴呆症状を呈する高齢透析患者、介護サービスと透析計画の調整が必要な高齢患者、といったケアの難しい高齢患者に対する援助、などです。

動脈と静脈をつなぎ合わせた内シャントのイラストです。患者の前腕に作り、人工透析(血液透析)の際に、体内の老廃物を体外へ流す役割を果たします。

リストマーク 透析ケアは1号1又は1テーマの「特集」と1号5本程度の「連載」を主軸としつつ、「Campanio!」(=仲間)などのカテゴリーで構成されています。「特集」と「連載」では、取り上げたテーマについての、エビデンス・臨床知・実践知に基づいた説明・解説・詳説、現状における問題に対して取り組まれている課題、全国の施設で取り組まれている新しい事例紹介、業務改善の提案、研究報告、原著論文、座談会などの記事が掲載されています。「Campanio!」(=仲間)では、医療、看護、介護に携わる仲間が知識や情報をシェアするトピックスやコラムなどを20本程度掲載しています。その他、制度やガイドラインの改訂ポイント、関連学会への参加レポート・開催のお知らせ、インタビュー、レビューを含めた書籍・本の紹介などのトピックスやコラム、読者モニターの募集、バックナンバー・次号の紹介、企業広告を掲載しています。雑誌本編記事とリンクしたダウンロードできる資料類もあります。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大などの社会問題となるような事象が発生した場合などは、「特別企画」が組まれます。透析ケアスタッフの必須スキルとなる穿刺とプライミングについては、都度視点を変えて数多くの特集が組まれています。近年の高齢化社会を背景として、患者の年齢層も高齢化していることから、老年看護の観点からのケアのポイントなどの特集も頻出記事となっています。

 

年2回5,11月に発行される「夏季・冬季増刊号」は、透析ケア・看護実践において基本的な必須知識や、時流に沿った1テーマを取り上げた、1冊1テーマのまるごと特集形式の本となっています。「透析室の標準看護計画」といった、院内のマニュアル・ガイドライン作成の際の参考となる特集も組まれています。

透析治療のため自己血管シャントに穿刺をするイラストです。

救急看護実践スキルの研鑽のための教科書・参考書として、また、ダウンロードできる資料と合わせて新人の教育や院内研修のテキスト・マニュアルとして、看護学生のガイドブックとしても活用できる記事も掲載されています。記事の末尾に掲載されている参考文献をたどっていけば、その記事の内容についてさらに深く勉強することもできます。「Fujisan.co.jp」のPCサイトでは、20号程度の目次を一度に俯瞰することができます。


リストマーク 『Emer-Log(エマログ)』おすすめポイントは、各施設で取り入れられている新しい取り組み事例や提案が豊富に紹介されているところです。また、全ページフルカラー、図表による解説が多く、写真やイラストも多く挿入されているビジュアル重視の誌面で編集されており、イメージで学習でき記憶に定着しやすいところも魅力です。ポイントとなる箇所や重要なキーワードは赤色文字にするなどの工夫が施されているので、学習のスピードを速めてくれます。

豆知識/読者層/プレゼント/その他情報

人工透析室のイラストです。血液透析(HD)、血液透析濾過療法(HDF)などを受ける患者さんがベッドで横になっています。

リストマーク 『透析ケア1995(平成7)年3月月に「メディカ出版」により創刊されました。  リストマーク 編集コンセプトは ”透析室の現場力・横領力アップを熱烈サポート!” ”ビジュアル満載でわかりやすい!” ”多職種連携・患者指導に使えるツールが大充実” です。

リストマーク 「メディカ出版の広告媒体」[PDF版]によれば、読者層の職種別比率は、看護師63%、臨床工学技士9%、医師7%、管理栄養士5%、医療事務・医療補助職3%、保健師2%、医療関連ビジネス従事者2%、ケアマネージャー2%、その他7%、購買形態別比率は、病院40%、クリニック・医院35%、個人18%、企業4%、学校4%、その他1%となっています。透析室の現場で患者に身体的・精神的に寄り添った看護を実践したいナースが主な読者層ですが、臨床工学も技士全読者の1割程度を占めています。また、「慢性疾患看護専門看護師」「透析看護認定看護師」へのステップアップを目指すナースにもおすすめの専門雑誌です。

透析ケア│読者層プロフィールの構成比率のグラフ

血液浄化医療は医師を中心とした近代的チーム医療の典型とも言えます。わが国の治療成績を支える重要な一端を担っているのは、看護師、臨床工学技士、薬剤師、管理栄養士、医療ソーシャルワーカーなどのスタッフです。透析看護においてケアの質の向上、専門性の確立の必要性が高まっている現在、新人看護師はもちろん,ベテラン看護師にも日ごろのケアを見直す意味で、是非一読をおすすめしたい雑誌です。

 

編集委員長は、友 雅司(大分大学医学部附属臨床医工学センター診療教授)です。編集委員と編集顧問は、著名な大学・教育機関の教授・教員や医療機関の所長・理事長といった管理職層クラスの医師やベテランの看護師の方々です。詳細は「メディカ出版の広告媒体[PDF]」に掲載されています。執筆者は、読者と同じ視点を持つ現役のベテランの慢性腎臓病療養指導看護師、慢性疾患看護専門看護師、透析看護認定看護師の方々などです。


リストマーク 本誌内の記事とリンクしている、食事管理指導に役立つレシピや、新人の透析ケアスタッフの指導・研修に使えるシートなどが、電子データ[PDF]で配信しており、ダウンロードして利用することもできます。フットケアや運動療法などの患者指導に役立つWEB動画も配信しています。 リストマーク 「メディカ出版」では、超お得!なおすすめアプリ!「ヨメディカ」を提供しています。「ヨメディカ」付の年間定期購読をすると、①過去10年間分の記事が読み放題、②知りたい情報をキーワードや著者名などで一発検索して読み放題、③スマホ、タブレット、パソコンといったすべてのマルチデバイスに対応していますので、いつでもどこでも読みたいときに読み放題、といったサービスを受けることができます。ヨメディカの利用料金は1年間で3,960円ですので、1ヵ月当り330円となります。 リストマーク 定期購読をし、「メディカ出版「専門誌記事検索」機能を利用すると、必要な記事を探し、その記事が掲載れている号のみを購読することも可能です。


リストマーク 「Fujisan(富士山マガジン)」のサイトへの「口コミ・レビュー」の投稿数は8件、読者満足度(おすすめ度)は82.6%です(2021年1月12日現在)。「メディカ出版」のサイトへの「口コミ・レビュー」は、各号の紹介ページの下方に掲載されています。

見本誌の無料読み放題サービス

リストマーク 「Fujisan(富士山マガジン)」のサイトでは「2009年3月号の全ページ」(⇒タップすると誌面が開きます。)を読み放題です。「メディカ出版」※のサイトでは2008年11月以降の見本誌の無料立読み放題のサービスを行っています。号によって異なりますが、10,15ページ程度読めますので、ご購読前に是非一度ご確認下さい。※リンク先のページからさらに各号のページに移動していただき、各号のページにある「本誌試し読み」のボタンをタップしていただくと誌面が開きます。

 

サイトの管理人が試読しました『透析ケア』Vol.25,2019年2月号の誌面イメージは下の画像のとおりです。図表や写真・イラストのよる解説が豊富でとても読みやすく編集されており、イメージ的に学習でき、知識の習得を早めてくれます。

透析ケア 2019年2月号│表紙

 

透析ケア 2019年2月号│目次(1)

 

透析ケア 2019年2月号│目次(2)

 

透析ケア 2019年2月号│誌面イメージ(1)

 

透析ケア 2019年2月号│誌面イメージ(2)

 

透析ケア 2019年2月号│誌面イメージ(3)

 

透析ケア 2019年2月号│誌面イメージ(4)

 

透析ケア 2019年2月号│誌面イメージ(5)

 

透析ケア 2019年2月号│誌面イメージ(6)

 

透析ケア 2019年2月号│誌面イメージ(7)

 

透析ケア 2019年2月号│誌面イメージ(8)

 

透析ケア 2019年2月号│誌面イメージ(9)

 

透析ケア 2019年2月号│誌面イメージ(10)

 

透析ケア 2019年2月号│誌面イメージ(11)

 

透析ケア 2019年2月号│誌面イメージ(12)

 

透析ケア 2019年2月号│誌面イメージ(13)

 

透析ケア 2019年2月号│誌面イメージ(14)

 

透析ケア 2019年2月号│誌面イメージ(15)

最新号・バックナンバーの表紙画像

一般号と増刊号の最新号・バックナンバーの表紙画像です。表紙イメージ・画像をタップしていただくと、「Fujisan(富士山マガジン)」の雑誌紹介ページへリンクしています。なお、発売日順(新しい順)ではなくランダムに順不同で掲載していますので、ご注意願います。

【最新号・一般号】

透析ケア 最新号│表紙

【最新号・増刊号】

透析ケア 2020年 冬季増刊号│表紙


【バックナンバー・一般号】

透析ケア 2020年9月号│表紙

 

透析ケア 2020年5月号│表紙

 

透析ケア 2020年3月号│表紙

【バックナンバー・増刊号】

透析ケア 2020年 夏季増刊号│表紙

 

透析ケア 冬季増刊号│表紙

 

透析ケア 夏季増刊号│表紙

矢印 バックナンバーの表紙をもっと見る!(Fujisan.co.jp)

(2006年1月号のバックナンバーまでご覧いただけます。)

領域や読者層が類似するおすすめ関連雑誌

『透析ケア』と領域や読者層が類似する雑誌の表紙画像です。表紙イメージ・画像をタップしていただくと、「Fujisan(富士山マガジン)」の雑誌紹介ページへリンクしています。

腎と透析│表紙

─腎疾患の臨床と透析・腎不全看護─

1冊価格 : 3,080 円

腎と透析│詳細を見る

腎と透析(Fujisan.co.jp)

 

透析スタッフ│表紙

─透析看護・腎不全看護─ 見本誌の無料立読み放題サービスあり

1冊価格 : 2,200 円

バックナンバーのみ取扱い中

透析スタッフ│詳細を見る

透析スタッフ(Fujisan.co.jp)

 

糖尿病ケア│表紙

─糖尿病看護─ 見本誌の無料立読み放題サービスあり

1冊価格 : 1,980 円

糖尿病ケア│詳細を見る

糖尿病ケア(Fujisan.co.jp)

 

糖尿病の最新治療│表紙

─糖尿病医療・看護─

1冊価格 : 1,100 円

糖尿病の最新治療│詳細を見る

糖尿病の最新治療(Fujisan.co.jp)

 

糖尿病プラクティス│表紙

─糖尿病医療・看護─

1冊価格 : 2,970 円

糖尿病プラクティス│詳細を見る

糖尿病プラクティス(Fujisan.co.jp)

 

月刊 糖尿病 DIABWTES│表紙

─糖尿病医療・看護─ 見本誌の無料立読み放題サービスあり

1冊価格 : 3,960 円

月刊 糖尿病 DIABWTES│詳細を見る

月刊 糖尿病 DIABWTES(Fujisan.co.jp)